Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2018年07月

Ripple、xRapid、XRP、RippleNetの次の新機能を発表!!!キターーー!

1 


"ウエスタンユニオンの事は、彼らがそこにいる大部分の決済会社よりもずっと長くなっているような巨大な会社だということです。実際、ウェスタンユニオンがxRapidを利用するためには、すでにxRapidのようなものにすべてのボリュームを移動させる必要があります。これは、既に固定費と最適化された流動性フローがあるからです。

Birla氏によると、Rippleは新興企業や決済事業者のターゲット顧客の方向を変えてしまったという


RapidとRippleNet計画のロールアウト

RippleがxRapidを展開する計画について、Birla氏は年末までに製品を発売することを希望していると説明したが、正確な日付については言及しなかった。

支払いを処理するためにブロックチェーンテクノロジを使用する銀行と支払いプロバイダのRippleのネットワークについては、Rippleの最高技術責任者David Schwartzは、量を増やし、企業にxRapidとXRPを使用するようになっているようだと主張している現時点ではターゲット。

「私はRippleNetのボリュームを高めていることが非常に重要だと思っています。より多くの廊下、より多くの配備。私は、XRPとの橋渡しをする候補者として、そのトランザクションフローを持つことは会社にとって非常に重要だと考えています。

同氏はまた、パートナーシップをさらに広げることが重要だと述べ、Rippleの製品に関するすべての詳細を調べるために、上記のビデオを見ることができます。

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-unveils-whats-next-for-xrapid-xrp-and-ripplenet-more-partnerships-are-involved/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

ICOに最も適した国はどこ?1位は米国、スイスとシンガポールが続く=アナリストらが分析

1 


アナリストらによる調査で、米国、スイス、シンガポールが、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)に「最も好意的な」国の上位3カ国にランク付けされた。コインテレグラフが調査結果をまとめたレポートを入手した。

 クリプト・ファイナンス・カンファレンスに参加しているアナリストらが、資金調達額で見た国別で上位100件のICOに関する公開データに基づいて調査をまとめ上げ、立ち上げられたプロジェクトの数でランク付けした。

 このレポートでは、計30社がICOを行っている米国がICOに最も好意的な国だとしている。次に好意的な国はスイスで、15件のICOが行われた。シンガポールは11件で第3位となった。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/us-ranks-as-most-favorable-country-for-icos-in-recent-report 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

ムーンゼブラ社、マルタで最初の…

1 


マルタのデジタル変換は非常にうまくいっているようです。マルタは、最近、暗号関連の開発や養子縁組のための非常にアクティブな遊び場です。

ちょうど一週間前、マルタは暗号とブロックチェーンに関連する3つの請求書を渡すことにも恵まれました。7月14日番目の、MoonZebraという会社は、双方向開始したビットコインここにATMを。

Bitcoinを即座に購入する

MoonZeraは、BitcoinやLitecoinなどの暗号を、即座に通貨で購入できるATMです。

同社は、さまざまなハッキング脅威、機密データの誤用、さらにはサイバー犯罪関連の問題にユーザーをさらすオンライン取引での取引のすべての面倒を取り除くのに役立ちます。

昨年のマルタでは、最初のBitcoin ATMが行方不明になっていましたが、これは悪い結果を引き起こしました。これは3,000ユーロ以上の損失です。

同社は、このようなATMの設置に取り組んでいる船上の4人の暗号専門家がシナリオを変更することは、確かに成功への道だと考えている。

暗号化ATMの仕組み

暗号ATMは現金ATMとまったく同じように機能します。このようなマシンを使用するために必要な手順は次のとおりです。

  • お金を預ける
  • 公開鍵を入力
  • それぞれのウォレットは暗号化を受け取ります

双方向暗号ATMとは、暗号を平文通貨に変更することができ、その逆も同様です。人々はヨーロッパやアメリカでもBitcoin ATMを見つけています。

米国のBitcoin ATMは、ワシントンのUnion Gapなどのコミュニティに徐々に入っています。インディアナポリス、インディアナ州; シャーロット、ノースカロライナ州; フレズノ、カリフォルニア; シカゴ; ワシントンDC; ルイビル、ニューヨーク、ケンタッキー州である。

ヨーロッパでは、アムステルダムの空港でBitcoin ATMが発見され、Redditorもその写真を掲載しました。

2018年前半にも、強盗がいくつか報告されています。1つのBitcoin ATM盗難は、ダラスのアーヴィングにあるコンビニエンスストアで行われました。 

参考資料:https://oracletimes.com/moonzebra-company-launches-first-bitcoin-btc-two-way-atm-in-malta/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

イーサのガス高騰の原因が判明?イオスコミュニティが関与か

1 


 イーサリアム(ETH)ネットワークのGas(手数料)が通常のおよそ6倍の100Gweiにまで高騰している問題で、あるイオス(EOS)コミュニティによる攻撃が原因である可能性が浮上した。イオスは先月6日にプラットフォームを発表しており、イーサリアムネットワークのガス(Gas)を高騰させることで、イオスの優位性を示そうとしたと見られるという。イーサリアム・ワールド・ニュースなどが15日に伝えた

 賭博分散型アプリケーション(DApps)のPoWH3Dなどの開発者Justo氏によると、同氏を含めた主要DApps開発者ら複数人は、EOSコミュニティが無目的のトークンを生成し、イーサリアムのネットワークを攻撃、ガスを意図的に高騰させているとの見解を示した。このような手口はイオスネットワークで不具合が起こる時は常時使用されているという。

 イーサリアムのブロックエクスプローラーを辿ると、「IFishYunYu」というほとんど無機能のERC20トークンが、1時間につき50ETH(約250万円)という巨額のガスにより、24時間以上継続的に仮想通貨取引所FCoinなどに送金されている。24時間のトランザクションに使われたコストはおよそ6000万円。15日にはこのトークンによる取引がイーサリアムネットワークの取引量の40%を占めた。

 Justo氏が履歴を辿った結果、クラウドファンディングでEOSを大量に受けとったことのあるアドレスが、IFishYunYuの一部を保有していることが分かった。また、このアドレスはイーサリアムネットワークの取引量の20%を占めたHashcoin(こちらもほぼ無機能)も保有していた。

 IFishYunYuは今月初旬におよそ49億トークン生成されている。その後、10アカウントに分配され、さらに500〜600アカウントに送られ、イーサのネットワークを攻撃している。トークンの行方を辿ると、取引の始点となっている一つのメインアドレスに巡回してくるという。

 イオスがメインネットを発表した先月6日までの間、イーサリアムのGasは毎日高騰し続けた後に一旦停止し、ガスは通常料金に戻った。しかし、25日頃から再びイーサリアムのネットワークの遅延が起き始め、ガスが正常ではない形で上昇し始めていた。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/ethereum-gas-soaring-is-due-to-the-possibility-of-eos-communitys-manipulation 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング




「分散型取引所」の名誉挽回なるか バンコールが「仮想通貨防衛連合」構想を明かす

1 

分散型取引所プラットフォームのバンコールは12日、仮想通貨企業に対するサイバー犯罪の脅威に取り組むことを誓った。同社は今週、1,200万ドルのハッキング被害を受けた後、本当に分散型取引所として機能するのか疑惑の目にさらされており、今後、立て直しを図れるか注目だ。

 今後の計画の中でガイ・ベナルチ共同創業者は、ハッキングされた資金を追跡するのに役立ったバンコールの社内ツールを、幅広くも利用できるようにすると発表。この動きが犯罪を取り締まる大規模な構想の先駆けとなり、ベナルチ氏は、「協力して犯罪と闘うためのリソースと能力」の貢献という結果につながる事を期待した。

 「仮想通貨防衛連合」と題された構想では、プラットフォームやその他のまだ無名の仮想通貨関連企業たちも巻き込むを目指す。ベナルチ氏は投稿で次のように説明する。

 「メンバーたちは、危機の際に互いに警告・支援し合い、共有されたブラックリストを中心に連携し、全ての利害関係者にとってより安全な世界を作ることを目的としたオープンソース ツールを提供するための仕組みを協力して築き上げるだろう」

 ハッキングに対するバンコールの対応は、業界の著名人やコミュニティーのメンバーたちからの批判を呼んだ。同プラットフォームによる、約1,100万ドル相当の独自トークンBNTを含むスマートコントラクトの凍結は、分散化の原則とは正反対の運営であるとして、批評家たちは意義を唱えた。一方で、バンコールの粗悪な部分を全て証明したという点において、攻撃は成功したと主張する者たちもいた。

 「顧客の資金を失う可能性がある、あるいは顧客の資金を凍結する可能性のある取引所があるとすれば、それは分散型とは言えない。バンコールはどちらの可能性もある。それは分散化の錯覚だ」と、ライトコインのチャーリー・リー共同創業者は、7月9日にツイッターへ投稿。ビットコインとライトコインのライトニングネットワーク実装こそが、「究極の」分散型取引所が活躍する舞台になるだろうと述べた。

 その他のコメンテーターたちはさらに遠慮がなかった。トレーダーのトーン・ベイ氏はバンコールを「ICO詐欺」と呼び、ビットコイン開発者のウディ・ヴェルツハイマー氏は、「ユーザーの資金は安全ではない」と批判した

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bancor-creates-crime-fighting-crypto-defenders-as-scorn-over-12-mln-hack-escalates 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング