Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2016年09月

お粗末なインフラー日本のビットコイン事情

zz27 


日本政府はビットコイン関連のスタートアップやサービスに対して寛容なレギュレーションを行っているにも関わらず、日本のビットコイン関連のインフラは、韓国や台湾を含む他の東アジア諸国と比べると不完全なままだ。

2015年当初、仮想通貨ユーザーが低コスト且つ効率的なアプリケーションを利用してキャッシュ・イン、キャッシュ・アウトできるような、しっかりとしたインフラを日本のビットコイン業界が構築するだろうと、ビットコイン投資家やスタートアップは確信していた。

 

他のアジアの国々ではどうか?

 

フィリピンや韓国、台湾のようなアジアの国々には、ビットコイン取引を低価格で簡素化するビットコイン決済サービス・プロバイダー、取引所、アプリケーションが存在する。

例えばフィリピンにはCoins.phがあり、ユーザーは地域のどのATMからもキャッシュ・イン、キャッシュ・アウトが可能である。韓国には数万のコンビニエンスストアを通してビットコインを売り買いできるCoinplugがある。台湾のMaiconとBitoEXはCoinplugと似たようなサービスを提供しており、ユーザーはファミリーマート、OKマート、Hi-Lifeストアなどの1万店舗でビットコインの売買が可能だ。

しかし、日本では非常に限られた範囲でしかサービスの利用や製品の購入が出来ない。現在ではKraken、QuoinExchange、Coincheck、bifFlyerを含む4つの大手ビットコイン取引所が日本で運営を行っている。これらビットコイン取引所は全て、ビットコイン取引を行うための日本円の送金、銀行からの入金に対応している。

 

日本の一般ビットコインユーザーの苦闘

 

プロのトレーダーや、ハイ・プロファイルな投資家たちは簡単にアカウントを開設し、認証を行い、各取引所でトレードを始めることができるが、一般のビットコインユーザーが低コストで少額のビットコインを素早く購入することは比較的難しい。

そのため、日本のユーザーが銀行のアカウントを介さずに日本でビットコインを購入することはほぼ不可能である。このため、大阪のような活気のある街ででさえ、私のような観光客が日本国内でキャッシュ・アウトする方法を探すのは苦労する。銀行による入金ベースのビットコイン取引方法はさておけば、ユーザーはビットコインATMを通して仮想通貨の売り買いが可能である。

日本におけるビットコイン受付を行っているレストランやバーは減少しており、ATMも取引を終了し始めている。Coin ATM radarのような人気のあるリソース・プラットフォームで見てみると、日本にはおよそ13のビットコインATMが存在し、そのうち7つが東京にあり、1つは京都に、そして残りは大阪を含む大都市に存在していることがわかる。こういったビットコインATMの大半がカフェやレストランなどビットコインを受け付けている店舗に置かれている。しかし、Coin ATM radarのようなサイトに表示される場所の半分以上で、既にビットコインATMやビットコイン決済の受付が終了していると表示されている。

日本においてビットコイン決済や取引中心のアプリケーション、プラットフォームが出現すれば、既存のビットコインのインフラは大きく向上するはずだろうし、仮想通貨に対する日本人の認識をひっくり返すことができるはずだ。

参考URL: https://jp.cointelegraph.com/news/friendly-government-poor-infrastructure-bitcoin-has-peculiar-ways-in-japanJP

国内でビットコインで公共料金の支払いが可能に

zz27 


電力小売りの自由化によって今年4月に参入した東京のガス会社、三ッ輪産業が今年11月より仮想通貨取引やビットコイン決済サービスを提供するレジュプレスと提携して電気代の支払いにビットコインの受付を開始する。

 

NHKの報道によると、同社の尾日向竹信社長は「人口が減る中、これまでのガス事業が縮小する危機感があり、新たな客としてビットコインの利用者を開拓しようと導入を決めた。ビットコインの利便性は高く、新たな決済手段として使いたいというニーズに先陣を切って応えたい」と述べている。

 

最近ドイツのハノーファーで公共料金がビットコインで支払えるようになったニュースがあったが、国内ではこれが初の例となる。

 

三ッ輪産業株式会社は昭和15年に創業され、LPガス、石油、住宅設備機器、固形燃料の他にウォータービジネスやコンピュータシステム販売などの事業を手掛けている。

参考URL: https://www.coin-portal.net/2016/09/26/13199/

仮想通貨の次世代の通貨はこれだ!

■ソーラーコイン

http://solarcoin.org/en/front-page/ 

 

暗号通貨を提供することで太陽光発電を推進するという企業が、宇宙空間に設置されるデータセンターのストレージを取得する契約を交わしたと発表した。

その目的は、自社のブロックチェーンウォレット(暗号通貨の保管場所)をハッキングから保護するためだ。2014年創業のソーラーコイン・ファウンデーションは、太陽光発電業者を対象に「グローバル報奨制度」を実施している企業で、発電量1メガワットごとにブロックチェーン通貨を提供している。

そのソーラーコイン・ファウンデーションが、宇宙データセンター「SpaceBelt」(スペースベルト)のデータストレージ取得に合意したのだ。

スペースベルトは、衛星を使った事業のスタートアップ、Cloud Constellation(クラウド・コンステレーション)が計画しているサーヴィスで、2025年までに軌道を周回する衛星上でデータの通信・処理・保管を行うというものだ。

2016年5月に『Ars Technica』US版のインタヴューに応じたクラウド・コンステレーションのスコット・ソブハニ最高経営責任者(CEO)によると、スペースベルトはレーザー通信によって結ばれた複数の衛星ネットワークで構成されており、10ギガビット分の専用オービタル基幹ネットワークを提供するという。

衛星は複数の比較的低い軌道上を周回し、すでに存在するさまざまな衛星の通信周波数の相互接続も提供する。ソーラーコインとの契約を発表したプレスリリースによれば、スペースベルトには「独自のブロックチェーン技術」も搭載される模様だ。その技術によって、宇宙に保管されたブロックチェーンウォレットは手厚く保護されることになる。

クラウド・コンステレーション社の広報担当者は、今回の契約に関する同社資料のなかで、「(この契約により)ソーラーコイン・ファウンデーションは利用者に対し、取引記録の絶対的な保護を約束できるでしょう。関連情報はインターネットを通じて記録・閲覧することができます」と述べている。

「(ソーラーコイン・ファウンデーションは)スペースベルト・ネットワーク上のストレージを取得することで、コールド・ストレージ・スペースの安全な管理と、同社が保有する50億ドル分のソーラーコイン通貨の保護が可能になります。運用が始まれば、ソーラーコインは地球と宇宙を行き来する世界初の通貨となるでしょう」

地球の軌道を周回する衛星上のストレージにブロックチェーンウォレットを置くほうが、地上のデータセンターにブロックチェーンウォレットを置くよりもなぜ安全なのか、その正確な理由はよくわからない(物理的なアクセスが難しくなるのは確かだが)。さらに、ウォレットへのアクセスは可能であるとはいっても、インターネットを通じたデータ転送に、より多くの時間がかかるという条件も付く。

また、発電量1メガワットごとに1ソーラーコインが受け取れるというが、50億ドルものコインを誰が使ったり受け取ったりするのかもわかっていない。

両社によれば、宇宙を基盤としたブロックチェーン取引システムは、2018年末までにサーヴィスが始まる予定だ。



 

国家戦略級のリップルメンバーの紹介!

■クリス・ラーセン

リップル・ラボの前進は、2012年9月に設立されたOpenCoin.incからはじまっています。クリス・ラーセン氏は、その共同創業者でありCEOです。オンライン融資事業の「E-Loan」、そしてソーシャルレンティングの「Prosper」で共同創業者兼CEOを務めました。

zz87

Gene Sperling

2015年1月 Gene Sperling氏(ホワイトハウス前経済顧問) 
取締役

zz87


Anja Manuel

2015年3月 Anja Manuel氏 (元米国務省官僚) 
アドバイザー
米国務省は外交政策を実施する、他国の外務省に相当。
 
 zz87
Brad Garlinghouse

 
2015年4月 Brad Garlinghouse氏 (ヤフー元上級副社長) 
最高運営責任者(COO)
日本のヤフーのアメリカ版。検索エンジンやポータルサイトの運営を主力事業としている。なおリップルは、世界一の検索エンジンを運営するGoogleが唯一出資しているブロックチェーン企業でもある。

 zz87
Donald Donahue

 
2015年6月 Donald Donahue氏 (DTCC前CEO) 
アドバイザー 
DTCC(米国証券保管振替機関)とは、企業や地方自治体の証券取引を決済する機関であり、世界最大の証券預託機関のこと。

 zz87
Michael S. Barr

2015年7月 Michael S. Barr氏 (元米財務省官僚) 
アドバイザー
米財務省は、アメリカ合衆国の通貨受け入れおよび管理について責任を負う。 


zz87
 

■ 
Bret Allenbach

 
2015年8月 Bret Allenbach氏 (ペイパル元最高財務責任者)
最高財務責任者(CFO)
ペイパルとはデジタルウォレット(電子財布)の草分けで、世界最大級のデジタル決済ビジネスを展開する時価総額約6兆円の米国の企業である。

zz87

■Jess Cheng


2015年11月 Jess Cheng氏 (ニューヨーク連邦準備銀行元弁護士)
副法務顧問
ニューヨーク連邦準備銀行の総裁は、連邦公開市場委員会の副議長を兼ね、アメリカ合衆国の12行のうちもっとも重要な連邦準備銀行である。 


zz87






■Marcus Treache

2016年4月 Marcus Treacher氏 (スイフトボードメンバー、HSBC役員)
グローバル経営戦略主任
Swiftとは国際銀行間通信協会の略で、金融機関にクラウドサービスを提供する非上場会社。あらゆる国際決済がスイフトで行われている。HSBCは香港上海銀行の略で、世界最大級のイギリスのメガバンクグループHSBCホールディングス傘下のアジア太平洋における中核子会社。香港に本店を置き、香港ドルの発券銀行の一つでもある。
 

zz87




 リップルは国家を挙げたプロジェクト!?
リップル・ラボには、クリントン(1997年~2001年)、オバマ(2011年~2014年)政権にて、ホワイトハウスの経済顧問を務めていたGene Sperling氏を筆頭に、国務省のAnja Manuel氏、財務省のMichael S. Barr氏の元政府官僚が経営に参加しています。以下、今年に入って経営陣に加わったメンバーのまとめになります。

このメンバーってやばくないですか?

リップルがどれだけやる気満々かわかるかと思います。 

リップル社が新しい取り組みを始めました!

zz61
Announcing Ripple’s Global Payments Steering Group
Sep 23, 2016 | Marcus Treacher
gpsg

We’re steering payments toward a more modern destination with GPSG. Image: Shutterstock

Right on the heels of Ripple’s news of our Series B funding and ever-expanding network of global banks, I’m very pleased to say that we have even more progress to report.

Today, Ripple is proud to announce the creation of the first interbank group for global payments based on distributed financial technology. Bank of America Merrill Lynch, Santander, UniCredit, Standard Chartered, Westpac Banking Corporation, and Royal Bank of Canada are the founding members of the network, known as the Global Payments Steering Group (GPSG). CIBC will also join the GPSG as a new member.

.@BofAML, Santander, Unicredit, @StanChart, @Westpac, @RBC join Ripple Global #Payments Steering Group.
TWEET THIS 

Although Ripple already has an extensive network of banks, the GPSG will serve a specific purpose. The group will oversee the creation and maintenance of Ripple payment transaction rules, formalized standards for activity using Ripple, and other actions to promote implementation of Ripple payment capabilities as our network continues to grow.

GPSG is the first group of its kind; it is the foundation of a completely modern payments network. GPSG is the world’s only blockchain bankers’ network with defined rules and governance. One simple integration affords banks access to a global real-time transaction network. With payment rules and standards, process support and a built-in community, GPSG offers banks a low-risk way to start using blockchain technology today.

This new payments network must have a common set of standards and protocols, to maintain critical integrity and security across borders and offer seamless service to customers across the globe. The GPSG will work to define the standards and processes that this changing industry now needs in order to build better payments networks that can scale to the demands of tomorrow.

Chairman of GPSG and former President & CEO of The Depository Trust & Clearing Corporation (DTCC) Don Donahue pointed out the significance of this event.

“The creation of GPSG is significant because this represents the first time that major banks have formulated policies to govern the transfer of money across borders using blockchain. I’m very excited to be a part of this group of forward-looking leaders who are building the payments network of the future today.”

These leading banks are working with Ripple to reduce the time and cost of settlement, while also enabling new types of high-volume, low-value global transactions. By coming together to form the GSPG, these banks are laying the foundation for a new payments network, underpinned by Ripple’s solutions and supported by rules and governance for global settlement.

Bank to bank, this is the way we modernize the world’s financial infrastructure.

Several of the banks offered comments about their decision to launch this historic network:

“We are committed to delivering innovations that support the evolution of global payments networks. We are pleased to join this steering group and explore practical applications for blockchain technology that will advance commerce in all regions of the world.”

—Jason Tiede, Head of Innovation, Global Transaction Services at Bank of America Merrill Lynch

“It’s time for banks to push on and move from discussing the potential benefits of blockchain, to making them a reality. As ever, the devil is in the details. We are joining the GPSG in order to contribute to the definition of the standards and processes which the industry now needs in order to move ahead and build better payments networks.”

—Julio Faura, Head of R&D at Santander

“A common set of standards and protocols is critical for the integrity of any platform that transfers money across borders. This is an important milestone for banks to embrace distributed ledgers in the move from proof-of-concept to commercial-ready solutions.”

—Mike Baldwin, Head of Transactional Solutions, Global Transactional Services at Westpac Institutional Bank

“As a leading international bank committed to digitization, our involvement in this group is only natural. In addition to promoting the use of distributed ledger technology, we have been, and will continue to, drive standards and policies in order to create new value propositions for our clients and wider industry.”

—Gautam Jain, Global Head, Digitization and Client Access, Transaction Banking, Standard Chartered

A year ago, Ripple arrived at Sibos with a smaller network of banks and the same big dream. I am very proud to return this year with so much to show for our hard work. The inauguration of the GPSG is yet another sign that the banking world is ready to update its infrastructure, and Ripple’s solutions are the best way to achieve that goal.

To learn more about GPSG or to find out what Ripple can do for your bank, contact us.

参考URL: https://ripple.com/insights/announcing-ripples-global-payments-steering-group/ 

zz61



自動翻訳

リップルのグローバルペイメント運営グループを発表
2016年9月23日|マーカスTreacher
GPSG

私たちは、GPSGと、より現代的な目的地に向かって支払いを操縦しています。画像:シャッター

右私たちのシリーズBの資金調達とグローバルな銀行の拡大を続けるネットワークのリップルのニュースの直後に、私たちは報告書にさらに多くの進歩を持っていると言うことは非常にうれしいです。

今日、リップルは、分散型金融技術に基づいて、グローバルな支払いのための最初のインターバンクグループの作成を発表することを誇りに思っています。アメリカ・メリルリンチ、サンタンデール、ユニクレジット、スタンダードチャータード、ウエストパック・バンキング・コーポレーション、およびロイヤル・バンク・オブ・カナダの銀行がグループ(GPSG)をステアリンググローバル決済として知られている、ネットワークの創設メンバーです。 CIBCはまた、新しいメンバーとしてGPSGに参加します。

。@ BofAML、サンタンデール、ウニクレディト、@StanChart、@Westpac、@RBCグループステアリングリップルグローバル#Paymentsに参加。
この投稿をツイート

リップルはすでに銀行の広範なネットワークを有しているが、GPSGは、特定の目的を果たすだろう。グループは、当社のネットワークが成長し続けているリップル支払能力の実装を促進するために、リップルの支払取引ルールの作成とメンテナンスを監督リップルを使用して活動するた​​めの正式な規格、およびその他のアクションになります。

GPSGは、その種の最初のグループです。それは完全に近代的な決済ネットワークの基盤です。 GPSGは、定義されたルールとガバナンスを持つ世界で唯一のblockchain銀行家たちのネットワークです。一つの簡単な統合は、グローバルなリアルタイムの取引ネットワークへの銀行へのアクセスを提供します。支払ルールや基準、プロセスのサポートと内蔵のコミュニティでは、GPSGは、銀行今日blockchain技術を使用して起動するための低リスクな方法を提供しています。

この新しい決済ネットワークは、国境を越えて、重要な整合性とセキュリティを維持し、世界中の顧客にシームレスなサービスを提供するために、標準およびプロトコルの共通セットを持っている必要があります。 GPSGは、標準を定義するために働き、この変化する業界は今、明日の要求に拡張することができ、より良い支払いネットワークを構築するために必要であることを処理します。

預託信託清算機関(DTCC)のGPSGの会長兼元社長兼最高経営責任者ドン・ドナヒューは、このイベントの重要性を指摘しました。

これは大手銀行がblockchainを使用して国境を越えた資金の移転を管理するためのポリシーを策定していることが初めてであるため、この「GPSGの作成が重要です。今日は、将来の決済ネットワークを構築している前向きな指導者のこのグループの一部であることは非常に興奮しています。」

また、大容量、低値グローバル・トランザクションの新しいタイプを可能にしながら、これらの大手銀行は、決済の時間とコストを削減するリップルと協力しています。 GSPGを形成するために一緒に来ることで、これらの銀行は、リップルのソリューションに裏打ちさとルールとグローバル決済のためのガバナンスがサポートしている、新たな決済ネットワークのための基礎を築いています。

銀行への銀行が、これは我々が世界の金融インフラの近代化の方法です。

銀行のいくつかは、この歴史的なネットワークを立ち上げるための決定に関するコメントを提供しました:

「私たちは、グローバル決済ネットワークの進化を支える技術革新を提供することに尽力しています。我々は、このステアリンググループに参加し、世界のすべての地域で商取引を推進しますblockchain技術の実用的な用途を探求して喜んでいます。」

バンクオブアメリカ・メリルリンチで-Jason Tiede、イノベーションのヘッド、グローバル・トランザクション・サービス

「それは銀行が上にプッシュし、それらを現実のものづくりに、blockchainの潜在的な利点を議論から移動するための時間です。今までのように、悪魔は細部​​に宿ります。業界は今、前方に移動し、より優れた決済ネットワークを構築するために必要な基準やプロセスの定義に貢献するために私たちは、GPSGに参加しています。」

-Julio Faura、サンタンデールでのR&Dのヘッド

「標準およびプロトコルの共通セットは、国境を越えてお金を転送する任意のプラットフォームの完全性のために重要です。これは、銀行が商業対応ソリューションへの概念実証からの移動で配布台帳を包含するための重要なマイルストーンです。」

-Mikeボールドウィン、トランザクションソリューションズのヘッド、ウエストパックインスティテューショナ銀行のグローバル・トランザクション・サービス

「デジタル化に取り組ん国際的な大手銀行として、このグループにおける当社の関与は当然です。分散型元帳技術の利用を促進することに加えて、我々はされている、そして、お客様とより広い業界のための新たな価値提案を作成するために、標準とポリシーを推進していきます。」

-Gautamジャイナ教、グローバルヘッド、デジタル化およびクライアント・アクセス、トランザクション・バンキング、スタンダード・チャータード

一年前、リップルは、銀行の小さいネットワークと同じ大きな夢とSibosに到着しました。私たちのハードワークのために表示するためにそんなにと今年戻すことは非常に誇りに思っています。 GPSGの発足はまだ銀行の世界は、そのインフラを更新する準備ができているもう一つの兆候である、とリップルのソリューションは、その目標を達成するための最良の方法です。

GPSGの詳細については、またはリップルがあなたの銀行のために何ができるかを調べるために、私達に連絡してください。
 


ざっくり言えばGPSGというグループを銀行とかと作って世界的な支払いを一元化
するって内容です。
まぁアメリカっぽい発想ですね。