Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

9600万人以上のTRXを支援する!やばい!

1 


Tron財団は最近、Tronics Support Planの第4フェーズの完了を誇らしげに発表しました

今、彼らはまた、13から以上96百万枚のTRXのコインをお返しすることを計画している番目、13 番目、および15 番目のアドレス。

これらの3つのアドレスはすべてTron Foundationによってロックされたアドレスのリストから削除されます。

また、ブロックチェーンが、BitGuildがEthereumからTronに移行したことで、mong dAppの開発者が本当にすばやく受け入れられるようになったことも注目に値する

Tron Foundationはコミュニティに還元します

Bloktは、13番目のアドレスから40,084,942.291066TRX、14番目のアドレスから30,849,150.245777TRX、そして15番目のアドレスから26,800,712.361681TRXのサポーターに返すことを発表しました。

Tronが2020年1月1日にFoundationによって凍結されたTRXをリリースする前に、サポーターによって提供された支援された資金は、凍結された資金と一致するでしょう。

この期間中、TRXはサポーターのコミュニティに所有されますが、TRXの数が変更されないようにTron Foundationによって管理されます。

TRON財団は、すべてのTronicsに感謝の気持ちを伝えたいと考えています...私たちは、TRON社のパブリックチェーンの研究開発、DAppsの開発と最適化、そしてTRONエコシステムの充実に向けた取り組みを継続します。TronはBlokt経由で明らかにした「Webを分散させる」という独自の信念をもって前進する予定です。

BitguidがTronネットワークに移動

Bitizens gaming dApp開発者BitGuildは、そのアプリケーションをEthereumネットワークからTron'sに移すだけです。

開発者が完全にTronネットワークに移行するまで、ゲームはオフラインのままです。

Tronが正式なブログ記事の1つで、TronのメリットとEthereumの最終日について説明しました.Tronはより高速で低料金を提供し、Tron仮想マシンはアプリケーションの開発と拡張をはるかに容易にします。

参考資料:https://oracletimes.com/tron-announces-the-completion-of-phase-four-of-the-tronics-support-plan-gives-back-over-96-million-trx-to-supporters/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

フェイスブックがブロックチェーンチームを拡大か キャリアサイトで人員募集中

1 


フェイスブックが、ブロックチェーンへの投資を積極的に進めているようだ。同社のキャリアサイトでブロックチェーン人員を募集している。仮想通貨メディアのThe Blockが9日、その動向を報じている。

12月10日現在、5つのブロックチェーン関連の求人募集がある(The Blockが6日時点で確認した求人数は7つだった)。ブロックチェーン関連のデータサイエンティストやソフトウェアエンジニア、プロダクト・マーケティングなどを募集している。

データサイエンティストの求人ページでは、「私たちはブロックチェーン技術のあらゆる面に関心を持ち、多くの検討を行っている」と述べ、次のようにフェイスブックのブロックチェーンへの取り組みを説明している。

「私たちの究極の目標は、ブロックチェーン技術を介して、アクセスを持たない何十億人もの人々を助けることだ。それは金融サービスや、情報保存する新しい方法、もしくは情報を共有するための新しい方法になるだろう」

フェイスブックは今年5月、ブロックチェーンの研究チームを立ち上げた。コインベースの取締役を務めたデビッド・マーカス氏がチームのトップに付いたことで、フェイスブックが仮想通貨・ブロックチェーン分野に本格的に進出するのではという観測も出ていた。

今年9月には、フェイスブックの本社の採用枠で「ブロックチェーン領域における事業開発と提携のトップ」を求人ページが登場。募集要項の中では「少なくとも15年のディールメーキング経験があり、グローバルで事業開発チームをリードし、成長させ、牽引できる人材」としている。

The Blockの記事によれば、既に削除された求人ページには、グローバルなブランド開発の責任者を募集するものもあった。

The Blockは、フェイスブックのような大手テック企業は製品のリリースが近づいてくると、ブランドマーケティングの人材を雇用するのが一般的だと指摘。フェイスブックのブロックチェーン製品の技術開発段階が終わりに近づいているのではないかと分析している

またThe BlockはLinkedInでフェイスブックの従業員を検索。エンジニアリングやデザイン、セキュリティ、法務、パブリックポリシー、リスクオペレーション、マーケティング、採用など、ブロックチェーン関連の検索結果が出てきており、幅広い分野でブロックチェーンの業務が進んでいるようだ。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/facebook-to-increase-their-blockchain-team 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ケニアがやばい

1 


「安全で安全な」通貨

ナイロビに本拠を置くHealth Land Spaの創設者であるTony Mwongera ケニヤンのニュースサイトBitcoinkeに、収益の損失を埋めるためにBTCに頼ったと語った「私のビジネスには盗難が多かった。だから、私は安全で安全な技術を使わないのがなぜなのかを決めたので、ビットコインを支払い方法として受け入れることにしました。

ケニアでの支払いのためのBitcoinを受け入れる中小企業の着実な増加
トニー・ムンゲラ

cryptocurrenciesの導入により、Health Land Spaの お客様は、マッサージ、ペディキュア、その他のヘルス&ビューティートリートメントサービスをデジタルウォレットから手に入れることになります。ダッシュを受け入れている同社は、今後数ヶ月でより多くの暗号化通貨を追加しようとしている。

Mwongeraは、ビットコインを動かす最初のケニアのサービスプロバイダーではない。テレビやホームシアターなど、さまざまな電気機器を販売するケニアの企業であるBoxlight Electronicsは、現在、ビットコインコアとビットコインの現金で支払いを受け付けています。

Boxlight Electronics社の最高経営責任者(CRO)Robinson Murage氏は、「当社は顧客からデジタル通貨での支払い要求が多かった。顧客の90%が若くてテクノロジーに精通しており、主にオンラインである企業として、私たちは包括的であり、この種の通貨を好む者のニーズに適応することを選択します。

 ローストビーフ用Bitcoin

ケニアのNyeriの農村部では、Betty Wambuguがレストラン事業を運営しており、ローストビーフをデジタル通貨で販売しています。「ビットコインは、他の同様の支払いの手段であり、私たちはレストランで、ここで私たちは道をそれを受け入れる...現金は、」レストランのオーナーWambuguをして引用され  言うように。

ケニアでの支払いのためのBitcoinを受け入れる中小企業の着実な増加

「世界はよりグローバル化しているので、私の場所もグローバルなレストランになっています。私は彼らが持っているどのコインでも、世界各地の異なる顧客を引き付けています。実行可能なコインである限り、我々はそれを受け入れる」と彼女は付け加えた。

WambuguとBTCとの関係は、彼女がデジタルコインを受け入れるよりはるかに早く始まりました。彼女は、後でBetty's Placeに改造された2階建ての建物を購入するために、彼女のcryptocurrency savingsを使った、とBBCが報告した。しかし、Wambuguにとっては、10月現在、約20人の販売台数で約30,000ケニアのシリング(300ドル)が売られています。

Wambuguは最近、日曜日に彼女のレストランでクラスを開催して、暗号侵害の習得を促した。彼女は当局が技術のスピードアップに踏み切っていないと暗示したが、ケニアの政府はブロックチェインや人工知能で進歩する方法を調べるためにタスクフォースを立ち上げた。

アフリカのトップクリプトマーケット

ケニア議会が、財務省に対し、ビットコインや他の暗号化通貨を規制するかどうかの決定を下してから数ヶ月が経過した。BTCの将来に関する最新の立場に関連して、ケニア政府からの公式な連絡はありませんでした。

ケニアでの支払いのためのBitcoinを受け入れる中小企業の着実な増加

しかし、ナイジェリアと南アフリカの後、世界でトップ25の暗号排除市場の1つと評価され、アフリカでは3番目に評価されています。

近隣のウガンダでは、レストランオーナーJennifer BirungiもBTCを受け入れています。ウガンダの首都カンパラのような厳しいビジネス上の決定ではなく、講師のRichard M Bagorogoのような専用のビットコーチのエバンジェリストがいます。バゴロゴ、「この国で就職するのは簡単ではないので、私はビットコインで暮らしています」バゴロゴ会見で、彼のビットコイン「説教」に忠実に集まっていると語った。

参考資料:https://news.bitcoin.com/steady-rise-in-small-businesses-accepting-bitcoin-for-payment-in-kenya/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング