Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

アドビのフラッシュ更新を騙った仮想通貨マイニングのマルウェアが見つかる

1


偽のアドビ・フラッシュ(Ad​​obe Flash)アップデートを騙ったクリプトジャキングマルウェアが見つかった。サイバー脅威に関する報告を行ったユニット42という研究グループが11日発表した。

クリプトジャッキングは、コンピュータの処理能力を使用して、仮想通貨をマイニングする行為で、そのコンピューターの保有者の同意なしに行われる。

Palo Alto Networksの脅威情報チームであるUnit 42の新しい調査によると、マルウェアは「XMRリグ・仮想通貨・マイナー」をインストールすることで、PCに秘密裏にモネロ(XMR)をマイニングするよう仕向けている。

新しいマルウェアは特に有害であると言われている。開発者が公式のアドビインストーラからのポップアップ通知をコピーしている。また、ダウンロードすると、実際に最新版のフラッシュにコンピュータを更新するという。 

ユニット42のアナリストBrad Duncan氏は次のように述べた。

「ほとんどの場合、偽のフラッシュのアップデートによる不正なソフトウェアの侵入はあまり知られていない...最新のフラッシュアップデートでは、潜在的な犠牲者は何も気付かないだろう」

Palo Alto Networksのインテリジェンスツールであるオートフォーカスを使用して偽のフラッシュアップデートを検索すると、77個のマルウェアサンプルがオートフォーカスのコインマイナータグで識別された。残りの36個のサンプルは、これらの77個のコインマイナー関連の実行可能ファイルと他のタグを共有しているという。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/experts-warn-of-cryptojacking-malware-that-mimics-adobe-flash-updates 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Ripple(リップル) さすがにこれはやばい。

1 



国際貿易に革命を起こすことができる世界貿易機関(WTO)によって最近呼び出されました。

同社の最新動向はこの声明を支持している。

xRapidはあまりにもずっと前に生きていたので、暗号空間への関心が高まり、今ではRippleのXpringも同じことをしています。

Xpringの発売は、分散型暗号としてXRPをサポートしています

Xpringは5月に開始され、XRPが分散化されているという考えを支持しています。

Rippleは、XRPが分散されており、Rippleが実際にトークンを制御していないことを世界に証明するために多大な努力をしてきました。

Xpringは、XRPがさまざまなユースケースを持つことを可能にする革新的なブロックチェーンベースの取り組みをサポートするプロジェクトです。

xRapidとxCurrentが銀行や金融機関のRippleの技術の普及を促進したことは既に知られており、Xpringはすべてを変えようとしているばかりでなく、おそらくXRPの大量採用を誘発することさえあります。

Xpringは、コイル、XRPチップ・ボット、SBプロジェクト、オムニ、ブロックチェイン・キャピタルなどのさまざまなプロジェクトで、すでに暗号空間で波を作り出しています。

これらは、様々な経済部門の人々が仕事を収益化するのを助けることを目的としています。

Xpringにはこのような革新的な製品が100種類あり、他の用途も数多くあり、プロジェクトではXRPが飛躍して大量採用を開始する可能性があるという。

XRPがMercado Bitcoinに掲載される

ちょうど最近、Rippleのデジタル資産XRPは、ブラジルのMercado Bitcoinの中で最も大きな暗号交換の1つに正式にリストされています

取引所は、顧客が預金と引き出しを行うと同時にXRPを売買することができると発表した。

XRPはBitcoinと交換されます。CoinMarketCapの最新データによると、XRPは少なくとも83の暗号交換で利用できるようになりました。

養子縁組について言えば、XRPを2020年オリンピックの公式暗号にするという申立てがあることも言及することも重要です。これが起こるならば、採用に向けてかなりの一歩となるでしょう。

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-can-revolutionize-international-trade-says-the-wto-xpring-could-trigger-mainstream-adoption-of-xrp/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

シンガポール企業、マニー・パッキャオの名声に裏打ちされたコインの計画を発表

シンガポールのスタートアップ企業GCOXは、独自のチェーン上に構築されたプラットフォームで有名人とそのファンのより密接な交流を目指しており、2017年の終わりか2018年の初めにフィリピンの伝説的なボクシング選手マニー・パッキャオののトークン(Pac Token)の発売すると発表した。このトークンを通してボクシングジャケットやグローブなどの商品を購入できるという。

参考資料:https://btcnews.jp/1tyzjrec20214/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング