Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

シンガポール金融管理局がブロックチェーン採用を先導、銀行間送金アプリなど多数開発へ

1 


ブロックチェーン・DLT技術による銀行間送金「プロジェクト・ウビン」支援

MASのラビ・メノン局長によると、シンガポールには現在50社ほどのスタートアップ企業があり、ブロックチェーン中心のシステム上で機能している。ブロックチェーン・エコシステムがこれら企業を支援し、シンガポールの大学はブロックチェーン技術を学び、ベンチャーキャピタルは熱心に投資、大手テクノロジー企業はブロックチェーンを有効に利用する道を探っている。

MASはさらに2016年、フィンテック企業R3と提携して、ブロックチェーン/分散型台帳技術(DLT)を活用する銀行間送金プロジェクト「Project Ubin(プロジェクト・ウビン)」を開始した。その目的は、金融取引と処理の費用対効果を上げ、弾力性と透明性を増すことだ。「Project Ubin」は、MASを中心にしてコンソーシアムを結成し、クレディ・スイス、DBS Bank、シンガポール証券取引所、メリルリンチなどが参加している。

MASのチーフ・フィンテック・オフィサーであるソプネンドゥ・モハンティ氏(Sopnendu Mohanty)は2017年10月、シンガポールは新規テクノロジーの採用に進歩的戦術を採用していると語っている。MASは、ブロックチェーンと仮想通貨業界に対して、そのスタートアップ企業とICOに関連する状況について、「現実的姿勢」を採用している。シンガポールは今や、中小企業に有利な環境と技術革新で国際的に知られている

シンガポールは、仮想通貨に関する法律は施行していない。一方、銀行は危険性があれば、仮想通貨に関連する業務活動を規制する。

シンガポール金融管理局が東南アジア諸国の金融包摂向上を支援

シンガポール政府は他方、東南アジア諸国向けの金融包摂を向上する目的で、ブロックチェーン技術の開発を進めている。5月初旬に開かれたASEAN財務相・中央銀行総裁会議でシンガポールのヘン・スィーキェット財務相は地域の金融アクセスを向上するため、ブロックチェーンなどのイノベーションを高める政府計画を明らかにした。

同財務相は「われわれは特に、フィンテックのようなデジタル・イノベーションを支援する。例えば、分散型台帳技術は、安価で確実な取引のための多くの機会を与えてくれる。これによって、満たされず、銀行口座のないASEAN諸国の人々への金融包摂が促進される」と力説した。

フィンテック特許申請に迅速承認制度を導入

シンガポール知的財産局(IPOS)は、特許申請・処理手続きを簡略化して、フィンテク企業が早期に特許を取得できる政策を執っている。IPOSによれば、これまで最低2年はかかっていた特許取得が、6ヵ月で認可されるようになっている。シンガポール・フィンテック協会のChia Hock Lai会長は「シンガポールのフィンテック部門は急成長している。特許申請手続きが早まれば、企業はより早く製品を市場に出すことが可能になる」と語った。

MASのモハンティ氏は「製品化までの時間が極めて重要な業界では、フィンテック特許の迅速承認制度によって、製品とサービスをこれまで以上に迅速に商品化することができる。特許の高速処理によってシンガポールは、フィンテック企業にとってより魅力的な目的地になり、シンガポールの力を一段と強化することになる」と語っている。 

参考資料:https://coinchoice.net/singapora-blockchain-lead/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

今年のあなたの暗号MVPとしてのリップル(XRP)の最良の理由

1 


XRPは初めて生存して以来、暗号の暗号化には親会社の影響と分散化の悪いアプリケーションという2つの主な問題がありました。

最初の問題に関しては、XRPはリップルの影響を受けていますが、もしシンクしようとすれば、ユーザーのおかげで暗号は生き残ることができます。一方、同社には約550億のトークンがあり、これらのトークンは今後4年間エスクローに固定されています。

他の問題に関しては、暗号はユーザー間の合意によって機能することを理解することが重要です。これにより、ブロックチェーンが安全に保たれます。つまり、ユーザーはウォレット間で移行される暗号の量に同意します。

リップル(XRP)について知っておくべき重要なハイライトは次のとおりです。

リップルは分散されていませんが、XRPは

私たちが言ったように、Rippleは膨大な量のXRPを所有しており、その使用にも大きな影響を与えます。暗号で特定の金額を所有しているということは、あなたが望むものを何でもできることを意味します。ビジネス支払いに暗号を使用することも、グローバルな送金ビジネスを開くこともできます。

XRPに関して、Rippleは常にその道を決めた人であり、物事は非常に太ってしまい、この暗号が取り入れることができる産業を選択することさえあった。リップルは、銀行やMoneyGramやウェスタンユニオンなどの重要な通貨サービスと協力して、リップルにデジタルコマースの分野でより多くのパートナーシップを築くよう求めました。

リップルとXRPの関係も有益です

たとえRippleがXRPに関して少し独裁者に見えても、それらの関係にはいくつかの利点があります。例えば、Rippleは、世界で最も重要な企業の一部がXRPを使用することを可能にしました。会社の影響がなければ、そのようなことは可能ではなかったという事実は知られています。Bitcoinは暗号世界で最大の名前であり、XRPと同様に多くの重要な企業に侵入することはできませんでした。

重要な銀行や企業とのリップルの接続を利用して、XRPは日本のSBI、サウジアラビア中央銀行、ウォルマートなどの名前との重要なパートナーシップを得ることができました。

これらはすべて、硬貨の安定性と成長と採用への確実な道筋を提供しています。

その地位と大きなマーケティング意思決定により、Rippleは次のレベルに到達することが可能になりました。同社と暗号は、その決定を通じて注目を集めました。それはすべて、公立教育のためにRippleから寄付されたdonorschoose.orgへの2900万ドルの寄付から始まりました。暗号化とブロックチェーンのスタートアップをスピードアップすることを目的としたブロックチェーン・キャピタルへの2500万ドルの投資を続けました。

XRP対BTC

もちろん、Bitcoinの名前、影響力、およびステータスは、暗号を最上位に保持します。一部の人々がBitcoinとのみcryptocurrenciesを関連付けるという事実は、多くのことを言います。一方、リップルはBitcoinほど人気が​​あり、ハイライトされていませんが、ウォールストリートや金融テクノロジーのパートナーシップなどの驚異的なことを達成しています。

Bitcoinは、常に窃盗、スキャンダル、詐欺に囲まれており、これらのすべてが暗号の性質に影響を及ぼしています。たとえそれが非常に一般的であっても、それにはまだ不確実性と混乱のオーラがあります。

リップルは安定性を高め、会社をサポートし、洗練されたデジタル通貨とみなされています。それはプロフェッショナルのように見えて行動します。これにより、将来的にはより多くの企業に受け入れられるようになります。

XRPの優れた使い方

暗号市場と株式市場は、たとえ異なっていても共通している。彼らは予測不可能で、成功するためにはたくさんの運がありますし、完璧な戦略もありません。もちろん、暗号投資はリスクが高く扱いにくいかもしれませんが、XRPには必要なものだけがあります。これは、数十年にわたって銀行によって使用されてきたSWIFT置き換えることができます。それはまた、より速く、より安く、より現代的であり、これらの特徴はすべて、XRPを実行可能な代替物にする。

リップルは多くの重要なパートナーシップを成し遂げました。彼らはすべて、大量採用のための暗号の大きな欲求を反映しています。銀行は既にこのアイデアに対してよりオープンになっており、暗号に関する多くの懸念はすでに解消されている。

リップルは、現代のニーズに十分な利点があり、暗号の世界では暗号の暗号が可能なほど安全です。 

参考資料:https://oracletimes.com/best-reasons-for-considering-ripple-as-your-crypto-mvp-this-year/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Bitcoin Price Watch:BTC / USDの強気シナリオ 売値 買値

キーポイント

  • Bitcoinの価格は上昇し、米ドルに対して8,300ドルの抵抗水準を打ち破った。
  • BTC / USDペアの時間別チャート(クラケンからのデータフィード)に8,400ドルでサポートを形成した重要な上昇チャンネルがあります。
  • このペアは、引き続き上昇チャネルに続く場合、8,650ドルを超える利益を加速する可能性が高い。

Bitcoinの価格は、米ドルに対して8,400ドルを超えるポジティブなバイアスで取引されています。BTC / USDは、8.650ドルと8,800ドルの抵抗水準を上回る現在の動きを拡大する可能性がある。

Bitcoin価格分析(BTC / USD)

$ 8,000レベルを下回るスパイクの後、ビットコイン価格は米ドルに対する強い買い利息を見出した。BTC / USDのペアは、上昇動きを開始する前に7,915ドルの低価格で取引された。それは牽引力を得て、$ 8,000、$ 8,200および$ 8,400の抵抗レベルを上回った。$ 8,400のピボット・レベルと100時間ごとの単純な移動平均をほぼ上回っていたため、プラスの動きだった。

BTCのバイヤーは、コントロールを取得し、$ 8,506の最後のスイングの最高値を超えて価格を押し込んだ。それはより多くの利益のための扉を開いたと価格は$ 8,506高から$ 7,915低から最後の低下の1.236 Fibの拡張レベルをテストするかもしれないようだ。現時点では、価格は$ 8,400レベルを上回る利益を連結しています。また、BTC / USDペアの時間別チャートで8,400ドルでサポートを形成した重要な上昇チャンネルもあります。価格が急上昇すれば、最後の 8,506ドルの高値から1.88ドルまでの7,915ドルまでの1.618Fib 拡張レベルをテストするために8,600ドルの抵抗を簡単に破ることができます。

Bitcoin価格分析BTC USD

チャートを見ると、価格は$ 8,400レベルを上回っています。$ 8,400を下回る下方の破綻は、現在の傾向の短期的な逆転を必要とするかもしれない。


技術指標を見ると:              

毎時MACD - BTC / USDのMACDは弱気のゾーンに少しあります。

毎時RSI(Relative Strength Index) - RSIは50レベルに向かって下がっています。

主要サポートレベル - $ 8,400

主な抵抗レベル - $ 8,650 

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/05/21/bitcoin-price-watch-btc-usds-bullish-scenario/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング