1 


金融監督当局の懸念の報告

Bitflyer Contest、不十分な顧客検証プロセスのメディアレポートBitflyerは、金融機関(FSA)が、利用者検証手続きを強化するよう、交換機関に不十分だと判断した後、メディア報道に応じて声明を発表した。

日本経済新聞は先週、日本の多くの取引所とは異なり、Bitflyerで「身元確認が不十分であっても」暗号取引を行うことができたと報告している。日本の法律によれば、あなたの顧客(KYC)の要件。Bitflyer Contest、不十分な顧客検証プロセスのメディアレポート

「普通のディーラーは口座開設から取引まで1〜3週間かかります」とニュースアウトレットは、Bitflyerでは24時間以内の取引が可能であると指摘しました。投機筋はしばしば価格が下がる前に市場と利益に時間を掛けようとするので、「最も早く取引を開始できる交換事業者は魅力的です」と同紙は説明しています。

Bitflyer氏は、「報告された内容は事実とは異なる」と主張して、すぐにこの報告書に争った。

同社はマネー・ローンダリングやテロ資金などの対策を実施しており、関係当局と協議している。

FSAとの討議は健全であることを明確にし、「経営の最重要課題の一つとして対策を強化している」と強調した。

最近、FSAは、特にアプリケーションのレビュー中に操作を許可されている暗号交換を積極的に  検査しています。完全にライセンス供与された16の取引所のうち、GMOのコインアンドテック局だけがこれまでに事業改善命令を出している。

ユーザ検証手段の強化

Bitflyer Contest、不十分な顧客検証プロセスのメディアレポートBitflyerは、顧客に取引サービスを提供する前に、「個人情報、取引目的、職業、およびPEP(外国政府で重要な位置を占める者)」を求めていることを明らかにしました。身分証明書を郵便で郵送する。交換は明らかにした:

私たちは、材料の合意を確認できる場合にのみサービスを提供します...エラーや不備がある場合、サービス提供は開始されません。また、住所が不明である場合、売買取引は即時に制限されます。

Bitflyerはさらに、銀行口座や不正なIPアドレスへの日本円の引き出しに対する詐欺防止措置を詳述した。「ローンダリングやテロ資金のリスクがある国は、厳しい警戒を要する」と述べ、「今後は顧客サポート体制を強化し、厳格な検証を行う」と付け加えた。

メディアの報道にもかかわらず、Bitflyerは「代理店との協議の後、いくつかの変更を発表した」と述べた。4月26日より、本人の身元と住所が書留郵便で確認されるまで、顧客は暗号通貨を送付したり、日本円を引き出したりすることはできません。さらに、交換機を通じてビットコインで高価な商品を購入することも、交換所が顧客の登録郵便を受け取った後でのみ可能である。 

参考URL:https://news.bitcoin.com/bitflyer-contests-reports-insufficient-customer-verification-process/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング