asa 

アメリカ・ウエストバージニア州で、ビットコインや他の仮想通貨を利用したマネーロンダリング(資金洗浄)を重罪にする法案が提出された。

 

2月21日にウェストバージニア州議会に提出された法案2585では、州のマネーロンダリング関連法のいくつかが更新されている。州の通貨代替物の定義に仮想通貨が追加され、これを利用したマネーロンダリングに対しての項目が追加された。

 

法案には次のように書かれている。

 

「仮想通貨(cryptocurrency)とは、暗号技術を使って通貨の生成を調整し、資金の移転を検証し、中央銀行からは独立して機能するデジタル通貨を意味する。」

 

ウェストバージニア州でマネーロンダリングの罪で有罪判決を受けた者は、数千ドルに及ぶ罰金に加えて、最長15年の懲役を科せられる。

 

議事録によればこの法案は議員の間で強い支持を得ており、合計で11人の提案者が署名しているという。同法案は、さらなる審議のためにウェストバージニア州議会司法委員会に提出された。 アリゾナ州、ノースダコタ州などアメリカのその他の州でもこうした法改正に取り組んできていたが、今回のウェストバージニア州の法案はマネーロンダリングに直接的に焦点を当てた最新の事例となる。

参考URL: https://www.coin-portal.net/2017/02/23/17761/



★リップル購入可能!カード決済購入可能!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin