Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2017年10月

11月にSegWit2xハードフォークでB2Xを取得する方法

114 


2つのビットコインが競合しています.1つはBTCニックネームで、もう1つはB2Xという名前です。このガイドでは、11月のハードフォークの場合に安全にコインを分割する方法について詳しく説明しています。

SegWit2x ハードフォークは、2017年11月中旬に発生する予定です.SeeWit2xフォークの周りには、ビットコイントランザクションを実行して、 "ストーム"がなくなるまで待つべきです。あなたが分裂の準備をするためのいくつかの方法があります。

CoinbaseとBitfinexを含むBitcoinの主要な交換と財布のプラットフォームは、11月SegWit2xのサポートを実装する計画を発表しましたCoinbaseとBitfinexはSegWit2xをB2Xとして、ニックネーム「BTC」は元のBitcoinブロックチェーンに使用します。11月のSegWit2xハードフォークでは、Coinbase、GDAX、Bitfinex、Blockchainなどの主要なBitcoin取引所やポートフォリオのユーザーにB2Xクレジットが提供されます。

SegWit2xハードフォークは基本的にBitcoin Cashのフォークとは異なります。先月、CoinbaseやBlockchainのような企業は、BCHのサポートを求めるユーザーから相当量の苦情を受けた。その結果、CoinbaseとBlockchainの両方がBitcoin Cashを含む計画を発表しました。しかし、これらの財布が提供しているサポートは、2018年1月から100%稼働しているとはほとんど思われないので、批判は出るまでに時間がかかりませんでした。

SegWit2xは「アップグレード」として提案されているため、Bitcoinプロトコルはハッシュの大半をサポートしていることが多いため、11月にSegWit2x以降のサポートを統合する自由と柔軟性はありません。

したがって、ユーザーは、ほとんどの地域でBitcoinの主要な交換プラットフォームと財布プラットフォームがすべてSegWit2xと互換性があることを期待する必要があります。これまでのところ、以下の企業がSegWit2xのサポートを発表しました。Coinbase、Bitfinex、Blockchain、Xapo、Korbit、Coins.ph、BTCC、BTC.com、およびBitFlyerが含まれます。

NYAに署名していないBitcoin企業は、このソフトウェアを実行することはできません。しかし、以前にニューヨーク協定(またはSegWit2x)に署名していなかった企業は、ソフトウェアの実行を控える可能性があります。Segwit2xを実行する必要のない注目すべき企業は、BlockStream、Chaincode Labs、BitGo、Poloniex、BitStamp、Bithumb、Kraken、Geminiです。彼らは契約書に署名していないので、彼らはそれに従う義務はありません。

したがって、Bitcoin交換ユーザーの場合、Exchangeが11月にSegWit2xサポートを導入するかどうかを確認して、B2Xに後でアクセスできるかどうかを確認するのが最も実用的で安全です。また、ユーザーは11月にSegWit2xをBlockchain.infoとしてサポートする予定のBitcoin財布に資金を移すこともできます。

ハードフォークの前の日には、ビットコイントランザクションを実行しないことが推奨されます。これは、ポートフォリオがチェーン内の複製保護をどのように処理するかが明確でないためです。ハードフォーク中またはハードフォーク直後にビットコインを送信すると、Bitcoinチェーンでトランザクションを送信し、B2Xチェーンでも送信されるリスクが発生する可能性があります。これらはビットコインのための非常に忙しい日です。

参考URL:http://www.crypto-economy.net/get-b2x-segwit2x-hard-fork-november/?lang=en 

■yobit net
https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ATLANT 後23時間でICO終了! yobit上場確定!

ATLANTA:https://atlant.io/ 


めずらしくyobitからメールがきました!以下内容!

親愛なるYoBitユーザー!

ATLコインは11月1日からYoBitに掲載されます。あなたの1 BTCはATLANTが成功すれば10+になります。

ATLT.OでETHあたり505 ATLの特別ボーナスレートでATLを購入する最後のチャンスですが、急いでください、ATLANT ICOはTOMORROWで終了します。

これは単なるICOではない。 ATLANTは、NASDAQを考えるが、不動産資産については、トークン化された不動産資産のための最初のグローバル取引所を創出することによって、世界の不動産市場に革命を起こしています。 ATLANTは、P2Pレンタル市場(Airbnb、Bookingなど)のゲストとホストの両方でコストを90%削減することを計画しており、ブロックチェーン技術によって大幅なコスト削減が可能です。

ATLトークン所有者は、トークン化された資産とP2Pレンタルを、これらが保有するATLトークンの数に比例して、これらの市場の両方からの収益を共有します。

ATLANT ICOは明日10月31日に終了します。

atlant.ioに今すぐ投稿

ご不明な点がございましたら、ATLANTチームが電報でお答えします。

敬具、
Yobit.Netのチーム

投資は自己責任でお願い致します。

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

アルトコイン・ウォレット比較! 前編

仮想通貨元年ももう少しで年を越す時期になってきました。

今年も新しいコインがたくさん生まれてきました。

どのコインを買ったらいいのか、どのコインが今後上がっていくのか?

どの通貨が価値を生み出すのか?まだまだ判らないことがいっぱいですね。

さて、そこで今回はアルトコイン各種、それぞれのウォレットを見ると、どんなコイン、特性なのかがよくわかることがあります。

今回は初心者向けにアルトコインの少しギークな公式ウォレットの特徴について各種ご紹介したいと思います。

では、順に見ていきましょう。

1.Litecoin(ライトコイン) ウォレット

 

2.monacoin(モナコイン) ウォレット

この2つのウォレットの見た目はそっくりです。

Litecoinはbitcoinから派生したコインで、特にbitcoinと比較して、トランザクションやブロック生成が早い、いわゆる改良版的な位置付けになっています。

基軸通貨(bitcoin)のサブ的な機能のみを目的として世界共通の決済通貨を目的としているので余分な機能は付いていないのです。

モナコインはご存じの方も多いと思いますが日本初(発)の仮想通貨で、あの2ちゃんねるのソフトウエア板内で「仮想通貨作ってみよう!」的な発想から生まれたようです。

基本的にLitecoinをベースにしているゆえ同じウォレットとなっています。

双方ともウォレットを立ち上げると、かなり長い時間同期をとっています。それはP2P(ピア・ツー・ピア)のノードとして働いているのでをブロックチェーンによる公開取引簿がダウンロードされているからです。

3.Dash(ダッシュ)ウォレット

DASHも前述のウォレット同様P2Pノードとして機能しています。

同期が完了するまでにかなりの時間がかかりますが、機能的にウォレットとしては基本的な内容です。

DASHは(取引の)匿名性が高いコインです。

このウォレットには「PrivateSend」とMixingボタンがありこれにより通貨を分散したりリングシグネチャの機能を持たせて送金することが出来ます。

他のコインではMONERO(モネロ)やZCASH(ジーキャッシュ)も匿名性の高い機能を持っています。

ではライバルコインにあたる、MONERO(モネロ)のウォレットを見てみましょう。

4.MONERO(モネロ) ウォレット

やはり、同期までにかなりの時間を費やします。

機能的にはDASHに見られた匿名性を増すための機能がありますが上図にように匿名性レベルを「通常」から「中」「高」と選択できるようになっています。

このあたりの機能は匿名性を重視していると「言わんばかり」のインターフェースになっていますね。

さらに、モネロのウォレットはマイニングも可能です。「ソロマイニング」なので一般のパソコンではマイニング出来る確立は非常に少ないのですが、報酬は高いと言われています。

5.ZCASH(ジーキャッシュ) ウォレット

ZCASH(ジーキャッシュ)のウォレットもブロックチェーンの同期を取るまでかなりの時間とハードディスクメモリーを要します。

一見マニアックな雰囲気のウォレットです。

単純なウォレットにしか見えませんが、よく見ると「Transparent」と「Private」という文字が右上に見られます。

これがZCASH(ジーキャッシュ)特有のから始まる通常送金のアドレスとから始まる匿名送金用アドレスの2種類があるからです。

以上、今回は仮想通貨の中でも通貨系コインのウォレットを中心にご紹介しました。

次回は、イーサリアムやネムといったプラットフォーム系コインのウォレット紹介をしていきたいと思います。

より複雑に高性能に仕上がっているのがお分かりになると思います。 

参考URL:https://coinchoice.net/hiropi/altcoin_wallet_comparison/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ATLANT:12月よりQUOINEでトレード開始

ATLANTのトークンであるATLは12月よりQUOINEでトレードできるようになるとアナウンスされた。

ATLANTは、不動産所有権とP2Pレンタルのトークン化を可能にするグローバル不動産プラットフォームだ。ATLANTチームは、現在、米国、英国、ロシア、香港に拠点を置き、グローバルに分散している。現在トークンセールを行っており、残り2日で終了となる。

ATLANT: アップデートされたアンドロイドウォレットをリリース

ATLANT: d10eイベントのレポート、トークン化された不動産オーナーシップのユースケース

ATLANT:HitBTCとパートナーシップを結ぶ、現在5つの取引所に上々予定

ATLANTの公式サイトはこちら 

参考URL:http://cryptocurrencymagazine.com/quoine-will-list-atlant-token-atl 

■yobit net
https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

終了まで後1週間! Bitcoin silver

個人的にはネタ通貨じゃないかと思いますが欲しい方h自己判断でどうぞ!


114 


HP:https://bitcoinsilver.io/ 


■yobit net
https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング