1 


リップルCEOブラッド・ガーリングハウスはxRapidは現在、商業的使用のために利用可能であることを明らかにしました。

これは、XRPを使用するように設計されたRippleの製品であり、金融​​機関は従来のビジネス方法と比較して重要なコスト削減を即座に国境を越えた支払いを送ることができます。

Ripple氏はまた、MercuryFX、Cuallix、およびCatalyst Corporate Federal Credit Unionなどの技術を最初に使用できる企業を明らかにしました

「xRapidは、国境を越えた支払いを実行する際に、事前に資金提供されたnostro口座の必要性を排除します。それは世界中の取引所でXRPから流動性を得るその結果、クロスボーダー取引は数分で、数日かかり、高い外国為替手数料がかかり従来の方法に比べて低コストで発生し、」リップル氏は述べています

3社はxRapidのパイロット段階に参加した

Rippleによれば、支払業者MercuryFXとCuallixは今年初めにxRapidのパイロット段階に参加し、即座にコスト削減とスピードアップを実現しました。

MercuryFXはxRapidをヨーロッパからメキシコの回廊に展開します。

同社は現在、米国からメキシコへの主要送金回廊に焦点を当てており、金融サービスプラットフォームPayllixとCualletを使用して、送金先の個人や家族にとってより良い顧客体験を提供すると述べている。

さらに、Catalyst Corporate Federal Credit Unionは、米国内の1,400以上のメンバーおよび顧客信用組合にサービスを提供する卸売協調金融機関であり、新しいクロスボーダー決済サービスを作成するためにxRapidをメンバーに代わって使用します。

リップルの製品担当シニアバイスプレジデント、Asheesh Birla氏は、「デジタル資産とその実際の使用事例に懐疑的な時に、この製品を市場に投入するのは本当にうれしい」とCNBCに語った。

あなたは完全な記事をここで読んで、xRapidを使ってRippleがどのように計画しているかを正確に調べることができます

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-launches-its-xrp-based-solution-xrapid-for-faster-cross-border-transactions/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング