Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

D10n Lab:分散型予測市場Augurについての詳細なレポートを配信

D10n Lab:分散型予測市場Augurについての詳細なレポートを配信

D10n Labが分散型予測市場Augurについての詳細なレポートを配信している。

Augurは日本国内でもトークンセールがかなり盛り上がり、REPホルダーも多いはずだ。賭け、デリバティブなどにも利用できるなど注目を集めている予測市場のAugurは2018年7月にローンチを果たしている。

D10n Labで分散型予測市場の中で最も知名度が高いAugurと予測市場そのものの概要を詳細にレポートしている。国内で出回っている分散型予測市場に関するレポートでは最も質も高く現状以外にも今後の可能性や懸念点なども理解出るようになるだろう。

Augurの分散型予測市場がどのように機能し、REPホルダーがどのようにして恩恵を受けられるのかをわかりやすく説明している。

REPは現在15ドル程度でトレードされており、ピーク時の150円付近の1/10まで下がっているが最近再び注目されているプロジェクトの1つだ。

coinmarketcap.com

D10n Labの公式サイトはこちら
Augurの公式サイトはこちら 

参考資料:http://cryptocurrencymagazine.com/d10n-lab-augur-report 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

スーパーで仮想通貨を買う時代? 米大手セイフウェイなどでビットコイン購入が可能に

1 


米国のビットコインATM業者Coinme(コインミー)がキオスク業者Coinstar(コインスター)と提携し、米国の食料雑貨店で仮想通貨ビットコイン(BTC)が購入できるキオスクを設置することを発表した。スーパーでパンや卵、ビールなどの他にビットコインを購入する時代が到来したようだ。

発表によると、ビットコインのキオスクでは、2500ドル分(約27万円分)のビットコイン購入が可能。まずは米国のカリフォルニア州やテキサス州、ワシントン州にあるスーパー「Safeway(セイフウェイ)」などで利用可能になるという

コインミーの創業者兼CEOであるネイル・ベルグクエスト氏は、次のようにコメントした。

「躍動する新たな経済圏に消費者が参加しやすくなるでしょう」

コインミーは、2014年に米国でビットコインATMのライセンスを取得した初めての業者。ビットコインATMの台数は世界的に増加していて、CoinATMRadarは、金曜日の時点でビットコインATM4187台を確認。米国にはその約6割にあたる2516台があるという。また、ビットコインATMの市場規模が2023年までに1億4450万ドル(約157億円)に到達するという試算もある

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/us-bitcoin-atm-firm-coinme-to-sell-bitcoin-at-coinstar-coin-counting-machines 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

米アナリスト「2019年はビットコインETFのチャンスなし | 金の代替としての仮想通貨には期待

1 


仮想通貨起業家で米経済番組CNBCのレギュラーであるブライアン・ケリー氏は18日、コインテレグラフのインタビューに答え、ビットコインETF(上場投資信託)が2019年に承認されるチャンスはないと主張した。

スイスで開かれている仮想通貨ファイナンス・コンフェレンスでコインテレグラフの取材に応じたケリー氏は、2019年の仮想通貨市場は2018年より良くなると予想。「弱気相場の終焉に近いところにいる」とし、注目通貨としてビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)をあげた。

2019年の焦点はおそらく通貨になるだろう。ビットコインやライトコインなどだ。世界で地政学的なリスクが高まっている。世界のマクロプレイヤーの一部がビットコインを金の代替と考え始めている。通貨の乱高下とボラティリティに対するリスクをヘッジする手段としてね」

ただ、ビットコインETFに関してケリー氏は悲観的だ。ビットコインETFが今年承認されるかどうかについて、「no shot (可能性がない)」と発言した。

SEC(米証券取引委員会)は、米運用会社ヴァンエックと金融サービス企業のソリッドXが取引所Cboeと組んで申請中であるビットコインETFの可否判断について、2019年2月27日まで延期すると発表。機関投資家のさらなる参入のきっかけになると市場関係者は期待しているものの、SECのビットコインETF支持派で「クリプトママ」と呼ばれるヘスター・ピアース委員は、過度な期待は禁物と指摘。「仮想通貨やビットコインETFが承認されるかどうかで生死を分けるような生き方をしないよう」呼びかけた。

ケリー氏は昨年8月、これまでSECがビットコインETF拒否の理由として上げていた「詐欺や価格操作」について、今後それらを監視する仕組みが整うのではないかと予想していた

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-analyst-brian-kelly-no-shot-for-bitcoin-etf-in-2019 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング