Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2016年10月

ビットコイン---米決済大手VISA、新しい企業間国際決済サービスでブロックチェーンを利用へ

■コインチェック ★実はリップルも購入できるようになりました。カード決済も出来ますので物扱いの今のうちに カード決済で経費扱いで購入できますよ。 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 米決済大手のビザ社は22日、ブロックチェーン技術を採用した新たな企業間国際決済ネットワークサービス「ビザB2Bコネクト」の運用を来年より開始すると報じられている。出資先のチェーン社と共同開発しているという。

ビザB2Bコネクトを用いることによって、顧客企業とその取引先の金融機関は、小切手を使用したりコルレス銀行等を仲介したりせずに、国際決済における支払い・受け取りが、ほぼリアルタイムで完結できるようになる。現在、こういった企業間の国際決済分野では、国際銀行間通信協会(SWIFT)のネットワークがシェアを握っているが、ビザ社は、これらのメリットを加盟銀行経由で顧客企業に訴求することで、SWIFTの牙城切り崩しを狙う。

ブロックチェーン技術は、仮想通貨「ビットコイン」でその存在が知られるようになった分散型コンピューターネットワークシステムの一種であり、現在はその応用範囲が拡大し続けている。

参考URL:https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201610240201  


  ■ミスターリップル 最大級の還元率! さまざまな仮想通貨(ビットコイン、リップル、ライトコイン、ドージコイン等)をトレード可能!送信も簡単にできるウォレットサービス Mr.Ripple(ミスターリップル)

ビットコインによるクロスボーダー決済動向が2016年でほぼ十倍に

tt55 


グローバルな通貨として、ビットコインは、少額決済においては不便なことから激しい批判を受けている一方、安全に国際決済が可能な非常に数少ない通貨の1つとしては地位を保ち続けている。

同時に、何年もの間、ビットコインの持つ、低コストで安全なクロスボーダー決済が可能な特色は大きく過少評価され続けてきた。Barry Silbert氏率いるDigital Currency Group(DCG) による18社ものビットコイン取引所への出資によって、多くの地域におけるビットコインのインフラが急速に進み始めている。

DCGによると、月毎のビットコインによって行われたクロスボーダー決済動向が急激な速度で成長し続けており、今年の1月から10月にかけておよそ500万ドルの規模から4,000万ドル規模へと拡大しているという。

参考URL: https://jp.cointelegraph.com/news/cross-border-payments-settled-via-bitcoin-increase-almost-tenfold-in-2016JP

仮想通貨の利用、6割以上が否定的--セキュリティの不安ぬぐえず:日経調査

日経リサーチは10月7日、同社が日経リサーチが今夏に実施した金融総合定点調査「金融RADAR」の結果を元に、FinTechについての考察を公表した。

 主な結果は以下の通り。

  • FinTechという言葉は全体の3割が認知しているが期待しているのは1割程度
  •  FinTechという言葉を知っているかどうか聞いたところ、全体の認知率(「知っており、内容も理解している」と「知っているが、内容はよくわからない」の合計)は約3割となった。しかしFinTechに期待するかという質問に対し、期待する(「かなり期待している」と「やや期待している」の合計)との回答は1割にとどまった。

     認知についての答えでは「はじめて聞いた」が約7割で最も多く、期待についての回答は「よくわからない」が約6割を占めており、FinTechの一般消費者への浸透はまだまだであると考えられる。


    tt37 


    FinTechの各サービスの利用経験は1~5%台が大半、認知率には開きあり

     個々のFinTechサービスについての利用経験と認知度を質問した結果は下図の通り。利用経験率は、最も高かった家計簿管理で10%を超えた以外、1~5%台とかなり限定的なものにとどまっている。一方、認知率では仮想通貨が42%と最も高かったが、中には10%台にとどまるサービスもあり、認知率にはかなりの開きがある。

     なお、サービスの多くで、年収や貯蓄・投資総額の多い富裕層ほど利用経験が多い傾向があったのに対し、生活に直結した家計簿管理サービスでは、富裕層以外にも利用経験がみられた。

     以上のことから、現在のFinTechサービスは、全般的にお金に余裕のある人の利用が多いものの、身近なサービスなら富裕層以外にも利用を促す余地があると言えそうだとしている。

    tt37
     

     

    • 認知率の高い仮想通貨でも利用意向は1割以下。普及にはセキュリティ不安を取り除くほか、メリットの訴求、利用シーンの拡大がカギ
    •  FinTechの諸サービスのうち、最も認知されている仮想通貨について利用意向を聞いたところ、「利用したい」が1割に満たなかったのに対し、利用したくないとした回答は6割超となった。利用したくない理由は、「セキュリティ上の不安がある」が5割近くに達し、以下「信用できない」「仕組みがよく分からない」「必要性を感じない」と続く。

       仮想通貨に対する上記のような意識は、日本においてはマウントゴックス事件や数々のサイバー攻撃の報道、ブロックチェーンの基盤となっている分散管理システムに対する理解不足などが不安につながっているとみている。今後の仮想通貨の利用拡大には、安全性やメリットを一般消費者にいかに認知させ、利用シーンを増やしていくかが大きなカギになりそうだとした。

      tt37
       

      参考URL:http://japan.zdnet.com/article/35090666/ 

■コインチェック ★実はリップルも購入できるようになりました。カード決済も出来ますので物扱いの今のうちに カード決済で経費扱いで購入できますよ。 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin ■ミスターリップル 最大級の還元率! さまざまな仮想通貨(ビットコイン、リップル、ライトコイン、ドージコイン等)をトレード可能!送信も簡単にできるウォレットサービス Mr.Ripple(ミスターリップル)

米国が起動R3を、銀行はリップルのクロスボーダー決済技術をテスト

■自動翻訳

米国ベースの金融イノベーション起動R3は、12グローバル銀行とともに、blockchain技術によって供給と金融技術会社のリップルが開発したクロスボーダー決済システムのテストを完了しました。

リップル、blockchainベースバンキング決済技術の米国ベースのプロバイダは、R3およびその加盟銀行の12はできるだけ多くの貯蓄を作成し、リアルタイムで流動性を高めるために、クロスボーダー取引にリップルのXRP通貨を使用したこと木曜日の声明で述べていますクロスボーダーの支払いにおける流動性コストの60パーセントとして。

R3は、金融サービス業界のためのblockchain技術の商用アプリケーションを開発するために作成した、世界最大の金融機関の60以上のコンソーシアムをリードしています。

裁判に関与銀行はバークレイズ、BMOファイナンシャル・グループ、CIBC、インテーザ・サンパオロ、マッコーリー・グループ、ナショナル・オーストラリア銀行、ナティクシス、ノルディア、ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)、サンタンデール、スコシアバンク、およびウエストパック・バンキング・コーポレーションを含みます

クロスボーダー取引では、銀行は一般的にとして知られ、世界中のローカルまたはコルレス銀行口座に様々な通貨を保持することによって、支払いのための流動性を提供「ノストロ勘定。」銀行はそれらのアカウントに資金を供給する必要があるため、多くのアカウントを横切って様々な通貨を保持しているが、リップルが言った、高価です。

「私たちはR3で行った演習では、XRPは世界中で彼らの流動性ポジションのバランスを再調整するために、金融機関で使用することができますどのように制御された環境での銀行のグループに表示することで、「Nilesh Dusane、内リップルでのクライアントとの関係のための副社長ロイターとのインタビュー。

国境を越えたテストでは、銀行が代わりに支払いのために必要な実際の通貨で、当方勘定で必要な流動性の一部を形成するために、XRP通貨を使用していました。リップルのXRPは、伝統的な通貨に変換することができます。

裁判は、リップルの技術は、このようなXRPを使用して、ドルやユーロなどのフィアットの通貨のための市場を作るために銀行を有効にしてから、アカウント「ノストロ」は、複数のないリアルタイムで認証された支払いを完了できたことを実証しました。

「担保から来るか、彼らは必要ないかもしれない担保を阻止する場所ため、トランザクションのリアルタイム性の、クロスボーダーの支払いを行う銀行は即座に代わり考え出すのこれを行うことができ、「Dusaneは言いました。


★実はリップルも購入できるようになりました。カード決済も出来ますので物扱いの今のうちに
カード決済で経費扱いで購入できますよ。

 


  日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin ■英文

U.S.-based financial innovation start-up R3, along with 12 global banks, have completed the test of a cross-border payment system powered by blockchain technology and developed by financial technology company Ripple.

Ripple, a U.S.-based provider of blockchain-based banking payments technology, said in a statement on Thursday that R3 and 12 of its member banks used Ripple's XRP currency in a cross-border transaction to enhance liquidity in real time, creating savings as much as 60 percent of the liquidity cost in cross-border payments.

R3 is leading a consortium of more than 60 of the world's largest financial institutions created to develop commercial applications of blockchain technology for the financial services industry.

Banks involved in the trial include Barclays, BMO Financial Group, CIBC, Intesa Sanpaolo, Macquarie Group, National Australia Bank, Natixis, Nordea, Royal Bank of Canada (RBC), Santander, Scotiabank, and Westpac Banking Corp.

In cross-border transactions, banks typically provide liquidity for payments by holding various currencies in local or correspondent bank accounts around the world, known as "nostro accounts." Holding various currencies across many accounts is costly, Ripple said, because banks have to fund those accounts.

"The exercise we did with R3 is to show to a group of banks in a controlled environment how XRP can be used by financial institutions to rebalance their liquidity positions all over the world," said Nilesh Dusane, vice president for client relations at Ripple in an interview with Reuters.

In the cross-border test, banks used the XRP currency to form part of the liquidity needed in nostro accounts, instead of the actual currencies needed for the payment. Ripple's XRP can be converted into traditional currencies.

The trial demonstrated that Ripple's technology could enable banks to make markets for fiat currencies such as dollars and euros using XRP and then complete authenticated payments in real time without multiple "nostro" accounts.

"Because of the real-time nature of the transaction, a bank making cross-border payments can do this instantly instead of figuring out where the collateral would come from or blocking up collateral that they may not need," Dusane said. 


参考URL: http://www.reuters.com/article/us-banks-ripple-blockchain-idUSKCN12K20H

ビットコイン/両替が消費税非課税に/財務省が税制改正に着手

財務省はこのほど、ビットコインなど仮想通貨の取得について、消費税を課さないとする税制改正案の検討に着手することを決めた。改正案は金融庁が8月に行った要望に基づく。非課税となった場合、仮想通貨の流通がいっそう促進され、決済手段としてのシェアも拡大すると期待されている。
 ビットコインなどの仮想通貨を日本円と交換する際、これまでは8%の消費税が課されていた。仮想通貨が商品券と同様に非課税取引の対象となった場合、手数料のみで仮想通貨を取得・換金することが可能になる。
 金融庁が8月31日に発表した「平成29年度税制改正要望項目」には、「『仮想通貨』に係る消費税に関する整理」が盛り込まれた。要望の具体的な内容について金融庁では「他の国において仮装通貨は非課税だが、わが国ではどうするかという要望。そういった(非課税化という)方向になるかと思う」(広報課)と話している。
 金融庁の要望を受けて、財務省は仮想通貨の非課税化について検討を行う。17年度の税制改正案に仮想通貨の非課税化が盛り込まれるかどうかは、12月中旬に公表が予定されている、与党の税制改正大綱で明らかになる。
 ビットコインの流通量は、実店舗・ECの双方において拡大している。
 ビットコインの交換サービスと、オンライン決済システムを提供するレジュプレス(本社東京都、本社東京都、和田晃一良社長)では、16年4月度に35億円だった、ビットコインの流通額が、同年9月度には160億円まで拡大したという。「少額の取引が増えている。海外サイトにカード情報を入力したくないユーザーが、ビットコインを海外ECサイトで利用しているのだろう」(大塚雄介COO)と話している。

参考URL: http://www.bci.co.jp/netkeizai/article/2127