Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

バンクマン-フリード氏の家族 顧客資金を流用した巨額政治献金に関与か=報道

FTXの創業者であるサム・バンクマン-フリード氏(通称SBF)は、会社の資産を政治献金に流用した1億ドル規模の金融スキャンダルの中心にいる。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が明らかにしたメールによれば、SBFの家族が1億ドル以上の政治献金を大きく管理していたという。これらの資金は、FTXの顧客資金から不正に引き出され、2022年の選挙に影響を与えるために使用されたとされ、複数の訴訟が進行中だ。

WSJが公開したメールには、政治献金に関する財務戦略を助言していたSBFの父親ジョー・バンクマン氏の関与が記録されていた。WSJによれば、このメールはジョー・バンクマン氏が不正資金操作に直接関与していたことを示しているという。

SBFの母親であるバーバラ・フリード氏とSBFの弟であるガブリエル・バンクマン-フリード氏も、さまざまな政治団体や政治活動に資金を提供する役割を果たしていたとされる。

バーバラ氏はスーパーPAC「マインド・ザ・ギャップ」の共同創設者であり、進歩的なグループやイニシアチブに資金を提供していたとされ、ガブリエル氏はパンデミック予防の取り組みに寄付を行っていた。

法的影響

連邦選挙委員会(FEC)の元委員長であるデビッド・メイソン氏によれば、ジョー・バンクマン氏の関与は選挙資金法の下で直接的な法的責任を問われる可能性があるという。メールの内容には「違法な偽装献金計画」をジョー・バンクマン氏が知っていたという「強力な証拠」が含まれているとメイソン氏は述べている

ジョー・バンクマン氏の広報担当者は「いかなる選挙資金違反についても知識がなかった」と説明した。

元FTX幹部の収監

5月28日、FTXデジタル・マーケッツ共同CEOのライアン・サラメ氏が有罪を認め、7年半の懲役刑を言い渡された。サラメ氏は無許可の送金業務を運営する共謀と選挙資金詐欺に関与したとして有罪となった。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/ftx-100m-fraud-family-involvement-exposed-wsj 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

ビットコインは逆風で立ち往生、グラスノードは●●万ドルを予測

ビットコイン(BTC)は5月1日以来はじめて、56,700ドル(約913万4,000円)レベル以下にまで価格を下げました。現在アメリカの政治不安など、ビットコインは強い逆風の中にあり、20%近い価格下落は投資家の不安をあおっています。

ビットコイン価格下落の要因は?

ブルームバーグ(Bloomberg)の最新レポートによると、投資家はバイデン大統領の選挙戦離脱を重く見ているようです。共和党のトランプ氏が暗号資産(仮想通貨)に歩み寄る中で、新たな民主党候補者が反対の立場に立つ可能性があるからです。

デジタルアセット・キャピタルマネジメント(Digital Asset Capital Management)の共同創業者リチャード・ガルビン(Richard Galvin)氏は、短期的なビットコインの弱気に影響する、仮想通貨不支持の民主党候補者の登場もあり得ると見ています。

もう1つの不安要素は、10年近く前に起こったマウントゴックス(Mt.Gox)社の破綻事件に関して、被害者に弁済を始める計画があることです。この原資は80億ドル(約1兆2,890億円)分のビットコインと見られており、その中からどの程度が売却されるのかは不透明ですが、大規模な売りは価格にも影響するでしょう。

トレーダーは、アメリカ政府とドイツ政府による、ビットコイン資産の売却リスクにも注目しています。アーカム・インテリジェンス(Arkham Intelligence)のデータでは、ドイツ政府は押収したビットコインの一部7,500万ドル(約121億円)相当を、7月4日に複数の取引所へ送金した模様です。

さまざまな要素によるビットコイン市場へのインパクト

一方ビットコインのブロックチェーンを維持するマイナーも、依然として半減期による資金リスクに直面しており、報酬が減少する状況が続いています。

クリプトイズマクロナウ(Crypto is Macro Now)のニュースレターを担当するノエル・アチソン(Noelle Acheson)氏は、一部のマイナーが保有資産を部分的に売却していて、それがビットコインに対する売り圧力になっていると主張します。

彼はアメリカ経済のデータが弱気に向かえば、米国連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策緩和の期待が高まり、市場心理が急激に変化する可能性も指摘しています。

前向きな話題では、イーサリアム(ETH)現物ETFの承認が、市場の雰囲気を大きく変えるという意見もあります。またアメリカの政治が、時と共に転換する可能性も低いとは言えません。

ビットワイズ(Bitwise)の投資部門責任者マット・ホーガン(Matt Hougan)氏は、民主党の候補者交代が仮想通貨にとって良い方向に作用するという見解です。彼はこの1年間で、デジタル資産に対するアメリカ政府の態度が、ポジティブに変化している点を強調しています。

グラスノードは強気の展開を予測

グラスノードの共同創業者であるヤン・ハペル(Jan Happel)氏とヤン・アレマン(Yan Allemann)氏は、強気の主張を維持しており、市場がピークに達する前にビットコインは110,000ドル(約1,772万円)に届くと予測しています。

彼らは現在の持ち合い状態を、前回の史上最高値エリアへのリテスト段階と見ています。ビットコインは今後64,000ドル(約1,031万円)と70,000ドル(約1,128万円)のキーレベルを突破する必要があり、そのためには市場の展開と価格動向の活性化が不可欠だという見解です。

クロプトクアント(CryptoQuant)のジュリオ・モレノ(Julio Moreno)氏は、ビットコインの適正価格を割り出す「メトカーフの法則(Metcalfe Price Valuation)」を用いて、ビットコインの重要なサポートラインを56,000ドル(約902万円)と算出しました。彼は、もしもこのキーレベルの維持に失敗すると調整がさらに強まり、市場により深刻な影響をもたらすと推測しています。

日本時間の7月5日正午時点で、ビットコインは直近24時間で6%ほど値を下げ、55,400ドル(約892万5,000円)レベルにあります。すでにモレノ氏の予測を下回っていますが、果たしてこの状況を覆す材料があるのでしょうか。

参考資料:https://coinchoice.net/bitcoin-stuck-in-headwinds-glassnode-predicts-110000/

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

仮想通貨スタートアップ、トークン化した●●をビットコインのレイヤー2上で発行

仮想通貨スタートアップのハミルトンが、ビットコインのレイヤー2ブロックチェーン上でトークン化された米国債を発行した。同社は、この発行が初の試みだと主張している。

ハミルトンの米国債トークン(HUST)は、スタックス、コア、BoB(Build on Bitcoin)のビットコインレイヤー2ソリューションで利用可能である。最初のHUST取引は7月4日に行われたと発表された

ビットコインネットワークの安定性とステーブルコインよりも高い利回りを提供

ビットコインレイヤー2の分散型金融エコシステムの利用は、ビットコインネットワークの安定性と米ドルの信頼性を組み合わせると、同社は述べた。ビットコインレイヤー2はネットワークのスケーラビリティと機能性を向上させる。ハミルトンの共同創設者兼CEOのカスタウィ氏は、「米国債とビットコインのセキュリティと透明性を組み合わせることは、金融独立への歴史的な一歩であり、新興市場への重要なエクスポージャーを提供する」とのべた。

ハミルトンの役員は「カスタウィ」とだけ示されている。

Source: Hamilton

レイヤー1の減速に伴い、ビットコインレイヤー2が急成長

トークン化された現実世界資産(RWA)、例えば米国債、不動産、証券などの金融商品は、Web3経済に参加し、交換、転送、活用できる。これらRWA資産の時価総額は80億ドルに達している。米連邦準備制度の金利政策により、米国債はステーブルコインの利回りと競争できるようになり、リスクもはるかに低い。

2023年以降、ビットコインネットワークには3つのトークン標準が存在している。ビットコイン(BTC)に加えて、2023年初頭にはサトシに刻まれた非代替性トークン(NFT)を発行するためのオーディナルが導入された。2024年4月には、ビットコインブロックチェーン上で直接アルトコインを発行するためのルーンズが導入された。

ビットコインネットワークのトラフィック増加により、処理時間の遅延と手数料の上昇が発生し、ビットコインレイヤー2の開発が進んでいる。ビットコインレイヤー2のライトニングネットワークは、レイヤー1よりも速くBTCの転送を処理するために開発された。

レイヤー2はまた、ビットコインネットワーク上でスマートコントラクト依存の分散型金融、いわゆるBTCfiを実行することも可能にする。

HUSTをホストするコアDAOは、BTCレイヤー2ソリューションに加えてレイヤー1ブロックチェーンも運営している。BitgetやMEXCなどの仮想通貨取引所からの支援を受けている。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-startup-tokenized-us-treasury-bonds-bitcoin-layer-2 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/