電子商取引の巨大アマゾンがQuantum Ledger Database(QLDB)とAmazon Managed Blockchainの開発を発表したと報告した

覚えていない人にとっては、AmazonのQLDBは​​、「透明で不変で暗号化された検証可能な元帳」として自らを宣伝します。これにより、顧客は「集中管理された信頼できるエンティティ」の助けを借りて複数の当事者間でトランザクションデータを安全に共有できます

一方、Amazon Managed Blockchainは、ブロックチェーン技術を使用する費用対効果の高い方法に関心を持つ企業に対して、Amazonによって管理されるブロックチェーンプラットフォームとなることを意図しています。

Facebook、Google、Amazonなどの企業が顧客から自由に与えられた個人データをどのように討論しているのか QLDBとAmazon Managed Blockchainの開発について報告した後、これらのプラットフォームに保管されている情報を誰が所有するのかという疑問が残っていました。

ETHNewsはAmazon Web Services(AWS)のAmazon BlockchainのゼネラルマネージャであるRahul Pathak氏に答えを求めました。

データ所有権

Pathakは、AWSの顧客がQLDBに置いたデータの所有権を保持することをAWSの顧客に保証したいと考えています。Pathakによると、このプラットフォームのユーザーは、「コンテンツを処理、保存、およびホストできるAWSサービス」を選択できるようになります。さらに、Pathak氏は次のように述べています。「AWSには顧客データへのアクセス権がなく、顧客は自分のデータを暗号化することができます。

Pathakは、Amazon Managed Blockchainに格納されているデータを誰が所有するのかについては、QLDBに格納されているデータのように、Amazon Managed Blockchainに格納された情報は、彼はまた、「マーケティングや広告のために顧客のコンテンツを使用したり、その情報を得たりすることは決してありません」と述べました。

Amazonのプライバシーに関する通知によれば、同社は顧客データを「Amazon、第三者サービスによって直接管理されていない関連会社」と共有しています(注:AWSの顧客には当てはまるかもしれませんが、Amazonの収集したすべての情報には該当しません)プロバイダー、および特定のプロモーションオファーを提供するビジネス」)

分散元帳とブロックチェーンを使用する理由

AmazonはQLDBとAmazon Managed Blockchainを作成する理由について話をしているが、同社はデータストレージプラットフォームで何を求めているかについて多くの時間を顧客と話していると語った。これらのインタビューとアンケートを実施することで、Amazonは2種類の顧客を特定し、それぞれ別々の製品を必要としていました。

Pathakによると、ある顧客グループは、さまざまな参加者間で共有できる元帳を求めていました。これは、不変で、透過的で、暗号で検証可能なトランザクションログに依存する可能性があります。これらの顧客は、このログを維持するために集中管理された信頼できるエンティティと協力して満足していました。

Amazonは、これらの顧客が「ブロックチェーンフレームワークを使用していた」ことがあると判断しましたが、複数のピアノードを設定し、証明書を処理し、必要のないコンセンサスアルゴリズムを設定するという不必要な複雑さに対処しましたこれらの顧客に対して、パタクは続けました。「私たちは[QLDB]を追加専用不変の透明元帳にするために構築しました。

アマゾンはその調査を行っている間に、トランザクションの不変な記録だけでなく、望ましい分散型の信頼を求めている多くの顧客を見つけましたこのため、Amazon Managed Blockchainが開発されました。

パパクは、意外にも、製品の賞賛を歌った:

「Amazon Managed Blockchainサービスは、ノードのプロビジョニング、ネットワークの設定、証明書とセキュリティの管理、ネットワークの管理とスケーリングを行い、顧客はアプリケーションに集中でき、ブロックチェーンネットワークを維持したままではありません。

未来

より一般的には、Pathakは、特に、「複数の関係者間でコンセンサスを必要とするトランザクション、または透過的で不変な方法で格納する必要のあるトランザクション」について、ブロックチェーンが今後さらに広範囲にわたって使用されることを期待しています。同氏は、この技術はまだ初期段階にあるとしているが、Amazonの「顧客とパートナーのエコシステムは、新しくてエキサイティングな方法で革新する」技術とアプリケーションの今後の発展を見てうれしい。 "

参考資料:https://www.ethnews.com/amazon-answers-questions-about-data-ownership-and-its-future-in-developing-blockchain-tech 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング