2月13日にプレスリリース、カナダの証券取引所(CSE)、株式交換のトロントにありますが、導入する計画を明らかにしたイーサリアムベースの企業が「セキュリティ行える承認されて「証券清算・決済プラットフォーム」トークンの提供を」、または"STOs。"

よると、為替これらSTOSは異なる、ICOSその中で「STOとの資本を調達しようとしている発行者は、地方の規制当局だけでなく、CSEの両方の要件を満たす必要があります」とで継続的な監視に直面するだろう為替およびレギュレータ。

デジタル・クリアリングハウスのトークンは、株式と債券の両方によって裏付けられ、プラットフォーム上の取引は、現時点で従来の取引を解決する2営業日とは対照的に、即座にクリアして解決することが期待されます。

CSEは、システムが、スプリットのような「コーポレートアクションを処理することに関連するコスト削減とエラー削減」と、「投資ディーラーがイニシャルおよびマークアップを投稿する必要性を排除することによって達成される節減」を含む、取引の決済が行われるまでの間、決済機関による市場投入までの資本を確保する必要があります。

CSEがプラットフォームの「規制当局のプロセス」をまだ完了していないため、正確な開始日は設定されていません。プレスリリースには、交換所は「カナダの規制当局の承認を得て申請書を提出し、新しい決済機関を認定するつもりだ」と述べている同様に、CSEは、プライベートブロックチェーンの会社であるKabuni Technologies Inc.との間で、すでにプラットフォーム上で資金を調達できる覚書を締結しています。 

参考:https://www.ethnews.com/canadian-securities-exchange-reveals-plans-for-ethereum-based-fundraising-platform 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング