2017年は暗号通貨がメインストリームになった年でした。1000ドル以下だったビットコインが、2万ドル近くまで高騰したのです。2018年も、この流れが止まることはなさそうです。

乗り遅れたと思っているあなた。デジタル通貨はビットコインだけじゃありません。そこで、2017年に流行ったけれどビットコインほどではない暗号通貨(オルトコイン)をご紹介しましょう。

そもそも暗号通貨ってなに?

ひと言でいうと、取引の安全確保に暗号化を利用した仮想通貨のことです。それ以外にも、重要な特徴がいくつかあります。

まず、暗号通貨はマイニング(採掘)が可能です。暗号通貨の取引には難しい式を解く必要があり、そのためにコンピューターを提供して見返りとして通貨を受け取るのがマイニングです。このようにして作られた取引記録はブロックと呼ばれ、次の特徴であるブロックチェーンの語源となっています。

ブロックチェーンとは基本的に、ブロックによる取引台帳を指します。これは公開・分散されているため、誰からでも変化が見られるようになっています。もともとブロックチェーンテクノロジーはビットコイン向けに作られたものですが、医療記録や投票など、あらゆる分野への応用が可能と言われています。

以上をふまえ、有名ないくつかの暗号通貨について、ビットコインとの違いを説明します。

Bitcoin Cash(BCH)

2017年8月にビットコインから派生してできた通貨です。ブロックのサイズを大きくすることで、より速い取引を目指しています。これにより、スケールアップもしやすくなります。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)はビットコインを置き換えるほどではないものの、記事執筆時点で1コイン当たり2788.68ドルを記録しています。暗号通貨取引サービスとして人気の高い「Coinbase」も12月後半からBitcoin Cashのサポートを始めました。ただ、この動きはインサイダー取引が疑われており、同社は現在、新機能追加の一時的中断を余儀なくされています。

Litecoin(LTC)

Litecoin(ライトコイン)は元Google社員のCharlie Lee氏が2011年に作った仮想通貨です。同氏はCoinbaseの開発部隊のトップだったこともあります。特徴はほぼビットコインと同じですが、マイニング可能な最大コイン数が高くなっています。また、ブロックの作成も速く、ビットコインがブロック1個につき10分かかるのに対し、Litecoinは2.5分で完了します。

Ether(ETH)

Etherium(イーサリアム)のプラットフォームおよび通貨として2013年に提案された「Ether」は、2015年にリリースされています。おおむねビットコインと似ていますが、法律ではなくコードで契約を執行する「スマートコントラクト」に力を入れているのが特徴です。これは複数人による契約を管理するテクノロジーで、マルチシグネチャアカウントを作ることで、過半数の署名がなければ資金にアクセスできないようしています。

ビットコインも、個人間の通貨の送金など一部のスマートコントラクトをサポートしていますが、できることはまだ限られています。その点Etheriumでは、個々人で独自の契約を書くことができます。

その通貨であるEtherはEtheriumプラットフォームを操作するための燃料として機能していますが、投資用に購入して所有することもできます。現在の価値は777.55ドルです。

Ripple(XRP)

012年にできた暗号通貨のRipple(リップル)は、2017年に価値が急騰し、有名になりました。12月後半には2.21ドルを記録。時価総額は850億ドル超となりました。

Rippleは社名と通貨の両方を指します。もともと決済ネットワーク「RippleNet」として開発され、米ドルなど政府が保証する通貨とともに、Rippleをサポートしています。同社は銀行やその他金融機関の決済テクノロジー開発を目的としており、すでに100を超える組織が利用しています。

上でご紹介した暗号通貨のうち、Coinbaseで購入できないのはRippleのみです。しかし、Rippleのウェブサイトには、Rippleをサポートしている「Bitstamp」「Kraken」「Gatehub」などの取引所一覧が掲載されています。

参考URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010003-biz_lifeh-sci&p=2 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング