Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

XRP有価証券問題を巡る裁判に修正訴状 リップル社CEOの資産売却を問題視

1 


有価証券問題を巡る裁判で修正訴状を提出

仮想通貨(暗号資産)XRPの有価証券問題を巡る米リップル社に対する集団訴訟で、新たな動きがあった。

25日に提出された修正訴状で原告は、リップル社CEOのBrad Garlinghouseが投資家を欺いたと主張。Garlinghouse氏がXRPを長期保有するかのような発言を繰り返しながら、自身は様々な仮想通貨取引所でXRPを売却していたことを問題視する内容だ

本訴訟が始まったのは2018年。リップル社が2013年にXRPを一般投資家へ販売したことが「連邦証券法」に違反するとして、XRPを購入した投資家が同社を提訴したことから開始した。最近では2月26日に進展があり、裁判官が、リップル社側が要求していた訴訟取り下げの申立ての一部を「棄却」すると共に、原告側に訴訟主張の一部内容を修正するよう言い渡した。

関連XRPの有価証券問題を巡る裁判に新展開

その際、裁判官はリップル社からの「リップル社とGarlinghouseの誤解を招く声明に対する取り下げ要求」も棄却している。

今回の修正訴状では、2017年12月14日のインタビューで個人的にXRPに投資をしているかと問われ、Garlinghouseが「私はXRPをロングしている」と長期保有を示唆した点を指摘。一方でXRPを米ドルや他の仮想通貨と交換していたと主張している。原告はGarlinghouse氏は少なくとも2017年に6700万XRPを売ったと訴えた。

今回の修正訴状では上記のような主張がなされたが、本裁判の争点はXRPが有価証券に該当するか否かだ。今回の修正訴状を受けて裁判がどのように展開していくか、業界の注目度は高い。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=141799 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

仮想通貨取引所バイナンスやコインベース、リップル シンガポールからライセンス免除されていた

1 

仮想通貨取引所バイナンスやコインベース、リップル社など複数の企業がシンガポールでライセンス取得を免除されていたことが明らかになった。シンガポール金融管理局(MAS)が3月25日に発表した

シンガポール当局は、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などのために2020年1月に決済サービス法(PSA)を施行。ただ複数の仮想通貨企業は年初から法律の対象外になっている。

とりわけバイナンスとコインベース、リップルの3社は一部の支払いサービスに関しては2020年7月28日まで供給できる。

一方、ビットゴーやジェミナイなど他の仮想通貨企業は口座発行サービス、国内のマネー送金サービスについて2021年1月28日までライセンスなしで実行できる。

ライセンス免除は、指定の期間が過ぎれば解除される。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/singapore-grants-crypto-license-exemptions-to-ripple-coinbase-and-binance 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

GMOコインが18年〜19年仮想通貨FXの取引データ公開、XRPの人気が明白に

GMOコインが過去取引データを公開

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は自社の仮想通貨FXの取引データを公開した。

今回、公開されたデータの対象期間は2018年5月30日から2019年までで、ビットコインを除く、アルトコイン(XRP、LTC、BCH、ETH)4銘柄に焦点が当てられている。

2018年の6月から12月のデータでは、すべての月においてXRPの取引金額が最多となっている。

出典:GMOコイン

2019年上半期(1月から6月)では、4月のみBCHの取引金額が最多となったが、それ以外の月はXRPが最も多かった。

出典:GMOコイン

2019年下半期(7月から12月)でも、全ての月でXRPが最多の取引金額を続けていた。

出典:GMOコイン

XRPの人気

今年1月にリップル社は、2019年Q4(10〜12月)のマーケット報告書を公開しているが、その際にXRPを利用するODL(旧xRapid)の事業展開について説明。

すでに米ドル=メキシコペソ・米ドル=フィリピンペソとの2つの送金ルートに対応しているODLには豪州および米ドル=ユーロの送金ルートも加わったという。そして、2020年内にはAPAC(アジア太平洋)、EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)、およびLATAM(ラテンアメリカ、カリブ海地域)に対応する送金ルートを新規追加する計画をしている。

リップル社がグローバル事業でXRPの利用普及を推進する中、日本国内においてXRPの人気が根強いことが見受けられる。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=141819 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/