1 


2019年は、暗号通貨がフィンテック業界でその本質を証明するもう1つの瞬間を迎えます。それは人々がそれについて持っていた否定的な偏見思考を信じる必要があります。市場は依然として不利に見えますが、IOTA(MIOTA)は遅れた栄光の瞬間が始まる前にパートナーシップとの関係を強化し始め、それまでに最高の状態になることができます。

その年が次第に進むにつれて、IOTA Foundation KickはIBCS Polandとの合意を得て活動を開始しました。そこでは、TangleテクノロジとMasked Authenticated Messaging(MAM)が運用活動に利用されることになります。また、Crypto Finance AGの子会社であるCrypto Storage AGは、ブロックチェーンプロジェクトとのコラボレーションを発表し、その結果、初のマルチストレージ暗号インフラストラクチャソリューションが誕生しました。

IOTA(MIOTA) - IBCSポーランド

世界中でサプライチェーンの不規則性が高まっているため、大規模および中規模の企業は救済手段の選別を始めています。そのため、IBCS Polandは、サプライチェーン内の資産の追跡と追跡のためのIOTAを活用したソリューションに目を向けました。

システム間の相互運用可能な保管チェーンを確保して資産と商品の輸送を管理することで、IOTAはIBCSグループの顧客が中央ヨーロッパ全体での配送計画と出荷の強化を支援します。

しかし、グローバルな貿易とサプライチェーンを可能にするというIOTAのビジョンの見本は、IBCSポーランドの概念実証(PoC)です。また、市場で追跡ソリューションとして企業によって使用されている「ibcsTracker」は、IOTAのオープンソースの追跡追跡アプリケーションで開発されました。

IOTA FoundationのディレクターであるHolgerKötherは、次のように述べています。「サプライチェーンの資産管理は、IOTA Tangleが明確かつ即時の効果を発揮できると確信している分野です。」

IBCS Groupの会長であるBrian Marcel氏はまた、このパートナーシップが、今日の配達および海運業界におけるいくつかの課題に対する解決策を提供するための確固たる基盤を築くのに役立つと指摘しました。

「最初にポーランドでIOTA Poweredソリューションを開発しましたが、次のステップは中央ヨーロッパ全体の他の国に拡大することです。最終的に、私たちの目標は、サプライチェーンのどこに主要な資産が存在するかをよりよく理解し、それらの資産の効率性と戦略的管理を推進することです。」とMarcel氏は述べました。

IOTA(MIOTA)Crypto Storage AGとのパートナーシップ

一方、Crypto Storage AGは、非営利団体であるIOTAと提携し、IOTAテクノロジを使用する概念に取り組んでいる業界の金融仲介業者や重要なパートナーの要求を満たすストレージソリューションを開発しました。

このコラボレーションは、個人投資家および公共投資家、機関投資家、ならびに受益者に、IOTAトークンへのアクセスを安全に管理する能力を付与するように構成されています。

さらに、個別のインフラストラクチャと明確な承認プロセスを通じて、ユーザーには別のレベルのセキュリティが提供されます。 

参考資料:https://oracletimes.com/iota-miota-begins-q1-2019-with-partnership-from-two-giant-firms/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング