Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2018年05月

米連邦最高裁判所がBitcoinno価格操作を調査中!

米司法省は、市場参加者が主張する暗号侵害価格操作の犯罪捜査を開始した。その間、Bitcoinは、デジタル通貨の悲観的な週に7,000ドルのラインに向かって下降を続けています。

米司法省、犯罪捜査をクリプトカレンシー価格操作に導入

米連邦検察庁は、商品先物取引委員会(CFTC)と協力して、偽装を含む価格操作スキームに焦点を当てた犯罪調査を行っている。これは、トレーダーが他のプレイヤーを欺くために偽の注文で市場を氾濫させる反対側を取って洗濯取引をすることになりました。そこでは、詐欺師が市場需要と取引量の誤った印象を作り出すために取引します。

極端な市場のボラティリティと取引プラットフォームに対する監督監督の欠如により、米国の司法制度と金融監督当局は、暗号侵害市場と潜在的な犯罪市場の懸念を憂慮している。中国は、同様の懸念を抱いてBitcoinの鉱夫、取引プラットフォーム、デジタル通貨の支払いソリューションプロバイダーなどの暗号化のエコシステムを解体するだけでなく、集中化された金融システムを問題にしないようにしました。

日本、韓国、インド、タイ、フィリピンなどの国々で推進されている新しい規制措置は、2018年にBitcoinの価格を落とすのを助けた可能性があります.Baycoinは2万ドル相当の過去最高額から新年は、クリプトカルトに関する政府の調整をもっと約束した。

Winklevossの双子が率いるニューヨークに本拠を置くデジタル資産交換であるGemini Trustは最近、ナスダックを採用して、プラットフォーム上での暗号違反取引の監視を行っている。CameronとTyler Winklevossは、業界内の取引プラットフォームによって構成された自己規制機関の設立を呼びかけました。


暗号化取引は世界中の数十のプラットフォーム上で断片化されており、その多くは関連する金融ウォッチドッグに登録されていません。米国では、CFTCは規制当局が規制していないにもかかわらず現物市場詐欺に罰金を科すことができます。

暗号化市場の操作を研究しているテキサス大学の財務教授であるJohn Griffinは、ブルームバーグに対し、デジタル通貨取引の監督が限定されているため、それが犯人の標的になっていると語った。

「手先取引、スプーフィング、洗濯取引の監視はほとんどありません。この市場を偽ってしまうのは簡単だろう」

cryptocurrency市場内での価格操作は、それがなりすましであろうと洗濯であろうと、そのような若いニッチ取引資産に対する投資家の信頼を損なう可能性がある。時価総額は5月初め以来低下しており、その高値から約1500億ドルを失った。このような行為に従事する犯罪者は、市場のボラティリティから利益を得、現在の市場情勢に直接的な役割を果たす可能性があります。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/05/24/bitcoin-pressured-as-federal-prosecutors-investigate-price-manipulation/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

バンク・オブ・アメリカは許可されたブロックチェーン特許を所得!

金融機関はブロックチェーンに細心の注意を払っている。過去数週間および数ヶ月にわたって、さまざまな特許出願が公開されています。バンク・オブ・アメリカは、ユーザーが特定のブロックチェーン・ネットワークにアクセスできるようにすることに関して、最近特許を取得しました。財務部門を公的能力に分散帳簿を組み込むことに近づける顕著な発展。


バンク・オブ・アメリカのブロックチェーン特許

ブロックチェーンのさまざまなユースケースが金融部門に存在します。将来的には数多くのオプションを検討する必要があります。バンクオブアメリカは、分散検証ネットワークを使用して、セキュリティの管理とリソースへのアクセスに取り組んでいます。分散型帳簿技術の広範な適用の間、BoAはこの特定の実装について真剣であることを確認します。

これを視野に入れるために、特許は特定のユーザーに有効な許可を提供する。データブロックにデータを格納することで、システムを完全に自動化することができます。したがって、問題のネットワークは、すべてのユーザーの活動を追跡するだけでなく、アクセスを許可する責任も負います。この元帳に記録されるデータの種類は、この段階では不明です。

バンクオブアメリカがブロックチェーンの特許を提出したのは初めてではない。金融会社は、このような特許をかなりの期間手に入れています。現段階では、独自の元帳技術には実際の使用例はありません。それでも、日常的に機密情報を扱っています。分散型の技術によって動かされる不変の記録を持つことは、長期的にはいくつかの肯定的な進展をもたらすことができる。

別の許可された元帳

金融部門は主に許可されたブロックチェーンに関心があることが明らかになりました。バンク・オブ・アメリカは、ユーザーが第一にアクセスを要求する必要があるエコシステムを構築しています。このアクセスに指定された理由によって、要求は限られた時間だけ許可されます。それは業界全体にとって積極的な発展です。伝統的なデータストレージソリューションは、集中化された性質のため、ハッキングや悪用の傾向があります。

特許は常にブロックチェーンの世界では議論の余地のあるトピックです。独自の技術はいかなる状況下でも特許を取得する必要があります。しかし、ブロックチェーンの分散した性質は、その考えをいくらか逆効果的にしていると思われます。バンク・オブ・アメリカのような機関にとっては、通常の業務秩序です。このように、銀行はブロックチェーン関連の特許を引き続き提出する可能性が高い。

この技術が現実の世界で使用される時には、決定する必要があります。この特定の特許関連のブロックチェーンベンチャーの正確な性質は不明である。バンク・オブ・アメリカは、他の機関と並んで、遅くに分散帳簿に関心を示しています。ゆっくりと、しかし確かに、金融セクターはこの新しいインフラに温暖化しています。それを既存の金融サービスや商品に組み込むことは依然として課題です。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/05/23/bank-america-secures-another-permissioned-blockchain-patent/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

主要な仮想通貨はすべて下落、中国での規制強化を懸念か

1 


仮想通貨市場は22日、主要なコインすべてが下落する展開となった。シンク・マーケットのチーフアナリスト、ナエーム・アスラム氏によれば、規制への関心が高まっていることでビットコイン(BTC)は8500ドルを超えるのに苦戦しているという。

「最近の売りは、中国ではICOが依然として活発であるというニュースから、今後中国がより厳しい規制を導入する懸念があるためだ」

COIN360

 中国の工業情報化部が最近公表した報告書で、ICOやネズミ講、不正行為は「無視できないリスク」であると指摘している。報告書は、現在の状況をインターネットの黎明期と比較し、市民に対して「過度な投機」や「嘘の宣伝」に注意するよう呼び掛けている。

 中国の規制強化への懸念に加えて、ニューヨークでのブロックチェーンウィークとコンセンサス・カンファレンスに伴う相場上昇が不発だった。ファンドストラット共同創業者のトム・リー氏は、BTC価格のポジティブな予想で有名だが、カンファレンス後に反騰が起こるとする予想が間違っていたと認めた

 8500ドルを超えるのは難しい状況だが、8000ドルのサポートはいまだ健在だ。「マーケットウォッチ」によれば、レンジが狭まるにつれて、ブレイクアウトの可能性が増しているという。約6週間にわたって、BTCは7800ドルから1万ドルの間で取引されている。記事執筆時点で、BTCは8095ドルで取引され、過去24時間で4.25%下落した。

Picture

 イーサリアムも下落し、過去24時間で6%超下落し653.79ドルで取引されている。先週、アップルの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアック氏は、アップルとイーサリアムを比較して論じ、「興味深い。それ〔イーサリアム〕はプラットフォームであり、何かをすることができるからだ」

Picture

 主要なアルトコインも全面安となった。ライトコインは3.74%下落し、129.78ドルとなった。ビットコインキャッシュ(BCH)も7.48%下落し、1145ドルで取引されている。EOSも6.42%下落、リップルは3.24%の下落だった。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-price-struggles-after-blockchain-week-possible-new-regulatory-pressure 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ICOに参加する際の注意点:スピンドル(SPINDLE)の現在の価格は?

スピンドル(SPDの価格推移に関して)

SPDプライベートセールの時のレート

1SPD:0.0015ETH (202.5円)
最低購入単位:1,500SPD(303,750円)~
※1ETH:13.5万円で計算 (当時のおおよそのレート)

現在値のレート

1SPD:0.00006ETH (4.56円)
※1ETH:7.6万円で計算 (記事執筆時のレート)

ETH価格に変動がなかった場合(仮の話)

1SPD:0.00006ETH (8.1円)
※1ETH:13.5万円で計算

上記の計算だと、50分の1程度まで価格が下落したことになります。仮にイーサリアムの価格がそのままだったとしても、25分の1となります。下記が価格推移になります。

現在のレート

SPD/BTC(ビットコイン)レート

SPD/BTCレート
参考:https://yobit.net/en/trade/SPD/BTC


SPD/ETH(イーサリアム)レート

SPD/ETHレート
参考:https://yobit.net/en/trade/SPD/ETH

まとめ

この結果からわかることは、投資には大きなリスクがあることを理解して欲しいということです。現時点では、スピンドルは良い結果を得られていませんが、今後、世界を変えるような大きなプロジェクトなどがあり、価値が一気に上昇するかもしれません。

このまま何もせずに価格が下がり続ければ、信じた投資家は損をすることになり、巷で詐欺コインなどと呼ばれることになります。

株の話になりますが、アップルがiPhoneを出した時、ガンホーがパズドラを出した時などプロジェクトが本当に良いもので、実際に利用出来て、我々の生活の一つになるものであれば価値は上がると思います。未来の話は誰にも分らないということです。

皆さんの大切な資産ですので、ICOに参加する際は、ホワイトペーパーはしっかり読む、現実的に実現可能性が高いかを判断する、プロジェクトはどこまで動いてるか確認するなど吟味し、ご自身の判断で参加の有無を決めてください。

参考資料:https://coinchoice.net/ico_spindle_rate/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

BinanceはZenCash(ZEN)の上場を発表

Binanceは、取引価格による世界最大のデジタル資産取引所であり、ZenCash(ZEN)の上場を発表しました。価格ポンプによる通貨のネットワーク過負荷を見て、事業者がブロックチェーンが安定するまで。ZENは現在40ドル圏で取引しており、Binanceはそのプラットフォーム上でデジタル通貨をリストしようとしています。

ZenCashは、バイナリ・リスティング、オペレーター延期に50%先行

もともと中国からの暗号化取引プラットフォームで、今後数ヶ月で分散型Exchangeを開始する予定のBinanceは、ZenCash(ZEN)を2018/05/23 05:30 AM(UTC)に掲載しようとしていました。後続の価格ポンプがネットワーク上で高い輻輳を引き起こしました。

2時間しか続きないリスティング期間中、ZENは33ドルから50ドル以上に上昇し、50%以上の利益を上げました。Bittrex(1700万ドル以上)とUpbit(1200万ドル以上)のZEN / BTCでは、ほとんどの取引量が発生しました。Binanceは、ZEN / BNB、ZEN / BTC、ZEN / ETHペアの取引を開始し、ユーザーは取引準備のためにZENを入金することができました。

2時間後、Changpeng Zhaoが2017年に設立した会社は、声明の上場を延期すると発表した

「ZenCashネットワークの輻輳が高すぎるため、Binanceはブロックチェーンが安定するまでZenCashのリスティングを延期します。私たちは、ZEN預金を開いたままにし、上場前にさらに発表する予定です。ご理解いただきありがとうございます。

Binanceは新しい声明を発表し、午前7時30分(UTC)に別の試行を行うことを発表しました。


「ZenCashネットワークは現在安定しているとして、Binanceは2018年5月23日午前7時30分AM(UTC)でZEN / BNB、ZEN / BTCおよびZEN / ETH取引ペアの取引を開きます。」

BinanceのZenCashの料金体系には、取引手数料0.002 ZENと最小引き落とし0.004 ZENが含まれています。ZEN / BTCの最小取引量は0.000001です。ZENはゼロ知識技術を使用したエンドツーエンド暗号化システムとして、取引、通信、競争上のガバナンスの能力を安全かつ匿名の方法で組み合わせています。ZenCashはZcashコードベースの進化です。

ZenCashは、42ドル前後で取引されており、市場は時価総額で89位に上っていると、コインマーケットキャップ・コムによると、数時間で1億3500万ドルから1億9000万ドルに膨らんだ。価格ポンプに先立って、デジタル通貨は時価総額によってトップ100のコインに掲載されていませんでした。

BitCin Private(+ 7.09%)、MaidSafeCoin(+ 2.41%)、MonaCoin(+ 2.15%)の順で、ZenCashは過去24時間で最大の勝利を収めました。今日は市場全体がダウンしている。Bitcoinは$ 8,000ライン以下で取引され、その価値の5%近くが低下しています。エテリアムはその価格の8.63%を失い、リップルは5.81%低下している。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/05/23/binance-postpones-listing-of-zencash-following-price-pump/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング