Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨リップルとトロンで「3000ドルを失った男」の告白

筆者は今年1月3日の記事で「仮想通貨への投資で3000ドルを儲けた」と執筆したが、それは幻だったようだ。筆者は12月の末に約1ドルだったリップル(XRP)に投資を行い、一時的に成功を収めた。また、別の仮想通貨であるトロン(TRX)にも投資し、リップルを上回る成果をあげていたが、これも一時的なものだった。

仮想通貨の相場は暴落しているが、なかでも筆者が購入したコインが特に値を下げている。ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュや、ライトコインなどは、他の小規模なコインと比べると下落幅は小さい。特にイーサリアムはまだ持ちこたえているほうだといえる(編集部注:1月16日時点の筆者の感想)。

しかし、リップルは1月4日に最高値の3.84ドルをつけた後、本稿執筆時点で1ドル付近まで下落した。

背景には様々な要因がある。韓国政府は仮想通貨の規制強化に乗り出す方針であると一時伝えられ、韓国のトレーダーの間では不安が広がっている。リップルの価格を押し上げた要因の一つが、韓国人たちが盛んに投資を行ったことだった。

また、リップルは銀行が送金サービスに用いる理想的なコインだとされたが、現実には銀行や企業がリップルを用いなければならない明確な根拠はない。さらに、中国の仮想通貨トロンのプロジェクト概要を解説するホワイトペーパーの一部が、別のホワイトペーパーからの盗用であるとの疑惑が浮上し、値崩れが起こっている。全体的に市場は売りが優勢で、利益確定に乗り出す人も多い。

ただし、この状況下でも掲示板の「Reddit」のトロンやリップルのコミュニティでは、さほどの動揺は広がっていない。相場はいずれ落ち着きを取り戻すだろうとの見方が優勢だ。彼らがいつリップルを購入していたのかは定かではないが、多くの人は依然として含み益を抱えているのかもしれない。彼らは筆者より多くのことを知っているのかもしれない。

人々はビットコインやイーサリアムはバブル周期を繰り返しており、価格はいずれ戻ると主張する。仮想通貨は一部の先見性を持つ人たちには多大なリターンをもたらした。仮想通貨コミュニティでは「HODL(ホードル)」というスラングが盛んに用いられている。これはHold On for Dear Life(必死で持ちこたえる)の頭文字をとったものという解釈もあれば、単に酔っ払った人が「Hold(ホールド)」のスペルを間違ったのが定着しただけだ、という意見もある。

「バブル再燃」はあるのか?

仮想通貨マニアたちは、市場が暴落した時に狼狽売りをするのは金持ち連中のやることで、年季の入ったマニアなら倍賭けすべきだと主張する。理論的に考えてHODLのポジションをとる人もいるし、ある種のポジティブシンキングのような思想でHODLを行う人もいる。

これまで長い間、特定のコインに関しては、HODLは賢明な選択だったといえる。相場は突発的に上昇したのだ。しかし、この先に再び同様な上昇が起こる保証はない。

現状は危険度が増しているともいえる。2週間前の筆者は、自分が買ったコインは伸びると思っていたが、状況は一変した。トロンの値上がりによって、一体いくらの利益を得ることになるか、皮算用してみたのはつい先週のことだったが、現在はそれをはるかに下回る価格になってしまった。仮想通貨への投資に際し、筆者は限度額を設けてはいたが、自分もまた、騙されやすい人間の一人に過ぎないのかもしれないという思いも浮かんでいる。

また、これはバブルであると直感したタイミングで、別の仮想通貨のUSDTに手持ちのコインを交換しておくべきだったとも考える。USDTはTether(テザー)とも呼ばれ、常に米ドルとほぼ同等の価値を保つことで知られている。

筆者は実のところ、価格がピークを迎えつつあることを感じていた。次こそは自分の直感を信じて適切な判断を行いたいと願う。しかし、次のチャンスにもまた大きく失敗してしまう可能性もある。

とりあえずのところは、筆者はホールドのポジションをとることにする。自分がやっていることは賭けであり、上がるにしろ下がるにしろ、その結果を見届けるのだと自分に言い聞かせている。自分はリップルとトロンへの投資で「3000ドルを失った」とこの記事のタイトルに書いたが、「3000ドルを稼いだ」と書いた時にも、実際にその金額を手にした訳ではなかったのだ。

筆者が保有しているのは仮想通貨であり、ドルではない。それが一体いくらの価値を持つものなのかは、依然として不明のままなのだ。

情報開示:本稿の筆者は仮想通貨市場の参加者であり、リップルとトロンをロングポジションで保有している。

※筆者とは参考URLの筆者です

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00019371-forbes-bus_all&p=2 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

VISA 今後Bitcoinや他の暗号化された通貨をサポートしないと発表!

1 


多くのcryptocurrencyユーザは、今はVisaに満足していません。WaveCrestのサービスを一時停止するという決定はあまりうまくいっていません。それは、支払いカードの巨人は、このむしろ突然の決定のための別の理由があるようです。より具体的には、それらのネットワークを介してあらゆる暗号解読をサポートする意図はない。Bitcoinは決済システムではないため、Visaのインフラストラクチャーにはまらないビジネスはありません。興味深い議論を生む非常に明確な感情。

Visaとcryptocurrenciesがうまく行かない理由は十分あります。実際、この2つの業界が特によく混在しないことは誰もが知っています。Visaは世界最大のクレジットカード会社です。ほとんどの人は、より便利な方法で暗号化通貨を使うためにVisa発行のカードを使用しました。Visaにとってこれは多くの新しいユーザーをもたらしたが、重大な懸念事項でもあった。結局のところ、同社はネイティブにサポートしていない通貨については責任を負うことを望まない。現時点では、現金ベースの取引は、会社が処理する予定の唯一のタイプです。

ビザはクリプトクロスと何もしたくない

また、Bitcoinは支払いシステムとは考えていませんまた、支払いの巨人は決済システムのプレーヤーとはみなさない。これらはVisaのCEO Alfred Kellyの言葉です。さらに、同社は暗号侵害に基づく支払いに対する姿勢を変えないだろう。多くのファンにとって大きな問題ですが、Mastercardは今のところこの声明をエコーし​​ていないようです。同社にとって、Bitcoinとaltcoinは商品であり、支払いカード発行者がサポートする必要はありません。

これらの明確なバトルラインを描くことは、Visaの最善の利益ではないかもしれません。cryptocurrency業界から自分自身を疎遠にすることは、誰も余裕ができない間違いです。それを意図的に行うことは、両方の産業の間の橋を燃やすので、事態を悪化させるだけです。al cryptocurrenciesの現在の投機的性質は、どの企業も対処することが極めて好ましくない。世界をリードするクレジットカード会社は、これらの懸念を単に静かにするのではなく、公表するだけです。この決定は一般的なものではないことは明らかですが、誰でもその背後にある推論を見ることができます。

cryptocurrenciesと支払いカードの将来はどうなっているのかは不明です。Bitcoinを直接費やすことは、今、後部の大きな痛みです。加盟店はこの新しい形のお金とは何も関係がありません。それは理解できるものです。cryptocurrenciesの一般的な認識を変えるには、多くの作業が必要です。今のところ、この点については肯定的な変化は見られないと思われる。面白い話が私たちの前に現れていますが、未来はまだ決まっていません。

参考:http://www.livebitcoinnews.com/visa-confirms-will-not-support-bitcoin-cryptocurrencies-future/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

マカフィーが2018年に賭けるあの通貨

1 


Electroneumは、2017年9月14日にICOまたは最初のコイン・オファー・ギアによって開始された英国の暗号侵害です。これは、モバイル・ゲームおよびオンライン・ギャンブル市場向けに開発されました。

この通貨と他の通貨の違いは、分散型ブロックチェーンと集中型ウイルスマーケティングアプリケーションを組み合わせることで、モバイルマイニングの経験を通じて暗号化通貨の採用と蓄積を促進します。iOSとAndroidで利用できます。

MGTのサイバーセキュリティの技術パイオニアであり主な理想主義者でもある John McAfee彼はcryptocurrencyコミュニティに非常に関与しているので、彼はこれらについての彼の評決でしばしば正しいです。この場合、Electroneumを面白い賭けと考えてください。

この点で、「Electroneumは、Bitcoinの利点をすべて備えた超安全な暗号化のアクセスと使用を容易にします。このシステムのトランザクションはより早く行われ、より匿名であり、ウォレットの履歴と内容を保護し、トランザクションハッシュを公開して、技術的に自分自身を認証できるようにします。

Electroneummineríamovil

しかし、このコインの最も興味深い部分は、それがモバイル鉱業のために作られることです。この意味で、電話機の処理能力を活用して、トークンを直接抽出することができます。

彼は、Electroneumは社会の運営方法に革命を起こし、そのシンプルさを大量に採用する可能性があると述べました。それを潜在的なゲームチェンジャーと呼んでいます。

マカフィーは何をベースにしていますか?

マカフィーの今年のプロジェクトの1つは、暗号市場を助けることだ。毎週、Twitterアカウントで、今のところ最高の2つの暗号化された通貨を公開する。一方、ICOは、生成されたすべてのものの中で際立っています。

インタビューで、彼は市場でのcryptocurrenciesとそのブームに関するいくつかの質問を聞かれました。同じように、彼らは彼らの予測を与えるために基づいていたことを強調した。

マカフィーは、同じことによって作成された理論に基づいて、暗号の可用性が良いプロジェクトになるかどうか、またその価値が適切かどうかを知ろうとしていることを表現していることに気付いた。

まず、彼が探しているのは、通貨がそのユーザーのための基本的な要素であるセキュリティと匿名性を提供するかどうかを知ることです。次に、誰かに利益をもたらすサービスや機能を提供している場合。社会、文化、またはデジタルコミュニティに提供することができます。最後に、実装可能なチェーンからのサポートがある場合。

また、彼は、他とは違った新しいコンセプトを持つためにいくつかの通貨を推奨していると説明しています。必ずしも彼がそれらのいずれかに投資しているからではありません。彼らはビジョナリーが見るように単に評価されています。

参考:https://www.crypto-economy.net/electroneum-the-macafee-bet/?lang=en 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング