Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ビットコイン分裂で新通貨「BCC」誕生 11月にはsegwit予定のビットコイン!話題はまだ!

分裂の可能性が懸念されていた8月1日のフラッグ・デーは、新たなビットコイン「ビットコイン・キャッシュ(BCC)」の 誕生という形で終結を迎えた。

分裂騒動に一旦決着がついたことになるが、今後BCCの取扱いや価格に焦点が当たると予測されるほか、11月に予定されているビットコインの処理容量の拡大など、ビットコイン環境をめぐる騒動は当分続きそうだ。

■中国のマイナーが先導して生みだした新ビットコイン

分裂回避対策として様々な手段が用いられたものの、一部のマイナーたちは新通貨の誕生を選んだ。 

ビットコインの開発者グループが支持していたソフトフォーク(ブロックサイズは変更せず、情報量を圧縮する手法)では、分裂を回避できるという利点があった。しかしマイニングシェアの71%を占める中国のマイナー にとって(Buy Bitcoin Worldwide調査)、マイニングで受け取る手数料が減るという点が最大のネックとなっていた。

先導したのは中国の事業者ViaBTCで、以前から予告していた通りハードフォークによる強制分裂を成功させた。

■BCC開発者「ユーザーからの信用を得ることが課題」

分裂による不測の事態に備えて取引を一時中止していた各取引所は、徐々に落ち着きを取り戻し始めている。当初懸念されていたほどの混乱は、市場で見られないようだ。

ビットコインの価格は8月1日5時に2900ドル(約32万円)台を突破した後、9時には2700ドル(約29万円)台に急落。小刻みな変動を見せながらも2日現在、同水準を保っている。2000ドル(約22万円)台を下回った7月中旬よりもはるかに高い水準だ(Coindesk調査 )。

BCCは分裂直後に300ドルと400ドル(約3万円と4万円)の壁を突破。一時的に落ちこむものの、現在は600ドル(約7万円)台に跳ね上がっている(Coin Market調査)。

CNBCの取材に応じたBCCのコア開発者アモリ・シークエット氏 は、現時点でのBCCへの支援に満足感を示すと同時に、「時間をかけてユーザーから信頼を得ることが課題だ」と述べた。

■「分裂=スケーラビリティ問題の解決」ではない

気になるのは今後の展開だ。

いくら同じビットコインだからといって、生後間もないBCCが、時価総額441億ドル(約4.8兆円/コイン・マーケット・キャップ調査 )にまで成長を遂げたビットコインと、同じスタートラインに立っているとは思い難い。

早速BCCを売ってビットコインに交換したViaBTCの利用者からは、「ビットコインの引き出しが出来なくなっている」との苦情が相次いでいるようだ。

ビットコイン・マガジンはTwitterで、「ViaBTCがセキュリティー対策として承認回数を20回に設定しているため、引き出しに時間を要するのではないか」と説明している。

今回の一連の騒動を一言で表すと、「方向性・価値観の違いによる分裂」ということになるのだろう。分裂したのはいいが、BCCにとって本当の意味での生存戦はまだまだこれからだ。

最も重要なのは、「分裂=スケーラビリティ問題の解決」ではない点だ。11月に予定されているSegwitのアクティベートの行方など、引き続き最新の情報を追って行くつもりだ。

参考URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000007-zuuonline-bus_all 

■yobit net
https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Poloniexが契約条件に興味深い変更を加える

ama 


Poloniexが契約条件に興味深い変更を加える

暗号化交換が突然サービス条件を変更するたびに、懸念する理由はたくさんあります。これは、その交換がPoloniex、特に問題、破産噂、DDoS攻撃に悩まされているプラ​​ットフォームである場合に特に当てはまります。新しい用語によると、いくつかの興味深い変更が現在有効です。これらの変更には、既にユーザーがいます。

POLONIEXは、警告なしにその条件を更新する

Poloniexの利用規約が変更されたの   は、その警告がないために珍しいことでした。ほとんどの場合、企業は効果的に行われる前に何の変更が発生するかをユーザーに知らせます。Poloniexはこのプロトコルに従わなかったため、外部からの力によって急速に変化するように見えました。そうかどうかはまだ分かりません。いずれにせよ、多くの人々がこれらの変化に完全に満足していませんでした。

Eligibilityバナーの下で、同社はユーザーが違法行為のためにプラットフォームを使用しないことをさらに明確にするよう努めました。BTC-Eに関する最近の申し立て や、仲介手数料のローンダリングを考えると、  現在、すべての取引所で法的カバレッジを確保することが最も重要です。Poloniexは、Bitcoinを入手してプラットフォーム経由で洗濯するために、誰もトランスクリプトやその他の不正な方法を使用していないことを確認したかったのです。これはあまりにも多くのユーザーを心配するべきではありません。

さらに、サイトの口座および初期資金調達:第三者移転セクションにはかなりの数の追加が行われています。今日、Poloniexユーザーはお金のためにトークンを交換することはできません。むしろ、トークンは他のトークンとしか交換されません。同社は、ユーザーが正しいアドレスに送金して決して元に戻ってこないようにしたいと考えている。さらに、Poloniexは、プラットフォームから第三者の財布への拒否された転送に起因するいかなる損害についても責任を負わないものとします。

Poloniex  は、特定の取引行動に適用される法律や規制を決定する際に、ユーザーから離れたいと考えています。同社は、法律を個々のユーザーに適用するかどうかを決定する責任を負うことはないため、税法でユーザーを支援することはありません。支援を提供するためのツールがいくつかあるにもかかわらず、暗号化の課税は依然として大きな問題です。

すべての最大の変更は、ToSのPoloniexの仲裁セクションに行われました。Poloniexの交換の潜在的な破産に関しては、かなりの数の噂が流通している。新しい条項によると、プラットフォーム上で取引されるすべてのユーザーは、集団訴訟またはクラス全体の仲裁に参加する権利を放棄します。この追加は、暗号化交換のためには珍しいことではありませんが、おそらく噂に役立つだけです。

Bitcoinmarketsのサブディレクトリによると、  テキストの中に深く埋もれている他の追加がかなりあります。1つは、ストップ注文が正しく実行されない可能性があります。これは、マージントレーダーが感謝しないことです。さらに、近い将来、ワシントン、ニューヨーク、ニューハンプシャーの住民向けのサービスは提供されません。最後に、Poloniexに関連するウェブサイトまたはソーシャルメディアに掲載されるすべてのコンテンツは、同社の唯一の財産になることになります。それはむしろあいまいな声明ですが、確かに目を光らせてください。

なんでもそうですが取引所も分散が必須です。

参考URL:http://www.altcointoday.com/poloniex-makes-interesting-changes-terms-conditions/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

BCH・・・あれ?

ama 

BCHに重点を置いて、Bitcoinには他のことが起こっていることを忘れてしまいます。具体的には、ViaBTCはBIP148 IOUトークンの市場をもう少し開いた。このトークンは、成功したBIP148ソフトフォークアクティベーションの値を表し、Bitcoinブロックチェインの新しい標準となっています。前記IOUはEthereumに対してのみ取引可能であるが、依然として価値の99.24%を失っている。

政治的な偽善はBitcoinとcryptocurrencyの世界では新しいものではありません。しばらく前に、ViaBTCはBIP148の  アクティブ化のための投機的な市場を可能にしました  当時、Bitcoinネットワーク上の分離監視を有効にすることは理にかなった方法でした。取引所は、この「トークン」の将来価値を示すために148 / ETH取引ペアを作成した。興味深いことに、この市場は今日でも活発になっていますが、間もなく変わる可能性があります。148 IOUは過去24時間で99%以上価値が下がった。

VIABTCクラッシュでのBIP148 IOU

このトークンが Etherに対してのみ取引されることを保証すること  は、常に奇妙な決定でした。しかし、Bitcoinプロトコルの一部として隔離証人が拘束されているため、トークンはそれ以上重要ではないようです。しかし、BIP148とも呼ばれるUASFはまだ有効です。しかし、SegWit2x  はこの点で「勝者」だと思われます  現時点ではUSFより多くの支持を得ている。その結果、実質的に価値のない148トークンが表示されるのは、通常のことです。しかし、過去24時間に起こった事実は非常に顕著です。

一部の人々は、SegWit2xは今Bitcoinユーザーにとって避けられないと主張しています。それがそうであろうとなかろうと、それは見られるべきものです。今のところ、それはまだ効果的に石に設定されているものの、アクションのコースと思われる。私たちは、ネットワークが非SegWitブロックを積極的に拒否していることを知っています。さらに、  Bitcoin Cashの有効化は、後日行われます。Bitcoinの世界では面白いことが起こっています。それははっきりと分かります。148トークンのこの値下がりは、今のところほとんど何も意味しません。

数日後にBitcoinに何が起こるかを見ると非常にエキサイティングです。Bitcoin Cashの有効化に先立ち、私たちはBTC集会を手にしているようです。それがそうであろうとなかろうと、それは見られるべきものです。Bitcoin CashとUASFはBitcoinの未来を形作るのに役立つ興味深いコンセプトです。数日後には、多くのシリングと政治的な詐欺が起こることは確実です。しかし、良いお金を稼ぐ機会もたくさんあります。

参考URL:http://www.altcointoday.com/40986-2/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング