ビットコインキャッシュのハードフォークに成功したことをきっかけにか、いつの間にかビットコインからのハードフォークブームが始まっています。

ビットコインゴールドのハードフォークは完了し、この後も以下のハードフォークコインの誕生が、2017年年末~2018年前半にかけて続いてて予定されています。

・ビットコインダイアモンド
・ビットコインプラチナム
・スーパービットコイン
・ビットコインウラン
・ビットコインシルバー
・ビットコインキャッシュプラス
・ビットコインアンリミテッド

2014年~2015年頃に起こったビットコインのコピーのようなアルトコインブーム、2017年のICO加熱に次ぐ新しい錬金術とでも言えるでしょうか。

とはいえ、これらは、ビットコインホルダーのとっては、経済合理性を考えるのであれば、悪いことではありません。ビットコインさえ保有していれば、ハードフォークコインが付与されるのですから。

しかし、ハードフォークブームの中でも気をつけておくべきことはあるので、何点かまとめておきます。

準備が整う前にハードフォークする場合も

さて、これらのハードフォークコインのそのほとんどが、明確なビジョンがあるわけでも、十分な開発チームがあるわけではありません。

そのため、考えられることが、ソフトウェアが出来上がっていないままハードフォークのブロックを向かえる場合もあるということです。

実際に、ビットコインダイヤモンドは、この記事の執筆時点(11/340)でリファレンス実装が公開されていません。

いくつかの取引所では、すでに取引が開始されてしまっていますが、今のところ、これらは取引所のデータベース上でのみ存在しているコインです。現状、秘密鍵からビットコインダイヤモンドを取り出すことは出来ません。

ビットコインダイヤモンドは、年内にソースコードを公開すると発表しています。

しかし、もしこれがアナウンス通り、公開されていなかったらどうでしょう。

今、いくつかの取引所でビットコインダイヤモンドを購入している人は、取引所のデータベースにしかない空気を買っていることになります。

ハードフォークコインに関わるならば、ソフトウェアが公開されたコインかは把握しておく必要があると言えます。

コインの取り出しツールを装った詐欺

今後、間違いなく頻発をすることはハードフォークコインの取り出しツールを装った詐欺です。

ビットコインの秘密鍵を入力すれば、ハードフォークコインを取り出せるというツールですが、実際に、秘密鍵を送ると、全てのビットコインを盗まれるということがあり得ます。

これは、実際にビットコインゴールドで起きていた事件です。mybtgwalletというウォレットを装った詐欺では、少なくとも数千万円単位のビットコインが、奪われてしまったということが確認されています。

しかも、このmybtgwalletは、ビットコインゴールドの公式サイトにも一時期対応ウォレットとしてリストされていたことが確認されており(数日で削除はされている)、ハードフォークコインの公式のチームの対応力を信じることも問題だということが言えます。

もし自分で秘密鍵から取り出せる自信がない場合は、普段使っているサードパーティーのハードウェアウォレットや取引所の対応を待つのが、最善です。

もし、売却が多少遅れてしまっても、大事なビットコインを失う事態になるよりは大した問題ではないので、慎重に行動するべきだと言えます。

フォークコインの投資判断は?

各フォークコインに将来性のあるものはあるでしょうか。
この答えは、自分としては非常に消極的です。

というのも、一部を除くほとんどのフォークコインは、ほとんど一切の問題を解決することがない新規性のないコインだからです。

ビットコインキャッシュに関していえば、ビッグブロックの実現というオリジナルのビットコインでは出来ないことを解決するビジョンがあるハードフォークコインだと言えます。

しかし、それに続くハードフォークコインの多くには、ビジョンもなく、そのコインにしか解決出来ない課題は存在しません。

唯一他のコインと比較したときの優位性は、最初からホルダーが分散しているというネットワーク優位性ですが、長期的に価値がつくものは少ないと思われます。

僕自信も、基本のスタンスは、ハードフォークコインの付与を確認し、売却可能になったら、基本的にはすぐに売るとというスタンスです。

以上、このハードフォークブームがいつまで続くかは分かりませんし、2018年年初までに予定されているフォークも本当に実行されるか分かりませんが、参考になれば幸いです。

参考URL:https://coinchoice.net/3things_to_watch_out_hf/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!