Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2018年02月

LISK(リスク)から見るPoSの暗号通貨ローンチの事例、クラウドセール2年後のプロジェクトの今

1 


ビットフライヤー(bitFlyer)にLISK(リスク)が上場

今年1月、LISKがビットフライヤー(bitFlyer)に上場されました。
ビットフライヤー社は、日本国内では最も上場基準が厳しい取引所のひとつでもあるので、LISK(リスク)の上場発表時は、注目が集まりました。

LISK(リスク)は2016年に、当時のレートで約6億円の資金をクラウドセール(当時はICOという言葉が存在しなかった)で調達しました。JavaScriptで開発できるということや、スマートコントラクトをサイドチェーンに書き込めるという機能を将来的に予定されています。

とはいえ、LISK(リスク)はクラウドセールから約2年がたった今、正式版とされる「LiskCore1.0」はリリースされていません。

クラウドセール時から言及されていたホワイトペーパーに記載されているDappsを容易に開発されるSDK、スマートコントラクトが開発できるサイドチェーンも現時点で未実装です。

サイドチェーンの実装は、最新のロードマップでは、20183Qが予定されていますが、これは当時から複数回に渡ってローンチの延期を経て、今に至っています。

最新のロードマップ

また、LISK(リスク)は、2018Q1前後に恐らくリリースされるだろうと期待されているLiskCore1.0のリリース前後にリブランディングを予定しています。

このリブランディングについてコミュニティは好意的なようですが、筆者の意見としては、客観的に見てLiskはまだ何も実績もないプロジェクトであり、その上に有用なアプリケーションはなく、いくつか疑念が生じます。

その状態でリブランディングの意図とは?ひたすら実装のコミットをすべきでは?という批判があっても然るべきものだとも言えます。

執筆時点でguithubを確認すると、あとはテストカバレッジがメインの作業だと思われますが、現状、機能をデリバー出来ていないことが事実があります。

LISK(リスク)はステーキング以外のユースケースはなにもない

その間ずっとPR活動は旺盛で、PoSによるステーキングはしています。
LISKのPoSを採用していますが、形式としてはDPoS(Delegated Proof of Stake)になっています。

基本的に、DPOSは間接民主制のようなシステムで、バリデーターのノードは、トークン保有者による投票プロセスを経て選出されます。
上位101以内のノードがforging(鋳造)を出来る仕組みになっています。

こういった投票というプロセスが用意されているものの、基本的にはトークン保有者が大きな権利を持ちます。

さて、ブロックチェーンのローンチ時から、既にコンセンサスアルゴリズムがPoSでは、なにもユースケースが作れてないうちから、運営や財団は、トークンを既得権的にステーク出来るという状況が生まれてしまいます。

こういったPoSコインは、複数存在します。
そしてそういった状況はPRを過度にすることに充分なインセンティブがあるとも言えます。

少なくとも現状、LISKトークンのユースケースは「鋳造をするために保有する」以外のユースケースはなにもありません。

そして、トークンホルダーは、自身の保有しているトークン価値が毀損することは避けたいですし、その現状には触れませんし、「将来、◯◯が実装される」といった期待ばかりに目を向けてしまうことにもなります。

LISK(リスク)は、PoSコインのローンチ方法の事例として、もう少し議論がされるべきでしょう。

参考URL:https://coinchoice.net/lisk-pos-cryptocurrency-launch/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

2018年のCrypto Trading:新しい戦略

1 


cryptocurrencyのランドスケープは、過去12ヶ月間に大幅に変化しました。円の一部を募集している投資家の数が増えているため、ICOで5倍、10倍以上の保証されたリターンがなくなっています。新しいコイン、新しいフォーク、新しい飛行場は、収益の減少と利益の減少を特徴とする競争の激しい市場を作り出しました。最高のトレーダーは、依然として報酬のライオンのシェアを主張することができ、残りのものはスクラップのために戦うために残ります。

2018年にようこそ。20%は20倍です

2018年のCrypto Trading:新しい戦略、より多くの人数、およびリターンの減少昨年まで最高のパフォーマンスを発揮するICOは、取引所に上場した瞬間に、トークンを反転させることで投資家に簡単に10倍の利益をもたらすことが期待されます。2017年のベストパフォーマーには、Spectrecoinが含まれています。Spectrecoinは、トークン価格でQtum(106x)とNeblio(103x)の2,143xリターンを提供しています。2018年の最高のパフォーマーであるBluzelleはこれまでのICO価格のほんの5倍にすぎません。特に、伝統的な資産市場で楽しむべき一桁の利益と比較した場合、これは依然として健全な利益です。しかし、暗号侵害基準によって、500%は小規模です。

配当の減少にはいくつかの理由があります。一つには、世界は今につかまっている。テレグラムグループは最も有望なICOを促進し、急速なコミュニティの関心を集めるプロジェクトは目立って促進され、発見されていない宝石はほとんど残っていません。誰もが次のStratis、Dragonchain、またはAntsharesを探しています。これは賢明な暗号投資家だけではなく、ICOがトークンを発行しています。最高のプロジェクト、または最も誇大宣伝を生み出しているプロジェクトは、彼らのハードキャップを上げ、発行されたトークンの数を増やし、数時間で売り切れることを知ってトークン価格を上げることができます。悪名高いTwitterのトレーダーとRomanoが言ったように、「20%は新しい2倍です」

大きな取引所がより小さなポンプをトリガーしている

BinanceやKucoinなどの主要取引所に追加されたトークンが現在期待できる価格上昇の一種の20%は正確な数字のようです。数ヶ月間停滞しているBittrexは、最終的に取引量の少ないトークンを上書きし、より新しい参加者に置き換えるために、死んだ木のいくつかを消し去り始めました。その最新の添加物Vatoms(VEE)が金曜日に導入され、その価格はわずか20%上昇した。6ヶ月前、同じ功績は以前は分散型の交換機でしか入手できなかったトークンを安価に2倍の価格で購入することができました。

2018年のCrypto Trading:新しい戦略、より多くの人数、およびリターンの減少

EtherdeltaやIDEXのようなサイトでは、大衆が引っ張っているものの、使い慣れたトレーダーが頻繁に使用していました。IDEXは少なくともユーザーフレンドリーであるが、Etherdeltaのインターフェースは、多数のトランザクションを正常に完了した後であっても使用するのが直感的ではない。ロケット科学ではありませんが、Binanceの購入注文を設定するほどシームレスではありません。1月のaltcoin市場では、scamcoinsからshitcoinsへのポンピングまですべてが勝者となり、newbsは取引の芸術をマスターすると結論づけました。マニアが分散し、より弱気な条件が設定されたので、これらの新発見された「プロ」の多くは、ホドリングがおそらくより安全な戦略であると結論づけられ、暗号富とTAスキルを持つ者にリスクの高い取引を残した。

100倍のレバレッジは、かすかではない

一番上の犬のためにいつものようにビジネスをしている交換所は、Bitmexです。最大100倍のマージン取引のおかげで、熟練したトレーダーは、ビットコインの価格のわずかな変化でさえもうまく利益を得ることができます。これは、心配していない人やチャート作成者でない人にとって、リスクの高い戦略です。最高の最高のものは、今までと同じように、AngeloBTCでTwitterのトレーダーが現在ヒープの一番上にいます。

2018年のCrypto Trading:新しい戦略、より多くの人数、およびリターンの減少

変更されたcryptocurrencyの景色は、低い手段の新しいトレーダーと投資家に完全に不利な影響を与えませんでした。ICOのソーシャルチャネルに従うなどのタスクのために無料のトークンがコミュニティメンバーに授与されるエアドロップの流行のおかげで、無料で月額500ドルまで払うことが可能です。それはあまり遊ぶことではありませんが、辛抱強さと忍耐をもって、これらの貧弱なパン粉は、道に沿っていくつかの巧妙な取引を支援して、尊敬できる杭に変えることができます。cryptocurrencyの簡単なお金はそれ以上ではありませんが、投資家が少しでも一括して利用できる方法はまだたくさんあります。

参考URL:https://news.bitcoin.com/crypto-trading-2018-new-strategies-bigger-crowds-diminishing-returns/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)と台北市が提携「スマートシティ」に向けた新たな取り組みとは?

台湾イメージ

台湾の首都である台北市は、市民の個人認証計画に、IOTA(アイオータ・イオタ)によるブロックチェーンへの代案であるTangle(タングル)を導入するためにIOTA Foundationと提携をした。

情報技術局局長のWei-bin Lee氏は、台北市がデジタルシチズンカードプロジェクトのためにIOTAおよび地元のスタートアップ企業BiiLabsと提携していると述べ、この取り組みは同市が進めている多くの概念実証の1つであるとCoinDeskに対して語った。

※IOTAとは、IoT(モノのインターネット)の導入を目的とされ開発された暗号通貨のことです。「アイオータ」や「イオタ」と読まれることが多い。

IOTA公式出典:IOTA公式

台北市はいくつかのプロジェクトのために特にIOTA(アイオータ・イオタ)のTangle IDサービスを利用しているとのことだが、デジタルシチズンプロジェクト以上のことについては詳しい説明はしなかった。

フィンテックメディアCrowdFund Insiderによると、このデジタルシチズンカードは不正開封防止機構を備えたシステムとして動作し、利用者を個人情報の盗難から守ることができる。

Lee氏はCoinDeskに対してメールでこう説明した↓

私たちは、プラットフォームとして利用可能なデジタルシチズンカードのための関連アプリケーションから取り組みを開始する。また、医療記録のように地方自治体間および公共機関間でやり取りするデータの認証および整合性のチェックを効率化する取り組みも行う。

以上のように述べ、Lee氏は台北市が「スマートシティ」というゴールに向かってさらに発展していく上で役立つ提案があれば喜んで耳を傾けるとも語った。そのようにして、台北市はその他の利用可能な技術も採用していくだろうとLee氏は語っている。

台北市はIOTA(アイオータ・イオタ)の技術をテストしているが、いかなる暗号通貨もまだ利用していないとLee氏は述べた。

今後のプロジェクトの詳細についてはまだ議論中であるが、将来のプロジェクトを促進するために台北市に事務所を開設するようにIOTAに勧めているようだ。

当面、情報技術局、BiiLabs、およびIOTA(アイオータ・イオタ)は概念実証を作成するためのプロジェクトの提案について議論を進めている。これら3つのグループは作業部会を作り、プロジェクトの詳細に取り組んでいる。

Lee氏はこのように結論づけた↓


1 


参考URL:https://coinchoice.net/taipei-iota-technologytest/ 


●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

アルトコイン分析:NEO、EOS、LTC、IOT、XLM

1 


ほとんどのaltcoinsは、週間チャートで重要なサポートレベルにある朝の星として知られている3-barの雄牛の逆転パターンを完成させるでしょう。

LTC、Lumens、EOS / USDは次週、このチャージをリードし、素晴らしい買い物の機会を提供します。

私のアドバイスは、買い手が来週の意味のあるエントリーを待って、現在の価格でピーク時に買い物をしないようにすることです。

これらのグラフを見てみましょう:

XLM / USD

コインXLM / USDテクニカル分析
2018年2月17日のXLMUSD日次チャート

今後のセッションでは、Lumensの取引はかなり簡単です。

チャートから見ることができるように、価格は上昇傾向にあり、確率的なシグナルが広がるにつれて、物価は引き続き上昇する可能性があります。

私たちがトップダウンアプローチから取引していることを忘れてはいけません。今週の終値が上昇すれば、3バーの反転雄牛のパターン - 午前のスター、週別チャートの甘い確認があります。

したがって、これは、より低い時間枠内に印刷される低さが、$ 0.70で雄牛目を持つ窪みで購入する別の機会であることを意味します。

IOT / USD

コインIOT / USDテクニカル分析
2018年2月17日のIOTUSD日次チャート

今日のろうそく、下部と上部の芯(丸塊)がない売りブロックのように見えます。これはロケット科学ではなく、バイヤーが強く担当していることを意味します。

昨日の燭台を確認したところ、価格は低迷していたことに気づきました。

しかし、私たちの取引戦略によると、私たちの推奨は、すべてのプルバック、特に中間のBBに買い戻すことです。4HRチャートをズームすると、価格がそのラインからバウンスされていることがわかります。

この場合、IOTAの雄牛の見通しからはさらに高い高値が依然として重要であり、今日、この固体抵抗ゾーンの中間範囲である2.2ドルで価格がどのように反応するのかを待っています。

EOS / USD

コインEOS / USDテクニカル分析
2018年2月17日のEOSUSD日程表

今日の重要な中規模BBの約10ドルでの違反の前の反応は印象的ではありませんでした。

今日の闘牛場の前に、価格は9.5ドルでストールしました。私たちの主な抵抗線は今、20年の期間までに上昇の制限をサポートしています。

メインチャートのこの強気な発展のほかに、ストークススティクスは引き続き強気圧力の継続を示唆しています。

%kと%dの差があれば、$ 9.5は買い物客のためのスプリングボードとローディングゾーンでなければなりません。

LTC / USD

コインLTC / USDテクニカル分析
2018年2月17日のLTCUSD日報

さて、今週のLTCは、技術的観点からだけでなく、LitePayなどの支持的なファンダメンタルズからも強気になります。

技術的には、荒廃した戦略に従い、引き続き強気で取引しています。ローラーコースターに乗って上BBの曲線に沿って走っているにもかかわらず、何とか途中のBBに戻り、さらには来るセッションでさらに180ドルに戻ってくるはずです。

それは、私たちがそのような強力な勃発に期待していることです。それはいつも起こります。そのように、現時点では長続きするのは良い考えではありません。

結局のところ、4HRの停滞は弱気の圧力を示唆しているため、買い手は来週までサイドラインにとどまるべきです。

NEO / USD

コインNEO / USDテクニカル分析
2018年2月17日のNEOUSD日次チャート

これは正確にわれわれが見たいと思っているもので、今価格は130ドルを超えています。ポジショントレーダーは4HRチャートのすべての確率的買い信号でエントリーを調整して買うべきです。

現時点では、中間のBBと$ 130を潜在的なサポートとして扱い、理想的な積載位置は約120ドルとします。


参考URL:https://www.newsbtc.com/2018/02/17/altcoin-analysis-neo-eos-ltc-iot-lumens/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Cryptocurrencyヘッジファンドの数は世界的に爆増!その数は!

1 

調査会社のAutonomous Nextによると、グローバル暗号暗号化ヘッジファンドの数は、過去最高の226に達しています。主要ヘッジファンドデータベースプロバイダーユーレカヘゲが追跡したヘッジファンドは、平均して2017年に1,477.85パーセントの収益率を示している。

226暗号ヘッジファンド

Cryptocurrencyヘッジファンドの数は世界的に226に増加Autonomous Nextによると、ロンドンに本拠を置くFintechのAutonomous Researchの実践によると、過去4ヶ月間に、暗号化を取引するヘッジファンドの数は倍増しました。ロイターが報告されました

調査会社は、10月18日現在の110のグローバルヘッジファンドから、このような戦略で226の世界的なヘッジファンドの記録的な高値を記録した。

8月29日、暗号ヘッジファンドの数はわずか55であり、2017年の開始時にはわずか37であった。さらに、ファンドの運用資産は現在3.5〜5.0十億ドルであることが明らかになった。

Autonomous Next partner Lex Sokolinはコメントしました:

暗号資産の価格が軟調なほど投資家にとってはより困難な環境が作り出されますが、私は資金や他の金融機関が宇宙に製品を流入させることを止めるとは考えていません... 80年までにスペース全体が極端になるケースがあります財政の流れが変わる前の高率と高い規制。

暗号基金は2017年に1,478%増加

Cryptocurrencyヘッジファンドの数は世界的に226に増加独立系のヘッジファンドのデータプロバイダーであるEurekahedgeによると、1月のクリプトカルチャー集中型ファンドは平均4.6%の損失となりました。ロイター通信は、「一部はビットコインに投資し、ロングポジションとショートポジションの両方を取っており、一部は暗号化通貨のバスケットを購入しており、他は様々な取引所の価格の間で裁定を利用している」と付け加えた。

Cryptocurrencyヘッジファンドの数は世界的に226に増加ユーレカヘゲは、総資産10億ドルで9つのヘッジファンドを追跡しています。彼らは2017年に平均して1477.85パーセントの報道を行った。

Chesric Jeansonの創業者であるBitspreadは、「ヘッジファンドの中には、Eurekahedgeが追跡しているファンドの業績について、経営陣が平均1.6%、ファンドの業績が平均17.5%戦略」と付け加えた。

一般的に暗号基金を参照すると、投資顧問ケンブリッジ・アソシエイツのマネージング・ディレクター、ダイアナ・ギブソン氏は次のように指摘している。

2017年の利益は、長いことから大きく発生しました。

昨年12月、Pantera Capitalのビットコインファンド、2013年の開始以来、投資家のために25,004%を返済したと伝えられている。Bitstampのデータによると、12月17日に19,666ドルでピークとなったビットコインの価格が急騰したためである。

Cryptocurrencyヘッジファンドの数は世界的に226に増加
BTCチャート。

参考URL:https://news.bitcoin.com/number-cryptocurrency-hedge-funds-globally/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング