Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

LangPie→世界のリアルタイム通訳 ICO

111 


ブロックチェイン技術は、さまざまな日常的な可能性を実証しています。各必要性の前に、この技術の採用が基本的である提案を開発する機会のニッチが生まれます。ブロックチェーンに基づく企業やICOのこのような時代には、翻訳者や通訳に関する分野は遅れていませんでした。LangPieの人々の手から、興味深い提案がICOの前に到着し、ここで話し合う予定です。

LangPieは、ブロックチェーン技術に基づいてリアルタイムで翻訳サービスと通訳のプラットフォームです。ブロックチェイン技術に基づいた電話によるオンライン通訳サービスのための分散型市場を提供しています。言い換えれば、LangPieはインターネット接続が必要な唯一の要件を持つ世界中の通訳サービスに即座にアクセスできる使いやすいアプリケーションになります。

国際的な旅行や観光は、現時点で世界で最も大きく急成長している産業の一つです。したがって、通訳者や翻訳者の世界的な必要性は根本的に、克服すべき自然言語の障壁のためです。毎年渡りの流れも増えています。2016年だけで約500万人がOECD諸国に恒久的に移住しました。OECD諸国の外国人人口は1億2,000万人を超えています。このように多くの人々が世界中を旅し移住するにつれて、言語障壁の克服という問題はますます重要になっています。

これに関連して、言語業界と翻訳市場は、2008年の危機にもかかわらず、年率5.52%で成長している、大規模で豊かなビジネスとみなすことができます。今日、それは観光のような最も急成長している産業の1つです。

LangPieは、通訳サービスの提供と国際関係と通信サービスの確立という全く新しい方法で、言語障壁に由来する問題に対する解決策を提案し、スマートフォン用のアプリケーションを作成しています。すでにいくつかの企業が言語市場で電話通訳サービスを提供していますが、その品質、実現性、価格は多くのものが望ましく、このLangPieでは市場に直接のライバルはいないと考えています。

ブロックチェーン技術は、支払いプロセスを安全かつ安全にしています。さらに、LangPieは、ユーザー間の契約においてわずか5%の言語市場における最低手数料を設定することで、取引コストの持続的な削減を可能にしています。インスタントコール、高度なソートシステム、Webアプリケーション、モバイルアプリケーションは、あなたの将来の消費者が利用できる機能の総数のほんの一部です。

LangPieサービスは独自のトークンエコシステムを生成します。新しいサービス要求が取得されている間、プラットフォームはスマートな契約を生成します。必要な作業が実行されると、システムによって自動的にスマート契約が閉じられ、クライアントのウォレットにトークンが読み込まれ、インタプリタに入金されます。

Pre-ICOとICOの詳細

LangPieは、Pre-ICOラウンドとICOラウンドの2段階でクラウドデーを開始しています。提起された資金は、元のチーム、間接費、研究開発部門、マーケティングキャンペーン、報酬キャンペーンの間に配分されます(配分率はホワイトペーパーに記載されています)。

クラップスデールのLangPie全体では、その本来のトークンである8600万のトークンLGPを販売し、1 LGPの参照価格は0.10ドルである。彼らは、ICO期間中に、事前販売ラウンド中に少なくとも15万ドル、少なくとも100万ドルを引き上げるという目標を設定しています。

顧客数が増加する一方で、トークンの量が削減され、これにより需要が増大するため、投資が魅力的です。

投資活動を促進するLangPieは、事前販売ラウンド中にLGPトークンを購入するすべての初期の投資家に50%のボーナスを付与しています。また、LangPie Telegramチャンネルでリアルタイムでより多くの情報にアクセスすることもできます。 

参考URL:http://www.crypto-economy.net/langpie-real-time-interpreters-for-the-world/?lang=en 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

SynchroLife→レストランのリサーチおよび推奨プラットフォーム ICO

111 


ブロックチェーン技術に基づいた興味深い提案のこれらの時代には、事実上すべてを見つけることができますが、私たちを驚かせることは決してありません。多くの起業家の能力と発明性は、この技術を最善の味方にしています。最も日常的な味に挑戦して、新しい提案が来て、自分のコミュニティを作り、自分の通貨やトークンでそれを奨励するイニシアチブを少しずつ彼らは私たちの日常生活の不可欠な部分になります。

その日常生活に、SynchroLifeの人々は、レストランを推薦するユーザーの口当たりの良い味を報いるという前提の下で賭けました。今ではレストランを推薦することは、独自のデジタル通貨を持つ先進的なコミュニティにアクセスできることを意味する可能性があり、興味深い可能性が開かれます。

SynchroLifeは、ユーザーとレストランを結びつけて新しいチップベースの経済を構築しようとする、ブロックチェーンをベースとした最初のレストランのリサーチと推奨プラットフォームです。

SynchroLifeは、食品愛好家やレストランの評論家が彼らの勤勉さとコンテンツ生成に報いを受けなければならないという信念のもと、プラットフォームに貢献しているユーザーにトークンを授与します。これらのトークンは、クーポンの購入、広告の投稿、他のユーザーへの歓迎、デビットカードを通じてのレストランや他の場所での支払いなど、非常に流動的で有望なSynchroLifeトークンベースの経済を構築するために使用できます。参加レストランは、SynchroCoinを使用してSynchroLifeプラットフォームでのマーケティングと広告の支払いを行うこともできます。

SynchroLifeは、オンラインレストランを見つけてその性質を学ぶこと、コンテンツクリエイターやタブ付き査読者にプラットフォームの構築と維持を助け、ブロックチェーンのコンテンツの承認と拒否を助けるよう助け合おうとする際に、ユーザーが直面する古典的な問題を解決しようと努めています。最大の透明性。SynchroLifeはまた、個々のユーザーの好みから学び、検索やソーシャルフィードを通じてパーソナライズされた推奨を提供するために人工知能を開発することにより、レストラン関連のストレスを軽減しています。

SynchroLife  は、SynchroLifeプラットフォームのブロックチェーン技術の開発と実装をサポートするために、2017年9月22日午後5時(GMT)から、Ethereum SynchroCoin(SYC)トークンの群集を発表しました。

SynchroCoin(SYC)は、SynchroLifeプラットフォームで高品質なレビュー、レストラン情報、アップデート、翻訳、その他の重要なコンテンツを提供したことに対するユーザーの報酬としてSynchroLifeで使用されます。

日本でSynchroLifeのベータ版をテストした結果、今年7月には世界中でサービスが開始されました。SynchroLifeは世界中のサービスを開発し、成長させる予定です。

ブロックチェーン技術のおかげで、SynchroLifeプラットフォームは、前例のない現実の中で、相互に有益なトークンベースの経済を構築するためにユーザーとレストランの両方を接続しています。

ここはAndroid用SynchroLifeアプリをダウンロードできますここではiOS向けにダウンロードできますプロジェクトの詳細については、ホワイトペーパーを参照してください。 

参考URL:http://www.crypto-economy.net/synchrolife-the-first-blockchain-based-restaurant-research-and-recommendation-platform/?lang=en 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

アメリカに続いてカナダもか!

111 

カナダの企業Evolve Fundが、同国初のビットコインETF(上場投資信託)へ向けて動いていることが報道されている。同社は現在当局に対して発起書を提出しており、もしこれが受理されればアメリカよりも先にカナダでビットコインETFが市場に流通することとなり、同ETFはカナダ最大の証券取引所であるトロント証券取引所でBITSの略称で取引されることになる。 

同社の狙いは、ビットコインの価格と連動するETFを提供することでビットコインへの投資の障壁を取り除き、投資家がビットコインへの投資に参加しやすくすることだと表明されている。同社はこの他にもサイバーセキュリティETF、自動車イノベーションETFなどの特殊なETFを取り扱う。 

22日には欧州中央銀行(ECB)の副総裁がビットコインを17世紀のチューリップ・バブルになぞらえて「チューリップのようなもの」と発言したり、JPモルガンのCEOであるダイモン氏がビットコインについて「無価値である」と発言するなどして話題を呼んでいた。カナダは現在ICO(Initial Coin Offering、仮想通貨やトークンを利用した資金調達)に対する規制について議論を行っている最中であるが、今回のビットコインETFにどのような決断が出るのかが注目される。 

参考URL:http://www.mag2.com/p/money/307831 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●アービトラージで抜きまくり

■COINIGY
https://www.coinigy.com/ 

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング