世界初の自律浮島アイランド国家は、2022年に完成する予定で、本日プロジェクトを推進するために意図された暗号侵害を売り始めました。

ヴァリオントークン、今日の販売

ペイパルの創業者であるペーター・テイル(Peter Theil)の支援を受けているプロジェクトは、タヒチ島の太平洋に建設されたレストランやホテルを含む商業ビルの数に加え、300戸の住宅を含む海に囲まれた都市になる予定です。このプロジェクトは、2つの非営利団体であるThe Seasteading InstituteとBlue Frontiersの協力によるものです。

Varyonは、このプロジェクトに資金を提供することを意図した暗号侵害が、今日投資家レベルで販売されています。プレセールについての詳細はプロジェクトによって発表されました。

"Varyon(VAR)は、Seasteads、SeasteadsとSeasteadレジデンシャルのBlue Frontiersからの分数所有権を購入する必要があると予想されています。このPresaleは、最初の4000 ETHのボーナスが5%から15%で利用可能です。公売日はまだ決まっていない」

トークンの群衆販売は、プロジェクトのさまざまな発展側面に資金を提供するために分割されます。設計とエンジニアリング、地域社会の成長と一般管理のニーズがあります。ブルー・フロンティアからの財産、株式、製品およびサービスの販売は、すべてヴァリオン・トークンを通じてのみ行われることが予想されます。

Varyonはトークンを「交換可能なトークン」と表現していますが、そのうち10億個しか作成されません。ヴァリアンはまた、交換可能で、ブルーフロンティアだけでは使用できません。

「ユートピア」島国の建設は、2017年にフランス領ポリネシアと締結された協定に基づいて来年から開始される予定です。この地域の気候変動に対処するために、フィッシュフックのような形をした植民地の設計が作成されました。海面水位が上がるにつれて、おそらくこの地域の6フィートも上がるので、島の上部構造全体がそうなるでしょう。

フローティングアイランドネーションThe Ultimate Disrupt

Floating Island Projectの政治学者であり研究者でもあるNathalie Mezza-Garciaは、Daily Mailに対し、

「島の住民は、地政学的影響や貿易問題が自由になるだろう」と主張し、「気候変動によって一日の避難民が移住する可能性がある」と主張した。

ピーター・テイルが考案したコンセプトは、熱帯地帯の逃避を作るのではなく、既存の世界政府の後援のもとで生活することの代替手段となる。

Seasteading InstituteのJoe Quirk大統領は、2050年までに数千万の不正な浮遊都市が見られることを望んでいると述べ、この考え方を改めて表明した。QuirkはNew York Timesの政府がちょうど良くなっていないと言いましたが、これまでの世紀には詰まっています。それは土地がそれを支配するために激しい独占を奨励するからです。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/07/10/floating-island-crypto-nation-aims-for-new-way-of-governance/ 


●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング