1 


Rippleは、銀行のネットワークRippleNetに新たに加わった13の金融機関があることを発表しました。

RippleNetは200以上の金融機関をホストしています

これは、合計200を超える金融機関がネットワーク上にあることを意味します。そのうち5社は、流動性にRippleのデジタル資産XRP使用する予定です。

CCNは、公式のプレスリリースで、JNFX、SendFriend、Transpaygo、FTCS、およびEuro Exim Bankという新しい機関に名前が付けられたことを報告しました。

これらすべてがオンデマンドで流動性にアクセスするためにXRPを使用し、他の8つの機関はデジタル資産を使用しません。

Euro Exim Bankのディレクター、Kaushik Punjani氏は、この重要なパートナーシップについていくつか語った。

「グローバル企業やフィンテック企業のためのトレードファイナンスソリューションのリーダーとして、私たちは新たな支払いチャネルと流動性を調達する方法を提供することにユニークな立場にあります。」

彼は続けて、「Rippleと選ばれたカウンターパートと協力しながら、xCurrentとxRapidの両方を記録的な速さで設計、テスト、実装してきました。これらがお客様にもたらす利益を期待しています」と述べました。

お分かりのように、RippleNetに参加したばかりの企業のほとんどはXRPを使用しないであろう、その代わりに、より迅速かつ安価にクロスリップ決済を完了するためにRippleNetの決済レイヤーおよび他の機関のネットワークを使用するように設定されます。

Brad Garlinghouseが最新の成果を発表しました

Brad Garlinghouse氏は、RippleNetに新たに追加されたことについて、いくつかの言葉を述べました。

Garlinhouseによると、2018年には100の金融機関がネットワークに参加しており、今ではRippleが毎週2-3の新規顧客に契約しているという。

また、2018年にはライブ決済を送信する顧客が350%増加し、オンデマンドの流動性を確保するためにXRPを活用する顧客が増え始めていると述べました。結局のところ、私たちの目標は、世界中のどこにいても、顧客が優れた効率的なクロスボーダー決済を自分の顧客に提供できるようにすることです。」

これ以外にも、Rippleは2月に予定されているSWIFTとの国境を越えた支払いに関する壮大な議論のために集中的に準備しています。

XRPの価格に関する最新の予測は非常に大胆なものであり、それが少なくとも部分的に正しいかどうかを待たなければなりません。

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-brings-excellent-news-as-13-more-financial-institutions-join-ripplenet-5-of-them-will-use-xrp-for-liquidity/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング