111 


LISK(リスク)は現在、仮想通貨時価総額ランキング20位の注目銘柄です。
リリースされたのは、2016年5月24日(私の誕生日の1日後なのでよく覚えています♪)、Liskは2016年の2月~3月にかけてICOを実施し140000BTCを集めたプロジェクトです。

LISKは分散型アプリケーションプラットフォーム(Dapps)内で使用されるトークンを「LISK」と呼びます。プラットフォーム名は「Lisk」

Lisk(リスク)の特徴

  • コード:LSK
  • 開発者:Max Kordek氏 Lisk Foundation
  • ブロックチェーンの承認システム::Delegated-Proof-of-Stake
  • 承認時間:約10秒(早い!)
  • 発行上限:なし(インフレ通貨)
  • 言語にJavascriptを採用(開発に参入しやすい)
  • スマートコントラクトを使用
  • サイドチェーンの使用(柔軟性があり処理能力が速い)
  • 承認システム:フォージング(鋳造)(開発者がカスタマイズできる)
  • マイクロソフトと提携

リスクはリップル(XRP)ほどではありませんが、承認スピードが10秒と早いのも私が好きなところです。またイーサリアムと同様にスマートコントラクトを使用していますが、ブロックチェーンにコードを書くのではなく、Dappsで立ち上げた(カスタマイズしやすい)ブロックチェーンに書き込むので便利です。新技術は”使われてなんぼ”の世界ですから、後発組ならではの工夫がたくさん施されています。

Lisk(リスク)の価格


出所:coinmarketcap

チャートを見てもわかる通り、Lisk(リスク)は上場後にものすごい急騰を見せ、非常に話題となりました。私が参入したのは上場後の急騰から2か月後の2016年7月。当時の購入価格は「1LISK=34円」。そこから1年で100倍になっています。

早期参入がいいわけじゃない?

それはオイシイ投資だったと思うかもしれませんが、当時はまだ仮想通貨の信用度も低く、LISKに関してもRISKが高い可能性があったので、その後の価格変動も激しく、一時10円台まで下げてしまいました。

当時のLisk(リスク)ポジションもその後「18円」で売却してしまいました。私はイーサリアムですら2016年に900円で売ってしまっているので、早くから参入したらといって有利なわけではありません。逆にこの時の(安い)価格を知っているからこそ、「高すぎて今の価格で買えない」というジレンマが起きています。

2018年はLisk(リスク)に注目?

2018年は2月20日にはリローンチがあるようです。4月ごろにはSDK(ソフトウエア開発キッド)配布が予定されています。

ふたたびLisk(リスク)に参戦


111

出所:coincheck Tradeview LISK/JPY 日足チャート

(Tradeviewには2016年のLISKの価格はありません)

LISKの100倍チャンスを逃したとはいえ、私もいい加減こだわっている場合ではなくなりました。
1月5日からLiskを買い始めたので購入価格は3000円前後、現在のポジションは含み損ですが、直近の下げは仮想通貨全体の下落なのでLiskそのものにはあまり影響はないと考えています。

参考URL:https://coinchoice.net/2018_lisk_expectation/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング