Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

エストニアがcryptocurrency業界で活動している企業のライセンスを導入してから1年・・・やばい事に…

1 


承認は約2週間かかる

エストニア、Cryptocurrency事業に900ライセンス以上の問題エストニアは、暗号関連の活動を合法化する欧州連合(EU)の最初の管轄区域の1つで、2種類のライセンスを付与しています。現在までに、デジタルアセット交換プラットフォームを運営する事業体には約500ライセンスが発行されています。Bitnovosti氏によると、400以上の暗号化ワープロプロバイダがライセンスされているという.Novolay Demchuk氏はこの分野で働く法律事務所のNjordから引用した。

Nord氏は最近、エストニアの暗号侵害ライセンスに関する状況の概要を発表し、同国の経済活動登録簿からのデータを引用している。報告書によると、ライセンスを取得することは比較的簡単で簡単なプロセスです。

ライセンスを発行する規制当局であるエストニア金融諜報ユニット(FIU)は、各アプリケーションのレビューを30日間行いますが、ほとんどの場合、1〜2週間で承認が与えられます。ただし、会社が受領してから6か月以内に業務を開始していない場合は、ライセンスを取り消すことができます。

企業が求めている主な要件は、さまざまなお客様の知っていることとマネーロンダリング規制から生まれています。エストニアに登録されている暗号エンティティはEU内で法的に運用されており、その国は加盟国であり、ライセンシーは関連する地域および欧州の法律を遵守する義務があります。

銀行口座開設はまだ問題

例えば、スイスのような暗号に優しい環境を作るために当局が行ってきた他の国と同様に、エストニアの伝統的な金融機関は規制当局に追いつくのが遅く、新産業のニーズに対応することを躊躇しています。エストニアのフィンテック企業にとっては、通常の銀行業務へのアクセスが制限されており、多くの企業が外国の銀行や決済機関と協力しています。Nikolay Demchukはコメントしました:

銀行口座を開設することは、暗号会社が直面する最大の問題です。エストニアの銀行はまだ暗号侵害を扱っているクライアントに対応する準備ができていません。

それにもかかわらず、多くの投資家はエストニアが提供する一般的に有利な条件に引き付けられている。この国では、すでに数多くの暗号スタートアップのライセンスが発行されています。6月初めに、規制当局は財布と交換サービスのライセンスをCoinmetroの取引プラットフォームに与えましたその月の後半に、取引ソフトウェアとホワイトレーベルのソリューションを開発している企業であるIbinexは、エストニアからライセンスを取得しました。9月と今週FIUは、IronxB2bxという 2つの新しい暗号化交換によって申請された申請を承認しました

ヨーロッパでリードを奪う

エストニア、Cryptocurrency事業に900ライセンス以上の問題エストニアの新しいマネーロンダリング防止法とテロ資金融資防止法は、ほぼ1年前に発効した。Demchukによると、エストニアはエストニアを欧州連合(EU)で初めて暗号輸送の流通を規制し、セクターで活動する企業のライセンス制度を実施することができました。

ある時点で、ヨーロッパの小さな国家は独自の暗号侵害を計画していました、Estcoin。しかし、タリンはEU機関からの圧力の下、この考えを放棄しなければならなかった。最も強い批判は、欧州中央銀行によるものです。去年の9月に、マリオ・ドラギ大統領は、ユーロ圏に「加盟国は自分の通貨を導入することはできません」と述べました。

この昨夏の夏、政府はエストニアのデジタルトークンを発行するための限られた規模のプロジェクトを進める予定であるとの報告があった。暗号は、国のe-レジデントプログラムの参加者間の取引に使用される場合があります数万人の外国人がエストニアが提供する特別なデジタルIDカードを発行しているため、企業設立の手続きから優遇税制への移行が簡単にできます。

参考資料:https://news.bitcoin.com/estonia-issues-over-900-licenses-to-cryptocurrency-businesses/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

エヌビディアが苦しむ「仮想通貨後遺症」

1 


エヌビディアは15日、18年第3四半期の収益を発表した。エヌビディア社の画像処理ユニット(GPU)の仮想通貨マイニング目的での需要が枯渇したことが明らかとなった。

エヌビディアの創業者兼CEOのジェンスン・ファン氏は今回の決算において、同社の「直近の業績は、仮想通貨ブーム後の過剰な流通在庫を反映したものとなっている。過剰在庫は今後解消していく」と述べた。

つまり、狂乱の仮想通貨ブームによりエヌビディアのゲーム用ビデオカードの価格が上昇したが、そうした需要がなくなった後でも、安いカードの登場を待っていた消費者に十分にアピールするほどの速さで価格が下落しなかったということだ。ファンCEOはロイターの取材に次のように述べた。

「仮想通貨後遺症(Crypto Hangover)が思っていたよりも長引いた。仮想通貨騒動で起きた大波をうまく乗り切ったと思ったのだが」

エヌビディア社の滞留在庫引当金は第3四半期に7000万ドルへと膨張した。今年1月からの9か月間で見ると約3倍に拡大し、1億2400万ドルに達する。これによりエヌビディアの第3四半期における粗利率は1.8ポイント下落し60.4%となった。粗利率低下の原因のひとつとして、仮想通貨マイニング需要が消失した後、同社の旧世代の画像処理チップ(GPU)関連で5700万ドルの負担が発生したことも挙げられる。

今回の報告書で第3四半期の業績が当初の期待を下回ったことを受け、エヌビディアの株価は後場に入り16%以上下落した。

Nvidia stock following Q3 announcement. Source: Quartz

Nvidia stock following Q3 announcement. Source: Quartz

決算報告書の記載によると、エヌビディア社の第3四半期における総収益は31億8000万ドルで、26億4000万ドルだった前年第3四半期と比較して21%の増加となった。18年第2四半期は31億2000万ドルだったので、そこからは2%の上昇となる。

8月、エヌビディア社は第3四半期の収益が31億9000万ドル〜33億2000万ドルとなる見込みだと述べ、第3四半期以降、ブロックチェーン関連で大幅な収益を得ることは期待していないと強調した。

その一方で、エヌビディア社の第3四半期の収益は、調査会社トレフィスのアナリストが最近出した予測値は上回っている。アナリストは、第3四半期の連結収益は31億ドルをやや下回ると見ていた。そのうちの84%がGPU関連の収益だという。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/nvidia-q3-results-reveal-crypto-hangover-due-to-disappearance-of-miner-sales 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

OmiseGoがあのアプリとコラボ!

1 


イーサリアム系の決済プラットフォームであるOmiseGoとブロックチェーンプロトコル「Mass Vehicle Ledger(MVL)」がブロックチェ―ン技術を研究するために提携することを明らかにした。MVLはシンガポールの人気タクシーアプリ「TADA」を提供する会社だ。

MVLとOmiseGoは、分散型OMGネットワークがMVLのデータ記録管理システムに適しているかどうかを確認するために、PoC(概念実証)を展開する予定だ。 PoCを行う際、MVLはTADAから収集したデータをOMGプラットフォーム上に記録する。

両社はさらに、TADAのサービスへのブロックチェーン技術活用に向け、さらなる技術協力と共同研究を行う。

11月7日、MVLはシンガポールの陸上交通庁からタクシー業の認可を取得、これにより新たなタクシー予約サービス「TADAタクシー」のローンチが可能となった。ビジネスインサイダーによると、地元タクシー会社の提携を通じ、すでに2000人以上のタクシー運転手がMVLのアプリに参加しているという。

他のタクシー会社や配車サービス会社も、自分たちのビジネスモデルにブロックチェーン技術を導入することを検討中だ。 5月には、中国の配車サービス会社、快的打車の創始者である陳衛星氏が、ブロックチェーン技術を用いた配車アプリを開発する計画を明らかにしている。なお、同社ではあわせて配達サービスアプリを提供する可能性があることを同氏は付け加えていた。

また、自動車産業も、人工知能やブロックチェーンといった新技術を導入することに強い関心を示している。IOTAとフォルクスワーゲンは、昨年6月にドイツで行われたIT関連見本市CEBIT(セビット)2018にて、IOTAの「タングル」システムを使用した自動運転車向けの概念実証(PoC)のデモンストレーションを行っている

大手自動車メーカーのダイムラーも、スピードを抑えて走行するなど環境に配慮した運転を心がける運転手に報酬として与えるための、ブロックチェーンをベースとした独自の仮想通貨「モビコイン」を発表している

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/omisego-partners-with-singapore-ride-hailing-app-to-trial-blockchain-solutions 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング