Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

2020年03月07日 初級セミナー(動画) BTCの天井は!動画お勧めアルトコイン全部爆発!今回のお勧めは!

BTCの強気サイクル!調整局面はまだ先か!?

仮想通貨取引所クラーケンのリサーチ・チームである「クラーケン・インテリジェンス」は、ビットコインの価格推移を分析したうえで、今回の強気サイクルにおける調整局面はまだ先であると考えている。

クラーケン・インテリジェンスは、2011年1月からのビットコイン価格の推移に基づき、下記のような成長曲線を描いた。

(Kraken Intelligence「”トレンドを先取り②” 黒はサポート線、青はビットコイン/米ドル、緑は70%調整の場合、黄色は86%調整の場合、赤は90%調整の場合、水色の丸は予測される底値の3万620ドル)

これらの数字は、サンプル数が少ない中で導き出された数字であることには注意を払う必要がある。

歴史的に強気サイクルの天井からの調整割合は、マイナス70%からマイナス90%で、サポートまで到達する平均日数は385日だった。

この対数曲線のサポート線に沿ってビットコインが推移し続けると仮定した場合、仮に2月末が天井とすれば、385日後に到達する底値は3万620ドルと推定される。しかし、過去の調整割合の傾向を考慮に入れると、2月末が天井だった可能性は低い。

今回の強気サイクルの調整が70%と仮定すれば、385日後に到達する底値が3万620ドルであるため、2月末時点で10万2000ドルに到達していなければならなかったことになる。仮に調整が90%の場合は2月末時点で30万6000ドル、調整が86%の場合は22万1000ドルで取引していたはずということになる。

言うまでもなく、2月末時点でビットコインは70%調整のケースが想定する天井の半分ほどだ。言い換えると、今回の強気サイクルにおける調整局面はまだ先であることを示唆している。


昨年末からの急騰によってビットコインは天井に急速に近づいているものの、天井まではまだ数万ドルもある。今後数カ月で7万5000ドルを上回った場合、過去の傾向を見ると、ビットコインはサイクルの天井近くにあることを示唆している。

イーサリアムがついにガス対策!

イーサリアム(ETH)がデフレ資産になる可能性のあるイーサリアムネットワークへの待望のアップグレードが、7月の「ロンドン」ハードフォークで実装される予定だ。

ジャックドーシー氏が自身のツイートをNFT化にして販売!

ツイッター共同創業者兼CEOのジャック・ドーシー氏は、自身が過去に投稿したツイートをNFTプラットフォームで販売する試みを始めた。記事執筆時点での入札価格は8万8888ドル(965万円)だった。

さらにTRONのジャスティンサンが10万ドル入札表明!

NFT業界は異常な盛り上がりになってます!

米リノ市がテゾスのブロックチェーンを利用、砂漠フェス「バーニングマン」のアートをNFT化へ

砂漠で行われるアートフェスティバル「バーニングマン」の開催地に近い米国ネバダ州のリノ市は、テゾス(XTZ)と提携し、DAO(自律分散組織)やNFT(非代替性トークン)の活用に取り組むことを発表した。

ブルームバーグの6つの新しい追加のアルトコイン

米大手金融メディアブルームバーグが提供するリアルタイム配信ソリューション「ブルームバーグターミナル」が、6つの暗号資産(仮想通貨)銘柄の価格データを追加したことがわかった。

追加されたのは、OMG(OMG Network)、EOS、LINK(Chainlink)、XTZ(Tezos)、XLM(ステラルーメン)、およびOXT(Orchid)だ。これらの価格データ等情報は、老舗取引所クラーケン傘下の英企業CF Benchmarksから取得。CF Benchmarksは英FCA(金融行動監視機構)に規制されているという。


お勧めのアルトコイン 

●Balancer

※簡易説明!

自動マーケットメーカー(AMM)は、基本的に、BinanceやCoinbaseなどのほとんどの集中型取引所が使用するビッド/アスクシステムではなく、注文を管理するためのアルゴリズムを使用するプラットフォームです。

2019年、BlockScienceとして知られるブロックチェーンコンサルティング会社のチームが、イーサリアム上に新しいAMMプラットフォームを作成するために座りました。

彼らの仕事の結果は、自動化されたポートフォリオマネージャー、流動性プロバイダー、および価格センサーとして機能するバランサーファイナンスです。

Balancerは、取引を決済するときにオーダーブックを使用しません。代わりに、「バランサープール」と呼ばれる概念を導入します。これは、基本的に、トレーダーが必要とする流動性を提供する2〜8の異なる暗号通貨のプールです。バランサープールは、自動バランスのとれた加重ポートフォリオおよび価格センサーとして機能させる特定の主要なプロパティを備えた自動マーケットメーカーです。


参考資料(英文):https://crypto-economy.com/balancer-finance/ 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

仮想通貨ビットコインの次のピークはどこか? ●万5000ドルから●●万6000ドルの間になる可能性=クラーケン分析

1 

2011年にまでさかのぼるビットコイン(BTC)の値動きの分析は、コインの価格が次に7万5000ドルから30万6000ドルの間のどこかでピークに達する可能性があることを示唆している。

過去の高値と安値を結ぶ対数的成長曲線の読み取りに基づくと、7万5000ドルというコイン価格はビットコインが買われ過ぎの領域に入ったことを示し、現在の強気相場の終わりを示す。

「以前のサイクルに基づいて、ビットコインは最終的に放物線状になり、価格が徐々に上昇し続けて以降につぶつかるだろう。これが4番目の強気相場サイクルの終わりを示す」と、クラーケンのレポートでは書いている。

過去の価格調整の分析はさらに大胆な予測を投げてい来る。すべてが同じ条件であれば、BTCが現在の成長曲線に沿って続き、その後、以前の市場の暴落と同様の調整に入れば、次の底値は3万ドルになるという。

この底値に基づいて、調整の程度に応じて、次の市場ピークについて予測を試みることができる。

現在のサイクルでビットコインが70%調整する場合、前述の3万ドルの底値に達するには、コイン価格が10万2000ドルのピークに達する必要がある。

同様に、90%の調整であれば30万6000ドルが高値のピークとなり、86%の調整となれば22万1000ドルが高値のピークとなる。いずれにせよ、レポートによると、歴史はビットコインが市場の高値から「遠く離れている」ことを示唆している。

もう1度ヒストリカルデータに飛び込むと、2021年第1四半期は、収益率と年間ボラティリティに基づくと、ビットコインの過去12年間の中で3番目にパフォーマンスの高い四半期であるという。

クラーケンの調査によると、3月は歴史的にビットコインにとって悪い月であり、取引を開始してからこの期間中にコインの価格が上昇したのは2回だけだ。過去には、3月は平均して2月の成長よりも11%下回っている。

レポートではまた、ビットコインが2013年第1四半期と同様の傾向にあることにも言及している。これは、ビットコインの歴史の中で最も実りの多い第1四半期だ。2つの時期の相関係数は0.82となっており、これは有望な兆候だ。ビットコインが3月にアンダーパフォームするという傾向を覆すかもしれない。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-s-next-top-could-be-between-75k-and-306k-kraken-research-suggests 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

MicroStrategy社が再び押し目買いか、10億円相当のビットコイン買増し

MicroStrategyの押し目買い

米ナスダック上場企業MicroStrategy社が5日、1,000万ドル(10億円)相当の現金で暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を更に買い増したことを報告した。購入数は、約205 BTCだ。

Saylor CEOのSNS投稿によると、今回の平均取得価格は48,888ドル(約530万円)。今回に加え、同社のビットコイン保有数は、約91,064 BTCと計上される。テスラやSquare社のビットコイン保有数をはるかに超えており、最も保有する米上場企業だ。

以下は主な上場企業のビットコイン保有数リスト。(データはこちら

  • MicroStrategy: 91,064 BTC
  • テスラ: 48,000 BTC
  • Galaxy Digital Holdings: 16,402 BTC
  • Square Inc.: 8,027 BTC
  • Marathon Patent Group: 4,813 BTC

MicroStrategy社の今回の購入は、3月における二度目の買増し発表となった。3月1日にも、1,500万ドル(16億円)分のビットコインを追加購入したことを明かしていた。

関連:マイクロストラテジー社、ビットコイン買い増し 下落時に押し目買いか

一方、2月24に転換社債の発行で資金調達した1,000億円相当の資金で19,452 BTCを購入したことが発表されたが、同社の株価にはネガティブな影響を与えているようだ。

関連:マイクロストラテジー社、1000億円相当のビットコイン追加購入

株価(MSTR)は今年の2月9日に記録した過去最高値から約-53%下落。2月までの高騰の反動で利益確定売りが先行したほか、直近では、米長期金利急騰の影響で投資家がリスクオフに転じる姿勢が強まり、金融市場全般が全面安となったことや、転換社債の発行による「1株価値の株式希薄化」への懸念も、MicroStrategy社の株安の背景になっていると見られる。

出典:Tradingview

2020年8月11日に、ビットコインの購入を始めて明かして以降、これまで複数回にわたって追加購入を実施してきた同社の株価は、ビットコインの価格との高い連動(相関性)を指摘されていたが、今後の動向はさらに注目されるだろう。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=226019 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/