Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

Segwit2X、UASF、UAHFの各陣営を取り巻く動向とは

ama 

ビットコインは30万円手前でのもみ合いが続いています。徐々に上値が重くなっていることは気になるところです。今回も、ビットコインアナリストである田代昌之氏より、

(1)【ファンダメンタルズ】引き続きスケーラビリティをめぐる技術解決の動向に注目

(2)【テクニカル】三角もち合いを形成中、上放れを期待したいが・・・

(3)【ビットコイン入門】Segwit2X、UASF、UAHFの各陣営を取り巻く動向とは



という観点で解説させていただきます。今後のビットコイン投資の参考としていただければ幸いです。

(1)【ファンダメンタルズ】引き続きスケーラビリティをめぐる技術解決の動向に注目

足元のビットコイン/円相場は27万円~28万円のレンジで推移しています。フィスコ<3807>傘下のフィスコ仮想通貨取引所でのBTC/JPYは6月23日に30万円台を超えましたが、7月2日時点では27万円前半とやや上値が重くなっています。

引き続きファンダメンタルズとしては、スケーラビリティ(取引処理能力)をめぐる技術解決の動向が注目されます。価格に大きく影響するだけでなく、今後のビットコインが複数の種類に分裂することになるのかどうかという、ビットコインの根本的な利用環境を左右する重要な要素となるため注目しておきたいポイントです。

先々週と先週はスケーラビリティ問題をめぐって対立している技術提案として、デジタル・カレンシー・グループ(DCG)の提案するSegwit2X(セグウィット・トゥー・エックス)と、UASF(User Activated Soft Fork、ユーザー主導のソフトフォーク)について簡単にご紹介しました。今週は(3)【ビットコイン入門】で新たに浮上UAHF(User Activated Hard Fork、ユーザー主導のハードフォーク)とはどのような提案か、また8月1日前後になにが起こると予想されるのかについてご説明したいと思います。

(2)【テクニカル】三角もち合いを形成中、上放れを期待したいが・・・

足元のビットコイン(BTC)相場は、円ベースでは27万円から28万円、米ドルベースでは2500ドル水準で推移しています。円ベースでのBTCは、5月末の安値を起点に下値を切り上げていますが、同時に5月末の高値を起点に上値も重くなっています。つまり三角もち合いを徐々に形成しているわけです。出来高は徐々に減少していることから、上下どちらかに放れるか見極めたいとするムードが強まっています。

仮想通貨全体の強さを考慮すると上放れを期待したいところですが、スケーラビリティ問題を抱えている状況から、下放れのリスクを警戒したほうがいいかもしれません。

今後、スケーラビリティ問題に関するさまざまなニュースが伝わる可能性が高いことから、上下に振れる荒い地合いが想定されます。スケジュール的に重要な8月1日までは、荒い値動きを想定したポジション管理が必要だと思われます。急落したときには買いで動けるようなキャッシュポジションを取っておくのも手です。

(3)【ビットコイン入門】Segwit2X、UASF、UAHFの各陣営を取り巻く動向とは

UAHF(User Activated Hard Fork、ユーザー主導のハードフォーク)とは、簡単にいうと先週ご紹介したUASFへの対抗案です。UASFが「ソフトフォーク」という現在のビットコインと互換性のある仕様変更による提案であるのに対して、UAHFは「ハードフォーク」という従来のビットコインとは互換性のない仕様変更の提案です。

ちなみに、DCGによるSegwit2Xも、UASFも、UAHFもすべてSegwit(Segregated Witness、セグウィット)と呼ばれるビットコインの取引処理能力を高めるに当たって最有力視されている提案をアクティベート(実行)することが目的とされています。ただ、どのような条件の下でアクティベートするのかという詳細が異なるために、それぞれを支持する層(開発陣営、ビットコインのマイニングを行う企業、取引所やウォレット業者など)に違いが生まれています。

UAHFは、UASFが起こることによるリスクを軽減するための案だと説明しています。UASFの提案では、8月1日以降はUASFを支持していないというシグナルを出す(これまでのままの)ビットコイン(のブロックチェーン)の送金を拒否する仕様になっています。このため、ソフトフォークではあるものの、ハードフォークと同様に「両方ともビットコインと呼ばれるふたつの競合するチェーン(仮想通貨)」が生まれる可能性があります。ただし、8月1日よりも前にSegwitがアクティベートされればUASFは起こらなくなり、またUASFが起こった後にUASFを支持する層が非常に少なければリスクはほとんどなくなります。

こうしたUASFのリスクを減らすために、UAHFはハードフォークという手法で分岐をより恒久的な形にすることで、ユーザーの資産を保護する可能性を高めるという提案です。こちらの場合は確実にビットコインがふたつの仮想通貨に分裂することになります。ただし、UAHFはUASFが起こらなければ起こりません。

6月26日時点で、DCGの提案するSegwit2Xはコミュニティー全体の86%と高い支持を得ています(ブロックチェーンドットインフォより)。ただし、UASFの開発陣営はこちらの提案に賛成しておらず、かつSegwit2Xがどのような仕様変更となるのか具体的な部分も不明の状態です。Segwit2Xは、同じくUASFのリスクを防ぐために8月1日より前のアクティベートを目指すとしていますが、スケジュールが間に合うかどかなどもはっきりしていません。

先週との繰り返しになりますが、依然として8月1日近辺になっても関連ニュースの緊張度が高い場合はビットコインネットワークの混乱が起こる可能性があるため、不用な取引や送金などは避けてご自分のビットコインを推奨されるウォレット(Trezorやbreadwallet、Mycelium、Ledgerなど、分岐した場合にも対応すると公表しているウォレット)できちんと保管しておくことが推奨されます。これらの対応に関するアナウンスやビットコインの動向については、都度お送りさせていただきます。

今回の【ビットコイン入門】では、スケーラビリティをめぐる関係者の意見対立として、Segwit2X、UASF、UAHFの各陣営を取り巻く動向に関してご説明しました。

なお、ビットコイン投資は利益が出るときもあれば、損失が発生することもあります。

投資は自己責任でお願いします。

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

2017年末までに1ドルに行く!って言い張ってるアルトコイン!

■XVG(Verge coin) Bittrexで購入できます。

2017年7月2日 現在  $0.002797

ama


URL:https://coinmarketcap.com/currencies/verge/


やつらの言い分動画

  

2017年6月25日に公開

XVG Verge Coinは、TORネットワークを利用して公開リーガー上のIPアドレスを匿名化する、プライバシーに焦点を当てた暗号化トークンです。XVGは私のお気に入りで、最も有望なのはプライバシーを中心としたコインです。

中心としたコインです。


■DGB(digibyte)Bittrex poloniex等で購入できます。

2017年7月2日 現在  $0.015388

ama 

URL:https://coinmarketcap.com/currencies/digibyte/


やつらの言い分




2017年6月30日に公開
DGB DigibyteはAltcoinであり、その背後には非常に献身的なチーム、マルチアルゴリズムのサポート、ポケモンのような名前がついています... 

そうなんですね。

■ANS(Antshares)  Bittrex poloniex等で購入できます。

2017年7月2日 現在  $7.48
こいつに関しては2000%は堅いと言っています。
因みに0.002BTCで上場してますので推定で$40位までは行くって意味かな?

ama

参考URL:https://coinmarketcap.com/currencies/antshares/


やつらの言い分

  

2017年6月19日に公開
Antsharesは停止の兆候を示さない。ICNは30%上昇し、BTCとETHは十分な休暇を取ることができます!

そこまでなの!

素晴らしい記事:https://medium.com/@stokchain/antshare-what-we-know-and-why-its-skyrocketing-in-value-a7e5291dc3c4 

信じる信じ無いは各自の判断ですね。

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング






Steem 6/26 密かにバージョンアップも創始者脱退で混乱気味・・・

創設者が脱退

今年初めにSteemの創設者であるDaniel Larimerが開発チームから脱退しました。彼はBitSharesの創設者でもあって、去年の初めにBitSharesチームから抜け、今年はSteemからも抜け・・・ということになります。Steemからの脱退を発表したのは、「今後もうSteemには投稿もしません」と突然の謎の引退宣言をSteem上に投稿したのが最初であり、当時は物議を醸しましたが、その後訂正しチームからは抜けたものの現在も普通にユーザーとして記事をSteemに投稿しています。

脱退の理由はEOSという新しいスマートコントラクトプラットフォームの開発のためのようです。最近スケーラビリティ関連で悩まされている?Ethereumの対抗馬にもなるようなブロックチェーンであり、プラットフォーム系を昔から重点的に調べている身としては取り上げてみても面白いと思うのですが、流行のERC-20トークン(Ethereumトークン)を利用してICOを行う予定らしくICO紹介みたいになるのもなんだか癪なのでICO期間終了後(約1年後)にでも気が向いたら書くかもしれません。

Steemから脱退したからといってBitSharesほどは大きな影響はなさそうな感じで、現在も残った開発チームにより報酬変更などを行うハードフォークが頻繁に行われているようです。

仕様変更

ホワイトペーパーは現在の時点でまだ訂正されておらず、新規の人にとって現在の情報を見つけるのが非常に大変で問題な気がするのですが、去年の11月末に大きな変更が行われました。

インフレ率(通貨発行量)の変更

最初は年率100%(初年度はそれ以上)新規発行のハイパーインフレ通貨としてスタートしましたが、さすがに不評であったためか、インフレ率が9.5%/年と変更され、さらに0.95%/年になるまで毎年約0.5%インフレ率を低下させる根本的な仕様変更がなされました。超高インフレ率であったため、当初Steemには通貨単位を切り上げる株でいう「株式併合」、通貨でいう「デノミ」という暗号通貨の世界では前代未聞のイベントも予定されていたのですが、直接の言及はないもののそれも実質的には廃止となりそうです。

この変更により、SPではなくSTEEMで長期保有しているとほぼ確実に長期的には値下がりするという元々あった状況がなくなり、トレード目的でSTEEMを購入するのもアリということになりそうです。


asa 


供給量を上図のsupplyを見ると分かりやすいです。去年の末ごろから供給量の伸びがほぼなくなっていることが分かると思います。なお、STEEM自体の供給量は、ユーザーによるSPやSMDなどシステム内の他の通貨との交換状況により変化するので、綺麗な曲線にはなっていません。

 SP→STEEMの変換期間の変更

Steemのハイパーインフレ以上にさらに詐欺っぽい要素が「毎週に1/104回しかSPからSTEEMに変換できない」ことでした。しかし、変更後は毎週1/13を変換でき、約3ヶ月ですべての動かせないSPを他のFiatやコインに変えられるSTEEMに変換可能ということになりました。

これによりSTEEMの流動性が大きく増加し、価格形成にも大きな影響が出たと考えられるので、ホワイトペーパーで書かれていた目標はどこに行ったの?など賛否両論あります。

これらの変更が実際にいい影響となるのか、あるいは悪影響となるのかは分かりませんが、少なくとも第一印象での怪しさは大分軽減されそうです。

その他の仕様変更

同時にその他にも報酬に関わる変更がいくつかなされています。11月末の変更以外にも、全体のエコシステムに関わる変更ではないものの新規登録に関する仕様や細かな報酬に関する変更が今月も含めてしばしば行われているようです。どのような仕組み・構造でどれぐらい報酬が、記事投稿者・コメント投稿者・投票者に配分されるかは、複雑で未だに理解できていないのでこちらも省略します。


asa 


上図は投稿数の変化です。5月初めからのアルトコインバブルに合わせて投稿数が大きく増え、最近の伸びはかなり著しいものがあります。また数年後にどうなっているかは分かりませんが、最初期の滑り出しとしてはまあまあ上手くいっているのではないかという印象です。

今後のさらなる成長には、仕様上やはり暗号通貨そのものの世界への普及が大前提になってしまう感じはします。

Steemにも賛否両論があって、創設者のDaniel Larimerを含めてscamと呼ぶ人もいます。その指摘が真実かどうかは分かりませんが、現在のICOバブルにより実態があるかどうかもあやしいプロジェクトが多く存在している中にあっては、Steemスタートから1年以上たった今でも、ICO・トークンプラットフォームとか単純な通貨用途のブロックチェーン以外では、コンテンツとして実際に既に動いていてユーザーもついている非常に珍しいブロックチェーンであるため、個人的な評価はかなり上がっています。

なんでも実稼働には時間がかかるものだとは思いますが、ちゃんと動いているだけで評価できるという今の悲しい状況を早く脱してくれることを切に願いたいものですね。

さて、steem軍団今後はどうなるかって感じですが確かに今は完全に投機的な動きしかしてない
ですしもたもたしてると新しい仮想通貨も出てきます。

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング