xVia、xRapid、xCurrentなどのリップルツールは、銀行、送金会社など、世界中のさまざまな企業と数え切れないほどの開発とパートナーシップを引き起こしました。これは、送金の高度化のためです。しかし今度は、リップルは、データだけでなく金銭も転送する能力において、クリプトクルーシンクを特徴とする、驚異的で驚くべき開発を行っています。

さまざまな元帳を接続するためのプロトコルであるリップルILP(Interledger Protocol)は、データと金銭をストリーミングする可能性を訴えています。

信頼できる情報よれば、Rippleによってリリースされたばかりの関数「STEAM」は、データのストリーミングをRipple ILP上に流すことを可能にする。

ILPはトランザクション情報を格納するため、元帳と呼ばれます。Rippleでクロスボーダー取引が行われる場合、ILPは資金送金の背後にあるバックボーンです。ILPの主な機能は、送金や個人情報を取引に保存することであるため、データを送信する可能性はありますし、現在実現されています。

STREAM(STREAM Interledger Transport Protocol)は、ILP上でデータを実行する通信プロトコルとして記述されており、データをやりとりすることができます。

最近、ILPとXRPを活用してトランザクションを可能にする開発としてCoilがリリースされました。RippleのStefan Thomas CTOは、このアイデアはデジタルコンテンツ管理をサポートするために開始されたと述べています。リップルのエンジニアである@Interledgerの共同創設者であるエバン・シュワルツ氏 よれば、
「コイルはInterledgerを使用して、皆さんの貢献が報われるアプリやコンテンツのウェブ市場をより活気あふれる市場にしていきます。 ILPの音楽やビデオのように。

彼はさらに「ダウンロードするデータの代わりに、同時に支払ったものと同じようにストリームとして支払うことができる」と付け加えた。

ツバメのエバンスシュワルツは言った。

"はい!ILPを介してデータを送信することはかなり狂っているようですが、同じ接続を介してお金とデジタルコンテンツをストリーミングできることは、いくつかの楽しいアプリケーションになります。私はすぐに大量のデータを送信することを推奨しませんが(ソフトウェアはそれに最適化されていませんが)、実験的に価値があります。

ILPとXRPによるスマート契約を実行するために使用されたCodiusは、Rippleの最新製品です。Smart Contractとフローデータを同時に実行できます。たとえCodiusが開発中であっても、xViaに請求書を出力できる機能があるため、識別データや請求データなどの情報により、国境を越えた取引が可能になります。

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-xrp-ilp-interledger-protocol-now-steams-money-and-data-like-music/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング