Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

EOS(EOS)は詐欺、エテリアム(ETH)は愚か、Bitcoin Cash(BCH)は役に立たず

Crypto Insiderとのインタビューで、有名なBitcoin(BTC)の開発者であり教育者でもあるJimmy Songが、暗号化通信市場で最も人気の高いAltcoinについて意見を述べました。彼によると、EOS(EOS)は詐欺で、Ethereum(ETH)はアマチュアで馬鹿だが、Bitcoin Cash(BCH)は「存在する理由はない」

しかし、ジミー・ソング氏は、ブロックチェーン産業は過去数年間で非常に速く発展したと考えていますが、すべての暗号化プロジェクトが彼のビジョンでは公正で有用なわけではありません。

EOS(EOS)は詐欺です

Crypto InsiderのVlad Costeaは、EOS(EOS)のような他のブロックチェーンプロジェクトと比較して、Bitcoin(BTC)での作業方法をJimmy Songに尋ねました。

「まあ、私はEOS(EOS)は詐欺だと思うし、あなたはそれを研究すべきだとは思わない。EOSのようなものに取り組んで、私はそれが本当のアイデアだとは思っていません。それは、今後5年間にひどいゴミ箱火災で死ぬだろうから」ジミー・ソングは言いました。

エテリアム(ETH)はアマチュアで馬鹿だ

ジミー・ソングは、彼によれば、彼によれば、詐欺師のためのプラットフォームであるエテリアム(ETH)ネットワークを批判し続け、その開発者はアマチュアであり、愚かであり、技術開発には関心がない。

"Ethereum、私はそれがこれらの詐欺のためのプラットフォームだと思うし、それは多かれ少なかれキラー機能だ。私はそれが技術的に非常に興味深いとは思わない、彼らが行っている機能のほとんどは非常に素人の方法で行われます。Turingの完全性を追加するのと同様に、それは誰にも使われません。それはばかげている」とソン氏は語った。

Bitcoin Cash(BCH)は役に立たず、「存在する理由はない」

Vlad CosteaがBitcoin Cash(BCH)に関する彼の意見についてジミーに尋ねたとき、後者はこのプロジェクトも批判した。彼によると、Bitcoin Cash(BCH)は役に立たず、 "金額のお金"です。

Bitcoin Cash(BCH)は存在する理由がありません。私は、「Bitcoin Cash is fiat money」という記事を書いています。なぜBitcoin Cashが価値がないと思うのか、誰にも価値がないと思う理由についての私の議論を見たいと思ったら、読んでください。

参考資料:https://oracletimes.com/eos-eos-is-a-scam-ethereum-eth-is-stupid-while-bitcoin-cash-bch-is-useless-thinks-jimmy-song/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

サブマリンスワップとは?

ジミー・ソン(Jimmy Song)氏は、ビットコイン(BTC)の開発者であり、起業家でもあります。開発に参加しながらYoutubeチャンネル「Off Chain with Jimmy Song」にて、仮想通貨やブロックチェーン関連の様々なトピックについて配信しています。

今回は2018年9月16日に配信されていた「サブマリンスワップとは?(What is a submarine swap?)」を解説した全編英語の動画について、英語が読めない方の為に翻訳してまとめました。

まずはじめに「アトミックスワップ」を理解しよう

サブマリンスワップについて理解するために、一歩戻ってアトミックスワップについて話そう。取引を行うような状況では、自分が相手を信頼する必要がある。どちらかは初めにお金か商品を渡さなくてはならない。

例えば、AをBと交換する時、AとBのどちらかを先に一方の人に渡す必要がある。ある時点で同時に交換を確実に成り立たせるのは簡単ではない。一方がもう一方を騙して両方持ったまま逃げてしまうかもしれない。

初期のeBay(ネットオークションサービスなどを提供する企業)では、お金を受け取って品物を渡さないということが実際にあった。この過去事例は、第三者が品物と代金の両方を受け取り、条件通りであることを検証した上で双方に渡すというエスクローやそれに類する仲介サービスをもたらした。

このようなサービスは、今日ではデジタル商品にも存在する。ここで、両者が同時に欲しいものを手にするという「アトミックスワップ」を行うことのできる可能性がある。

どちらか一方がAとBを両方手にする瞬間が無いというのがアトミックスワップの背後にある考え方だ。仮想通貨のディークレッド(Dcred/DCR)とライトコイン(Litecoin/LTC)の関係者と一緒に撮った動画を見てもらえば、異なるブロックチェーン間でオンチェーンのアトミックスワップが可能だということが分かるだろう。

交換するディークレッドとライトコインの両方を同時に手にすることはできないような形でアトミックに交換できるということだ。金融の世界ではこれは「DVP(Delivery Versus Paymentの略)」と呼ばれている。取引相手のリスクや、持ち逃げされる心配がない。

同じことをライトニングネットワークで実現することも可能だ。これは「クロスチェーンアトミックスワップ」と呼ばれている。ビットコイン(Bitcoin/BTC)およびライトコイン上でライトニングチャンネルを開いていれば、アトミックスワップが可能だ。ライトニングチャンネル上のライトコインをライトニングチャンネル上のビットコインと交換することができる。

では「サブマリンスワップ」とは?

サブマリンスワップはライトニングチャンネル上のビットコインとオンチェーンのビットコインをやり取りすることができる。

通常ライトニングのチャンネルを開くときには1000円分くらいのコインが必要なのだが、これを使えばチャンネル上のお金が減ってきても、お金を入れるために改めてチャンネルを開き直す必要がなくなるため節約することができる。

しかしもっと面白いのは、これをクロスチェーンで行った場合だ。ビットコインチャンネルでライトニングチャンネルを開き、ライトコインで資金を補充しようとした場合、従来はライトコインをビットコインと交換し、チャンネルを一度閉じて、入金とともにもう一度開く必要があったため、非常に不便だった。

しかし、サブマリンスワップを使えば、オンチェーンのライトコインをライトニングチャンネルのビットコインと交換することができる。つまり、ライトニングチャンネルを、例えば100ドル入金したデビットカードのように考えることができる。使えば減っていくが、またライトコインによって入金すればよい。

ビットコインをライトコインと交換したいという取引相手がいる限り、交換ごとに同じことを行うことができる。さらに素晴らしいのは、Blockstreamのリキッド(Liquid)のような、大量の取引が可能なサイドチェーンのコインを持っている場合、それぞれのコインに流動性を持たせることができることだ。

例えば、リキッドのサイドチェーン上にいくらかのコインを持っているなら、サブマリンスワップを利用してそのコインでチャンネルに資金を追加することができる。チャンネルを閉じて、もう一度開く必要が無くなり使いやすくなる。

サブマリンスワップのメリットとは?

チャンネルを開いたり、資金を追加する際の不便さは長い間ライトニングに反対する議論の1つとなっている。ブロックが大きくなれば、世界中の人々にサービスを提供することができなかったかもしれないが、サイドチェーンのビットコインで資金を補充することでそれが可能になるだろう。

ライトニングをある種のデビットカードと考えた場合、サイドチェーンに例えば1万ドル持っていたとしてCEOも、ライトニングチャンネルには少額だけを補充しておくだろう。

使い切るたびに補充すれば良い。セキュリティの性質はそれぞれ異なり、消費者のトランザクションに近づくほど、リスクもやや高いものになると考えられる。それがライトニングチャンネルには限られた資金しか置かない理由。これが世界が今向かっている方向だ。この非常に賢い方法で、複数の層の技術を利用し、オンチェーンのトランザクションを減らすことができる。これは非常に強力だ。

参考資料:https://coinchoice.net/jimmy-song-what-is-a-submarine-swap/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Bitcoinは成熟しています。

1 


ポーランドの研究者がBitcoin市場の成熟度を評価しよう

この調査は、「2012年以降に記録された1分の価格変化に基づいて、急速に出現しているBitcoin市場の変動性を、選択されたサブ期間にわたり、リターン分布、ボラティリティ自己相関、ハースト指数、およびマルチスケーリング効果 "

研究者は、「ビッグコインは、市場の成熟軌道の統計的特性に特有の窓を提供する」と主張している。

Bitcoin Marketsの幼児期にのみ特定された "統計的不規則性"

Bitcoin市場は、外国為替の差し迫った代替案を構成科学的雑誌「Chaos:非線形科学の学際的ジャーナル」に掲載されたこの報告書は、「早期取引はシステム固有の不規則性の影響を受けていたが、2018年4月までの数ヶ月にわたってこれらの統計指標はすべて、 。これは、Bitcoin市場、およびおそらく他の暗号化通貨が、外為為替の通常の市場の代替手段になりつつある具体的な可能性を持っていることを示すものとみなすことができます。

教授スタニスワフ・Drożdż、研究に取り組んだ研究者の一人は、述べた:「最初は、私たちが得たグラフが少し曲がった、有望な何かを前兆なかったです。しかし、データを詳しく見てみると、分析された期間の最初の2年間、つまり市場がちょうど形をとっていた時から突然この曲がったことが判明しました。その後、収益率は逆3次法則に従って変動した」

Cryptocurrencyの市場はForexの市場への "本当の競争"を引き起こす

Bitcoin市場は、外国為替の差し迫った代替案を構成ProfessorDrożdżは次のように主張しています。「市場の成熟度を示すより洗練された特徴の1つは、その特性のマルチフラクタル性です。マルチフラクタルは、フラクタルのフラクタル、すなわち、自己相似性を見るために、さまざまなフラクタル断片を異なる速度で拡大する必要がある構造です。マルチフラクタル解析は、多くのスケールに存在する依存関係を明らかにする。Bitcoinの場合、調査期間の最後の6ヶ月間に特に明白なリターン・レートの変動の関数で多次元性を検出しました。これは、株式、ドル、石油、債券市場など、通常の成熟した市場と同じ種類のものでした」

「Bitcoin市場の最も重要な統計的パラメータは、現在では数ヶ月間、今や財務成熟の重要な基準をすべて満たしていることを明確に示しています。他の暗号化通信の場合、同様の変換を期待することが可能になると思われる。このような状況が発生すれば、世界最大の市場である外国為替市場は非常に真の競争を楽しみにしている」とDrożdż教授は結論づけた。

参考資料:https://news.bitcoin.com/bitcoin-alternative-foreign-exchange/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング