ブロックチェーンとオンライン広告市場

ノイズチェーンでは、ブロックチェーンを検証のインターネットと考えている。複数の当事者間で共有される情報を収集し、保存、検証する費用対効果の高い方法がブロックチェーンにより可能となる。また、データの真正性がブロックチェーンにより担保されているため、オリジナルを証明することがブロックチェーンでは容易だ。

Webサイトを覗くと表示されるオンライン広告は、ユーザーに関与した情報に基づいて広告が表示されることがある。これは、ユーザーに関与したデータと広告主、メディアによるオンライン広告情報の市場であると言える。

ここにブロックチェーンテクノロジーを導入し、安全な市場とすることがノイズチェーンの目的だ。NEMには、独自のブロックチェーンに加えユニークな機能がある。それらに機能を使うべくノイズチェーンではNEMを使用すると決めたようだ。

ネム(NEM)とNOIZchainの特徴

スケールとスピード

NEMブロックチェーンはスケールアップとスピードアップのために設計されている。パブリックチェーンで毎分120回のトランザクションを実行。カタパルト(CATAPULT)であるNEM v2.0プライベートチェーンでは、最大3,500トランザクション/秒が可能となり、従来のブロックチェーンよりもはるかに高速だ。

クロスチェーン同期

ノイズチェーンは、NEM CATAPULTを使用して広告から収集したデータを消費者の識別情報とともに保存するブロックチェーンネットワークを作成。

消費者がデータをトークンとして販売したい場合、ブロックチェーン上のトランザクションを各ユーザーごとに統合し、一般情報のみがパブリックチェーンに置かれる。2つのネットワークは、ブロックチェーン上のすべてのアクティビティがパブリックチェーンで検証できるように同期されている。

コンセンサスアルゴリズム

NEMのコンセンサスアルゴリズムは、Proof of Importance(POI)。NEMネットワークはハーベスティングと呼ばれるプロセスによって保たれる。ハーベスティングはビットコインのマイナーのようにネットワーク内のトランザクションを検証する。

ビットコインと異なる点は、高価なハードウェアとエネルギー消費を必要としないこと。代わりにハーベスティングは、特定の重要度スコアを持つコミュニティメンバーであり、検証プロセスを支援するためにXEMを保有する。

ネームスペース、マルチシグネチャ、API

NEMは分散されたネームスペース(ドメインのようなもの)をサポートする。これは、NEMブロックチェーン上の個人または商業エンティティを識別可能にする名前となり、チェーン上の資産の所有権を公的に特定する。

NEMのマルチシグネチャ機能はシンプルかつ安全で、複数のアカウント保有者間で資産を管理することができる。資産に関与する当事者は、それぞれ秘密鍵で署名することで変更を承認する。

NEMはAPIに基づいており、開発者はニッチな言語や新しいコーディングを学ぶ必要がなく、NEMブロックチェーンを取り入れたサービス、アプリケーション開発ができる。

ノイズチェーンは、オンライン広告業界のデータ管理者としての役割を果たす。そのためNEMにより、消費者情報の管理及び収益化できるようにし、一方で高速トランザクションと最小コストにより、ノイズチェーンを強化する。

サービス開発におけるブロックチェーンの必要性

これからのサービス開発で、ブロックチェーンテクノロジーを使用する場合、どのようなブロックチェーンが必要なのか考えなければいけない。現在ある数々のブロックチェーンはそれぞれ特徴があり、中でもトランザクションの処理能力に関しては、サービス開発で重要となってくるかもしれない。

ブロックチェーンの仕様上、トランザクション能力は決まっている。NEMでは、スピーディな処理を可能としているため、常にブロックチェーンと同期させる必要があるプロジェクトには向いているのかもしれない。

参考資料:https://coinchoice.net/ai-blockchian-noizchian-partners-with-nem/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング