Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2017年09月

リップラー号泣ですか…現時点でOKな金融庁許可OKの仮想通貨登録業者ですが…あれ?

111 


http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf 


SBIVCがまさかのビットコインのみ…

リップルどうしたの? まさかの審査待ちって事でしょうか…

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング 

ナミビア銀行は施行後50年の法律に基づいて、ビットコインの取引を認めない方針

111 

ナミビアの中央銀行(ナミビア銀行)は、「施工後何十年も経過したこの法律の下では仮想通貨の取引が認められる場所はないと主張した。国内の企業はビットコインのような仮想通貨を商品やサービスの支払い方法として受け付けないだろうとも述べた。

 

20179月半ばの最新の公式声明書にて、ビットコインや他の仮想通貨は中央銀行の金融政策決定の役割にほんのわずかな脅威しか与えないだろうとナミビア銀行は説明した。しかし、1966年施行の為替管理法に基づいて、仮想通貨は国内で認可されないと彼らは主張した。

 

以下はポジションペーパーの一部である。

 

中央銀行は仮想通貨をナミビア国内で法貨として認めない上に、仮想通貨を現地通貨と交換可能な外国通貨としても認めない。これは仮想通貨が中央銀行によって発行されているわけでも、保証されているわけでもなく、何かしらのコモディティに裏付けされているわけでもないからだ。

 

ポジションペーパーのその他の重要なポイント

 

ナミビア銀行は主に、以前の国際通貨基金やFATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)によるレポートをポジションペーパーの中で引用している。中央銀行が上げている共通認識は、マネーロンダリングに仮想通貨が利用可能であること、政府やコモディティに裏付けされていない通貨としての認知されているという欠点、そして、仮想通貨が基にしている分配型のレジャーテクノロジーすなわちブロックチェーンが金融システムに与える潜在的な利益である。

 

仮想通貨によって送金や他の支払いを容易になるにもかかわらず、法律の既述事項の不足によって、ナミビア銀行は仮想通貨と関する如何なる活動も是認できないと、かさねて述べた。

 

ナミビア国内では、仮想通貨は商品やサービスの支払いに使うことができない。例えば、地元のお店は仮想通貨で値段をつけたり、商品やサービスの対価に仮想通貨を受け取ることを許されていない。したがって、仮想通貨のユーザーはこの種類の通貨を扱うときや、イーマネーと仮想通貨を比較するときに、気をつけたほうがよい。

 

アフリカで定着しつつあるビットコイン

アフリカにおいて、仮想通貨のパイオニアといえば、ケニア、ナイジェリア、そして南アフリカだ。しかし、ビットコインの市場が広がるにしたがって、タンザニアのような地域が成長を見せ始めている。

 

※原文

https://cointelegraph.com/news/bank-of-namibia-rejects-bitcoin-exchanges-on-basis-of-50-year-old-law

 
参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/bank-of-namibia-rejects-bitcoin-exchanges-on-basis-of-50-year-old-law-jp 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Zcash:世界最大の取引量を誇る韓国のBithumbに上場

Zcashは世界最大の取引量を誇る韓国のBithumbに上場することとなった。Zcashのエコシステムはアジア市場や世界で成長を続けている。国内取引所ではcoincheckがZcashを扱っている。

Bithumb VP, Jung-A Lee氏は今回Zcashを取り扱う理由について:

  • 強力、安定したネットワーク。
  • すでに大量のトランザクションが行われている。
  • ワールドワイドなマイニングとトレード。
  • ゼロナレッジ証明テクノロジー。

などを挙げている。

Zcashの公式ホームページはこちら 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング 

Fortress Investment Groupの元CEO、暗号通貨に焦点を当てた5億ドルのヘッジファンドを設立。「暗号通貨は生涯最大のバブルとなる」

Fortress Investment Groupの元CEOは、暗号通貨とブロックチェーンに焦点を当てた5億ドルのヘッジファンドを設立すると発表された。

Bloomberg Newsは、Mike Novogratz氏が2017年末までに、自己資金より1億5000万ドルを、外部より3億5000万ドルを資金調達すると報じた。

もし実現すれば、このイニシアチブは、億万長者のヘッジファウンダーの中で最も積極的な動きをすることとなる。Novogratz氏は、今年初めに純資額の10%をビットコインとイーサリアムに投資していることを明らかにした。Bloombergのインタビューで、彼は市場における彼の持分がその後成長していると語っている。

彼はBloombergに対して「これは私たちの生涯の中で最大のバブルになるだろう。価格は、いくらであるべきか、先行していくだろう。誰でもたくさんの金を稼ぐことができる。我々はそれを計画している。」と述べている。

参考元
coindesk.com 

参考URL:http://cryptocurrencymagazine.com/ex-fortress-billionaire-crypto-market-will-largest-bubble-lifetimes 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

マカオの金融監督院(AMCM)は、領土の金融機関がバーチャル通貨やトークンを発行する企業に金融サービスを提供することを禁じる声明を発表した。

111 

マカオの金融監督院(AMCM)は、領土の金融機関がバーチャル通貨やトークンを発行する企業に金融サービスを提供することを禁じる声明を発表した。この声明は中国の規制当局による中国本土からのマネー・ローンダリングと資本流出の和解に続くものである。

AMCMは、[バーチャル通貨]に関連する金融サービスに参加または提供してはならないと考える地方金融機関

マカオは金融サービスを暗号化企業に提供する銀行を禁止

マカオは、金融機関がビットコインで運営されている企業にサービスを提供することを禁止しているのは、中国の最近の暗号侵害の取り締まりである。マカオの金融管理局は述べて「による本土内のトークン、金融機関とのバンク決済機関の発行による資金調達活動の最近の出来事に、これらのトークンと仮想通貨のためのサービスを提供するから本土当局によって明示的に禁止されています。」ということ

マカオは中華人民共和国マカオ特別行政区として正式に知られており、中国の主権の下で管理される自治区です。マカオでは、中国本土と違ってギャンブルが合法であり、領土をカジノやゲームの地域拠点にしています。マカオは最近、中国の規制当局が自治区への資本流出を監視する動きで、北京のマネーロンダリングの取り締まりの対象となっている。マカオ全域で現金引き出し中の顔認識や身分証明書のチェックを行うATMの導入など。

ロイター通信によると、AMCMは、「最近、内向きの通貨発行の資金調達活動の出現、投機的な推測を考慮して、金融機関と非銀行決済機関が通貨の融資を行うことを禁止しているマカオの金融規制当局は、マカオのすべての銀行や決済機関に「仮想通貨に関連する金融サービスに直接的または間接的に関与したり、金融サービスを提供してはならない」という手紙を送付したと述べた。

マカオ・ドラゴンは、カジノの開発に資金を提供するICOを行っています

マカオは金融サービスを暗号化企業に提供する銀行を禁止

マカオの賭博会社、ドラゴン(Dragon Corp.)が、タイのWiと提携してカジノを建設するために5億ドルを調達するための初期コイン提供を開始したのと同じ週に、バーチャル通貨会社に金融機関を提供する金融機関に対する禁止ホールディング。Chakrit AhmadのWi Holdingの最高経営責任者(CEO)は、CNBCに対し、crowdsaleは「誰でも公共のジャンクケッツに投資したり、カジノの株主になることを初めて許可した」と語った。マカオでは、ICOは、香港で発行された群衆のためにマカオの取り締まりの対象にはならない。

ドラゴン・コーポレーションとウィー・ホールディングのパートナーシップ調印式で、悪名高い犯罪組織のトライアド・ソサエティ(ワン・クオック・コイ)の61歳の元上司が撮影されたため、中国で論争が起こった

参考URL:https://news.bitcoin.com/62695-2/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング