111 

当時、北京に本拠を置くデジタル通貨交換機Huobiは、かつて中国で最大のビットコイン取引プラットフォームであり、中央銀行は国内取引をcryptocurrencies取引から止めた。今月Huobiは、日本の金融機関であるSBI Groupとの取引を発表し、2018年第1四半期に2つの新しい暗号化交換を開始する予定です。

中国最大のBitcoin Exchangeを運営する会社が日本を見据えて

かつて中国を支配していたBitcoin Exchangeが日本に向かう2017年の開始前に、中国のトップ3の取引所は世界中のほとんどのビートコーンを交換し、世界のBTC取引のシェアを獲得しました。これらの取引所の1つは、2013年以来中国のBTC取引量を保有している北京に本社を置くHuobi社でした。しかし、2017年1月、中国人民銀行(PBOC)は国内取引を激化させ始めました。当初、物事は厳しい規制措置が起こるように見えたが、中央銀行は人民元とデジタル資産取引を可能にしたすべての中国の取引所を閉鎖した。

現在、取引プラットフォームの親会社であるHuobi Groupは、以前はSoftbank Investment Groupとして知られていた金融機関SBIと提携しています。仮称「SBIバーチャル通貨」と「フービー・ジャパン」の2つの仮想通貨交換開始する計画

SBIはHuobi Groupの実績が基本合意を達成するのに十分だと信じている

かつて中国を支配していたBitcoin Exchangeが日本に向かうSBIはまた、アジア地域における回線暗号化関連ビジネスのトップを確立するために、「Huobiの技術、ノウハウ、人材」を使用する銀行計画を明らかにしている。SBIグループは、2つの新しい取引所のパートナーシップと創設により、「Huobi Groupの日本企業における持分の30%」を取得する予定です。また、Huobi Groupの韓国企業の10%を取得する予定であり、HuobiはSBIバーチャル通貨事業の持分の30%SBIは、Huobiが基本的な合意の基礎を築いたデジタル通貨空間でしっかりした評判を持っていると説明しています。

SBIホールディングスはHuobi Groupとの基本合意(約165万口座、最大300億人民元(約5,1100億元))を達成した。これは、中国における主要な暗号トラヒック交換を安定的に運用してきた実績を持ち、同盟。

現時点では、Huobi Group は、シンガポール、韓国、香港などの地域から多くの量を見るHuobi.proと呼ばれるグローバルな暗号化交換を行っています。同社はまた、China News and Research PlatformとHuobi Wallet Digital Asset Managementサービスも運営しています。日本の2つの交流は、次回のアジア地域への拡大です。

参考URL:https://news.bitcoin.com/the-bitcoin-exchange-that-once-dominated-china-is-heading-to-japan/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング