Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

日本のSBI取引所がが2つの主要暗号通貨を追加

1 


サポートされているBTCとBCHの取引

日本最大の金融サービスグル​​ープの子会社であるSBIバーチャル・カレンシーズは、2つの主要な暗号化通貨のサポートを発表しました。6月18日(月曜日)から、取引所のVctradeサービスを使用してBTC / JPYの取引を開始することができます。これは、交換所が6月8日に提供を開始したBCH / JPY取引ペアに加えて行われます。

日本のSBI暗号化エクスチェンジが2つの主要暗号化を追加

人気のある日本語のTwitterユーザーIhayato(177Kフォロワーを抱えている)は、BCHとXRPのサービスを試用しました。彼は自分の経験をつぶやきました(日本語からの翻訳)。

SBI仮想通貨交換、スプレッド[タイト]です。XRPは3円、BCHは約3,000円。

彼はさらに、「現在の状況では、ここで活用するメリットはないと私は考えている。[しかし]私は将来、[そこにある]ことを期待する。

3つの取引ペア

日本のSBI暗号化エクスチェンジが2つの主要暗号化を追加SBIバーチャル・カレンズは、日本政府が承認した16の暗号交換の1つです。同社  6月4日、XRP / JPY取引のペアでVctrade暗号交換サービスを開始した。現在、事前登録された限られた数のユーザーのみがサービスを利用できます。来月は全面打ち上げが予定されている。月曜日の発表で、取引所にはBCH / JPY、BTC / JPY、XRP / JPYの3つの取引ペアが提供されるようになりました。

3つの暗号化通貨すべてについて、顧客は500円〜5.5百万円と5百万円〜45,261円の間で取引することができます。あるいは、彼らは0.0001〜40 BCH、0.0001〜5 BTC、または10〜70,000 XRPの間の暗号化通貨で注文することができます。

日本のSBI暗号化エクスチェンジが2つの主要暗号化を追加現地メディアによると、SBIグループは第3四半期の業績記者会見で、将来的にエーテル(ETH)を加える可能性があると述べた。しかし、同社はまた、より小型の暗号化通信をサポートしないことを示したと、Impress Corporationが伝えた。

暗号スペースの市場シェアを獲得するために、SBIグループは既存の証券事業のユーザーを、日本ですでに最大規模と言います。SBI証券は、個々の株取引価値、口座数、預金および収益性のシェアの第1位である」と同グループは書いている。SBI証券は現在、約417万口座を持っています。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/japans-sbi-crypto-exchange-cryptocurrencies/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

イーサリアム、「Casper」と「Sharding」の同時実装が提案される

イーサリアムのコア開発者向けミーティングが先週15日に開催され、今後予定されているソフトウェアのアップグレード「Casper」と「Sharding」を同時に実装しようという提案があった。ふたつのアップグレードを同時に行う今回の提案には、イーサリアムの考案者であるVitalik Buterin氏も支持を表明している。

Casperは、コンサスアルゴリズムをプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行させるアップグレードだ。アップグレードは二段階に分かれており、PoWとPoSを並走させるのが第一段階で、その状態からPoSに完全移行することでCasperのアップグレードは完了となる。

Shardingは、認証・検証ノードを分業化することによるトランザクション処理能力の向上を目的としている。取引の認証作業をノードグループ毎に分担させることで、ネットワーク全体としてランザクションの処理能力を向上させることができる。

Vitalik氏は今回のアップグレードに関して、「Casperはメインのブロックチェーンと切り離して開発を行う必要があるだろう。異なるブロックチェーンを活用することで、独自のルールを採用できる」と発言している。

今年3月に来日した際、Vitalik氏はCasperとShardingがネットワークに実装されるまで2〜3年の期間がかかると説明していた。ふたつのアップグレードを同時に行おうとする背景には、イーサリアムのステークホルダーからのコア開発者へのプレッシャーがあるのかもしれない。ユーザーが増えたことで、ネットワーク環境を整えることへの需要は日に日に高まっている。

イーサリアムに関しては金融方面でも大きな動きがある。米証券取引委員会(SEC)のWilliam Hinman氏は先週、「イーサリアムは証券に該当しない」との見解を示した。これを受け商品先物取引所のCBOEのChris Concannon氏は「イーサリアムに対する規制方針が明らかになったことで、商品先物取引を上場させる計画を進めることができる」と発言した。CBOEは昨年12月、ビットコインの商品先物取引を上場させている。

参考資料:https://btcnews.jp/2m5hd9p216677/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


デン・ノースケ銀行、IOTAとコラボ決定!

1 


世界中の銀行は、分散型元帳技術に目を向けており、適切なアプリケーションを探しています。カナダとシンガポールの中央銀行は、卸売銀行間決済を容易にするプロジェクトに取り組んでいる。JP Morgan Chase&Co.は最近、ブロックチェーンベースのピアツーピア決済システムの特許を出願しました。新技術の応用は無限であり、金融​​セクターはこの可能性を初めて実現したもののようです。ノルウェーのDen Norske Bankは、特定のプロジェクトではなくIOTA Tangleのアプリケーションを銀行のサービスで探求するための合意として、IOTAと提携する非常にオープンなルートを選択しました。

 

デン・ノースケ銀行は時価総額が2,300億ドルを超える最大の北欧銀行の一つです。同社はブロックチェーン技術に非典型的な立場をとっている。DnBはこれまでR3コンソーシアムでの用途を研究してきました。IOTAとの新たな合意により、分散型元帳技術の利点を探求する可能性がさらに広がります。「とりわけ、このテクノロジは1秒間に何十万回ものマイクロトランザクションを処理するように設計されています。これらの取引の周りで発生するこの生態系に関連する市場を放棄することはありません」 - DnBのDLTの責任者、Lasse Meholmはコメントしました。「私たちは2〜3ヶ月間イオタと話をしており、テクノロジーは非常にエキサイティングであり、ノルウェーのつながりも楽しいと思う」 - 彼は付け加えた。

 

銀行はまた、同社の技術統合の試みを守るためのIOTAの役割を強調している。ブロックチェーンやDLTに関連する多くの危険な活動があるため、当行にはこの問題に関するいくつかの留保があるのは当然のことです。IOTAの代表は、「IOTA財団が無用の暗号プロジェクトを深刻なものから分離することに貢献する」との問題についてコメントした。

 

企業がどのような事業活動の領域を一緒に探索するかはまだ不明である。ブロックチェーン技術は、多くの金融サービスに適用できます。最も明白な選択肢の1つは、銀行間および顧客間の取引を円滑にすることです。銀行とIOTAの間の長期的なパートナーシップは、両社とセクター全体にとって生産的なものになる可能性があります。新しいビジネスモデルが見つかると、それは世界中の多くの企業によって採用されるだろう。デン・ノースケ銀行の財源とIOTAが提供する技術を利用すれば、すぐに新しいビジネススタイルを見つけることは驚くことではありません。

 

詳細はこちら:

 

http://nyecasino.ninja/casino-news/den-norske-bank-vil-samarbeide-med-iota/

https://blog.iota.org/dnb-teams-up-with-iota-to-explore-the-economy-of-things-and-mydata-gdpr-as-an-opportunity-20c41461e3f5 

参考資料:https://oracletimes.com/den-norske-bank-seeks-iota-application/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング