114 

日本の金融庁(FSA)は、最初のコイン・オファリング(ICO)に関する声明を発表した。リスク警告に加えて、代理店は既存の2つの法律がトークン販売にどのように適用されるかを詳述した。

FSA、ICOリスクを警告

日本の金融当局は、初期コイン・オファーのスタンスを明確にする日本の金融庁が公表 ICOS上の位置を明確に、金曜日に声明を。当局は、まず、ICO投資家に適用される2つのリスクを国民に警告した。

第1のリスクは、その機関が警告した価格の変動性に関係している。「トークン価格が急落したり、無意味になったりする可能性がある」という第2のリスクがある。FSAは、ICOのホワイトペーパーで概説されている商品やサービスは、実現して、それに加えて:

上記のリスクを十分に理解し、トークンを購入した場合はICOプロジェクトの内容を理解した上で、あなた自身の責任で取引を行うべきです。また、ICOの不審な勧誘に注意を払う必要があります。

2つの既存の法律が適用される

日本にはICOに関する特別な法律はないが、既存の2つの法律によって規制される可能性がある。FSAは、ICOを開始する企業にとって、

ICOは、仕組みの仕方に応じて、決済サービス法および/または金融商品取引法の対象となる可能性があります。

日本の金融当局は、初期コイン・オファーのスタンスを明確にするICOで発行されたトークンが支払いサービス法の仮想通貨規定に該当する場合、定期的にデジタル通貨交換サービスを提供する企業は、「首相の委任された権限である各財務局に登録しなければならない」とFSAは書いている。今のところ、11の暗号化交換が代理店によって承認されている。

ただし、「ICOが投資の特徴を有し、仮想通貨によるトークンの購入が実質的に法定通貨と同等とみなされた場合、ICOは金融商品取引法に基づく規制の対象となる」とし、記載されている。

日本のICO

日本のICO市場は拡大しています。小企業や大企業はトークンセールを利用して資金を調達しています。最近、news.Bitcoin.com 、7nmのビットコイン採掘ボードを販売するためにICOを使用することを計画している、インターネット大手のGMOに報告した。日本の金融サービス会社であるSBIグループは 、Morningstar Japan によるファイナンス事業と格付け情報事業の2つのICO事業も開始しています。

日本の金融当局は、初期コイン・オファーのスタンスを明確にする日本のビットコイン交換Zaifを運営するTech Bureauは、8月にComsaというプラットフォームを立ち上げた。Comsaは、Comsaを「多言語のホワイトペーパーの作成、トークンセールスダッシュボードの事前設定、ブロックチェーン統合サービス、PRサービスなど、独自のICO専用のワンストップソリューション」と表現しています。

シンガポールのビットコイン交換日本でのプレゼンスの高いクワインは、   今月初めに「Qash」と呼ばれるグローバルICOの発売を発表しました。QuoineとZaifは、9月にFSAが承認した11のビットコイン取引所に含まれていた。

さらに、中国のビットコイン取引所は、ICO事業を日本に移転しようとしていると伝えられている。中国の新興企業であるCoincheckによると、同社は、中国政府がICOを禁止した後、世界中の中国の新興企業や新興企業から何百もの要請を受けていると明らかにした。

参考URL:https://news.bitcoin.com/japans-financial-authority-initial-coin-offerings/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング