Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

DMarketとDreamTeamがパートナーシップを結びトークンセール!

世界初のブロックチェーンベースのクロスゲーム市場DMarketと、分散型Eスポーツとゲーム採用管理プラットフォームDreamTeamがパートナーシップを締結した。

DMarketのCEO Volodymyr Panchenko氏は「我々はゲームとEスポーツの経験が豊富で、このパートナーシップがどのようにグローバルゲームコミュニティに役立つかという共通のビジョンを持っています。」と話した。

合意によると、両社は大規模なデータ分析と機械学習ツールに関する協力を行う。さらに、DMarketは、DreamTeamのローンチ後12ヶ月に及び広告スペースの30%を獲得し、DreamTeamコミュニティ内でも広告が行われる。クロスプロモーションのメリットはDMarketからDreamTeamにも提供される予定だ。

DreamTeamは、DMarketのゲームアイテムの取引モジュールをAPI経由で組み込み、DMarketプラットフォームで即座に取引することが可能となる。

この提携により、ゲーマーはDreamTeamで関連するチームを見つけ、ゲーム内の資産をDMarketで取引することができる。各DMarketユーザーは、関連するスキルと経験を持つゲーマーを探しているチームを作成または参加させるための招待状を送るまたは、獲得することができる。 DreamTeamを積極的に利用しているゲーマーには、DMarketのブロックチェーン上でゲーム内資産が与えられる。トーナメント主催者およびゲーム出版社は、DMarketのインセンティブとしてのゲームアイテムをDreamTeamの内部通貨とともに提供することが可能となる。

DreamTeamのCEO Alexander Kokhanovskyy氏は、「このパートナーシップにより、両ブランドとも真の破壊的な機能を提供し合い、視聴者を拡大することができます。 ゲーマーが新たなバーチャルエコノミーに積極的に参加し、すぐにEスポーツの世界に参入できるようにします。我々は、両方のプラットフォームのビッグデータと機械学習分析に基づいたユニークなマネタイズソリューションを提供します。これにより、同じゲーマーがゲームアイテムの交換とチームの作成、スキルの向上、トーナメントによる報酬、スポンサーへのサインアップなど専門的なより多くの機能が利用可能となる。よって、彼らは報酬を得ながらゲームを楽しむことが可能だ。」

DreamTeamはパートナーシップに加えて、DMarketのトークンセールをさらに72時間追加でサポートを行う。 トークンセールは12月1日まで開催され、特別オファーでサポートが行われる。

すべてのDMarketプレセール参加者はDreamTeamトークン販売フェーズ1で15%の特別ボーナスを、DreamTeamトークン販売フェーズ1期間内でDMarketクラウドセールのすべての参加者は7%ボーナスを獲得できる。

DMarketは、現在進行中のICOで既に1600万ドル以上を調達している。

DreamTeamプレセールは、12月7日から12月10日まで行われ、トークンセールは、12月11日から12月14日まで開催される。

DMarketの公式ホームページはこちら
DMarketに関する記事はこちら
DreamTeamに関する記事はこちら 

参考URL:http://cryptocurrencymagazine.com/dmarket-dreamteam-partnership 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

もう狂っていますね。yobitでBitcoin Liza貰えます。

Dear YoBit Users!

Bitcoin Liza [LIZA] balances (1:100 btc) will be added in 44 hrs (27 nov) 

InvestBox Plan: 10% / day (2-3 months)

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

完全に波が来てるんじゃないでしょうか!

米最大仮想通貨取引所の口座数、大手証券会社の株取引口座数を超える

米最大仮想通貨取引所の口座数、大手証券会社の株取引口座数を超える

 米最大の仮想通貨取引所であるコインベースで開設された仮想通貨取引用の口座数が、チャールズ・シュワブに開設された株式取引用の口座数を超えたことがわかった。コインベースは12年6月創業。チャールズ・シュワブ(以下シュワブ社)はサンフランシスコに本社をおく米最大級の一般向け証券会社で1971年に創業されている。

 コインベースの公式サイトによると、コインベースでこれまで開設された口座数は1300万件。一年で167%の伸び率だという。一方で、シュワブ社の口座数は16年末の時点で1060万件だった。もちろん、顧客からの預かり資産でいうとコインベースはシュワブ社に及ばないが、米国人の仮想通貨に対する関心の高さがうかがえる。

   一部で「仮想通貨界のゴールドマン・サックス」といわれるコインベース。今年に入って投資ファンドによる時価評価が1000億円を優に超えており、仮想通貨業界初の「ユニコーン」企業と注目を浴びている。15年にはニューヨーク証券取引所からも投資をうけ、法人向け取引所のGDAXも運営するなど、機関投資家からの信頼も厚い。

 米国トップの仮想通貨取引所として、コインベースの公式サイトで発表される仮想通貨用取引口座数はトレーダーにとってトレンドを見極める一つの指標になっている。


参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-going-mainstream-coinbase-has-more-users-than-charles-schwab 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング