ブロックチェーン業界の裏では常に進化しています。ICONは、ブロックチェーンの接続に焦点を当てたコンセプトで、TRIVEと提携しています。ベンチャーキャピタルとの密接な関係は、常にポジティブな展開です。このベンチャーは、主に地域ブロックチェーンのコミュニティを改善し、地域を教育するように設計されています。


ICONの主要なパートナーシップ

ICONのチームは、長年にわたって固体技術力を築いてきました。ブロックチェーンを接続して操作性を向上させたいという希望をもって、分散型元帳エコシステムにはいくつかの興味深い変化が進んでいきます。さらに、このプロジェクトは、シンガポールに本拠を置く主要なVC会社の注目を集めています。

TRIVEは地域ネットワークを拡大しています。このように、ICONとのパートナーシップブロックチェーンを含む教育エコシステムを作り上げるでしょう。さらに、両方の企業は、TRIVEのプログラミング学校の一部となるブロックチェーンコースを共同開発する予定です。これらのベンチャーはシンガポールとベトナムの両方にあり、ブロックチェーンが真に繁栄できる2つの地域です。

さらに、スタートアップも見逃されません。TRIVEは、ICONブロックチェーンのエコシステムにアクセスしようとする新興企業の「グリーンレーンアセスメント」を提供します。そうすることで、両者はこのテクノロジを使用した新しいユースケースと製品の開発をスピードアップすることを目指しています。長期的には、両社は東南アジアのブロックチェーン資産を統合したいと考えています。

東南アジアの重要性

このパートナーシップは、主に東南アジアをターゲットにしていることが明らかです。ICONがこの特定の市場にブロックチェーンのベンチャーを集中させたので、それは偶然ではありません。TRIVEはまた、世界のこの地域で活躍する同じマーケットとブロックチェーンの新興企業に注目しています。資金調達以外の方法でスタートアップの価値を創造することは、TRIVEにとって非常に重要です。ICON財団理事会メンバーであるJH Kim氏は、チームのビジョンを以下のように説明しています。

「ICON財団の目的は、オープンソースおよび分散型ソフトウェアアーキテクチャの分野で、新しいテクノロジとアプリケーションを促進し、開発することです。TRIVEとの提携により、ICONはブロックチェーン技術に関する一般の人々を教育するだけでなく、ICONの生態系やコミュニティを拡大することができます。シンガポールとベトナムは東南アジアにおけるブロックチェーン革新の中心にあり、TRIVEと協力して、この地域のブロックチェーンの可能性をさらに実感しています。

東南アジアでは最近、急成長中のブロックチェーンの生態系があります。このように、革新的なベンチャーと戦略的パートナーシップはますます重要な役割を果たします。他の競合他社との関連性を高めることは難しいでしょう。TRIVEとICONの場合、このパートナーシップは潜在的な問題に対処するのに役立ちます。このエコシステムと潜在的可能性にもっと多くの関係者をさらすことは、最終的にはより多くのユースケースにつながります。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/05/30/icon-trive-join-forces-improve-southeast-asias-blockchain-ecosystem/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング