Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ビットコインと株式市場の相関が過去最高に、仮想通貨市場の今後にどう影響するか?

1 


ビットコイン(BTC)の価格と株式市場との相関は、高い水準となっている。7月9日には米株式指数S&P500とBTC価格の相関は史上最高を記録した。

Skewのデータによれば、1年間の実現相関は7月9日に0.38に達した。週初めに新しい高値を達した後に再び高値を更新した。

Bitcoin - S&P 500 Realized Correlation

出典: Skew ビットコインとS&P500の実現相関

株式市場とBTC価格との相関関係は最近、着実なペースで高まっている。Skewのデータでは、1ヶ月間の実現相関でも7月8日に過去最高の0.78に達した(ただその後0.61まで低下している)。

ビットコインと株式市場との相関は高まっているが、2011年以来の高値を記録した金(ゴールド)についても同じことが言えないようだ。

仮想通貨(暗号資産)取引所クラーケンの最近のレポートによると、BTC価格と金との相関が低下していることがわかった。5月までは0.5となっていたが、6月は1年間平均を下回るマイナス0.49まで下がっている

株式市場との相関はBTCの成熟のサインか?

新型コロナウィルスのパンデミックと、3月12日の仮想通貨市場暴落の後、ビットコインと株式市場との相関は高まってきた。最近のコインテレグラフリサーチのレポートでは、この傾向が半減期以後に終わる可能性を指摘していたが、実際には反対のことが起こっている。これはおそらく、新型コロナによる経済的影響が継続しているためとみられる。

ビットコインと株式市場との相関が強まっていることは、ビットコインが資産クラスとして成熟化していることのサインだとも言われているが、一方で規制されていないビットコインデリバティブ商品の存在により、ロングスクイーズやショートスクイーズが発生しやすくなっている

一部のアナリストは、ビットコインと株式市場との相関関係により、BTCが伝統的なポートフォリオの中で取り込まれていることを示唆するものであり、ビットコインが幅広く採用されていることのサインだと指摘する声もある。

ビットコイン価格は調整局面にあるのか?

半減期とそれによる価格上昇への期待感があった時から時間が経過し、ビットコインの価格は横ばいで推移している。ボラティリティは過去最低のレベルとなっており、10日間の実現ボラティリティは0.2を記録した。これは2018年11月以来の水準だ。

Monthly Bitcoin volume trading into fiat or stablecoin

出典: CryptoCompare 月間のビットコイン取引高(法定通貨・ステーブルコイン建て)

ビットコインのボラティリティ低下は、取引高の減少とともに発生している。最近のデータによると、BTC/USDT(テザー)、BTC/USD(米ドル)ペアの取引高は、6月にそれぞれ56%、44%減少している。

BTC価格は9300ドルがレジスタンスとして機能し続ければ、下落調整のリスクは増加し続けることになる。このため、トレーダーは短期的に9500ドルを突破する必要があると考えている。そうでなければ、BTC価格が8000ドル以下に下落するリスクが高まることになる。

このトレンドは、仮想通貨デリバティブおよびスポット市場の両方で観察できる。6月のデリバティブ取引高は35.7%減少し、2020年で最低となっており、スポット取引高は49.3%減少している。

取引高の減少、ボラティリティの低下、株式市場との強い相関、そして金との相関の低下は、ビットコイン価格に弱気な見方をもたらしているようだ。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/correlation-between-bitcoin-price-and-stocks-reaches-a-new-all-time-high 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

「偽の仮想通貨トークン販売」中国警察、15億円相当の仮想通貨などを詐欺集団から押収

詐欺集団から仮想通貨を押収

中国の温州市の警察が、詐欺グループから1億元相当(約15.3億円)の仮想通貨(暗号資産)を押収したことが分かった。

中国公安部の発表によると、容疑者は10人。仮想通貨を指定のアドレスに送金すれば、見返りにHTトークンを送ると勧誘し、偽のHTを送付していたという。被害者は1300人超に及び、詐欺集団から押収した銘柄には、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、テザー(USDT)が含まれる。

同詐欺集団は2019年に活動を開始。詐欺を行うためにメッセージツール「テレグラム」で複数のチャットグループを作成し、HTを発行するスマートコントラクトがあると紹介していた。被害者の1人は、「1ETHを指定のアドレスに送金すれば、60HTを受け取れる」などと勧誘されたと説明している。

被害者の説明によれば、10ETHを送金して600HTを受け取ったものの、Huobiトークンが偽物であり、市場で売却できないものであったという。

中国公安部は、仮想通貨以外にもフェラーリやマクラーレンなどの高級車や別荘も押収した。騙し取ったお金でバーやナイトクラブにも通うなど、贅沢な暮らしを送っていたという詐欺グループ。中国公安部は、偽の仮想通貨を扱った犯罪は今回が初めてだと説明している。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=166497 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

英ロンドン証券取引所、仮想通貨169銘柄に「証券識別コード」を付与

169銘柄の仮想通貨識別子を追加

ヨーロッパ最大の金融市場の1つ、ロンドン証券取引所グループ(LSEG)が6月末、169銘柄の仮想通貨を識別コード「SEDOLコード」に追加した。

SEDOLコードは、英国を中心に使用されている証券に付与される7桁の証券識別コードのこと。最初の1桁が発行地域で、次の5桁が発行証券についての情報、最後の1桁が「チェックディジット」といわれるコンピュータ処理用の番号で構成されており、ロンドン証券取引所が付番を行っている。

SEDOL Masterfileサービスとして、包括的なグローバル証券識別子で、市場参加者が取引照合をサポート、発注から決済までの過程を電子的に行う「ストレート・スルー・プロセッシング(STP)」を効率的に行えるようにする仕組みを提供している。

SEDOLコードの付番が行われることで、ポートフォリオ評価、取引執行、価格フィード処理などその他タスクの助けともなる。利用者には、資産管理会社、保険会社、カストディアン、データベンダー、ファンド管理者などが含まれる。

LSEGのデータソリューション責任者James Nevinは導入について、「デジタル資産の段階的な制度化に伴い、多くのクライアントがその領域に投資し始めていたため、これらをSEDOLに追加するのが適切な時期であると判断した」とした。

追加により、仮想通貨も従来型証券のようなワークフローに確実に統合できるようになったとしている。機関投資家が仮想通貨を取り扱う上で利便性が向上するとみられる。

識別子の分類

SEDOLにおいては、デジタル資産は三つに分類される。

  • デジタル通貨
  • 交換媒体や、価値の保存手段として発行される。ビットコインが一例。

  • デジタルプラットフォーム
  • スマートコントラクトを作成する手段を提供するデジタル資産。ブロックチェーン上で電子的に二つ以上の当事者間の契約を仲介、承認、維持するもの。イーサリアムがその一例。

  • セキュリティトークン
  • 契約にデジタル資産の分散性を付与する金融商品にあたるもの。

    この分類については、将来的に顧客のフィードバックに基づいてさらなる細分性を高めていく見通し。

    LSEGは仮想通貨調査企業Digital Asset Researchと協力して、どのデジタル資産を追加するかを決定するために、堅牢で透明な審査プロセスを導入したという。

    法的正当性の意味か

    今回の識別子割り当てにより、デジタル資産に何らかの法的正当性が付与されるわけではない意見も見られるが、法制度や規制の動きとは別に、投資家からの仮想通貨に対する需要が高まっていることを窺わせる動きとなる。

    仮想通貨に対する政府の方針が定まっていないインドでも、先日タタ財閥グループが、高まる需要を背景として、金融機関向けの仮想通貨投資ソリューションを発表した。

    参考資料:https://coinpost.jp/?p=166464 

    ●セミナー日程
    http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

    ●テレグラム始めました!

    https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

    ●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

    ■トレードするならバイナンス!
    https://www.binance.com/

    ■yobit net
    https://yobit.net/en/