東京の警察庁とのサイバー犯罪防止協定に署名した10の日本の暗号通信交換局。オンライン勘定への不正アクセスやマネーロンダリングを含むサイバー犯罪の件数は、日本でのビットコインの採用拡大に伴い増加しています。

10人の交流団員

日本を代表する暗号暗号交換の10社が、水曜日に東京都警察と「サイバー犯罪対策協定」に調印した。この動きは、「ビットコインなどのデジタル通貨を対象とした犯罪の増加に対応して」とSankei Shimbun氏 は説明する。

交換はSBIバーチャル通貨、Bitflyer、Bitpoint Japan、GMO Coin、Coincheck、Bit Trade、Quoine、Bitbank、Btc Box、Money Partnersです。すべての企業は、日本の金融サービス局(FSA)から、デジタル通貨交換として法的に運用されることをライセンスされています。日本で2番目に大きいビットコイン交換は、依然として審査中である。

10日本の暗号化取引と東京警察がサイバー犯罪と戦う
10人の交換所と東京警察の署名式。

サイバー犯罪を防止するために、お互いに協力し、東京都警察に協力することに同意します。具体的には、彼らは「相互協力、サイバー犯罪の報告通知、犯罪捜査協力、情報の共有、[と]広範な損傷、防止するための措置」に同意のAppタイムズ詳細を。

ライジングサイバー犯罪事件

警察庁(NPA)の警備局長は、「バーチャル通貨の普及は目覚しいものの、犯罪になると危機感だ。この契約は奨励されています」と述べています。デジタル通貨交換は、不正アクセス、違法取引、マネーロンダリングなど、多くのサイバーセキュリティの課題に直面しています。

10日本の暗号化取引と東京警察がサイバー犯罪と戦う先月、警察庁は10月に終了した6か月間に、日本で170件の暗号化を含むマネーロンダリングのケースを明らかにしたとジャパンタイムズが 報じたNPAの関係者は、「関係省庁や事業者との協力による対策を講じたい」と強調した。

18歳以上の日本人3000人を対象とした11月の内閣府調査によると、サイバーテロの影響、オンラインアカウントへの不正アクセス、その他のハイテク犯罪が懸念されている。

BitflyerのCEOであるKano Yuzo氏は次のようにコメントしています。

バーチャル通貨を決済できる店舗数は増えていますが、犯罪件数は増加しています...被害を防ぐために努力したいと考えています。

参考URL:https://news.bitcoin.com/japanese-cryptocurrency-exchanges-police-cyber-crime/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング