韓国でインターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の市場が急速に過熱している。韓国の仮想通貨市場は昨年まではほとんど存在感がなかったが、この1年間で取引が一気に拡大。欧米メディアも2017年12月、こぞって韓国市場の動向を取り上げ、「世界で最もビットコインが熱い国は韓国だ」などとはやし立てている。一方、韓国国内ではビットコインのバブル懸念が高まっている。韓国政府は未成年者の取引を禁止するなどして投機化を押さえ込みたい考えだが、最近では北朝鮮が韓国のビットコイン市場を標的にしたサイバー攻撃を仕掛けていたことも明らかになり、熱狂に混迷が加わっている。

「ビットコインに関して韓国以上に熱狂が高まっている国はない」

 米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は17年12月3日、韓国ビットコインブームの様相を驚きをもって報じた。

 NYTは1997年のアジア通貨危機で財産を失った77歳の韓国人男性がビットコインへの投資に期待をかけている姿や、「投資の勉強をしなくてもよさそう」といった理由でビットコインに関心を持つ16歳の高校生のエピソードを紹介。世界で初めて1BTCが1万ドル(約110万円)をつけたのは韓国の取引所だったと言及した。

 ビットコインブームは世界共通の現象といえる。しかしそれでも韓国に注目が集まるのは「中国や米国とは異なり、韓国では1年前には仮想通貨の市場がほとんど存在しなかった」(NYT)からだ。

 韓国最大のビットコイン取引所のビットサムでは、2016年12月前半の取引量は約6万1000ビットコイン。しかし、17年12月前半は約99万3000ビットコインにのぼっており、取引量は1年で16倍超になった。

 仮想通貨情報サイト「コインヒルズ」によると、ビットサムはビットコインやイーサリアムなど複数の仮想通貨を合わせた取引量で、米国や香港、日本の大手取引所に匹敵する規模を持つ。米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、12月前半の一時点では世界のビットコイン取引のうち4分の1を韓国が占め、人口が6倍以上ある米国の取引量を超えたという。

 韓国でビットコインブームが過熱している背景には、韓国では株価や不動産価格の上昇が続いた結果、さらなる大幅な値上がりが期待できる投資先を見つけることが難しくなっているという事情がある。韓国では仮想通貨取引への規制が緩いとの指摘も多い。また英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は「IT技術に明るく、流行に敏感な韓国民がビットコインに熱中している」と分析している。

 一方、韓国政府はビットコイン取引の急増に神経をとがらせている。韓国のビットコイン市場参加者には投資経験の少ない個人も多く含まれているとみられ、将来的な値下がりに耐えきれないほどのリスクを抱え込みかねない恐れがあるからだ。

李洛淵首相は仮想通貨取引の投機化について、「このまま放っておくと深刻な現象が発生しかねない」との懸念を表明。韓国紙の朝鮮日報によると、韓国政府は17年12月13日に関係官庁による仮想通貨関連の緊急会議を開き、未成年者と外国人が仮想通貨を取引することを禁止する方針を固めた。

日本でも、日銀の黒田東彦総裁が同月21日の記者会見で、荒い値動きを続けているビットコインが投機の対象になっているとして、「異常な高騰であることは事実だ」と指摘。

 日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)も同日の会見で、ビットコインの先物取引について、「不用意な参入は控えていきたい」と慎重な姿勢を示した。

 またビットコインをめぐっては、北朝鮮のハッカー集団が韓国の仮想通貨取引所へサイバー攻撃を仕掛けているとの分析も出ている。韓国の情報機関である国家情報院は同月15日、17年6月にビットサムから3万6000人分の顧客情報が流出した事件や、4月と9月に別の2つの取引所から仮想通貨が奪われた事件に北朝鮮が関与していたと発表した。

 つまり北朝鮮もリスク要因だ。韓国政府は投資家に冷静さを求めつつ、取引所にもセキュリティー対策の強化を呼びかけなければならない状況。ビットコイン価格の上昇が永遠に続くわけではないことが自明な中、今後の混乱につながりかねない火種への対応は難しくなっていきそうだ。

参考URL:http://www.sankei.com/smp/premium/news/180108/prm1801080002-s1.html 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング