Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ステーブルコインの取引高 9月比で●●●%以上増加

1 

ビットコインなどの仮想通貨より安定した価値の提供を目指すステーブルコインの取引高が急激に増加していると調査会社のDiarが10日公表した。ステーブルコインの代表格であるテザーが信用問題で揺れる中、新興のステーブルコインの勢いが増しているようだ。

(引用元:Diar 「ステーブルコインの取引高」(9月〜11月))

Diarによると、11月のステーブルコインのオンチェーンでの取引高は、9月と比べて1032%増加。内訳を見てみると、パクソス(PAX)の増加幅が大きく、仮想通貨取引所コインベースと決済企業サークルのUSDCの倍を記録したという。

最近、ステーブルコインを上場させる仮想通貨取引所の数が増加している。5日に仮想通貨取引所ビットフィネックス(Bitfinex)が新たなに主要ステーブルコイン5種の取引を開始。先月はバイナンスが、「テザー(USDT)市場」とされていた区分を複数のステーブルコイン市場と統合し、「ステーブルコインマーケット( StablecoinMarket (USDⓈ))」に改称すると発表した

また5日、中国の最大級の「クジラ(仮想通貨の大口投資家)」と言われる李笑来(リ・シャオライ)氏が、中国の巨額ファンドでステーブルコイン関連のプロジェクトを率いることが明らかになった

下がり続けるテザーのドミナンス

一方、The Blockによると、テザーのドミナンスは3年ぶりに低い水準まで低下した。

(引用元:The Block 「テザーのドミナンス」)

記事によると、ステーブルコイン 市場におけるテザーのドミナンス(占有率)は今週、73%以下まで低下。3ヵ月前は、約96%だった。新興ステーブルコインの台頭に加えて、米ドルと連動するとされるステーブルコインのテザーは、本当に十分な米ドル資金を持っているのか信用問題に直面している。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/report-stablecoins-see-significant-growth-in-adoption-over-recent-months 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ユニセフ(UNICEF)が6つのブロックチェーン・スタートアップ企業に・・・

ユニセフから投資を受ける6つのスタートアップ企業とは?

ユニセフが投資をおこなう企業は、発展途上国に拠点を置いていることが特徴的である。それでは、投資を受けることになった6つの企業をそれぞれ簡単に説明しよう。

まず、一つ目の企業は、アルゼンチンの「アティックスラボズ(ATIX LABS)」だ。同社は、中小企業の資金の使い道を追跡するプラットフォームを構築している。二つ目の企業は、メキシコの「ワンスマート(Onesmart)」で、新興市場における社会的資金の悪用問題に対処するソリューションを提供している。三つ目の企業である「プレスクリプト(Prescrypto)」も同じくメキシコに拠点を置いており、患者の病歴を電子カルテを用いて共有するサービスを提供する。

四つ目の企業であるインドに本拠を置く「 スタットウィング(Statwig)」は、ワクチンの供給効率を向上させるため、サプライチェーンマネジメントにブロックチェーンを利用する。五つ目のバングラデシュの「W3エンジニアズ(W3 Engineers)」は、オフラインのモバイルネットワーキングプラットフォームによって、移民と難民のコミュニティを結びつけることを目的にしている。最後、6つ目の企業の「ユートピクサー(Utopixar)」はチュニジアに拠点を置き、特定のコミュニティーの意思決定と価値の移転をスムーズにするためのソーシャルツールを構築する。

ブロックチェーン技術に前向きな姿勢を見せるユニセフ

ユニセフ・イノベーションの顧問であるクリス・ファビアン(Chris Fabian)氏は、「ファイナンスや技術支援、社会的弱者に焦点を当てて、可能な限り公正かつ公平な方法で技術が成長・成熟するのをサポートするプロジェクトに投資をする」と述べている。

また、「ブロックチェーン技術は初期段階にあり、この技術を使うことでより良い世界を作り出す方法や場所を見つけるために、実験と失敗、学習がある」と語り、ブロックチェーン領域に長期的な視点でベットする意向を示した。

ユニセフは、何年にもわたりブロックチェーン技術の調査を進めており、投資を行ったのも今回が初めてではない。ユニセフのような社会的影響力が大きい団体がブロックチェーンに前向きな姿勢を見せていることは、業界にとって大きなプラスとなるだろう。

参考資料:https://coinchoice.net/unicef-invest-6-blockchain-startup-companies/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ブロックチェーンゲームの流行に必要な3つの要素とは?

ブロックチェーンを利用したゲームが生まれています。2017年に注目されたクリプトキティーズ(CryptoKitties)は後続を生み、イーサエモン(Etheremon)やゴッズアンチェインド(Gods Unchained)などが開発されました。日本からも、くりぷ豚やマイクリプトヒーローズ(My Crypto Heroes)などのゲームが誕生しています。

これらはDAppsゲーム、またはブロックチェーンを利用したゲームという表現が正確だと思いますが、いずれのゲームもユーザー数は非常に限定的です。DappRadarのデータによると、トップゲームでもデイリーのアクティブユーザーは多くて数百人程度です。

本コラムでは、これらのブロックチェーン系のゲームが普及するために必要な要素を考えます。その条件は大きくわけて下記の3つだと考えられます。

  1. ゲーム性の向上
  2. スタープレイヤーの出現
  3. スマートフォンネイティブのアプリの配信

ゲーム性の向上

現在さまざまなプロジェクトがゲーム性の向上に取り組んでいます。猫を配合させて売るだけのゲームより、キャラクターをレースさせたり、戦わせたりするモデルが増えてきています。

また、ゲームロジックはブロックチェーンの外に置くことが当たり前になりつつあり、ゲーム性に加えて、これからユーザビリティもより向上するとが期待されています。

コアプロトコルのスケーラビリティが向上しないながらも、サービスレイヤーは必要最小限の部分をメインチェーンで補い、ユーザビリティを上げていくと思います。この点については、個人的にはあまり懸念していません。

リプトキティーズ
出典:CryptoKitties(www.cryptokitties.co)

スタープレイヤーの出現

ゲームが流行るためには、スタープレイヤーの存在が重要です。結局のところブロックチェーンを利用しているゲームが提案している価値は、ゲームアセットのトークン化と価値付け、言い換えればリアルマネートレードをしやすくしていることだといえ、今のところそれしかないとも言えます。

であればプレイヤーの中から、「ゲームを楽しんだ上でしっかりお金を稼げたプレーヤー」という点でスタープレーヤーが必要であるといえるでしょう。

猫を2,000万円で運営がユーザーに売ったとか、そういう種類のものではなく、ユーザーからスタープレーヤーが出る必要があり、ゲームベンダーはこういうプレーヤーを早期に輩出して、後続するプレーヤーを呼ぶ必要があると考えられます。

2017年の仮想通貨バブルの際に、億り人と呼ばれる人が現れ、その億り人がスターになり、次々に新規の市場参加者を呼び込んだ構造と同じです。

スマートフォンネイティブのアプリの配信

現在ブロックチェーンを利用した多くのゲームはブラウザベースですが、世の中の主流はスマートフォンです。

しかし、クリプトキティーズがアップストア(App Store)にリストすることが困難であるとコメントしているように、このような種類のブロックチェーンゲームは、アプリストアに掲載しにくいです。このような状況は、今後もしばらく変わらないと筆者は予想しています。

理由は、アップストアやグーグルプレイストア(Google Play Store)側からすると、ゲームアイテムをトークン化して、アプリ内でやり取りをすることは、プラットフォーム手数料の30%を中抜きされることに他なりません。

アプリストア運営の手数料収入については、アップル(Apple)やグーグル(Google)の重要な収益源です。今年アップルはアップストアでの売上を460億ドル(約5兆2,000億円)計上しています。

アップル側が、クリプトキティのような事例を1つ容認してしまえば、今まで普通のゲームを提供していてゲーム開発会社は、「ブロックチェーンのトークンにすれば、アップルから課金されないんだ」ということになってしまいます。

ゲーム開発会社はブロックチェーン上のトークン利用に大移動をして、プラットフォーム手数料を中抜きしようとするはずです。

当然アップルもこのことは考えており、だからこそブロックチェーン系ゲームのスマートフォンアプリがアップストアで配信されることはしばらく難しいでしょう。

ブロックチェーン系のゲームが普及するかどうかについては、この3要素の動向を特に見ています。スマートフォンアプリの登場については、難しいだろうという予想を述べましたが、前半で解説をしたように、ブロックチェーン関連のゲームのユーザービリティやゲーム性は徐々に高まっていて、今後も注目される分野です。

参考資料:https://coinchoice.net/blockchain-game-will-become-popular/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング