Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2019年01月

「ビットコイン投資家は金投資に鞍替え中」 米運用会社ヴァンエックのCEOが指摘

1 

米運用会社ヴァンエック・アソシエイツのジャン・ヴァンエックCEOは、米経済番組CNBCとのインタビューで、ビットコイン(BTC)投資家が金(ゴールド)投資に移行していることを示唆した。

ヴァンエック氏は、「ビットコインは18年と17年に金の需要を多少押し下げた」と述べた後で、次のように結論付けた。

「面白いことに、当社はちょうどビットコイン投資家4000人に聞き取り調査を行ったところだ。19年の彼らの1番の投資先は実は金だった。金はビットコインに負けていたが、今度は金が勝つ番だ」

同インタビュー中にビットコイン上場投資信託(ETF)が話題に上った際、セイモア・アセットマネジメントの創業者兼最高投資責任者(CIO)のティム・セイモア氏は、ビットコインの価値保存手段としての機能に以下のように疑問を呈した。

「基本的[コモディティ]の流動性をすべて失っただけではない。実存するブロックチェーンに関する議論は別として、最近本当によく耳にするようになった価値の保存という概念については、議論が極めて困難な状態が続いていた」

ヴァンエック・アソシエイツ社は、金ETFの「ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)」と「ヴァンエック・ベクトル中小型金鉱株ETF(GDXJ)」を生み出している。 ヴァンエック氏は、GDX とGDXJ が「ここ2、3ヶ月間、非常に優れた動きを見せてきた」と語った後、これらが一見して株式市場とは逆の動きをしていることを強調した。

「第4四半期中、S&P500指数が下落した日の大半の日にGDXは上昇していた」と同氏は語り、「このデカップリングを見ていると、分散投資家として、金投資の血が騒ぐ」と締めくくった。さらに、CNBCによると、GDX ETFは第4四半期に14%成長しており、同記事によると、16年第2四半期以来最高の成長を見せていた。そして今年、S&P 500指数が6%上昇した一方、GDXの上昇率は1%未満に留まった。

最近、コインテレグラフが報じたように、シカゴオプション取引所(CBOE)のBZX取引所は、米証券取引委員会(SEC)に対するビットコインETF申請を取り下げている。この申請は、ヴァンエック社と金融サービス企業のソリッドXが、ビットコインETFの上場許可を得るために申請していたものだ。ビットコインETFの申請取り下げについて、ヴァンエックCEOは「政府閉鎖の影響によるものだ」とし、SECが復活した時には再び申請する考えを示している。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/van-eck-associates-ceo-bitcoin-investors-are-moving-to-gold 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

大人気!Decentraland:現在の土地1区画は100平方メートル

VRプラットフォームのDecentralandではユーザーがヴァーチャル空間上の土地を所有することができ、その上に様々なサービスを構築できる。

現在、土地1区画は100平方メートルとなっているがフィードバックにより16平方メートルに変更した方が良いという意見が登場している。ユーザーは投票により自分の意見を示すことができる。

Decentralandの土地を持つメリットとは?

Decentraland:126ピースの土地が2,300万円以上で取引される

Decentralandの公式サイトはこちら 

参考資料:http://cryptocurrencymagazine.com/decentraland-190128 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ウィンクルボス兄弟の最近のお勧め暗号通貨

1 

Winklevossの双子は最近脚光を浴びています、そして彼らはニューヨークでの暗号とより具体的な暗号交換規制に対する彼らの前向きな見方を表現し続けています。

彼らが彼女のUnchainedポッドキャストについてLaura Shinからインタビューを受けたとき、双子はそれが交換で新しい暗号をリストすることになるとGeminiのプロセスを説明した。

双子は、規制当局がMoneroよりもZcashに対してより有利な見解を持つと確信していたため、XMRよりもZECを挙げることを選択したことを明らかにしました

ジェミニに新しいコインを追加する

双子はまた彼らの交換、ジェミニを含む上場プロセスの詳細について尋ねられた、しかしBitcoin現金の文脈で、CryptoDailyは報告します。

両氏は、取引所は「暗号資産が2つの別々のコイン、Bitcoin Cash ABCとBitcoin Cash SV(それぞれ単にBitcoin CashとBitcoin SVと呼ばれることもある)に分割される前に、スピンオフコインをリストする」を承認したと述べた。

しかし、最終的には、Geminiはaltcoinをリストすることで保守的なアプローチをとることにしたようです。

「我々はあなたが何を知っていると言った、我々はこれを待って、ほこりを解決させるつもりだ」と双子は言った。

彼らはまた、取引所はまだ新しいデジタル資産を上場するための社内規則の策定に取り組んでいると述べた。

ZM over XMR

双子は、「明らかに、Zcashをリストアップした」と述べ、「Moneroをリストアップしようとはしなかったので、Zcashが規制当局を安心させるためのプライバシーコインであると感じた」と説明し続けた。

XMRとZEC  はトッププライバシコインです。

Moneroは、特にそのASIC耐性により、鉱山労働者にとって最も魅力的です。これは、高価なハードウェアを購入することなくXMRを採掘できることを意味します。

2018年7月に戻って、Zcashはその巨大な採掘収益性のおかげで注目を浴びていました。Bitcoinを400%上回りました。

これら両方のプライバシーコインは、今年採掘するのに最適です。 

参考資料:https://oracletimes.com/regulators-prefer-zcash-zec-over-monero-xmr-claim-the-winklevoss-twins/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ニューヨーク州の居住者はデビットカードを介して従来のATMでBTCを購入できます

ビットコインの採用は、最近の暗号化分野での話題のようです。

最近ではゆっくりだが確実にBitcoinを入手するのが簡単になってきているように見えます。これは主流の採用が本当に間近になる可能性があることを意味します。

2019年が大量採用の年になり、物事がその方向に動き始めていることを、さらなる予測が予測してきました。

ATMでBTCを購入する

たとえば、ニューヨーカーは、デビットカードを使って従来のATMからBTCを購入できるようになりました。

ニューヨークの規制当局から新たに認可されたライセンスで、LibertyXはビッグアップルの居住者にデビットカードBitcoin購入オプションを提供する最初のそのようなライセンシーになりました。

LibertyX BTCペイメントサービスプロバイダは、2014年に最初のBTC ATMを発売し、それ以来、何千ものローカルストアにBTCペイメントオプションを提供することができました。

彼らは昨年Genmegaと提携して米国で最初のBTC ATMを発売し、BTC購入を国内で10万以上のATMに拡大しました。

デビットカードを使用できるようにするには、モバイルアプリケーション経由でLibertyXアカウントが必要です。

承認されたアカウントの保有者は、1日あたり3,000ドルのBTCを購入する機会があります

「DFSは、ニューヨークの送金業者法の下で技術ベースの送金者にライセンスを供与することにより、金融サービス市場の革新に迅速かつ責任を持って対応し続けています。ニューヨークの銀行法に基づくオンライン貸し手 ニューヨークの金融サービス法に基づく仮想通貨両替。ニューヨーク州金融サービス局(DFS)は、これまでに、仮想通貨市場の企業に対して16のチャーターまたはライセンスを承認しました。

言葉を閉じる

Bitcoinの採用をサポートする触媒が増えているようです。

セキュリティ、有効な住所、料金、取引高、Lightning Networkなど、これらの要因が、大量の採用が日々私たちに打撃を与えている主な理由のほんの一部です。 

参考資料:https://oracletimes.com/bitcoin-adoption-new-york-state-residents-can-purchase-btc-at-traditional-atms-via-their-debit-cards/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

仮想通貨取引所OKExの親会社 香港の上場企業の株式を60%超取得 取得額は約67億円 | 裏口上場が狙いか

1 

仮想通貨取引所OKExとOKCoinの創業者であるスター・シュー氏は、香港証券取引所に上場している企業リープ・ホールディングス・グループ(Leap Holdings Group)の株式60.49%を取得した。リープ・ホールディングスが23日に発表した。

株式取得は1月14日に完了した。OKCoinの親会社であるOKCホールディングスが、リープHDの株式を取得した。リープHDはケイマン諸島に登記されている建設会社だ

OKCホールディングスは、リープHDの株式60.49%(32億株)を1株当たり0.15香港ドルで取得した。取得額は4億83,89万香港ドル(約67億円)にのぼる。投票権も同数であり、OKCホールディングスはリープHDを実質的に支配することになる。

創業者のシュー氏は、自身が100%所有するStarXuキャピタルとOKEMサービスカンパニーを通じ、OKCホールディングスの過半数の株式(52.32%)を所有している。

今回のOKCホールディングスによる上場企業買収は、新規株式公開(IPO)を迂回する形での裏口上場を狙ったものとみられる。いわゆるリバーステイクオーバーもしくは「逆さ合併」といわれるものだ。これにより、IPOに伴う時間を短縮したり、審査プロセスの一部を回避することができる。

韓国取引所ビッサムも検討

仮想通貨関連企業は近年、積極的にこの手法を使い、株式市場に進出しようとしている。

代表的なものは、仮想通貨商業銀行のギャラクシー・デジタルだ。仮想通貨強気派としても著名なマイク・ノボグラッツ氏が創業したギャラクシー・デジタルは昨年夏、カナダのTSXベンチャー取引所に上場していたブラッドマーファーシューティカルズ社と合併する形で上場を果たした。

また先週には、韓国の仮想通貨取引所ビッサムの親会社が、米国の企業と合併し、米国での株式上場を検討していることも明らかになった。昨年9月には仮想通貨取引所フォビが香港証券取引所に上場しているエレクトロイクスメーカー、桐成控股の株式66%を取得している

一方、仮想通貨企業のIPOは不透明な状況だ。マイニング企業のビットメインなどが香港でIPOを申請しているが、不透明な状況が続いている。現地メディアは、規制環境が流動的なことから、香港証券取引所の監督部門がビットメインのIPOに「消極的」とも伝えている

先週開催されたダボス会議で、香港証券取引所のリーCEOはビットメインのIPOについて「ビジネスの一貫性が重要となる」とコメント。あくまで一般原則と留意した上だが、ビットメインのビジネスモデルへの懸念をほのめかした。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/okcoin-founder-buys-controlling-share-in-hong-kong-listed-firm-in-60-mln-deal 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング