1 


日本の上場企業は、さまざまな暗号関連サービスを提供するために暗号スペースに参入しようとしています。News.Bitcoin.comは最近、6つの公開企業が、日本で最も人気のある個人向けファイナンスアプリの1つを運営するマネー・フォワードを含む独自の暗号化交換を開始する予定であると報じた。さらに3社が別の製品提供でスペースに入る計画を発表しました。

サムライ&Jパートナーズ

1996年に設立されたSamurai&J Partners(TYO:4764)は、投資銀行、フィンテック、ITサービスを提供しています。中核事業では、PIPE(公的持分への民間投資)と呼ばれる方法を使用して上場企業に投資しています。

暗号スペースに参入する日本の公開企業の増加

同社の子会社は、「資産を管理する個人と企業がお金を必要とする企業を結びつける」クラウドファンディング・プラットフォームを運営しています。サムライ(Samurai)というプラットフォームには既にバーチャル通貨基金と呼ばれる暗号関連ファンドが掲載されています。同社はウェブサイト上で、トークン提供のための新しいサービスを示している。

さらに、同社は最近、「バーチャル通貨保有者のためのマネーローン事業」への参入計画を発表した。

Appbank Inc

暗号スペースに参入する日本の公開企業の増加Appbank Inc(TYO:6177)は、ソーシャルゲームのビデオやライブ放送などのコンテンツ配信を計画、制作、管理しています。Appbank.netと呼ばれるゲームおよびスマートフォン関連のメディアサイトを運営しています。2008年10月に発売されたこのサイトは、「日本最大のIphoneメディア」サービスであると主張しています。暗号スペースに参入する日本の公開企業の増加

先週、同社は、この月に予定されているグランドオープンイベントで、@Blastと呼ばれるバーチャル通貨分配コンテンツプラットフォームの発売を発表した。同社は説明した:

@Blastは、ゲームやエンターテイメントを中心としたさまざまなコンテンツを通じてバーチャル通貨を配信するWebサービスプラットフォームです。

このプラットフォームを使用して、同社は「仮想通貨の普及を促進し、ユーザーにこのサービスを通じて仮想通貨と対話する場所を提供する」ことを計画しています。

アイフリークモバイル株式会社

I-Freek Mobile Inc(TYO:3845)は携帯電話ユーザーにモバイルコンテンツを提供しています。同社は最近、「仮想通貨交換」事業を追加するために定款を変更したと発表した。修正された記事は、6月27日に当社の株主総会で採択される予定である。

暗号スペースに参入する日本の公開企業の増加

Minkabuの出版物は、会社の詳細を引用:

当社は、仮想通貨交換事業を加えて、当社および子会社のコンテンツ事業を拡大し、将来の事業開発に備える。

参考資料:https://news.bitcoin.com/japanese-public-companies-entering-crypto-space/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング