114

東京証券取引所に上場している日本企業2社は最近、韓国への暗号侵害業務を拡大した。
Oneは、地元企業と提携して、小売業者のサービスを追加する予定のビットコイン交換を開始しました。もう1人は、モバイルゲームを開始した後に暗号交換を開発するためにICOを開催し、ユーザーはビットコインを得ることができます。

Bitpoint Korea

Bitcoin Exchange Bitpointを日本で運営するRemixpoint Inc(3825.T)は、最近Bitpoint Koreaと呼ばれる韓国で暗号暗号交換を開始した

日本企業2社が韓国で暗号暗号交換を開始
BitpointとSys&Techの代表者。

この取引を開始するため、同社はSys&Techと呼ばれる韓国の会社と提携し、Forex証拠金取引自動取引システムを開発しました。この事業提携では、バーチャル通貨と流動性をバーチャル通貨取引システムに提供し、シス&テックはマーケティングや顧客対応などの業務を担当します。韓国のバーチャル通貨市場を活性化させるだろう」と述べた。

パートナーシップを通じて提供される暗号化サービスには、交換、スポット取引サービス、送金サービスが含まれます。現在、取引所はBTC、BCH、およびETHをサポートしています。韓国市場へのさらなる拡大のために、同社は小売店に小売店の決済ソリューションを近い将来提供する予定である。

日本企業2社が韓国で暗号暗号交換を開始
Bitpoint Koreaのトレーディングスクリーンショット。

メプタプスのコインルーム

東京に本社を置くMetaps Inc(6172.T)は、人工知能と大きなデータを使ってアプリの収益を最大化し、キャンペーンのパフォーマンスを最適化するアプリの収益化プラットフォームです。同社の韓国子会社であるMetapsplus Incは、モバイル広告プラットフォームを開発しています。

同社は先月、トークンの売り上げで約11億円を調達し、最近ベータ版を公開したコインルーム(Coinroomと呼ばれる暗号化交換を開発し、運用しているCoinroomは現在、BTC、BCH、ETH、ETC、プラスコイン(PLC)と呼ばれる同社独自のトークンをリストしています。

日本企業2社が韓国で暗号暗号交換を開始
Coinroomの取引スクリーンショット。

Coinroomを開始する前に、MetapsplusはDig Landというモバイルゲームを立ち上げました 。プレイヤーはビットコインを得ることができると言います。このゲームは、141カ国で利用可能です。ゲームのキャラクターは、さまざまな機器を使用して地中に埋葬された鉱物を掘り起こし、ゲーム内で報酬を受け取る。同社は、ミネラルを掘り、パズルを解くことなど、ゲーム内でビットコインを獲得するいくつかの方法があると言います。

競争と規制環境

韓国のウォンは現在、日本円と米ドルに次いで、ビットコインで3番目に取引量の多い通貨である。Bithumbは、国内のビットコイン市場シェアの約70%を占める国内最大のビットコイン交換会社であり、CoinoneおよびKorbitがこれに続く。先月、110以上の暗号化を持つプラットフォームがベータ版で公開されました。このプラットホーム、Upbitは、カカオトーク、カカオトークで最も人気のあるチャットアプリをベースにした株式取引プラットフォームで運営されています。

日本と韓国は暗号化取引のトップ国の一つですが、規制環境は非常に異なります。日本はビットコインを法的支払い方法にしているが、韓国は依然としてクリプトクロスの規制枠組みに取り組んでいる加えて、日本には初期コイン・オファリング(ICO)を規制する特別法はなく、韓国はそれを  禁止している。

参考URL:https://news.bitcoin.com/japanese-companies-cryptocurrency-exchanges-south-korea/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング