Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

Binance ChainがEthereum価格を2桁に戻す可能性がある

Crypto exchange Binanceは、4月18日にカスタムブロックチェーンソリューションBinance Chainを開始しました。しかし、その動きはEthereumのポケットに穴を開ける恐れがあります。

電報ベースの市場分析と取引記録、Gem Clubは木曜日、Binance ChainよりもEthereumブロックチェーンを選択しても、新しい暗号通貨プロジェクトには何の利益もないと語った。アナリストは、プロジェクトの一覧表示とトークンの発行に関して、新しいカスタムチェーンがEthereumに取って代わる可能性があると指摘しました。

「BNBはETHに壊滅的な影響を及ぼし、2桁の数字に戻します」とGem Clubは述べています。「もう少し地方分権化を除けば、BinanceチェーンよりETHを選択する利点はほとんどありません。Binance Chainに移行するプロジェクトは、多くの注目を集めるでしょう。

この予測は、昨年のBNBの素晴らしい業績を受けて生まれました。過去7 日間で、7番目に大きい暗号通貨が投資家に80%以上のリターンをもたらしました。これは史上最高値を再テストした唯一の暗号資産となりましたが、他のトップコインは同様の方法を達成するには程遠いままでした。BNBのデフレ供給モデルはさらに、それが短期および長期投資家の前に最も魅力的な投資になるのを助けました。

今週の金曜日の時点で、BNBの総投資収益率は発売以来なんと9,000パーセントでした。

移行が始まる

このイベントにより、BNB保有者は、EthereumベースのERC20残高を、改良されたネイティブのBinance ChainベースのBEP2残高に交換するよう促されることになります。ERC20対応のBNB保有者の大部分が、個人から本格的なプロジェクトまで、全員を含むBEP2対応の財布に拠点を移していくのが、移行の流れです。そして、Ethereumブロックチェーンを使い続けたい人は、BNBの残高をERC2o標準財布に送ります。

分散型ソーシャルメディアプラットフォームMithilは、Binance Chainに向けた自社開発の最初のブロックチェーンプロジェクトです。初期のスタートアップはEthereumブロックチェーンでMITHトークンを発行しましたが、本格的な分散型交換が付属するBinance Chainでより優れた見込みを見つけました。この動きにより、Binanceはその取引プラットフォームにMITH / BNBとMITH / USDTのペアを追加することができました。

MITHがBinance交換に加わったことで、わずか24時間でトークンが25.75%急上昇し、投資家は、この移行は短期的には強気の動きであると考えていたことがわかりました。

ミスリルに続いて、アトミックウォレットもBinance ChainからEthereumに切り替えることにしました。そして今、Binance Chainへの移行を考えているENJIN Coinの噂がソーシャルメディアを巡回しています。EnjinのCEOであるMaxim Blagovは、Ask-me-everythingで、次の重要な機能はBinance Chainと関係があると述べた。

結論

大規模なプロジェクトがEthereumをBinance Chainに任せようとしているという事実は、前者を暫定的な損失に直面させる可能性があります。しかし、同時に、Binance Chainにはスマート契約機能がないことを理解することが重要です。つまり、分散型の契約決済技術を求めるプロジェクトは、いつでもEthereumを使い続けることを望んでいます。


参考資料:https://www.newsbtc.com/2019/04/20/binance-chain-could-send-ethereum-price-back-to-double-digits-analyst/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Bitmainが最新のAntminer 17シリーズ(マイニングマシーン)を発売!能力がやばい!

2 

Avalonminer 10シリーズ:毎秒31〜33兆ハッシュ

SHA256コンセンサスアルゴリズムを処理するビットコインマイニングマシンは、ますます効率的になっています。昨年、さまざまな製造業者によって新しく改良された採掘用リグがいくつか発売され、今年はさらに多くの分野で活躍しています。News.Bitcoin.comは最近BitmainとCanaanの新鉱山労働者について報告したが、Canaanは最新のAvalonminer 10の仕様または価格を公表していない。新しいAvalonminer 10シリーズのドキュメントが同社のWebサイトで公開されており、関心のある購入者は待機リストにサインアップできます。

これらの次世代マイニングリグは、1トンのハッシュパワーを満載

あります利用可能な2つのモデル -カナンのストアにAvalonminer 10411041Fは興味深いことに、1つのユニットが他のユニットより少し効果的であっても、それらは両方とも同じ価格で採掘リグあたり1,057ドルでリストされています。1041ユニットは、SHA256アルゴリズムを31TH / sおよび56ジュール/テラハッシュ(J / TH)の電力効率で処理します。注目すべきもう1つのことは、10シリーズモデルの両方が、競合他社が使用している次世代の10nmまたは7nmチップではなく16nmチップセットを使用していることです。

これらの次世代マイニングリグは、1トンのハッシュパワーを満載

使用されるチップに加えて、1041マシンは70デシベル(dB)の音を出し、約8kgの重さがあります。より効果的なAvalonminerモデルの1041Fは、1041Fの仕様ページに従って33.5TH / sを処理します。Canaanによると、1041Fにはオーナーに63J / THの電力を供給することで最高の電力効率がもたらされます。この機械は6kgの軽いタッチで、カナンが「伝統的な」出力と呼ぶ70dbの音も出す。各機械は採掘リグを受け取った時から180日間の保証があります。

StronguのU8モデル:1秒あたり46兆のハッシュ

2019年に販売されている最新の採掘リグに加えて、Ebang、Bitmain、およびCanaanのトップ3の採掘大手企業は、業界で飛躍しようとしている競合他社が小規模です。今年の夏に発売された2つのモデルは、鉱山労働者に彼らのお金のためにより高いハッシュレートを与えることを目指しています。今年7月に発売予定の最初の採掘リグは、Strongu MiningのSTU-8です。46TH / sの最大ハッシュレートをパックすると主張する(別名U8)。モデルの電力消費量は指定に従って壁から約2100Wを取ります。オンラインの数社は、U8モデルの単価が1,520〜1,883ドルになると予想しています。ユニットのファンの騒音レベルは約76dBなので、U8も少し大きくなります。StronguのWebサイトによると、U8モデルも同様にプリセールスバッチで販売されます(1注文につき25ユニット)。しかし、中国を拠点とする企業は、最新のU8モデルにどのタイプのチップセットが使用されているかについては開示していません。

これらの次世代マイニングリグは、1トンのハッシュパワーを満載

Microbt Whatsminer M20S:毎秒70兆ハッシュ

今年の夏に予定されているもう1つの採掘リグは、中国に本社を置く別の会社からのものです。製造元Microbtは、新しいWhatsminer M20Sが最大70TH /秒の最大ハッシュレートを処理すると主張しています。本機の消費電力は約3360 Wで、ノイズレベルは約75 dBです。Microbtは8月に採鉱用リグを販売する予定で、リグの公式代理店であるPangolinは各ユニットを2,349ドルで販売している。センザンコウのウェブサイトは、それがTSMCは半導体を作っ12nmであることを明らかにし、新しいM20Sモデルで使用されるチップの種類を開示しています。

これらの次世代マイニングリグは、1トンのハッシュパワーを満載

暗号化の冬にもかかわらず、ビットコインの採掘メーカーは、次世代チップを搭載したより高速なモデルの開発を続けています。2019年には、BTCとBCHの両方のハッシュレートが大幅上昇し、世界のデータによると、鉱山経済は依然として活況を呈しています。次世代のマシンがこの業界の限界を容赦なく押し広げる可能性があります。Microbt Whatsminer M20S、StronguのU8、およびBitmainの新しいAntminer 17により、毎秒50兆ハッシュを超えるハッシュレートが生成され、マイニングの競争力が確実に向上します。十分にすぐに、鉱山参加者と施設は、ハッシュ生成の少ない鉱山掘削装置​​は、それらが大量に組み合わされない限り、実行する価値がないという点ではるかに非効率的になることに気付くでしょう。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/these-next-generation-mining-rigs-pack-a-ton-of-hashpower/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

アメリカの退職者の約●% すでにビットコインを保有、33%は「ビットコインを知らない」

2 

米国の退職者の約3%がビットコインを保有している。貴金属誌ゴールドIRAガイドが調査結果の中で4月17日に公表した

ゴールドIRAガイドは4月に50歳以上の米国人退職者1000人を対象に、ビットコイン投資についての調査を実施した。調査結果によると、回答者の56.7%がビットコインを知っているが投資には関心が無いと答えたのに対し、2.7%は既にビットコインを保有していると回答した。

また約3.5%が「ビットコインへの投資を希望しているが、どのようにして開始するのかが分からなかった」という。一方、4.5%は「ビットコインへの投資に関心があるが、まずは様子を見ることにした」と回答している。さらに「ビットコインが何かわからない」という回答者も多く、32.9%に上った。

4月上旬、コインテレグラフはソ連崩壊後のロシアで最も古い世論調査機関による調査に基づき、ロシア国民の2%がビットコイン投資していると報じていた。

最近、業界誌グローバルカストディアンとトレードクリプトの2誌が共同研究を発表し、2018年にはファンドの94%が仮想関連投資に割り当てられていたことが分かった。

翻訳 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/us-sec-and-finra-to-discuss-digital-assets-at-joint-broker-dealer-meeting-in-june 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング