Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

コインチェックのレートが他社より安すぎるのはなぜ?ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の価格差まとめ

1 

コインチェック社からのNEM不正流出事件以降、コインチェックにある仮想通貨の売買、入出金が停止中。2月13日(火)に日本円の出金が再開され、1日だけで401億円ほど出金されたようです。


コインチェックで出来る事・出来ない事

コインチェックは日本最大級の仮想通貨取引所なので、ユーザーも多いはずですが、私のように「仮想通貨」で預けっぱなしにしていた人は、まだ口座がロックされたまま入出金も取引もできません。2月18日現在、コインチェックで何が出来るかまとめてみました。

コインチェックで利用可能なサービス

  • 日本円の入金
  • 日本円の出金
  • ビットコイン(BTC)売買

コインチェックでサービス停止中のもの

  • 仮想通貨の送金(入金・出金)
  • ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨の売買
  • クレジットカードによる仮想通貨の購入
  • ペイジー、コンビニによる日本円の入金
  • 各種キャンペーン
  • Coincheck paymentに係る日本円出金、および新規支払いの受付
  • Coincheckでんきに係る12月分以降の電気代に関する、ビットコイン決済、ビットコイン付与機能
  • アフィリエイトプログラムに係る報酬の承認

この中で早く再開して欲しいのは、「仮想通貨の送金」と「ビットコイン(BTC)以外の売買」ですね。

コインチェック価格が安すぎるのはなぜ?

もう1つ懸念点があります。それはビットコイン(BTC)の売買タイミングと他社との価格差についてです。2月18日現在ビットコインの売買は可能です。日本円の入出金が再開されたので、保有しているビットコイン(BTC)を売って日本円(現金)にして出金をかけている人も多いと思います。もちろん今コインチェックでBTCを買ってもBTCを送金(出金)出来ないので、どちらにしても日本円に替えて出金させるしか方法がありません。

そのため他社と比べ、コインチェックのBTC価格が非常に割安となっています。この価格で売却する(日本円に替える)のはちょっと勿体ない気がしてしまいます。しかし、「いつかBTC送金が再開される事を予測して割安BTCを買う」という作戦もちょっと勇気がいります。

(そもそもコインチェックに資金を入れておくことがリスク、と考えれば価格など関係なく出金したほうがいいでしょう。)

保有中の仮想通貨銘柄一覧


左:コインチェックアプリ:総資産 右:コインチェックウィジェット

ハッキング報道直後、400万円あった資産がその後の下落で200万円台まで減少し、ふたたび380万円まで増えていますが、動かすことはできない状態なので、資産の増減はあまり意味がありません。

私の口座には日本円は26円しか入っていません。もともとコインチェックに日本円を入れていて置いてもしょうがないと考えていたのですが、日本円が口座に入っていないと「コインを買う」を押した際、毎回「日本円を入金してください」というエラー表示が出るのが嫌だったので、「日本円を少量入れておく」というクセがついていただけの話です。

内訳を見てのとおり、ビットコイン(BTC)はほとんど保有していませんし、ビットコインキャッシュ(BCH)は8月のハードフォークで付与されたもの。最大保有銘柄は、リップル(XRP)でその次がリスク(LISK)です。さて、このコインチェックの価格と他社との価格を比較してみます。

ビットコイン(BTC)の価格差比較


左:コインチェック価格1,149,783円 右:ビットトレード価格1,217,050円

仮想通貨は取引所ごとに価格が異なりますが、それにしても価格差:67,267円は大きすぎます。さらに実際のコインチェックでの売却価格はここより安く提示されます。

リップル(XRP)の価格差比較


左:コインチェック価格120.85円 右:ビットトレード価格126.940円

リップルの価格差は6.09円、ミッドレートでリップルの評価額に17万円以上もの差が出ています。

まとめ

どちらにしろ、私の場合は仮想通貨で保有しているため、今の状態ではなすすべがありません。もし資金が戻ってくるとしたら「仮想通貨のまま」で返してほしいと思います。

その理由はこの価格差で売買したくない、こんなところで日本円に替えたくない(売却したくない)という思いからです。

仮想通貨の時価総額もふたたび50兆円を超えてきました。コインチェックの今後の動向については気長に待ちたいと思います。

参考URL:https://coinchoice.net/borihei_coincheck_situation20180220/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

2月27日スタート‼ ICO→Eticket4

1 

スポーツや文化イベントのチケット販売のための国際的なプラットフォームEticket4は、このプラットホームが重要な成功を収めているほぼ70万ドルの800,000のET4トークンを販売して、近日に Pre-ICOを完了しました。Eticket4のブロックチェーンの提案がどのようなものかを見てみましょう。

Eticket4は、2015年のイベント以来、国際的な仲介プラットフォーム二次チケットスポーツ、音楽、演劇と関連する操作である、と追求することとなり、トランザクションのセキュリティ、チケットの有効期限、支払いと配達の保証彼らの時間。このプラットフォームの最も成功した例の1つは、Eticketが東アジア市場で非常に成功したデビューを果たしたFIFAコンフェデレーションズカップです。カップの試合と主要なアーティストのショーには8万枚以上のチケットを販売しています。その文脈で。

ブロックチェーン技術の開発機能を利用して、Eticket4は潜在的な可能性をさらに高め、独自のICOを開始しましたその機能のためのBlockchainは、彼らが言うように、その革新的なアプローチを実現するために開発者にEticket4にインスピレーションを与えたセキュリティ機能、結果の透明性と予測可能性に寄与する二次市場での販売で詐欺の撲滅に貢献していきますその市場を癒すであろう。

基本的に、Eticket4ユーザーは、購入に興味のあるチケットの価格の変動を予測でき、売り手と契約を結ぶのに最適な時間を選択することができます。  分散された統計データに基づくプラットフォームのニューラルネットワークは、各プロバイダの推奨価格の計算を容易にします。結果として生じる価格は、販売からイベントまでの残り時間、そのイベントのチケットの現在の需要、および利用可能なチケット在庫量を含むいくつかの要因のコンフルエンスの積である。バイヤーはまた、タイムリーな購買決定を下すための最良の価格に関するアドバイスを受け取ります。

プラットフォームのユーザーのためのスマートな契約と分析ツールは、在庫が売却されないリスクを最小限に抑えるように設計されています。これにより、チケット販売業務に関与するすべての関係者が利益を得ることが保証されます。

プラットフォームのネイティブトークンはET4です。このトークンを使用すると、バイヤーはチケットの割引を受けることができ、売り手はプラットフォームの分析機能にアクセスして契約を締結することができます。スマートな契約を通じてイベントの主催者でさえ、イベントのチケットの第二市場を規制することができます。

Eticket4は、2月27日に開始する予定のICOを準備しており、2018年3月23日まで継続する予定です。トークンの価格は1/1000 ETHに相当します。

このプラットフォームとICOの詳細については、そのWebサイトを参照してください

参考URL:https://www.crypto-economy.net/eticket4-avanza-hacia-ico/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

2月の大暴落時に4億ドル分のビットコインを購入したツワモノが存在

暗号通貨の価格変動が激しいことは周知の事実であるが、昨年末から今年2月頭にかけてのビットコイン価格の変動はビットコインの歴史上でも上位に入るだろう。価格のことはあまり気にしないコアなビットコイナーでさえもヒヤヒヤさせられたのではないだろうか?

昨年12月には過去最高価格およそ2万ドルを記録したビットコインだが、2018年に入り、数日間でおよそ50%の下落を見せ、2月6日に6,000ドル近くまで下落した。そんな中、9日〜12日の間で55,000BTC〜96,000BTCを購入したツワモノが存在した。

大暴落時の数日間で、ビットコインアドレス3Cbq7aT1tY8kMxWLbitaG7yT6bPbKChq64には、およそ4億ドル分(約426億円)のビットコイントランザクションが記録され、現在96,651BTCを所有している。

blockchain.info

ネット上の書き込みでは、BitfinexとTether問題や法規制のニュースが流れたことによるFUD戦略と関連するのではないか、などと話題になっている。

ビットコイン価格は大暴落後、16日に1万ドルに回復し、現在11,458ドル付近で推移している。
ビットコイン価格が1万ドルを回復。各アナリストによる分析

 

1


 

参考URL:http://cryptocurrencymagazine.com/anonymous-trader-buys-400-million-of-bitcoin-2018-02-16 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング