1 


1月のスタートアップ数は3億ドル未満

初期コインオファリング(ICO)を実施するスタートアップへの投資は、2018年3月の58億ドルから2019年1月には2億9,100万ドルに減少しました。これは、暗号解析プラットフォームCoinscheduleが最近発表した統計データによるとですしかし、トークンの売り上げによる資金調達が明らかに落ち込んでいるにもかかわらず、今年の最初の月には、ICOは2017年1月よりも70%以上多くの資本を集めました。

ICOの投資は10か月で95%下がります

2018年には暗号通貨の価格が下落したにもかかわらず、大量のトークン販売プロジェクトが行われましたが、2019年はICOにとってはかなりゆっくりと始まりました。1月の第1週に発売されたのは50台に満たず、進行中の424種類のコイン商品によって調達されたのはわずか600万ドルでした。news.Bitcoin.comの報道によると、これは2017年以降にICOが収集した週ごとの最小合計数です。

最近の別の報告によると、昨年の第4四半期には、最初の硬貨の提供で、前の3か月と比較して25%少ない資金が集まったということです。Icobenchによると、2018年第4四半期に600件近くのICOが完了しましたが、当四半期に回収された資本の総額は約4億ドル減少して14億ドルになりました。

Eosと電報がトップ10のICOをリード

Coinscheduleのデータによると、昨年の3月と6月はICOで調達された資金が最も多い月で、それぞれ40億ドルと50億ドルでした。ウェブサイトはまた調達された資金によるトップ10のトークン売上高を記載しています。41億ドルを超えるEosがチャートをリードしています。それに続くのは、テレグラムICOの第1および第2のプリセールが17億ドルで、民間のプリセールであるベネズエラ国営のデジタルコインです。

ICOの投資は10か月で95%下がります

この研究の著者らは、発生額に応じてICOも分類しました。資本の24.1%は、インフラストラクチャープロジェクトのあるスタートアップによって引き付けられています。金融が16.2%で2番目に大きいカテゴリーで、続いて10.1%がコミュニケーションです。資本のさらに7.7パーセントは、新興企業のトレーディングおよび投資によって回収され、支払いサービスを提供する企業は4.7パーセントで5番目のグループを形成しています。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/ico-investments-fall-95-in-10-months/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング