Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2017年01月

ビットコインの利用店舗が急拡大!VISA/マスター対応店で利用出来るWirex(旧e-coin)があれば更に便利!

最大級の還元率!

さまざまな仮想通貨(ビットコイン、リップル、ライトコイン、ドージコイン等)をトレード可能!送信も簡単にできるウォレットサービス Mr.Ripple(ミスターリップル)



日本経済新聞の報道によれば、 
coincheckが提供するビットコイン払いが出来る店舗数が、昨年末で約4,200店に拡大しているようです。この数字は、1年間で約4.5倍の増加ペースで増えており、さらに2017年度中には、現在海外でビットコイン決済が可能な店舗の2割に相当する、2万店の導入を目標にしているようです。同じく日本のBitFlyerが、取引所におけるビットコインの取引量で、シェア13%以上を獲得し、世界一になったそうです。

Mt.Gox事件の反動から来るものなのか、2020年に行われる東京オリンピックに向けて、日本のプレゼンスが高まっています。

5

WirexならVISA/マスターカード対応店でBTCが利用可能に!
現在130ヵ国に展開し、世界で25万人のユーザーを抱える、ビットコインデビットカードを提供するイギリスのWirex(旧e-coin)でも、同じような現象が起きているそうです。 何と日本の利用者は7,000人しかいないものの、同サービスにおける両替が全体の20%に達し、ここ数カ月で最も高い伸びを記録しているそうです。

Wirexは、世界200ヵ国3500万以上のVISA/マスターカードが使える店舗で、ビットコインが利用出来るラストワンマイルを提供するサービスです。私が作った時はVISAだけでしたが、現在はマスターカードにも対応しているようです。いくら日本のビットコイン利用店が増えているとは言え、まだ4,500店舗。殆ど利用出来る環境ではありません。しかし、あなたがWirexのビットコインデビットカードさえ作成すれば、その問題を解決してくれます。ビットコインをデポジットしてこのカードを利用すると、即座にあなたのビットコイン口座から代金が引き落とされます。

入金もビットコインアドレス宛に行えますので、オートブリッジ機能などを使ってRippleで入金する事も可能です。アプリに自分が保有するビットコインを送れば、簡単な操作で円、米ドル、ユーロ、ポンドとビットコイン間の双方向の両替が出来ます。価格変動の激しいビットコインを、簡単に米ドルやユーロなどに両替出来る為、ビットコインだけでなく、為替リスクを含めた資産管理も行えそうです。

なお、両替時に最大1%の手数料がかかるのが、彼らのビジネスモデルのようです。日本人利用者の拡大を受けて、近いうちに日本円にも対応する予定との事。ビットコインやRippleの取り扱いも予定している、SBIホールディングスとも提携話を進めているそうです。Wirexが日本円にも対応すれば、更に便利になりそうです。まだ、私もXRPの価格上昇の恩恵を受けていないため、正直使った事がありません。一日でも早く利用して見たいものです。笑

まだ、 Wirex(旧e-coin)のビットコインデビットカードをお持ちでない方は、こちらの紹介リンクから作成下さい。紹介リンク経由であれば、25%割引でカードが作成出来ます。なおアカウント自体は1分で開設可能です。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/cryptocurrency/ 




 
リップル東京JPY発行所

「ブロックチェーンは電子投票の解になる」米NASDAQがエストニア政府と取り組む理由

★リップル購入可能!カード決済購入可能!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

5
 

2016年のはじめ、エストニア政府とNASDAQは、株主総会における議決権の行使をブロックチェーンに置き換えるべく、ブロックチェーンプラットフォーマーのChainと共同で実証実験を進めてきた。

会社法のもとに上場企業が毎年開催する株主総会は、高コストな一方で株主の総数と比較すると参加者も少ない。議決権行使の電子化も進められているが、すべての企業が採用しているわけではなく、その普及率も限定的だ。

グローバルな投資が加速するにつれ、いまや株主は国内のみに留まらず、国境を超えた投資家が株主として、遠隔から議決権を行使するソリューションが求められている。NASDAQによれば、こうしたニーズが高まるにつれ、ブロックチェーンを用いた電子投票システムを構築することで解決できると考えているようだ。

「国境を超えた株主に対し、極めて低コストかつ簡単に議決権を行使可能なソリューションを構築することで、投資家と経営者のコミュニケーションを促進することができるようになります。そして、ボーダレスな上場、および取引、決済活動の更なる成長を見込むことができます。」

NASDAQは、現在の電子投票システムの欠点として、遠隔の投資家が直接株主総会に参加して投票することができないこと、代理人を通じて議決権を行使する場合管理が難しいことを挙げている。ブロックチェーンは、その透明性から、株主総会の投票プロセスを改善することができるのだ。

エストニア政府は世界で最先端の電子政府化(e-Residency)を推し進めており、国民の一人ひとりにデジタルIDを付与している。NASDAQによれば、KYC(Know-Your-Customer)をデジタルで完結できるエストニアの基盤が、ブロックチェーンを用いた電子投票システムを構築するにあたり最適だったと語っている。

この一年間の実証実験を通じて、NASDAQはe-Residencyカードとして知られるデジタルIDを用いた個人認証、および株主総会におけるリアルタイムの情報開示システム、議決権の代理人への移転・管理・リアルタイムモニタリング、過去の開示情報と投票の参照を行えるようにした。議決権はブロックチェーン・トークンのようなかたちで、容易に発行し、株主に対して配布することもできる。あらゆるログはブロックチェーン上に記録され、非可逆な形式で保存される。

「プロトタイプは、必要最小限のクリックで試験することができた」と、NASDAQと共同で開発にあたったLHV PankのCEO、Erki Kilu氏は語った。「実際にワークしただけでなく、数千人の人々が同時にアクセスしたとしても全く問題がない」

NASDAQは声明において、「エストニア政府との実証実験は非金融分野に焦点をおいたことに意味がある」とし、上場企業や非上場企業、投資ファンド、NGO、世界中の投資家に対して新しい可能性を提示する可能性があると述べた。

「電子投票は次のキラーアプリではないかもしれません。しかし、世界中のアプリケーションに対して潜在的な可能性があり、実用的かつ必要な解決策です。これは、資本市場が抱える潜在的な問題にとり、非常にポジティブなステップ



最大級の還元率!

さまざまな仮想通貨(ビットコイン、リップル、ライトコイン、ドージコイン等)をトレード可能!送信も簡単にできるウォレットサービス Mr.Ripple(ミスターリップル)

初心者向け:ビットコインの保管方法 (スマホ編)

リップル東京JPY発行所

5
 

ビットコインについて興味を持って、仮想通貨取引所でビットコインを購入してみたけれど、口座にビットコインを置きっぱなしにしている人はいないだろうか。頻繁にトレードする場合は仕方ないが、ビットコインユーザーの間では、取引所で買ったビットコインはウォレットに移して自分で管理しておくことが推奨されている。

 

ビットコインを取引所から出してスマートフォンに入れておけば、万が一取引所がハッキング等の被害に遭っても自分の資産を守ることができる。また、割り勘やお店での決済で使うときの為にも自分の財布にビットコインを入れておきたい。

 

このビットコインを入れておくためのお財布や金庫の役目を果たすものは「ウォレット」と呼ばれており、パソコンやスマートフォンで使うものから手のひらサイズのハードウェア、紙や金属でできたものまで様々な種類がある。

 

その中でも一番手軽なものがスマートフォンで使えるウォレットアプリだ。スマホにビットコインを入れて持ち歩くこともでき、人にビットコインを送ったり貰ったりするのにも非常に適している。ビットコインを既に買った人も、まだの人も、まずはウォレットをスマホにダウンロードしてみよう。

 

【関連記事】

ウォレットとは何か、どんな種類があるのか

ウォレット講座から考えるビットコインの管理方法
取引所のハッキングから自分のビットコインを守るには
「復元フレーズ」を知らない人は要注意!ビットコインの安全管理

 

モバイルウォレットを使うには

 

モバイルウォレットにもいくつか種類があり、以下がよく使われているものの例だ。いくつか試してみて使いやすいものを探してみるのもよい。

 

・blockchain.info iOS / Android
・Copay   iOS/ Android

・breadwallet iOS (使い方の説明は近日公開予定)

*以下の説明画像はiphoneのものです。

 

【blockchain.info】






















①アプリを起動して「新規ウォレットを作成」をタップ






















②メールアドレスとパスワードを入力 (*パスワードが弱いと表示される場合は数字や記号を混ぜるとよい)























③4ケタのPINコードを設定。このPINコードはウォレット起動時、ビットコイン送金時に毎回必要になる。























④完成!下のメニューから「送金」、「受信」を選ぶことができ、「取引」の画面には送受信の履歴が表示される。もしも、スマホを紛失したり、アプリを消してしまったときにビットコインを失ってしまわないように復元フレーズでのバックアップを取る作業も忘れずにやっておこう。

ビットコイン送受信の操作

 

準備ができたら受信画面からウォレットにビットコインを入れてみよう。























ビットコインを受け取るには以下の二つの方法がある。

①ビットコインのアドレスをコピペして相手に送る。取引所にビットコインがある場合はビットコイン出金などで自分のアドレスをペーストする部分があるはずだ。
②QRコードを見せて相手に読み取ってもらう。下のBTCやJPYと書かれている部分に請求したい額を入力してQRコードを変えることも可能だ。
送り元となる相手が金額を確認して送金を実行すればビットコインを受け取ることができる。



























ビットコインを送信する
①宛先となる相手のアドレスをコピペで貼りつけ、または右上のアイコンからQRコードを読み取る。
②送金したい金額をBTCまたはJPY換算で入力。
③下にある緑の「続行」ボタンを押し、PINコードを入力して送金完了。

【copay】





























①アプリをダウンロードして利用規約を読み、下の「同意して始めます」をタップ。






























②こちらがウォレットの画面。下のメニューから「送信」「受取」を選ぶことができ、「履歴」の画面には送受信の履歴が表示される。
※ビットコインの単位や通貨をBTCやJPYに変えたい場合は左上のアイコン>設定>単位または表示通貨 から好みのものにカスタマイズできる。






























③けれど、「受信」をタップしてみると、このままでは送受信ができないため、ウォレットをバックアップしよう。紙とペンを容易してアプリの指示通り12の復元フレーズをメモしよう。復元フレーズについてはこちら。このバックアップはスマホを無くしたり、機種変更、アプリを消してしまった際にウォレットを復元するための大切なものだ。

ビットコイン送受信の操作

 

準備ができたら受信画面からウォレットにビットコインを入れてみよう。

























ビットコインを受け取るには以下の二つの方法がある。
①ビットコインのアドレスをコピペして相手に送る。取引所にビットコインがある場合はビットコイン出金などで自分のアドレスをペーストする部分があるはずだ。
②QRコードを見せて相手に読み取ってもらう。
送り元となる相手が金額を入力して、送金を実行すればビットコインを受け取ることができる。























ビットコインを送信する
①宛先となる相手のアドレスをコピペで貼りつけ、または右上のアイコンからQRコードを読み取る。
②送金したい金額をBTCまたはJPY換算で入力。
③下にある緑の「続行」ボタンを押し、PINコードを入力して送金完了。

 
ウォレットの準備ができたら、ビットコインを買ったり、お店で使ったりしてみよう。これであなたもビットコインデビューを果たすことができる。
 

参考URL:https://www.coin-portal.net/2017/01/15/16665/

★リップル購入可能!カード決済購入可能!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨詐欺(詐欺コイン)の最も簡単な見分け方、7つのポイント 2

★リップル購入可能!カード決済購入可能!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


5
 


セミナーでは本当のことを言っているみたいだけど?

はい。詐欺師の説明は99%が本当です。

ビットコインの技術的な革新性、法律が制定されることや、世界中で取引が拡大していることなど。
過去にビットコインを買った人が億万長者になったことや、最近でもイーサリアムやNEMというのを買った人が30倍、50倍の大儲けしたなど、すべて本当の話です。
嘘ではありません。
詐欺師は勉強していますので99%のことは本当のことを言っていますので、それなりに役にたつとおもいます。

ただし、1%だけ嘘があります。つまり、詐欺師が販売するコインが将来値上がりする金の卵だということです。99%は本当のことを言って信用させて、最後に嘘をつくのです。

それでも買いたくなったあなたに

これだけ説明しても、ちょとだけならと手を出す人が後をたちません。

あなたは、実に強欲ですね。詐欺師は、あなたの強欲をカモにしているのです。
強欲な人は騙されます。ほどほどに儲けようと思わず、100倍儲けようと思う人をカモにしています。

「それでも、もしかしたら儲かるかもしれない。他の人を出しぬいて自分だけ売りぬけられるかもしれない」

「将来100倍になるなら、一つでも大当たりをすればよいのではないか。損を覚悟で、少額やってみよう」

という考え方、すばりあなたですよね。

もしかしたら、理性ではわかっていても、それでも賭けてみたいという衝動を抑えきれないのではないでしょうか?

そうだとすると、ギャンブル依存症的な病気ですので、専門機関での根本的な治療をお勧めします。仮想通貨とかそういう話じゃないっぽいです。

詐欺師業界の裏事情?

仮想通貨は、詐欺師業界のなかでいま最もホットな商材になっています。

ホットどころではなく、過去最高の商材だといわれています。

というのも、仮想通貨は、値段がいくらなら妥当といった論拠が存在しませんし、コインも目に見えないものなので、何をやったところで、どこまでが詐欺かという基準が引きづらいのです。

また、仮想通貨なので、証券取引法や金商法、出資法といったキビシイ法律にも触れません。

詐欺師にとっては、こんな好都合な商品はありませんよね。

つまり、実際のところ法律上は詐欺だと立証するのはかなり難しいのです。

「このコインは詐欺ではない」
「詐欺と決めつけるほうが、違法だ」
と反論される詐欺師の方が多いです。

ですが・・

「詐欺ではない」というのは、「詐欺師にとってセーフ」という意味であって、「あなたが儲かる」という意味ではありません。
あなたにとっては、購入したお金は戻ってきません。

ですから、かなり悪質です。

もし詐欺コインを買ってしまったら

残念ながら、泣き寝入りすることになりますが、ダメ元で販売代理店に「買い取り」を請求してみましょう。
買い取りを売りにしているコインもあるので、買い取ってくれる場合があります。

全額は買い取ってくれませんが、50%くらいは買い取ってもらえる事例があるようです。

詐欺師は、50%の返金は想定内で詐欺をしていますので、返してもらえる可能性があります。

参考URL:http://blogos.com/article/206126/?p=2


最大級の還元率!

さまざまな仮想通貨(ビットコイン、リップル、ライトコイン、ドージコイン等)をトレード可能!送信も簡単にできるウォレットサービス Mr.Ripple(ミスターリップル)

仮想通貨詐欺(詐欺コイン)の最も簡単な見分け方、7つのポイント 1

リップル東京JPY発行所

5
 

最近は、仮想通貨を使った詐欺やマルチまがいのものが急激に増えています。

「友人から仮想通貨の購入を持ちかけたれたが、判断できずにいる」

「仮想通貨のセミナーに行ったが、投資すべきか?」

というようなことを考えているかたは、ぜひこの記事をお読みください。

技術的な内容や、コインの特徴といったことを言っても、判断が難しいと思います。

そこで、外見的に見分けできて、ほぼ100%判定できる7つのポイントをかいておきます。

詐欺コインの見分け方、7ポイント

①セミナーで勧誘している。または友人から勧誘されている。

すべては勧誘するひとのキックバックのためです。

セミナーや、人づてに販売するのは、公にならない場所で勧誘する必要があるからです。

とにかく、わかりやすいです。セミナーで販売しているものは、すべて間違いなく100%詐欺です。

②代理店が販売している

海外の有望なコインを、うちが総代理店になって販売している、みたなもの。

仮想通貨に代理店は不要です。代理店という文字が資料にあるコインは詐欺で、その代理店が詐欺師です。

③最低購入価格がある

10万円からといった単位が多いです。なぜならそのくらい買ってもらわないと、詐欺師としては旨味がないため。

本来仮想通貨は、少額で購入できます。

たとえばビットコインは、多くの取引所で、1億分の1ビットコイン(0.00000001)単位で購入可能す。

④価格保証がある

価格は、当社が保証して、買い支えるので大丈夫というのが売り文句です。

普通に考えると、価格保証をしてくれると安心にように思えますが、これは一般には違法行為です。

たとえば、株の場合では、下がったら当社が買うといって株を販売すると、証券取引法違反です。

金融商品は値下がりリスクもあって、そういうのを理解して買ってもらわないとダメでして、価格を保証するといった無リスクの説明は違法行為です。

⑤買取保証がある/買い取りの事例がある

気に入らない場合は、買い取りに応じるということで、安心感を打ち出す場合があります。

そして、「本当に買い取ってもらえた」という人がいて嘘ではありません。

だいじょうぶじゃん!安心じゃん!

じゃなくて、これが巧妙な手口なんです。

買い取りはしてくれますが、およそ50%までしか買い取ってくれません。最初から50%は買い取りするのは織り込み済みなのです。

詐欺をする人からすると、50%の粗利で十分儲かります。100%騙す必要はないのです。

⑥周りのひとは儲かった話ばかり

金融商品は儲かる場合もあれば、損することもあります。

確実に儲かるとか、まわりに儲かった話しか出ないは間違いなく怪しいです。

またやたらと有名人の名前がでてきたするのも危ないです。

⑦日本だけで販売、ここだけで販売

日本だけで独占販売、先行販売というのは詐欺です。

また、特別な許可がいる、ここだけでないと買えないも詐欺です。

詐欺でないコインは全世界同時に、販売しており、だれでも許可無く購入できます。

以上に該当したら100%詐欺です

1−7の項目に、ひとつでも該当したら、100%詐欺と考えて疑ってください。ぜんぶ該当でなくて、ひとつでも該当です。

以下比較表です。

 判定ポイントビットコインAコインBコイン
①セミナーで勧誘なしセミナーありセミナーあり
②代理店制度なし(公の取引所で売買)その代理店経由のみその代理店経由のみ
③最低購入額1億分の1ビットコイン10万円から1万円から
④価格保証なしなし値下がりしないと断言
⑤買取保証なしなしあり
⑥儲かった人しかいない損したひと多数有名人が関与しているとほのめかす将来100倍になる
⑦日本だけ販売全世界日本先行販売いまここだけで販売


比較表を作ると、違いは明確です。

ビットコインは該当ゼロですが、典型的な詐欺が疑われるコインはいくつも該当箇所があります。

Bコインなんて全部該当しちゃってます。

参考URL:http://blogos.com/article/206126/?p=2
 

★リップル購入可能!カード決済購入可能!


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin