中国のウェブ検索企業Baiduは独自のBlockchain-as-a-Service(BaaS)プラットフォームを立ち上げた。

Baiduによって開発された技術に基づいて、オープンプラットフォーム  は、最も「ユーザーフレンドリーな」ブロックチェーンサービスを提供することを目指しています。

同社の専用ウェブサイトによると、「Baidu Trust」は取引の実行と追跡を可能にし、デジタル通貨、デジタル請求、銀行与信管理、保険管理財務監査などのさまざまな利用事例に適用することができます。

Baiduは、この技術はすでに資産の証券化と交換に適用されており、「中国でのブロックチェーン技術を使用した最初の資産担保証券交換商品」に貢献したと主張している。

この動きで、Baiduは 独自のブロックチェーンサービスを立ち上げるために、中国のインターネット企業であるテンセントに従っている。

2017年4月に発表された同社は、偶然にも「TrustSQL」と呼ばれる技術を使用して、他のサービスの中でデジタル資産管理、認証、および「共有経済」を提供すると述べた。

Baiduは、BaaSプラットフォームを立ち上げるのに少し遅れたかもしれませんが、ビットコインを非常に早期に採用しました。特に、2013年10月、Jiasuleサービスのビットコインによる支払いを受け入れている発表しました。これは、ウェブサイトのパフォーマンス、スピード、セキュリティを向上させます。

参考:https://www.coindesk.com/search-giant-baidu-launches-blockchain-as-a-service-platform/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング