Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

民泊事業に”仮想通貨”技術

投資不動産販売のシノケングループ(福岡県)はこのほど、ビットコインなどの仮想通貨で用いられる「ブロックチェーン技術(分散台帳)」を活用し、民泊事業でのIoT(モノのインターネット)化を推進すると発表した。

 ブロックチェーン技術は、複数のコンピューターにおいて取引を記録する仕組みにより、顧客情報の保護や不正改ざんの防止などにおいて強みがある。同社はこの技術をスマートロックに活用するなどして安全性を飛躍的に高め、民泊ゲストが宿泊先の検索や申込、解錠・施錠、滞在、精算などの一連の手続きを、スマホを使って一貫して簡単にできるようにする。

 今年5月から民泊対応型の投資用不動産(マンション・アパート)の分譲を開始している同社は「著しい成長が期待される民泊市場へ画期的なサービスを投入することで、利用者様の満足度を高め、高稼働率を達成していく」と報道発表で強調した。まず管理するアパート・マンション(約25,000戸)を対象に、所有者の了解を得た上で順次サービスを提供していく。

 同社は民泊事業に積極的な姿勢を示していることで、民泊関連株としての注目も高まっている。(民泊大学:【最新版】民泊関連株に熱視線 民泊新法成立で大手・中堅の発表相次ぐ ※3ページ目を参照)

 シノケングループは、チェーンブロックを活用したシステム開発を手掛けるチェーントープ(福岡県)と資本業務提携し、民泊事業のIoT化推進に向けた共同開発を進める。シノケングループはチェーントープの発行済み株式約15%(約3000万円)を取得したことで、チェーントープの大株主となった。

 空き部屋や空き家を旅行者などに有料で貸し出す「民泊」は、民泊仲介世界大手のAirbnb(エアビーアンドビー)などを通じて、日本でも利用者が拡大した。住宅宿泊事業法(民泊)の来年施行が決まり、コンプライアンス(法令遵守)面での整備も進んできたことから、企業の参入や事業拡大に関する発表が相次いでいる。

●アルトコイン数百が無料で毎日もらえる!
■yobit net
https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

国連!Ecobit社のプロジェクトを完全否定!

asa 

国連は、Ecobit社が推進している生態学的ブロックチェーンプロジェクトとの同盟関係を否定し、国際機関の許可なく情報を公開した。

今のところ、ブロックチェーンのスタートアップは、「ブロックチェーン技術を使用した最初の生態系プロジェクトの1つ」として、トークンの販売を提供しながら、自らを宣伝するためにUNロゴを使用しており、森林の不足を補うために捧げられていますマレーシアのケランタン州の炭素。

しかし、マレーシアのメディアThe Malaysian Insightは、国連開発計画(UNDP)のコミュニケーションアナリスト、Ahmad Hafiz Osmanが、国際機関が「Ecobitと関係ない、または同盟関係がない」ことを確認したと報告した スタートアップの主張とは異なります。

この取り組みは、カーボンクレジット会社のSdn Bhd社にも関連しています。同社は、REDDとしても知られている国連森林減少および劣化排出削減プログラムに関するケランタン政府と協力しています。オズマン氏は、国際組織を代表して、両社とREDDとの間の緊密な関係が欠如していることを強調した。

UNDPコミュニケーションズのアナリストであるAhmad Hafiz Osman氏は、「マレーシアのUNDPはEcobitと関係がなく、UNREDDプロジェクトもREDD +プロジェクトもマレーシアのUNFCCCで承認されていない。どの国連機関もEcobitと提携しているため、UNのロゴとその代理店を使用することはできません」この取り組みは、カーボンクレジット会社のSdn Bhd社にも関連しています。同社は、REDDとしても知られている国連森林減少および劣化排出削減プログラムに関するケランタン政府と協力しています。オズマン氏は、国際組織を代表して、両社とREDDとの間の緊密な関係が欠如していることを強調した。UNDPコミュニケーションズのアナリストであるAhmad Hafiz Osmanは、「マレーシアのUNDPはEcobitと関係がなく、UNREDDプロジェクトもREDD +プロジェクトもマレーシアのUNFCCCで承認されていない。国連機関がEcobitと提携しているため、国連のロゴとその代理店を使用することはできません。この取り組みは、カーボンクレジット会社のSdn Bhd社にも関連しています。同社は、REDDとしても知られている国連森林減少および劣化排出削減プログラムに関するケランタン政府と協力しています。オズマン氏は、国際組織を代表して、両社とREDDとの間の緊密な関係が欠如していることを強調した。UNDPコミュニケーションズのアナリストであるAhmad Hafiz Osman氏は、「マレーシアのUNDPはEcobitと関係がなく、UNREDDプロジェクトもREDD +プロジェクトもマレーシアのUNFCCCで承認されていない。どの国連機関もEcobitと提携しているため、UNのロゴとその代理店を使用することはできません」同社は、REDDとしても知られている国連森林減少および劣化排出削減プログラムに関するケランタン政府と協力しています。オズマン氏は、国際組織を代表して、両社とREDDとの間の緊密な関係が欠如していることを強調した。UNDPコミュニケーションズのアナリストであるAhmad Hafiz Osman氏は、「マレーシアのUNDPはEcobitと関係がなく、UNREDDプロジェクトもREDD +プロジェクトもマレーシアのUNFCCCで承認されていない。どの国連機関もEcobitと提携しているため、UNのロゴとその代理店を使用することはできません」同社は、REDDとしても知られている国連森林減少および劣化排出削減プログラムに関するケランタン政府と協力しています。オズマン氏は、国際組織を代表して、両社とREDDとの間の緊密な関係が欠如していることを強調した。UNDPコミュニケーションズのアナリストであるAhmad Hafiz Osman氏は、「マレーシアのUNDPはEcobitと関係がなく、UNREDDプロジェクトもREDD +プロジェクトもマレーシアのUNFCCCで承認されていない。どの国連機関もEcobitと提携しているため、UNのロゴとその代理店を使用することはできません」オズマン氏は、両社とREDDの間の絆の欠如を強調した。UNDPコミュニケーションズのアナリストであるAhmad Hafiz Osman氏は、「マレーシアのUNDPはEcobitと関係がなく、UNREDDプロジェクトもREDD +プロジェクトもマレーシアのUNFCCCで承認されていない。どの国連機関もEcobitと提携しているため、UNのロゴとその代理店を使用することはできません」オズマン氏は、両社とREDDの間の絆の欠如を強調した。UNDPコミュニケーションズのアナリストであるAhmad Hafiz Osman氏は、「マレーシアのUNDPはEcobitと関係がなく、UNREDDプロジェクトもREDD +プロジェクトもマレーシアのUNFCCCで承認されていない。どの国連機関もEcobitと提携しているため、UNのロゴとその代理店を使用することはできません」

本当に最近は詐欺案件のICO多いですね。皆さん気を付けてください!

参考URL:https://coins.newbium.com/post/8829-un-denies-alliance-with-eco-blockchain-project-eco 

ecobit:http://www.ecobit.io/ 

●アルトコイン数百が無料で毎日もらえる!
■yobit net
https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ストラテジストのトム・リー氏は、彼のモデルが今後5年間でビットコインが2万~5.5万ドルに上昇する可能性があると報告した。

asa 

ファンドストラットのトム・リー氏は、金曜日に正式にビットコインに関する彼の見解を明らかにする最初の主要なウォールストリート戦略家になった。

李首相は、「金の代わりにビットコインを評価する枠組み」と題した報告書で、デジタル通貨は2022年までに55,000ドルもの価値があると述べた。

リー氏は、「ビットコインの原動力の1つが暗号通貨であると信じて、金の需要を食い止めている」と述べた。この仮説に基づいて、ビットコインの評価枠組みの確立に挑戦します。このモデルに基づいて、ビットコインの価値は2022年には2万~5.5万ドルになると見積もっています。

Bitcoinは金曜日に2,540ドル近くで取引された。デジタル通貨は、より多くの年の値で倍増しており、高い関心がビットコインまたは最後の数ヶ月でその背後にあるblockchain技術に関するレポートを発行し、モルガン・スタンレーのアナリストやシティの研究者のチームをゴールドマン・サックスの技術アナリストを促しました。

しかし、リー氏は、ビートコインの価格予測に特化したレポートを発行する市場戦略家としては初めて広く従っている。リーはまた、現在、米国株式について最も弱気な​​ストラテジストである。彼は2007年から2014年までJPモルガン・チェースの株式戦略担当者であり、ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズを共同設立する前に、彼はパートナーと研究責任者を務めていました。

ストラテジストのビットコインの事例は、「デジタル・ゴールド」として未来を再生する際のビットコイン使用の他の主張に似ている、基本的な需要と供給の話です。

ゴールドの市場価値7.5兆ドルは、ビットコインの410億ドルよりも指数関数的に大きい。しかし、李氏は、貴金属の供給は、「鉱業が過去最高値まで上昇するにつれ急増している」と指摘し、利用可能なビットコインの数は急速に2100万コインの限界に近づいている。

「シミュレーションの結果、2020年までに1.5%以下の成長がさらに遅くなり、ビットコインの供給は金よりもさらに遅くなる」と述べた。

Bitcoinは、理論的には価値を保存するためのより良い方法であり、政府はそれをより多く印刷することによって容易に通貨の価値を下げることができるので、支持者は主張している。

ビットコインの供給とデジタル通貨の潜在的価値に関する制約は、限定された製品に対する高い需要があり、価格を押し上げることを意味する。Bitcoinは12月31日に$ 1,000以下からすでに6月に$ 3,000を一時的に上回った。

李氏は、投資家は金の代わりにビットコインを見ることができると見ており、彼のモデルは2022年までにデジタル通貨が20,300ドルで評価されることを示している。モデルに変数を追加することで、 $ 55,000。

「言い換えれば、ここではクリプトカルトを所有することに大きな欠点がある」とリー氏は語った。

また、総市場価値が5000億ドルを上回った場合、中央銀行はデジタル通貨の購入を検討するとみている。CoinMarketCapによると、ビットコインとそのライバルのエーテルを含めて、すべての暗号化された暗号の価値は約1,000億ドルになるという。

「われわれの見解では、これは通貨の正当性を高め、(投資家による)金の代替を加速する可能性が高いゲーム・チェンジャーだ」と彼は語った。

リー氏は、中央銀行がデジタル通貨を所有する可能性検討しているというブルームバーグの報道に注目した

3月に、ジェローム・パウエル連邦準備理事会(Jerome Powell)は、中央銀行がプライバシーを含むデジタル通貨を発行する可能性のある問題についてスピーチした

確かに、ビットコインなどのデジタル通貨はしばしば大きく変動し、規制されていない市場で事業を行っています。規制の欠如が多くのバイヤーを引き付けているのですが、多くの人は「ワイルド・ウェスト」のビットコインを考えています。3年前に最大のビットコイン交換会社であったギグス山は破産申請を行い、ユーザーのビットコインは75万、交換コードは10万ドル失ったという。

ビットコインの未来も疑問です。今夏、開発者がビットコインをアップグレードするために同じシステムに同意しないと、デジタル通貨が分割される可能性があります。 

参考URL:http://www.cnbc.com/2017/07/07/strategist-tom-lee-weighs-sees-bitcoin-going-as-high-as-55000.html

●アルトコイン数百が無料で毎日もらえる!
■yobit net
https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング