Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2019年01月

偽XRPの登場でRippleまた激怒!

1 

RippleとXRPは、2018年、そして今年も、メディアの至るところで成功を収め、その成果、開発、パートナーシップ、強気などの膨大な数のコレクションがありました。

RippleとXRPのコミュニティは、最近XRP関連の詐欺が市場に現れ、初心者の投資家を混乱させるまで興奮に満ちていました。

暗号化領域に侵入するXRP関連の詐欺

Ethereumネットワークに基づくトークンがRippleのロゴとコインの名前を盗んだ後、The RippleとXRPコミュニティは怒っていることを最近報告しました。

いわゆるXRP Classicはごく最近になって登場したもので、これまでのところXRPCの記号で2つの暗号交換にリストされています。

XRPCもCoinMarketCapに掲載されており、非常に少量ですが、CMCの検索結果には表示されないとされています。

「XRPクラシックは伝統的なフリーランスの業界が直面しているようなすべての問題を解決し、最小限のコストでフリーランサーと買い手の間でシームレスに、リスクフリー接続を可能にする目的で作成された現代のフリーランスの市場で、」彼らのホワイトペーパーは述べています。

さざ波はまだこれに対処しなければなりません、しかし人々はそれを 詐欺として叩きます。

「みんなこれは、その外観から偽造コインを市場に送り出そうとしている積極的な悪意のあるグループです。彼らが先週投稿したのを見てください!!! 誰かがつぶやいた。

最新の詐欺はXRP Plusと呼ばれています

最愛のCoInMarketCapから支持を得ることができた物議を醸しているXRP Classicの後、今や別の偽装者がポップアップします:XRP Plus。

この暗号は、XRP Plusの公式WebサイトにDavid Schwartzの写真が掲載されているために呼び出されました。

ご存じのとおり、David SchwartzはRippleのCTOです。Schwartzはコインとは関係がないため、これは明らかに偽のニュースです。

伝えられるところによれば、偽のニュースは中国の人気ソーシャルメディアプラットフォームであるWeibo全体に広がっています。

期待通り、RippleとXRPのコミュニティはかつてないほど怒っています、そして彼らは彼らが興味を持っている唯一のコインを守りたいのです 

参考資料:https://oracletimes.com/another-xrp-related-scam-hits-the-crypto-space-and-angers-the-ripple-community-xrp-plus/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

2019年の6つの非常識な暗号市場シナリオ

1 

2017年は壮大な集会の年であり、2018年はひどい市場クラッシュを記録しました、そして2019年に何が新たにもたらすことができるのか疑問に思っている人たちがたくさんいます。

2018年末、ICOBoxの共同創設者兼マネージングパートナーであるDaria Generalovaは、今年発生する可能性のある6つの狂った暗号市場シナリオを共有しました。彼らは遠く離れたところにいるように見えますが、暗号の世界では、あなたは決して知りません。

ICOBoxは、2019年は停滞の年、暗号市場がそれ自体を一掃し、その発展の方向性を決定する年であると彼らは確信していると述べた。

それにもかかわらず、彼らは今年の最も狂気の、さらにはSFの予測を6つまとめました。

NASDAQがBinanceを10億ドルで買収

NASDAQは、2019年の前半に暗号化プラットフォームを立ち上げることをすでに確認しています。

US CFTCが要求された承認を与えるとすぐに交換は有効になるように設定されています。

ICOBoxは、これが起こった後にNASDAQがBinanceを獲得しようと試みることはそれほど説得力がない言います、そして、契約は両方の当事者に利益をもたらすでしょう

自分の暗号を起動する10か国

ICOBoxは、米国の経済成長は終焉を迎えつつあり、景気後退は間近に迫っており、それが通貨危機を引き起こすと述べています。

これを回避するために、世界規模の危機が発生した場合には、小国は自分たちのお金をデジタル化しようとします。

ETHで1ドルに

ICOBoxが時価総額の70%の低下、すべての暗号のクラッシュ、およびICOからの移行をもたらした市場の「核の冬」と呼ぶものを考えると、ETHはより多くの価値を失う可能性があります。

Bitcoin、採掘される唯一のトップ50暗号

暗号業界の世界的な墜落は鉱業業界の崩壊を引き起こしました、そしてICOBoxは「2019年にbitcoinはCoinMarketCapによって追跡されたトップ50からマイニングする唯一の有益な通貨であり続けるであろう」と言います。

自らのために証券市場の10%のシェアを刻むSTO

暗号業界の停滞、ICOの減少、暗号の暴落、法的規制の欠如などにより、市場は新たな開発の道を模索しています。

「すべての兆候は、2019年がSTO(Security Token Offerings)の年となり、現在は時代遅れのICOに取って代わることになるでしょう。」とICOBoxは説明し続けます。非常にありそうもないシナリオでは、STOは証券市場の10%を自分たちで彫り込む可能性があります。」

中央銀行は準備金の20%をBTC、BTCに変換して20万ドルに急増させます。

これは、(2008年から2009年にかけて金価格が1オンスあたり1,000ドル以上から700ドルに下がった2008年から2009年のような)新たな金価格の急落が銀行に代替品を見つけることを強いると主張する最後の狂った予測です。

それで、彼らは彼らの準備金の20%をBTC変換するでしょう、そしてこれはBTCのための$ 200kへの価格急上昇をもたらすでしょう。

Coinspeakerに関する元の記事を調べて、すべてのシナリオに関する詳細と説明を確認してく 

参考資料:https://oracletimes.com/six-insane-crypto-market-scenarios-for-2019-eth-drops-to-1-btc-surges-to-200k-nasdaq-takes-over-binance-and-more/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

金融サービス会社Coinmeが発表!

1 


月17日、金融サービス会社Coinmeは、カリフォルニア、テキサス、およびワシントンのSafewayおよびAlbertsonsの一部の店舗を訪れる人々が、Coinstarキオスクを介してbitcoin core(BTC)を購入できることを発表しました。Coinstarデバイスは、完全自動化されたセルフサービス式のコインカウント機であり、現在では米国市場にある数千台が暗号通貨取引を処理するために装備されている可能性があります。

また読む:  市場の最新情報:トレーダーが不確実なまま暗号化価格は横にドリフト

緩やかな変化と暗号通貨

米国の一部の州のコインスターマシーンがBTCバウチャーを販売中木曜日に、  Coinmeは人々が今3つの州にある硬貨カウントCoinstarキオスクを通してBTCを購入できることを明らかにした。Albertsonsストアおよびカリフォルニア、テキサス、ワシントンのSafewayマートに収容されているCoinstarマシンを使用して、最大2,500ドル相当のBTCを購入できます。マシンにフィアットを挿入した後、ユーザーはCoinmeのウェブサイトで引き換えることができるBTC引き換えコード付きのバウチャーを受け取ります。購入者は、Coinstarキオスクの取引条件を確認して同意し、電話番号を入力する必要があります。

Coinstarは世界中に2万台のマシンを所有しており、最初の発売が成功した場合、両社はこのサービスを米国の他の市場や小売業者にも拡大する予定です。

Coinstar CEOのJim Gaherityは木曜日、「Coinstarは常にキオスクを訪れたときに消費者に価値を提供する新しい方法を模索しています。Cinmeの革新的な配信メカニズムとCoinstarの柔軟なプラットフォームにより、消費者は簡単にBitcoinを購入できます。」 。

米国の一部の州のコインスターマシーンがBTCバウチャーを販売中
Redditユーザー  u / dacoinminster  が木曜日の朝にBTCを購入し、この写真をr / btc、およびr / bitcoinにアップロードしました。 

CoinmeはCrypto KioskおよびATMネットワークを拡大し続けます

米国の一部の州のコインスターマシーンがBTCバウチャーを販売中Coinmeは、2014年以来、現金自動預け払い機(ATM)およびキオスク事業に携わってきました。また、国で初めてライセンスを取得したBitcoin ATM会社です。昨年5月、同社はカリフォルニア州に多数のATMを配備し、州内の総拠点数を23にしました。また、Coinmeは、垂直統合デジタルウォレット、デジタル交換、およびIRAや401Kプランを含む暗号投資サービスも提供します。同社は、米国および世界で拡大を続ける計画であり、Coinstarとのパートナーシップはこの大きな拡大の進展の一部です。

Coinmeの共同創設者兼CEOであるNeil Bergquist氏は、次のように述べています。

Bergquistは付け加えた:

BitcoinはCoinstarキオスクを経由してあなたの地元の食料品店でアクセス可能になりました、そしてこの提供は消費者がこのダイナミックな新経済に参加することをさらに容易にするでしょう。

米国を拠点とする暗号通貨ファンは、Coinstarのマシンがビットコインを販売するという考えを好むように思われます。BTCを購入している誰かの写真が本日早くsubredditフォーラムのr / bitcoinとr / btcに投稿されたので、BitcoinユーザーはCoinstarキオスクをテストしています。大金のペニーや金持ちを投げ捨てる人々が、コインを払い出した後にその変化をデジタル通貨に変換する機会を得たことを考えると、このマシンはうまくいくかもしれない。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/coinstar-machines-in-select-us-states-now-sell-btc-vouchers/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

仮想通貨イーサリアム開発者 ハードフォーク「コンスタンチノープル」の延期は●月末まで

1 


仮想通貨イーサリアム(ETH)のハードフォーク、コンスタンチノープルの延期をめぐって、イーサリアムのコア開発者のピーター・シラジー氏は18日、「延期は2月27日まで続く予定」と発表した。

より効率の良いアルゴリズムへの一歩と見られるハードフォーク、コンスタンチノープルは、16日、リエントランシ攻撃とよばれるスマートコントラクトにありがちな脆弱性が発見されたことにより、延期されていた。延期前は、ハードフォークは第708万ブロック以降に適用される予定だったが、今回の発表によって728万ブロック以降に適用されることが決まった。

イーサリアムコミュニティ内の多くがコンスタンチノープルを支持しているため、ビットコインキャッシュ(BCH)の時のように混乱は起きず、新たな仮想通貨は生まれないと見られている。

ただ理論上、アップグレード前のイーサハッシュを好む新たな仮想通貨が誕生する可能性もある。実際、コンスタンチノープルでは、1ブロックあたりの報酬を3ETHから2ETHに削られるため、以前のブロックに残るインセンティブがない訳ではない。

16日に延期が決まったことで仮想通貨相場は下落に転じていたが、セキュリティの脆弱性が発見されたハードフォークを「直前で食い止めた点などコミュニティーが機能している点を評価する声」も出ていた。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/ethereum-team-lead-constantinople-hard-fork-to-activate-in-late-february 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ステーブルコインとは?

ステーブルコインとは

「ステーブルコイン」とは安定した価格を持つ仮想通貨だ。これは、ステーブルコインの市場価格が米ドルような別の安定資産に紐づけられている(ペッグされている)ことを意味する。

ボラティリティの高い仮想通貨の欠点

ビットコインとイーサは最も有力な2つの仮想通貨であるが、価格の変動(ボラティリティ)が大きい。仮想通貨に対する投機がボラティリティを高め、それが更に投機を呼び込むという構造が、実世界における長期的な仮想通貨の普及を妨げている。

企業も消費者も、仮想通貨取引に際して不必要な通貨リスクにさらされたくはない。賃金の購買力が常に変動するとしたら、誰もビットコインで給与の支払いを受けたいとは思わないだろう。仮想通貨のボラティリティは、ブロックチェーンに基づくローン、デリバティブ、予測市場、そしてその他の長期的なスマートコントラクトのように、価格の安定性を必要とする取引の妨げともなる。

そしてもちろん、投機を望まないロングテールのユーザーがいる。彼らはただ、地元の銀行システムや通貨管理あるいは崩壊した経済から逃れ、検閲の無い台帳上で資金を保持し、使用することを願っているだけだ。

価格の安定した仮想通貨というアイディアは長い間宙に浮いた状態にあった。仮想通貨による多くのイノベーションやその普及において価格の安定性がボトルネックとなってきたためだ。このような理由から、ステーブルコインを作ることが長い間仮想通貨エコシステムの目標だと考えられてきた。

3つのタイプのステーブルコイン

ステーブルコインには大まかに3つのタイプがある。法定通貨によって担保されたコイン、仮想通貨によって担保されたコイン、そして担保されていないコインだ。

法定通貨によって担保されたステーブルコイン

法定通貨によって担保されたステーブルコインは、米ドルのような実世界の通貨に支えられたコインだ。これはドルを預け、1対1の比率でステーブルコインを発行することで機能する。ユーザーがステーブルコインを米ドルに戻して現金化したい場合、ステーブルコインを戻して破棄し米ドルを引き出す。

この資産は確実に1ドルで取引される。これは米ドルにペッグされているというよりは、単に米ドルをデジタル化したものに過ぎない。このタイプのステーブルコインの例として、テザー(USDT/Tether)とトゥルーUSD(True USD)が挙げられる。これが、人々に大きな便益を与え、その仕組みと実装の理解に役立つもっとも単純なタイプのステーブルコインだ。

USDTイメージ画像

また、各コインに対していつでも清算可能な米ドルが準備されているため価格は100%安定している。そしてもっとも重要なことは、担保はブロックチェーンに保持されておらず、ハッキングに対して脆弱ではないという点だ。

しかし、この安全性と安定性には代償が伴う。法定通貨によって担保されたステーブルコインは、実際のお金を管理するために信頼の置けるカストディアンが必要となるため、本質的に中央集権的だ。もしそのようなカストディアンがいなければ盗難に対して脆弱となる。また、カストディアンをチェックし、十分な準備金が保管されていることを確かめる監査人も必要だ。そのようなカストディアンや監査人を維持する費用は高額なものとなり得る。

最後に、法定通貨によって担保されたステーブルコインは、既存の決済の流れによって強く規制され、その制約を受ける。もしステーブルコインの利用をやめて法的通貨を取り戻したい場合、お金を引き出すか、小切手を郵送しなければならない。これは時間ととてもコストのかかるプロセスだ。

仮想通貨によって担保されたステーブルコイン

法定通貨から離れることでステーブルコインから中央集権制を取り除くことが可能だ。これが仮想通貨によって担保されたステーブルコインというアイディアの出所だ。このようなステーブルコインは、法定通貨に基づくステーブルコインと同様の仕組みで運営されるが、米ドルのような法定通貨ではなく別の仮想通貨による準備金によって担保される。

これによりシステム全体がブロックチェーン上に存在することになり非中央集権性が維持される。Maker DAOによるDaiが、仮想通貨によって担保されたステーブルコインのもっとも有名な例だ。

法定通貨によって担保されたステーブルコインとの大きな違いは担保の比率だ。この比率は担保率と呼ばれている。法定通貨は一般的に安定しているため、各コインに対して1ドルを準備金とする1対1の担保率を使用することができる。しかし、仮想通貨によって担保されたステーブルコインに1対1の担保率を適用すると、このステーブルコインは担保に使用する仮想通貨と同じボラティリティを持つようになり、本来の目的が損なわれてしまう。

そのため、仮想通貨によって担保されたステーブルコインは過剰に担保されることになる。つまり、1ドル相当のステーブルコインに対して、1ドルよりも大きな額の仮想通貨を準備金とする。担保に使用する仮想通貨のボラティリティが大きければ大きいほど、担保率を高くし、たとえ価格が下落しても流通しているすべてのステーブルコインに対して1ドル以上の準備金が残るようにしなければならない。

仮想通貨によって担保されたステーブルコインには多くの利点がある。第一に、完全に非中央集権化されており、ブロックチェーンの本質的な長所の利益を得られる。ステーブルコインは、シンプルなブロックチェーントランザクションによって、迅速かつ安価に担保している仮想通貨に変換することができる。

Daiイメージ画像

システムは全体的に極めて透明で、誰もがいつでもトランザクションの履歴や特定の仮想通貨の担保率、そして準備金の額を確認することができる。法定通貨によって担保されたステーブルコインでは、十分な準備金が銀行に残っているかを確認するための不透明で面倒なプロセスがあることと比べてみてほしい。

しかし、仮想通貨によって担保されたステーブルコインにこのような利点があるとしても、依然としていくつかの課題は残る。仮想通貨のボラティリティを扱わなければならないということは、このようなステーブルコインは法定通貨によって担保されるステーブルコインと同程度の安定性は備えていないということを意味する。つまり、担保となる仮想通貨の価格崩壊に際してこのようなステーブルコインは自動的に清算され、その所有者は担保を失う可能性があるということだ。

このようなボラティリティに対して責任を担うということは、各コインに対して過剰な担保を持つことを意味し、それは結局のところ資本の利用が非効率的であることを意味する。なぜならあなたが担保として預けたドルについて、元のドルの価格よりも少ないパーセンテージでしかステーブルコインを引き出すことができないからだ。仮想通貨によって担保されたステーブルコインの設計はより複雑なため、非常に入り組んだ、時には非直観的な方法に頼ってその安定性を保証せざるを得ない。これにより、適用と実装はより困難になる。

担保されていないステーブルコイン

最後のタイプは、担保されていないステーブルコインだ。その名の通り、このステーブルコインは準備された担保に依存せずに安定性を維持することを狙ったものだ。少し変な印象を受けるかもしれないが、それほどおかしなアイディアではない。

事実、法定通貨は中央銀行が通貨の供給量を管理することによって数十年にわたってこのことを実現してきた。2018年4月3日から毎週実施しているウェビナー「How Money Stays Stable」を視聴することで、このようなステーブルコインを実現する方法とその仕組みの詳細について学ぶことが可能だ。ウェビナーで論じたように、通貨の価値は需要と供給によって決定される。より多くの人が、利用可能な量より多い通貨を欲した場合、その通貨の価格は上昇する。逆もまた同様だ。中央銀行はこの仕組みを利用し、価格が上昇すれば通貨を発行し、下落すれば買い上げて破壊することで価格を安定させる。

担保されていないステーブルコインはこのロジックを中央銀行と同じ機能を果たすスマートコントラクトにコーディングすることで実現しようとしている。このようなスマートコントラクトは、取引所におけるステーブルコインの価格をモニタリングし、価格が上昇したら新しいコインを作成し、下落したらコインを買い上げて破壊する。現在、この分野で最も将来性のあるプロジェクトはBasisコインだ。(:2018年12月13日に解散、投資家に資金を返却)

担保されていないステーブルコインは、その他のすべての通貨から独立している。たとえ米ドルとイーサの価格が崩壊しても、担保されていないステーブルコインは安定した価値の保存手段として生き残ることができる。国家の中央銀行とは異なり、担保されていないステーブルコインは通貨をインフレーションさせたりデフレーションさせたりする不条理なインセンティブは持たない。そのアルゴリズムは価格の安定という1つの義務だけを負っている。これはわくわくするような可能性だ。

もし成功したら、担保されていないステーブルコインは世界を劇的に変えるだろう。しかしもし失敗すれば、ステーブルコインを清算するための担保が存在しないため、もっと酷い壊滅的な状況となり、コインの価値はほぼ確実にゼロとなる。このシステムには他にも本質的な複雑性が存在し、不透明でその分析は困難だ。しかし、最も重要なことは、このようなステーブルコインは、法定通貨とちょうど同じように、安定性と継続的な成長に対する信頼に依存しているという点だ。それにより、仮想通貨に対する信頼が確立されていない現在のような初期段階では採用が非常に難しい。 

参考資料:https://coinchoice.net/what-is-stablecoin-comprehensive-leaning-video/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング