金融サービスのニューヨーク部門(DFS)が付与されているBitLicenseを 8までの仮想通貨の企業の承認チャーターし、ライセンスの総数をもたらし、デジタル金融サービス会社XAPOに。

6月14日のDFSからの発表によると、XapoはBitcoinsを保管するための安全で保証された方法として意図されたデジタルウォレットと金庫サービスを提供する権限が与えられる。

BitLicenseの承認プロセスには、詐欺防止、消費者保護、サイバーセキュリティの実践など、申請者のポリシーに関する広範なレビューが必要です。これらの規制は高価で過度に侵略的であると批判されている。

2015年に要件が導入されて以来、BitLicenseアプリケーションが承認された企業はほとんどなく、12以上のアプリケーションが保留中です。Xapoは、bitFlyer USA、Circle Internet Financial、Coinbase、Genesis Global Trading、XRP IIといったBitLicenserの唯一の保有者です。

しかし、他の2つのデジタル金融会社、ジェミニ・トラスト・カンパニーとパクソスは、ニューヨークで事業を行うチャーターを発行しています。

DFSの発表によれば、チャーターされた企業の1社には、サービス拡大の許可が与えられています。パクソス(以前はitBitという名前で運営されていました)は、2015年5月からDFSの憲章を守っていますが、現在は取引のビットコイン・ キャッシュ、Ether、Litecoin、Stellar Lumens を含むサービスを拡張することができます。 

参考資料:https://www.ethnews.com/new-york-approves-bitcoin-wallet-company-xapos-bitlicense 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング