Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2019年09月

今すぐ使用を開始するビットコイン投資戦略

Baltic Honeybadger Bitcoinカンファレンスは最近終了し、Adamant Capitalの共同設立者であるMichiel Lescrauwaetが同社の投資戦略を発表しました。同社はまた、個々の投資家がどのような戦略を使用できるか、そして正しいアプローチは何かに関するフローチャートとヒントを提供しました。

「ビットコインアルファファンド」アダマントキャピタルがビットコイン投資戦略を提供

いくつかの戦略に名前を付け、その仕組みを説明する前に、レスクラウエットは次のように述べました。

「効果的なビットコイン投資戦略は、市場の成熟度に依存します」と付け加え、最初の「発見フェーズ」が終了し、「インフラストラクチャフェーズ」が始まったと付け加えました。

投資家は、これらの次の3つの戦略のどれに従うべきかを決定できます。

ビットコインを貸さないでください

レスクラウエットは、ビットコインの需要が少ないため、1年間のビットコインの貸し出しは強気市場で約2.5%の利益を得ると説明しています。

「弱気市場では、人々が不足したい場合、2018年の数字では約6%です」と彼は述べ、これが良い取引ではない理由には税の影響と取引相手のリスクがあると付け加えました。

ビットコインを担保として米ドルを借り入れる

カストディアンにビットコインを入金し、ビットコインを担保として米ドルを借り入れます。その後、USDを使用してビットコインを追加購入できます。Lescrauwaetは、これはAdamantで使用されている低リスクで高収益の戦略であると述べました。さらに、毎日返品を監視できます。

ビットコインサイクルは不可欠です

強気相場/弱気相場のサイクルがいつ起こるかをすべての投資家が知っていれば、彼らは非常に成功するでしょう。ただし、これは誰も持っていないデータであり、取得することも困難です。Adamantは、ビットコイン相対未実現利益/損失は、ビットコイン市場における投資家の総紙利益を確認するのに役立つ便利なツールであると指摘しました。

Adamantのデータは、利益が80%に達すると市場が下落する傾向があることを明らかにしました。

Adamantのプレゼンテーションで発表された他の2つの戦略を以下に示します。

最後の2つの戦略は、「短い高ベータのアルトコイン」への投資と「暗号ヘッジファンド」への投資です。

ビットコインに対するアダマントの立場については、現時点では強気であり、9月上旬、共同設立者のトゥール・デメスターは、私たちは弱気市場ではなく「ポストICOバブルビットコイン強気市場」にいると強調した。

参考資料:https://oracletimes.com/bitcoin-investment-strategies-to-start-using-now/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

EOSのBlock.one、●●に新しい本社を開設へ

EOSの開発を主導しているBlock.oneはワシントンD.C.近郊にあるバージニア州のアーリントンに1000万ドルあまりを投じて新しい本社を置くことを明らかにした。同社は政府の拠点と近いことを1番の理由としてあげている。

参考資料:https://btcnews.jp/1xnl6ekv29591/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

H&Rが米国に拠点を置く会計事務所をブロックし、彼らが彼らの税金を申告するのを助けるために、暗号愛好家の援助に来ます

内国歳入局は、暗号愛好家がそれを借りているものを追いかけるために最善を尽くしているので、人々は税務署からの手紙を受け取った後パニックになっています。過去数か月間、IRSは納税者に手紙を送り、納税者は税金の支払いを促すために暗号通貨の愛好家として2倍になりました手紙のいくつかは、納税者が税金を送金することを思い起こさせるものです。ただし、応答を必要とする警告メッセージがいくつかありました。他にも、暗号トレーダーがIRSを所有しているという罰金と会費があります。

文字を手にした暗号愛好家は、次に何をすべきか疑問に思うパニックモードに陥りました。ただし、会計事務所あるH&R Block 新たに開始されたサービスを使用して暗号トレーダーを支援しています。

いくつかの通知はIRSがあなたに手を差し伸べる方法ですが、納税者にとって、納税者がIRSから手紙を受け取ることは衝撃的でストレスのある瞬間です。ただし、H&Rブロックについては、サポートを提供しています。単純な問題であれ、より複雑な問題であれ、私たちは多くの税問題を展開する専門知識を持っています。それに加えて、IRSレーダーに乗ることがいかに神経をすり減らせるかを理解していますが、私たちは支援するためにここにいます。

アンディ・フィリップス、H&Rブロックのディレクター。

新しいサービスの仕組み

H&Rブロックオフィスプロセスは、納税者が電話番号または電子メールアドレスを介してH&Rブロックに連絡することから始まります。その後、彼らは会議をスケジュールします。この会議は、H&Rブロックが問題を理解し、納税者に税の専門家を割り当てるのに役立ちます。専門家があなたの手紙を確認し、問題を解決する方法についてIRSに連絡します。

上記のプロセスは、プロセス全体を開始する無料の診断です。IRSが税務問題の解決策で応答すると  、専門家は調査結果をクライアントと共有し、今後のチャットに進みます。合意に達した後、クライアントは前払いの定額料金を請求され、IRSの税問題の解決を開始します。

H&Rブロックは、IRSからの記録の修正、税務機関の罰則の軽減、または送られた手紙への返信など、あらゆる問題を解決します。


参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/hr-block-a-us-based-accounting-firm-comes-to-the-aid-of-crypto-enthusiasts-to-help-them-file-their-taxes/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

シスコシステムズとシンギュラリティネット、ブロックチェーンでAIを分散型に

大手ネットワーク企業のシスコシステムズ(Cisco Systems)は分散型の汎用型人工知能(AGI)プロジェクトで、シンギュラリティネット(SingularityNET)が開発したブロックチェーンベースのプラットフォームを採用した。

汎用型人工知能(AGI)(Artificial General Intelligence)はAI(人工知能)の一種で、知的作業を学習するコンピューター能力に焦点を当てたものだ。例えば既存のAIはページ上の文字を読めるようになるかもしれないが、AGIシステムの真骨頂は本の書き方が分かるようになるかもしれないことだ。

共同声明でシンギュラリティネット社CEO、ベン・ゲーツェル(Ben Goertzel)博士は「シスコのようなパートナーから求められるAGI開発の規模は極めて大きなものとなるだろう。我々のAGIツールとブロックチェーンベースのプラットフォームがそれにきちんと応えられるよう、努力している」

ソースを分散化することで、誰もがAIを活用できるようにするシンギュラリティネットのプラットフォームは、コンピューターの学習能力を特定の勢力やプレイヤーが抱える事態を防ぐ。

ゲーツェル博士によると、シスコとシンギュラリティネットは共同でAGIを開発することに可能性を見いだしている。この技術は「誰であろうと開発する者に素晴らしい商業的恩恵をもたらすことが見込まれる」という。

「この恩恵は最初は、広告や医学研究、コンピューター・ネットワーク、財務分析といった特定のバーティカル(垂直)市場の製品に、汎用型知能を注入するような「狭いAGI」システムという形をとるかもしれない。」

「グローバルかつ分散型で、思考するマシンを実際に作り上げるためには、たくさんの複雑な要素を組み合わせる必要があり、シスコとシンギュラリティネットの協働は物事を非常に加速させる可能性がある」とゲーツェル博士は語った。 

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/22342/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

トークンテック企業Securitizeがサンタンデール、MUFG、野村から1,400万ドルを調達

規制されたトークン発行技術プロバイダーSecuritizeは、大手金融会社の投資部門を含む投資家から1,400万ドルを調達しました。

Securitizeは火曜日のプレスリリースで、シリーズAラウンドの延長である資金調達が、Santander InnoVentures、MUFGイノベーションパートナー、および野村ホールディングスによって支援されたことを発表しました今回の参加には、シリーズA、ブロックチェーンキャピタル、SPiCE VC、およびSeedRocket4Foundersの既存の投資家も参加しました。

同社は、「レガシー証券業界の近代化」という大きな目的を持って、テクノロジープラットフォームの開発を継続するためにキャッシュインジェクションを使用する予定です。

独自の数字によると、1400万ドルの投資により、現在までのSecuritizeの総資金は3,000万ドルを超えています。

Securitizeの共同設立者兼CEOであるCarlos Domingoは、この発表で次のように述べています。

「Santander InnoVentures、MUFG、Nomuraなどの主要な戦略的投資家、および主要なブロックチェーン投資家の参加により、従来の金融市場に対する変革的デジタル証券の存在が実証されています。Securitizeへの投資により、当社の実行および業界をリードするテクノロジーにより、継続して導入と革新を推進できます。」

同社は、先月下旬に証券所有権の変更に関する振替代理人および記録の公式キーパーとして行動するために、米国証券取引委員会によって特に承認されました。

SecuritizeのDSプロトコルは、デジタル証券の二次取引とコーポレートアクションの管理を可能にする、と同社は言います。さらに、「業界で最も高い採用率」を持っていると主張しており、11のデジタル証券をすでに「数十」で発行しています。

サンタンデルが会社を支援している理由を説明し、サンタンデールイノベンチャーズのパートナーで投資責任者のマヌエルシルバマルティネスは、同社は「ブロックチェーンテクノロジーを通じて業界インフラのコア部分をリエンジニアリングしている」企業に「賭け」ていると述べました。デジタル証券市場に参加するために、彼は付け加えた。

大手日本の電話会社KDDIのベンチャー部門、日本の不動産開発会社三井不動産のイノベーション部門、香港に本拠を置くブロックチェーン・ベンチャー企業Kenetic Capital、中国に本拠を置くブロックチェーン投資など、アジアの投資家のかなりの部隊も資金調達ラウンドに関与しましたフェンブシキャピタル。

Securitizeは、このグループがこの地域のデジタル証券の「成長する食欲」を強調していることを示唆しました。

支援者のリストには、Tezos FoundationとAlgo VCも含まれます。これらは、TezosとAlgorandブロックチェーンにデジタル証券を置くためのコラボレーションの一環として参加しました。 

参考資料:https://www.coindesk.com/token-tech-firm-securitize-raises-14-million-from-santander-mufg-nomura 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング