Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ウクライナでもビットコインが選択肢の一つに

aa51

ウクライナは貨幣の価値について説明の要らない国の一つだ。

 

 

この旧ソ連に属する国の東部で起きた戦争によって同国の景気が後退したことにより、ウクライナの通貨であるフリヴニャは過去2年間でおよそ70%の価値を失った。おそらく、これがウクライナでビットコインの人気が高まった理由であり、9月23日にキエフで開催されたBlockchain & Bitcoin Conferenceが多くの聴衆を惹き付けた理由だろう。

 

ビットコインは一つの選択肢

 

CubitsのCOOであるMax Krupyshev氏は、母国語であるウクライナ語でビットコインの基礎知識について説明した。

 

Krupyshev氏は、ウクライナの人々がビットコインやブロックチェーン等に対して、現在の経済状況に対する一つの選択肢と見ていると考えている。
「ウクライナは経済的に厳しい状況に陥っている。多くの人々はビットコインをそのような状況から抜け出すための手段であり、インフレ対策になるかもしれないと考えている。さらにはお金を隠したり、海外に送金したり、投資や就業の機会にもなると考えているかもしれない。

 

Blockchain & Bitcoin Conference

 

キエフで開催されたBlockchain & Bitcoin Conferenceは2016年に東欧で開催された4つのカンファレンスの一つである。主催者であるSmile Expoはプラハ、サンクトペテルブルグ、そしてモスクワで開催されたカンファレンスも担当しており、モスクワでの次回のイベントは11月10日に開催される。

 

先週の金曜に行われたカンファレンスはキエフにおける3回目のカンファレンスだ。東ヨーロッパでもビットコインやブロックチェーン技術に対する関心は高まっている。

 

このカンファレンスのコーディネーターであるPavel Likhomanov氏は「ビットコイン、ブロックチェーン、そしてフィンテックは東欧において注目されており、特にウクライナにおいて顕著である。今回のカンファレンスでも関心の高まりを感じることができた。昨年はおよそ400人だった参加者が今年はほぼ600人に近い人数となっている。」と語っている。

 

キエフで開催されたこのカンファレンスは現地の人々をターゲットとしており、ほとんどのスピーカーはウクライナ語で講演を行った。英語の講演はほとんど無かったが、当時通訳がついていた。

 

テーマは多岐に渡り、イーサリアムの合意形成メカニズムや投資ポートフォリオにおけるビットコインのポジション、そしてコールドストレージの重要性などがあった。

 

Likhomanov氏は様々な目的で参加する来場する人に合わせて、ビジネス、テクノロジー、初心者の3つに会場を分けてそれぞれ興味のある講演が聞けるようにしたと説明している。

 

ウクライナの活躍

 

ビットコインの分野で活躍するウクライナの企業や人がいる一方でこのことはあまり知られていない。

 

現在はイギリスの法人となっているが、マイニングプールとして業界を牽引したGhash.IOとその親会社であるCEX.IOもウクライナから始まった企業だ。

 

そしてKrupyshev氏はUkrainian Bitcoin Foundationの創設者でありながら、一年ほど前にベルリンに移りCubitsに勤めている。かれはこのようなトレンドがあることについても言及する。

 

「ウクライナ人は賢い。コーディングスキルをもった才能ある開発者や素晴らしいアイディアを持った企業家がたくさんいる。」と彼は言う。「しかし残念なことにウクライナのベンチャーキャピタリストは依然として古い世界に生きている。Twitterが10億USDの価値を付けられる一方で、投資家たちは形のある製品を好んでいる。これはおかしなことだ。それに加えて、法律的な環境も良くない。ビットコインは違法ではないが、必ずしも合法だとは言えない。誰にもわからないのだ。この不確実性と投資の不足によってウクライナの開発者たちは国外企業に流れている。」

 

実際、キエフのカンファレンスにおけるウクライナ人のスピーカーはビットコインおよびブロックチェーン業界における有名企業に勤めている。例えば、Ambisafe、ether.camp、そしてBitmain Warrantyなどだ。

 

「ウクライナの人々はこの業界に足跡を残しており、多くの人々もそれに気づいていると思う。」とKrupyshev氏は言う。「しかし、本当の活動は隠されており、外国企業で働いている。よく見てみれば多くのウクライナ人開発者や経営幹部が外国で働いていることに気づくだろう。」

参考URL: https://www.coin-portal.net/2016/10/05/13397/

SBI Ripple Asia主導のコンソーシアムに国内の金融38行が参加

aa28 


SBIホールディングスと、その子会社のSBI Ripple Asiaが事務局を務める「国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム」への参加金融機関が、横浜銀行、住信SBIネット銀行をはじめ、りそな銀行、三井住友信託銀行など計38行となった。千葉銀行、広島銀行などの地銀26行のほか、新生銀行やイオン銀行なども参加する。

 

同コンソーシアムは本年8月下旬より参加金融機関の募集を開始し、10月のコンソーシアム発足時には約15行で立ち上げ2017年3月時点で30行程度の参加を見込んでいたが、多くの金融機関からの反響があり9月末時点での参加予定金融機関が38行となったとSBIホールディングスのプレスリリースでは伝えている。現在も参加を検討している金融機関があることから、参加金融機関は今後も増加する見込みだ。

 コンソーシアムの事務局は、次世代決済基盤をアジア地域で展開するSBI Ripple Asiaが担う。コンソーシアムでは既に欧米の金融機関を中心に利用が進む米Ripple社の次世代決済基盤「Ripple Connect」を利用して、外国為替に加えて内国為替も一元的に行う決済プラットフォーム「RCクラウド」を、2017年3月を目途に構築するとのことだ。

参考URL: https://www.coin-portal.net/2016/10/03/13450/

DECENTと大手アダルトコンテンツプロダクションNauthgy Americaがコラボ!

zz93
 

 現在ICOで資金調達を行っているDECENTが新たに大手アダルトコンテンツプロダクションNauthgy Americaと協力することがわかった。

 
ブロックチェーン技術を利用したデジタルビデオに対する指紋、暗号技術によるデジタル権利マネジメント(DRM)のパイロットプロジェクトを共同で行う。

このコラボレーションは次世代アダルトビデオ産業の次世代コンテンツ配信プラットフォームをつくるためであり、違法なコンテンツシェアやプライバシーの問題に対抗するためだ。知的財産保護とプライバシーにブロックチェーン技術を導入することによって未来のデジタルコンテンツ配信システムをつくる。

双方向のモーションコントロールビデオ、バイオフィードバック、360度や3Dビデオなどアダルト産業は新たなテクノロジーによってより大きなマーケットになろうとしている。Naughty Americaはアダルト産業のリーダーで、すでに彼らのVRコンテンツが存在し、サムスンGear VR、オキュラス、Viveでの取り組み、そして彼ら自身のVRヘッドセットも持っている。

Nauthgy America ICOのIan Paulは『海賊版と戦うこととプライバシー保護はNauthgy Americaの最優先事項です。DECENTはこの両方を我々に完成させてくれる能力を持っています。』と話している。

自身のビジネスと顧客を保護する必要があり、世界中のビデオ、音楽プロダクションとコンテンツ配信会社は常に著作権侵害に対抗する効果的な解決策を探している。しかしながら、ブロックチェーン企業で現在のビデオコンテンツ産業の問題に取り組んでいる会社はごく僅かである。

デジタルビデオフィンガープリンティングはソフトウェアがその『指紋』として働くビデオファイル固有のコンポーネントを識別するプロセスで、この技術は識別するためにモーション変化や色またはキー フレーム分析などの特徴的機能を使用する。独自のアプローチでDECENTのテクノロジーによってコンテンツのそれぞれの断片は作られ、アップロードした瞬間からネットワーク内で追跡、保護されるため効果的にネットワーク上の海賊版が防止される。

DECENTの創始者Matej Bodaは『現在利用されている技術との比較で、ハッシュ法は全く等しいか等しくないファイルの判別しかできませんが、DECENTシステムはファイルの特徴を詳細に分析することによって本物とコピーを判別します。』と話している。

Nauthgy Americaは日本国内でもかなり有名なサイトである。最近ではVRへの注目も高まっており最先端を行くNauthgy Americaは世界中にファンを持つ会社だ。多くの作品を出していることもあり、彼らの作品は大量に違法アップロードされている。DECENTとのコラボレーションによって海賊版やプライバシーの問題解決にアプローチすることは彼らにとって必然である。

DECENTは現在ICO中で5,400BTC以上を調達している。アダルト会社とのコラボレーションによってさらに人気が高まり調達額を伸ばしていきそうだ。

参考URL: http://cryptocurrencymagazine.com/decent-nauthgy-america