Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2018年11月

NEM、リップル、ステラ、ビットコイン、IOTA などなど

1 


先週注目を集めたのは、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークとその対立する勢力同士の醜い論争だった。これが市場心理を損なう結果となった。11月14日に仮想通貨価格が急落した理由がここにあると考える人も多い。この下落は深刻であり、いくつかの仮想通貨では下値支持線を下回って年初来安値を更新する事態を招いた。

ほとんどの仮想通貨に対する需給関係は悪化していて、是正には多くの時間と労力を要するだろう。このため、今回の事態は市場心理に大きなダメージを与えている。この混乱は時価総額トップ5の仮想通貨についても順位の変動をもたらすかもしれない。

ではこの下落を受けて、投資家はこれを買いのチャンスと見なすべきなのだろうか?それとも下落が底を打ってトレンドが反転するのを待ってからロングポジションを開始すべきなのだろうか?これから明らかにしていこう。

XEM/USD

私たちは通常、時価総額が10億ドル以上の仮想通貨を扱う。しかし、今週は例外を認めた。仮想通貨トップ20が巨額の損失を生む中にあって、NEM(ニュー・エコノミー・ムーブメント)が突出していたからだ。この仮想通貨は過去7日以内での下落が最も少なく、時には上向きにも振れる唯一の仮想通貨だった。

日本の仮想通貨取引所コインチェックでは、今年1月26日に5340億ドル相当のNEM(XEM)を盗まれた。コインチェックは先週、その悪名高いハッキング事件以来初めてNEMの取引を再開したため、このデジタル通貨は追い風を受けていた。このニュースによって11月12日および13日にはおよそ35%の反発が起きた。では、そのチャートから何が予想されるだろうか?さらなる反発の余地はあるのか?

XEM/USD

NEMは現在、今年1月4日に記録した史上最高値である2.14676437ドルの5%程度の価格で取引されている。その急落のせいで週足チャートを分析することは難しいため、私たちの分析では日足チャートを使用している。

8月上旬より、XEM/USDのペアは0.13125258ドル~0.081984ドルのレンジ内で取引されている。移動平均は横ばいで、相対力指数(RSI)はちょうどマイナスの領域に落ち込んだ。これは一定のレンジを上下する動きがあと数日間は続くことを示している。

弱気筋がこのレンジ以下への突破に成功すれば、下降傾向が再び始まるだろう。そのような場合、下落は0.05ドル台まで達しうる。上昇する場合については、強気筋がこのレンジを超える価格を維持したとき、新たな上昇傾向が始まるだろう。トレーダーは0.13125258ドルを上回る価格が維持されるのを待ってから購入したほうがよい。最初のターゲットは0.2ドルへの反発となりうる。

XRP/USD

先日の下落で、アルトコイン界の新たなリーダーが生まれた。リップル(XRP)がイーサリアム(ETH)から時価総額第2位の仮想通貨という地位を奪取したのである。

先週末、CIMBというマレーシアの銀行がリップルと国際送金について提携した。リップルはこの提携により、ASEAN諸国に向けて入ってくる巨額の送金にかかる手数料全体を狙っている。リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOも、この仮想通貨が標準的な国際決済処理システムの座をSWIFTから奪い取る可能性が高いと主張している。このニュースは市場参加者から好意的に捉えられ、価格に対するダメージを抑えている。それでは、チャートから予想されるものを見ていこう。

XRP/USD

XRP/USDのペアはそれほど大きな値崩れを起こしておらず、良い兆候と言える。これは強気筋が価格の下落で積極的に購入していることを示す。現在はわずかな上昇トレンドラインを維持している。このラインが突破されると価格はレンジの底である0.24508ドルまで下がるだろう。

ラインが維持された場合、このデジタル通貨はレンジの天井である0.76440ドルまで上昇する可能性が高い。この抵抗線を突破すると新たな上昇傾向が始まるかもしれない。ここでの値動きのターゲットは1.28372ドルだ。0.96490ドルという低い方の抵抗線も存在するが、私たちはこれは越えると予想している。

XLM/USD

ステラ(XLM)はEOSを追い落とし、時価総額トップ5の仮想通貨の座についた。ビッサムへの上場が市場に歓迎され、日中の損失を取り戻すのにも役立った。もう一つのニュースとして、メッセージアプリメーカーのKik社がkinと呼ばれる自社仮想通貨の開発をイーサリアムからステラに変更した。

XLM/USD

XLM/USDのペアはその前週に下降トライアングルパターンを突破しており、それが上昇傾向となっている。しかし、先週の下落によって下降トレンドラインに引き戻された。もし強気筋がこの支持線を維持して値を戻せば、この仮想通貨は勢いをつけて0.305ドルを上回ると私たちは予想する。上方ターゲットは0.36ドルと0.47ドルだ。

しかし、弱気筋が価格をトライアングル内へと押し戻すと、$0.184ドルの重要支持線まで落ちるだろう。この水準が割られるのは好ましくなく、下降傾向の再開を招きかねない。

BTC/USD

これまで変動性の低い状態が2か月以上続いていたが、先週になってレンジが下に向けて拡大し、ビットコインは年初来安値を更新するに至った。その際に下降トライアングルパターンを下向きに突破しており、それが下降傾向となっている。その時価総額も1000億ドル未満まで下がり、1年間で最低の水準となっている。数名のアナリストは、ビットコインキャッシュでのハードフォークがこの下落のきっかけになったと指摘。5900ドルの支持線を割ったあと、アナリストたちはこの仮想通貨に対するターゲットを1500ドル程度の低さに設定している。

しかし、ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズの共同創設者であるトム・リー氏はビットコインに対し、いまだ1万5000ドルという高い年末ターゲットを設定している。新しいターゲットは同氏が以前に設定していた2万5000ドルよりは低いものの、なおも現在の価格より約167%高い。だが、チャートからは何が予想されるだろうか?

BTC/USD

BTC/USDのペアは5900ドルの重要支持線を割り、それ未満の価格を維持している。価格が5900ドル未満で週末を終えた場合、下落は5450ドルの第一支持線に達し、それを下回って5000ドルにまで及びかねない。6832ドル~5900ドルという狭いレンジが崩壊する値動きでのターゲットは4968ドルに達する。このような訳で、私たちは5000ドル付近に強力な支持線を予測する。  

私たちの弱気な見解は、買い手が5900~6075ドルのブレイキングゾーンを超える値を付けた場合に否定されるだろう。BTCがそのゾーンより上で持ちこたえる場合、低い水準での大規模な買いが示唆されるはずだ。強気筋が6832ドルよりも上げると、傾向が変化するだろう。そのような場合には、反発によって価格が8400ドルまで押し上げられ、それを上回って1万ドルに及ぶと私たちは予測する。ボトム・フィッシングは、とりわけ価格が年初来安値付近で揺れ動いている際にはリスクの高い戦略であり、避けるべきだろう。

IOTA/USD

今週起きた修羅場はあまりにも悲惨で、価格が2桁分下落している仮想通貨でさえもパフォーマンスの面でトップ5に入っているほどである。IOTA財団はつい先日、マイクロソフトおよびTOTALの元従業員であるピエール・ホフマン氏をビジネス開発者として雇用すると発表した。同財団はホフマン氏の経験により、ヨーロッパ市場における地位の強化を期待している。同じ週には、電子機器大手のボッシュとIOTAが「モノのインターネット化」(IoT)向けのデータ収集製品を発売するために提携を結んだとも発表している

IOTA/USD

4週間にわたって一定の値幅を上下し続けたあと、IOTA/USDのペアは下落し、0.3501ドルの値をつけて52週ぶりに安値を更新した。しかし、低い水準では多少の買いも見られ、価格を支持線の0.4037ドルよりも上に押し上げた。強気筋がこの支持線を維持した場合、このデジタル通貨は0.50ドルまで値を上げ、それを超えて0.61ドルまで達しようとするかもしれない。私たちはトレンドの反転が示された場合のみ、何らかの新たなポジションを取るべきだと考えている。

下降する場合について、弱気筋が最近の安値である0.3501ドルまで価格を落としたならば、0.32ドルまで下落する可能性が高い。この支持線を下回ると、下落は0.1767ドル~0.1427ドルに達しかねない。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/top-5-crypto-performers-overview-xem-ripple-stellar-bitcoin-iota 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ファッション界の超大手のH&M Empireがあの通貨を使う!

1 


別の業界では、ブロックチェーン技術を試しています。ファッションとデザインの帝国H&MはVeChainに試運転を行います。

製品追跡のためのVeChainによるArket実験

同社の社内衣料品ブランドArketは、製品を追跡するためにブロックチェーン会社と実験しています。

RedditとTwitterの最新の噂にはパイロットテストが含まれており、彼らは10月からオンラインで登場した。

Arketのスポークスパーソンは、The Next Webに対し、テストは進行中であり、まだ評価されていないと語った

Arketは、VeChainのパイロットテストを通じて小規模な概念証明(POC)を行い、バリューチェーンにおける製品データのトレーサビリティを確保するためのブロックチェーン技術を使用しています。

このテストは、The Next Webの最新レポートによると、2018年秋のコレクションからのウール・ビーニーで行われました。

商品を購入する前に、意識のある買い物客は、VeChainアプリを開き、商品のNFCチップをスキャンし、使用された素材、アーティストID、コロ、サプライヤー、工場名などの特定のアイテムに関するデータを取得できます。

VeChainはSBTGとチームを組む

VeChainは、NFCチップを含むアディダスをリリースするために、数週間前に高級シューズアーティストSBTGと提携し、別のファッションコラボレーションを開始しました。

急速に発展している偽造衣服産業の中で、ユーザーはチップをスキャンしてSBTGのプライベートビデオと同様に、自分の靴の写真を見ることができます。

すべての情報はVeChainThorブロックチェーンに保存されます。

これ以外にも、VeChainが関与した最新の重要な成果は、中国の成長市場に適切に対応するソリューションを紹介する最初のChina International Import Expo(CIIE)にあったことです。

CIIEは、約172カ国からのビジネスコミュニティ、政府関係者、出展者、プロの購買者を擁し、11月5日から10日まで上海国家展覧会センター(上海)で開催されました。

参考資料:https://oracletimes.com/the-blockchain-technology-penetrates-the-fashion-world-hm-empire-gives-vechain-a-try/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

プライベートキーを失くした場合にウォレットを復元する方法とは?

1 


インターネットが私たちに犬の動画やおばあちゃんのFacebookアップデートをもたらすようになる前には、お金を失くすことはトラウマになるような悲惨な経験だった。20ドルを落としたら、おそらくそれを2度と見ることはなく、後に残るのは自分を間抜けに感じる紛れもないあの感覚だけだ。

少なくとも法定通貨の世界では、お金を失くすことが少し難しくなった。中央集権型の制度とはつまり、ユーザーネームやパスワードをすぐに復元できるということだ。いくつかのセキュリティーのための質問に答えたり、身分証を提示することで、アクセスを回復できる。火事で何千ドルも焼失したとしても、焼けた紙幣をつなぎ合わせ、ピカピカの新しい紙幣と交換してくれる専門部署のおかげで、助けを得ることができる。

残念ながら、これは仮想通貨業界が乗り越えるのに苦労しているハードルである。そして時には、その結果は涙が出るほど手痛い出費となっている。

仮想通貨の所有権は、それに対するプライベートキーを誰が保有しているかによって決まる。そのため、プライベートキーはパスワードよりもずっと重要だ。これらのコードをクラウドに保存すれば、ハッキングにあった場合に悲惨だし、携帯に保存してくと、携帯を失くしたり、盗まれたり、壊れたりした場合に破滅的だ。仮想通貨愛好家たちは専門家のアドバイスに耳を傾け、より賢くなって、USBスティックや古風に紙切れを利用してオフラインでプライベートキーを保存するようになったが、結局どこに置いたか忘れてしまったり、重要性に気付かずに捨ててしまうこともあった。

そのような恐ろしい話は、コインテレグフの記事を含めて、よく記録されている。7500ビットコイン(現在のレートで約4700万ドル(約53億円)相当)の入ったハードドライブを捨ててしまったウェールズ人の男性に乾杯。そして、何千ものビットコインを保存していた安物のUSBスティックが壊れてしまい、莫大な富の夢も一緒に消え去ってしまったために妻が激怒することを恐れる匿名のオーストラリア人のあなたも忘れてはいませんよ。

プライベートキーを失くしてしまった場合、たいていの場合は手の施しようがない。そうするとおそらく、電子情報の科学捜査会社が昨年、400万のビットコインが永遠に失われてしまったと推計したことも驚きではないだろう。しかし、すでに大金を失ってしまった人には少し遅すぎるかもしれないが、プライベートキーを復元するのを助けるための新しいテクノロジーが現れ始めている。(そして願わくは、催眠術に頼るよりは少し効果的だと良い。)


プライベートキーの保存

1980年代に現れた、仮想通貨の世界では比較的新しいコンセプトである「ゼロ知識証明」が、セキュリティーを犠牲にせずにプライベートキーを回復できるようにし、プライベートキーに対する考え方を変容させると考えるブロックチェーンプラットフォームもある。

このコンセプトは、このように説明できる。自分が何を知っているかを明らかにせずに、何かを知っているということを誰かに証明することができることだ。

よく知られた例は「2つのボールと色盲の友人」である。あなたが、色以外はすべて同じ緑と赤のボールを持っていて、その2つの違いが分からない友達がいるとしよう。それでも、あなたは異なる色だということを証明したい。

色盲の友達は背中の後ろにボールを隠し、そのうち1つを見せる。それをまた背中に隠し、また1つを前に出してきて、質問する。「ボールを取り替えた?」と。

色の違いがあるため、あなたにとっては入れ替えが起こったかどうかは簡単に分かるが、友達には分かり得ない。このプロセスをなんども繰り返すことで、友達がボールの色が異なるということを理解するのを助けることができる。あなたが毎回正しく答えられるからだ。重要なことは、あなたがどちらのボールが緑でどちらが赤かを明かさないということだ。

ソブリン・ウォレット(SovereignWallet)はゼロ知識暗号化を利用して、ユーザーが普段利用するデバイスが失くなったり、壊れてしまった場合に、別のスマートフォンでアプリをダウンロードすることで、ユーザーがプライベートキーを回復できるようにしている。プライベートキーがパスワードとPINで暗号化されており、ネットワークのサーバーに安全に保管されているために、これが可能となっている。代替策としては、コード作成の際に生成されたニーモニックな言葉を伝えることでもプライベートキーを回復するオプションがある。

同プラットフォームは、仮想通貨をメッセンジャースタイルのフォーマットで転送することを可能にし、銀行レベルのセキュリティーと使い勝手の良さの間の妥協点を生み出そうとしているが、ブロックチェーンテクノロジーが外国人労働者が国境を超えて愛する家族にお金を送金する際のコストを抑えることができると考えている。

資産を保護

もちろん、仮想通貨保持者の懸念は、プライベートキーを復元させてくれるメカニズムは、それ自体は望ましくても、資金を悪者に盗まれ危険にさらす可能性があるという点である。このことが、対策にゼロ知識の要素が重要な理由である。

色盲の友人の例に話を戻すと、赤と緑のボールがパスワードを示すと想像してみよう。そして、あなたは世界で唯一その色を見ることができる人なのだ。つまり、色盲の友人を説得しようと同じ実験を試みた詐欺師は、入れ替えの実験であまりに多くの間違いを犯し、友人を納得させることができないということになる。詐欺師にも分からないのだから。

ソブリン・ウォレットはそのインフラの中で、ピーター・ティール氏が創設したシリコンバレーのテクノロジー大手企業パランティアといった企業が頼りにしている機械学習のセキュリティーも利用している。

ユーザーネームとパスワードだけに頼るのではなく、仮想通貨ウォレットはユーザーの利用パターンを監視し、異変があった時にはいつでも作動する。ユーザーが新しいデバイスからログインする場合には必ず追加の認証が必要で、これら追加の認証を上手く通過すると、過去に利用したスマートフォンからは自動的にログアウトすることになる。ソブリン・ウォレットは、本物のスマートフォンの代わりにパソコンベースのエミュレータプログラムでアプリが利用されるのを防ぐテクノロジーといった、その他様々な機能も通じて、「考えることができ、簡単に騙されることのないスマートアプリケーション」になろうと努力していると語っている。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/how-to-recover-your-wallet-if-your-private-keys-are-lost 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

XRPはETHを上回る

1 

XRPはETHを上回る

コインは時価総額で最大のaltcoinとなり、Ethereumを追い越し、ここ数日の減少の間に第2位を占めた。

すべての暗号がクマに襲われているわけではなく、XRPもその一つです。代わりに、コインはETHとの間の時価総額の格差を拡大している。

リップルのデジタル資産は、ドロップ時に優れた暗号の1つとなっています。数日前には、価格の大幅な上昇が見られました。

現在、コインはまだ緑色で取引されており、CoinMarketCapでは現時点で0.473431ドルで取引されています。

最近の過去の安値から跳ねることによって、過去の過去の日にXRPと同様の価格行動を示したが、XRPはもっと楽観的にこれを実行し、数日前に利益を記録することができた。

XRPの見通し

とにかく、見通しは硬貨のためのお尻にかなり難しいですが、それは時価総額で最大ですが、それはまだ全体の暗号市場の動きの対象です。

Bitcoinが近い将来に弱気な動きを経験するなら、これはRippleのデジタル資産からも同様の行動を引き起こします。

Bitcoinの価格行動は、次の重要な動きが、残念ながらクマの旗を立てて下降することを示唆している。

クマの旗は価格の下落を強調し、それに続いて横ばいまたはレンジ取引が続き、再び価格が下落する。

XRPの流動性は、暗号化が決済プラットフォーム、財布、取引所、および貸し出し業者に向かうにつれて、最近上昇ています。

参考資料:https://oracletimes.com/ripples-xrp-is-among-the-best-performers-regarding-price-during-a-bearish-week/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

仮想通貨トロン、DApp開発者向けのアクセラレーター・プログラムを立ち上げ

1 


分散インターネット・プロジェクトのトロン(TRX)が、トロン・プロトコル上で分散型アプリ(DApp)やプロダクトを構築している開発者を支援するため、100万ドルのアクセラレーター・プログラムを立ち上げる。11月16日にコインテレグラフへ提供されたプレスリリースで明らかになった。

この新たな取り組みは、最近実施されたP2Pファイル共有サービスのビットトレントの買収や、プロジェクト・アトラス、支払いサービスアプリのポッピーに続くもので、トロンのエコシステムを通じ、消費者へのブロックチェーン技術普及を促進する狙いだ。トロンのプロトコルでは現在、100万件を超えるトランザクションと60万個を超えるウォレットが処理されている。

同社はこのアクセラレーター・プログラムへの応募を12月いっぱい受け付けるとしており、採用者は1月開催のトロン初の国際サミットで発表される。

10月には、中国のインターネット検索最大手である百度(バイドゥ)とトロンが、クラウド・コンピューティング・リソースについて協力すると発表した。この両社の協力は、「ブロックチェーン事業レベルでの」連携ではなく、百度が持つ基礎的なクラウド・コンピューティング・リソースの利用と購入に焦点を当てたものだ。

同じく10月には、トロンのジャスティン・サンCEOが、オデッセイ3.1というアップデートで速度面ではイーサリアムを、コスト面ではEOSを打ち負かすと断言した。この更新には、開発者がトロンのメインネットへの移行前にスマートコントラクトを試験できるようにする、トロン仮想マシンの立ち上げも含まれている。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/tron-launches-accelerator-program-for-dapp-developers 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング