三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、銀行法案改正を受けて、三菱東京UFJ銀行のAPIを公開することを明らかにしました!まずは4月に法人、秋には個人へと具体的な計画。すでに手を挙げている企業が続出。仮想通貨でも独走かと思える動きは、フィンテック(FinTech)で注目されるAPIもこの早さ、外部やベンチャー企業との連携が一気に加速すると見られます。専門用語も含め詳しくご紹介いたします。

 asa 

フィンテック(FinTech)といえば幅広く主な選出としてあげられるのは、
仮想通貨、決済、個人財務管理、クラウド会計、投資、融資、などでしょうか。
最近の話題は、今回主役の「API」アプリケーション・プログラミング・インタフェース↓↓↓

三菱UFJフィナンシャル・グループは6日、ベンチャー企業が銀行口座情報などへアクセスしやすくするためのAPI開放を宣言した。他の金融機関も追随する見通し。

これにより、フィンテック(金融+IT)で、
ベンチャー企業など外部との連携を加速することになります。

用語ばかりで混乱しそうになりますが、
順番に名称もあわせてご紹介します。

政府は3日、銀行法改正案も閣議決定しました。これを受けて、
三菱東京UFJ銀行のAPI
(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を始動します。

同社は3月6日に、銀行APIを含むAPIプログラム「MUFG {APIs}」を立ち上げ、銀行サービスのAPIも公開することを明らかにしました。
三菱東京UFJ銀行(MUFG)が公開する銀行APIは、4月から法人向けの「BizSTATION API」を運用開始予定とし、すでに決まっている一部ベンチャーに開放します。

そして秋には個人むけ「リテールAPI」を予定しているといいます。

「APIエコノミー」は海外の方が進んでいますが、世界の銀行で有名なバンク・オブ・アメリカやシティバンクなどは、すでに積極的に乗り出していると伝えられています。

参考URL:http://virtualmoney.jp/I0000976



★リップル購入可能!カード決済購入可能!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin