1 


日本におけるサービス停止

Cryptocurrency Exchange Hitbtcが日本でのサービスを中断コイン・マーケットキャップによれば、世界で8番目に大きな暗号交換機関であるHitbtcは、日本人のためのサービス停止を発表しました。

ウェブサイト上で、香港にある取引所は、利用規約の「法的情報」ページに「サービス制限」という新しいセクションを追加しました。「あなたが居住者である場合、またはHitbtcが行動することが許可されていない州または地域のいつでも居住者になった場合、私たちのサービスを使用してはならず、それらを使用することを直ちに中止するものとします。

Hitbtcは、日本の決済サービス法に基づき、一時的に日本の住民に仮想(暗号化)通貨サービスを提供することを中止した。

Cryptocurrency Exchange Hitbtcが日本でのサービスを中断この交換は、「日本の登録IPアドレスや日本に登録されている他のサービスから私たちのサービスが利用されたことを私たちの技術が検出した場合、あなたにあなたの情報を提供することによって、 KYC手続内の居住者である。

その後、日曜日に交換所はウェブサイトに「この国に住んでいる人だけに適用される」と述べた通知を掲載した。

Hit Solution Ltdは、登録商標Hitbtcで暗号資産交換プラットフォームにアクセスします。2013年以来、プラットフォームは「ウェブサイトの詳細」として、「ビットコイン、エテリアム、リテコイン、ドブコイン、モノ、USDT、および300以上の暗号化通貨の市場を提供してきました。この執筆時点での取引所の24時間取引量は281,395,577ドルです。

レギュレータのトラブルを回避する

Hitbtcが指摘している日本の決済サービス法は、昨年4月に発効し、暗号化を支払手段として合法化しました。

Cryptocurrency Exchange Hitbtcが日本でのサービスを中断しかし、それはまた、国内で活動している暗号交換が、その国の金融当局である金融庁(FSA)に登録することを義務づけている。現在までに、16の暗号交換局には運用ライセンスが付与されており、アプリケーションの保留中に同じ数の運用が許可されていました。後者の16のうち、FSAは最近、8人が申請を撤回していることを示していることを明らかにした。

代理店は、免許なしに日本で営業している取引所にも警告している。その中には、24時間取引量が世界最大の取引所に入る取引所であるBinanceがあります。5月23日、代理店はバイナンスとその代理人、チャンポン・ザオCEOに免許証なしで日本での営業について警告する書簡を送った。4月には、暗号交換Kraken 、1月のCoincheckのハックにより厳しくなったFSAルールに準拠する高いコストを挙げて、日本市場からの撤退を発表した。

日曜日の発表でHitbtcは、日本の法律事務所と協力して、Hitbtcを日本の住民のために地元の子会社の設立とライセンス手続きを通じて得ることを目的として、

同社は積極的に現地事務所を雇用し、2018年第3四半期に日本事業の立ち上げを促進するためのM&Aの機会を模索している。

参考資料:https://news.bitcoin.com/cryptocurrency-exchange-hitbtc-suspends-services-japan/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング