Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

Tronの最新の買収「BlockChain.org」は、分散型Googleのブロックチェーンに…

1 


トロン愛好家は、ジャスティンサンがトロンがトップクラスのドメインhttp://blockchain.orgを買収したことで、業界のグーグルにするという素晴らしいニュースを手にしました。

サンは、データ検索、大規模データ分析、プロジェクト評価、情報検索などのための非営利かつ総合的なサービスプラットフォームを構築すると述べている。

BlockChain.orgは分散型Googleになる予定です

これは、これまでのTronの業績におけるもう一つの重要なステップであるBitTorrentの購入後に発生します。

業界関係者は、この最新の買収は、ブロックチェーン業界におけるドメイン名の中で最大かつ最も重要なものであると主張しています。

接尾辞 "org"のドメイン名は、業界で広く認識されていることに注意することも重要です。

TronにはすでにBlockChain.orgの未来を含む計画があるようです。これはブロックチェーン業界全体の分散Googleとなる予定です。

ブロックチェーンの問題

ブロックチェーン業界はいくつかの問題を抱えており、以下では主な問題に取り組んでいきます。Blockchainは激しい開発を知っていましたが、それはまたいくつかの問題で打撃を受けました。

たとえば、従来の検索エンジンでは、業界に関する完全な情報は表示されません。

インターネットは本質的に分権化されているため、業界の多くの部分と品質のコンテンツが除外され、隠され、広告に置き換えられることさえあります。

その結果、ユーザーは適切なプロジェクトを見つけたり、データを修正することが困難になります。

さまざまな公的機関との複雑なユーザーエクスペリエンスもあり、この問題は何とか解決されなければなりません。

最後に、業界データを入手することの難しさに関する問題もあります。

業界関係者が改善に取り組んでいます

これらのすべての障害とより多くのことが業界に可能な限り多くの改善をもたらす責任をインサイダーに与えます。

ジャスティン・サン氏は、「プロジェクトの成功は、利益またはユーザーベースによって測定されるべきではない」と考えている。本当に問題となるのは、業界全体を改善する努力をするならば」

Tronは1日目から「インターネットを分散させる」という価値観を守り続けています.BlockChain.orgの最近の購入は、Tron断固たるコミットメントの確かな証拠です

参考資料:https://oracletimes.com/trons-latest-acquisition-blockchain-org-aims-to-become-a-decentralized-google-of-blockchain/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

「ビットコイン価格下落もハッシュレートは上昇」長期的な仮想通貨市場に強気の人は多い?

1


ビットコイン(BTC)価格が下落傾向にあるにも関わらず、マイニングにおける計算力を示すハッシュレートが上昇しているとブルームバーグが16日に報じた。マイニング業界関係者の中からは、長期的にはビットコイン価格が回復すると信じていることの現れではないかという見方も出ている。

 一般的にビットコインの価格が下がるとハッシュレートは下落すると言われる。マイナーは複雑な計算式を解くことで新しいビットコインを取得するが、この計算に必要な電気代など資源が同じ場合、ビットコインの価格が下落するとともに利益率が悪くなるからだ。ただ今回ブルームバーグが伝えたデータによると、通説とは対照的にビットコイン価格が下がる一方、ハッシュレートは上昇している。

 (引用元:ブルームバーグ 「ハッシュレート(紫色)とビットコイン(BTC)価格(青色)の推移」)

 この現象に対してジェネシスマイニング社のマルコ・ストレングCEOは、中国マイニング大手ビットメインや韓国サムスン電子を筆頭に世界的にマイニング業界が成長していることが背景にあると指摘。より効率よくマイニングができる機器が登場していて、洗練された大手のマイニング業者が収益悪化によって市場から退出する非効率的なマイニング業者の分を補えるほど巨大化しているのではないかと話した。

 香港の仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOは14日、ビットコイン価格が5000ドル付近でマイナーたちはオペレーション方法を見直した、3000ドルから4000ドルになったら完全に機械を止めるだろうというマイニング業界関係者の話を引用する一方、これは最先端の7nmマイニングチップがまだ普及していないことが前提だと指摘していた。

 また、オーストラリアの仮想通貨取引所「ブロックビット」のデービッド・サッパーCOO(最高執行責任者)は、長期的にビットコイン(BTC)価格は回復すると信じる人が多いのではないかとみている。

 「ハッシュレートの上昇が意味するのは、この業界の人々が長期戦を覚悟していることを意味しているのではないか。自分たちが持っているものを蓄積し続けることに満足していて、たとえ損失が出ても運営し続けるのではないか」

 長期的な仮想通貨市場に対する楽観的な見方は少なくない。イーサリアムの共同設立者であるジョゼフ・ルービン氏は14日、最近の仮想通貨相場の低迷によって今後イーサリアムのエコシステムの成長が妨げられることはないという見方を明らかにした

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/with-bitcoin-sinking-crypto-miners-just-dig-deeper 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、下落トレンドはいつまで続くのか

ICOプロジェクトのETH売り

年始から続く下落トレンドの大きな要因として、イーサリアム上でトークンを発行し、資金調達を行ったプロジェクトのETH売りが考えられます。代表的なEOSはイーサリアム上でトークンを発行したものの、資金調達目的のみであったため250万ETH(当時1,800億円)を売却し、独自ネットワークへ移行しています。

関連:EOS(イオス)が30万ETH売却によるイーサリアム価格の下落

EOSに続いて、直近30日間で複数のイーサリアムベースのICOプロジェクトが合計で10万ETH(約40億円)を売却しており、この数量は市場供給量の0.1%に値します(8月現在1億ETH)。

中でもCobinhood($COB)というプロジェクトは2度に渡り、合計25,470ETH約10億円の売却を行っており、続いてAtonomi($ATMI)が13,040ETH、Etherollが11,200ETHとなっています。

ICOのETHはマイナーのように価格を考慮した売りや抑止がないので問題ともいえますが、このような低価格帯での売却はむしろETHの今後においては好条件といえるでしょう

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析・考察出典:Santiment.net

ビットコインドミナンス

ドミナンスを確認すると、アルトコインは全面安でビットコインのドミナンスが50%を超えています。直近のアルトコインドミナンスが回復していた4月と比較すると、イーサリアムは4%、マイナーアルトコインは8%の下落を記録しており、仮想通貨全体から資金が抜けつつ、ビットコインへと集中している形になっています。

2017年末のドミナンスが60%であった点を考慮すると、年末から来年にかけてのビットコインETFへの期待もあり、さらなるアルトコインの下落相場が予測されます。

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析・考察出典:CoinMarketCap

イーサリアムのマイニング収益

イーサリアム価格は去年9月の水準を下回る価格を更新。対してハッシュレート(ネットワークの計算力)は2倍以上に成長しているため、マイナーの損益分岐点は上がり初期投資分を回収できていない状態です。

マイニングは2015年の最低収益を更新した今年4月より更に下落し、過去最低を更新しました。今年末に迫る時期大型アップデート“コンスタンティノープル”でのマイニング報酬変更も決まっていない現段階で、マイナス収益はネットワークの中央集権化とCasper移行時のリスクへとつながるため価格回復はネットワークにとって重要な課題となります。

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析・考察出典:Bitinfocharts

テクニカル分析

Coinbase Pro(元GDAX)のETH/BTC 4h足を確認すると、電気代が安い国でのマイナーの損益分岐点となる~0.038BTCまで下落せず、短期下落トレンドのレジスタンスをブレイクし、上昇三角を形成していることがわかります。ボリンジャーバンドを確認するとボラティリティは収束し、エキスパンドしようとしていることがわかります。

よって0.046BTCのレジスタンスを抜けられるかが重要になってくるでしょう。買い目線ではあるものの、このレジスタンスを大きく抜け、トレンド転換が明確になってからが安全だと考えられます。

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析・考察出典:Cryptowatch

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

結論と考察

結果としてEOSのETH売りは正解だったと見られるでしょう。今回ETHを売却したICOプロジェクトは結果的に底での売却となる可能性が高く、マイナーの「自身の投資を破壊しない」という心理的サポートに対して、ほとんどノーリスクでETHを売却できるICOプロジェクトはETHの問題点とも言えるからです。

ビットコインETFの審議延長から再度はじまった仮想通貨の下落トレンドですが、今からは投資家が長期休暇を取ることによる夏枯れから脱却し、9月30日へのビットコインETF期待が再度高まっていくことを考えていく必要があるでしょう。

参考資料:https://coinchoice.net/ethereum-price-analysis-20180817/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング