FSAは、Bitcoinよりも追跡が困難なこれらの暗号化された通貨は、(ユーザーの誤りやその他の要因により、場合によっては可能ですが)犯罪の地下世界と密接に関連していると主張しています。

たとえば、Moneroは、ハッカーがコンピュータにマルウェアを感染させ、CPUを乗っ取って暗号化に使用するcryptojacking」攻撃にますます関連しています。

FSAがスポンサーとなっているCryptocurrencyワーキンググループのメンバーは、4月10日の会議で、「このような通貨を使用するためには、登録された暗号暗号交換が許可されるべきかどうかについて真剣に検討すべきだ」と述べた。

現在、匿名暗号化取引の取引や円滑化のための公式禁止はない。それにもかかわらず、プライバシー中心のaltcoinsに対するFSAの取引での条件は、ある程度の成功を収めているようです。

Coincheckは、1月の記録的なハッキングの犠牲者であり、後に日本の仲介業者マネックスによって取得されたもので、匿名であると主張している2つの知られていないAltcoを静かにリストから外したFSAはその行為を正当化しつつある。

CCNが報告しているように、日本のライセンスされた暗号化交換は最近、国内取引所に対して強制力を持つ自己規制機関を形成した。

とりわけ、この組織は、取引所がリストアップされることが許される暗号化通貨のホワイトリストを作成することができます。これにより、FSAは、禁止を公式化する必要なく、承認していない暗号セットをリストから外すように圧力をかけることが容易になります。

参考URL:https://www.ccn.com/japan-is-pressuring-cryptocurrency-exchanges-to-de-list-anonymous-altcoins-report/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング