Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨を取引所に預けっぱなしは危険!安全に保管するためには?

過去にハッキング被害を受けた取引所

仮想通貨を取引所に預けたままにするのが良くないという意識を持っていただくためには、過去のハッキング事件を振り返ることが手っ取り早いでしょう。次の表にまとめました。

発生年度取引所名被害額
2014年Mt. Gox約480億円
2015年Bitstamp約5億6千万円
2016年Bitfinex約77億円
2017年Poloniex約6千万円
2018年Coincheck約580億円

ここで紹介したハッキング被害を受けた取引所は、どれも大手ばかりです。知名度が高いからといって、必ずしも安全とは限らないということがよくわかります。では、なぜ取引所に仮想通貨を保管することが危険なのか?次の章で解説します。

なぜ取引所に仮想通貨を保管することは危険なのか?

この章では、取引所に仮想通貨を預けっぱなしにすることがなぜ危険なのかについて考えます。

大量の仮想通貨を保有している

まず一番シンプルな理由は、取引所は大量の仮想通貨を保有しているからです。つまり、ハッカーとしては、個人を攻撃するよりも確実にハッキングが成功した時のリターンが大きいです。その割には、仮想通貨の取引所は新興のものが多く、セキュリティ意識が十分ではない場合がしばしばです。ハッカーにとっては狙い目と言えるでしょう。

ほとんどブロックチェーン技術を使用していない

みなさんは、取引所で仮想通貨を売買する時にブロックチェーン上で取引が行われていると考えていませんか?しかし実は、取引所での売買にはブロックチェーン技術が利用されていません。取引所は、ユーザの情報と金額を紐づけていて、それらを更新する処理をしているだけなのです。すると、ハッカーはユーザのログイン情報を乗っ取るだけで、資金を移動させることができるのです。要するに、攻撃の難易度は高くないということです。

ユーザは秘密鍵を所有せず、管理を取引所に委ねている

仮想通貨の取引を理解するためには、「公開鍵」と「秘密鍵」について知る必要があります。メールアドレスに例えるとわかりやすいでしょう。公開鍵はメールアドレスで、秘密鍵はパスワードのようなものです。メールアドレスは当然、他の人に共有して初めて意味を成します。一方、パスワードは他人に知られてはいけない情報です。

取引所に仮想通貨を預けている時ユーザは「秘密鍵」を所有していません。管理を取引所に委ねています。そのため、取引所がハッキングされると「秘密鍵」も攻撃者に知られてしまい、保有資産を盗まれてしまいます。取引所に通貨を預けるとは、このようなリスクにさらされることを意味します。

ウォレットの種類と特徴を理解しよう

ここまで記事を読んでいただいた方は、資産を取引所に預けるリスクについて十分理解したと思います。では、仮想通貨をどのように保管すればいいのか?必要なことは、ウォレットの種類と特徴についてきちんと理解することです。次の表にまとめました。

ウォレットの種類安全性利便性想定リスク
ウェブ×・ハッキング ・サイト接続不可
デスクトップ×・ハッキング ・故障 ・ウイルス
モバイル・ハッキング ・故障 ・ウイルス
ペーパー・破損 ・紛失
ハードウェア・故障 ・紛失

一番安全なのは秘密鍵を紙に打ち込む「ペーパーウォレット」です。しかし、ご想像の通りなかなか管理が難しいのが実情です。そのため、専用の端末で秘密鍵を記憶する「ハードウェアウォレット」が安全性と利便性の観点からは、おすすめできます。ハードウェアウォレットの購入を検討されている方はこちらの記事でも解説しています。

まとめ

本記事では、仮想通貨の保管方法について考察しました。結論として、仮想通貨は取引所に預けっぱなしにせず、ウォレットを活用して安全に保管するべきです。保有する金額が大きい場合は、特に注意しましょう。 

参考資料:https://coinchoice.net/how-to-manage-safely-your-cryptocurrency/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

「クレイグは嘘つきです」 - 初期の採用者がライト氏の主張するBitcoinアドレスの所有権を証明

2 

Bitcoin Whale: 'この住所はSatoshiやCraig Wrightに属していません'

昨年以来、クレイグライトは、現在死亡しているデイブクライマンの遺産を操作したとして彼を訴えているクライマン家族に対する訴訟に関与してきました。WrightとKleimanは協力し、Kleiman遺産とDaveの兄弟IraはWrightが「110億ドル相当以上のbitcoins」で詐欺していると非難しています。別紙11と呼ばれる裁判所に提出された1つの特定の契約は、英国で保有されている信託で使用されていたとされているさまざまなbitcoinアドレスを示しています。

「クレイグは嘘つきです」 - 初期の採用者が、クレイグ・ライトが主張するビットコイン住所の所有権を証明
フロリダ州南部地方裁判所の展示物11 :9:18-cv-80176

想定される信頼は、「規制問題」が解決されるまでは手つかずのままであり、おそらく当時のビットコインに関する規制上の未知数に言及しています。しかし、2018年2月27日、訴訟が明らかになった直後に、Wizsec Securityは「Kleiman v Craig Wright:決して存在しなかったビットコイン」という記事を発表し、これが信託の住所の正当性を討論しました。

「クレイグは嘘つきです」 - 初期の採用者が、クレイグ・ライトが主張するビットコイン住所の所有権を証明
2019年5月16日、16couアドレスの所有者からの署名付きメッセージがソーシャルメディアに掲載されました。

Wizsecの調査によると、このアドレスが使用された唯一の理由は、一度にすべてのアドレスに大量のBTCが含まれていたためです。セキュリティ研究者はまた、アドレスを調べて、そのアドレスが誰に属しているのかを判断しました。いくつかの財布は単に山に使用されていました。Goxの冷蔵倉庫などは、たくさんのコインを集めることができたトレーダーでした。しかし、5月16日に、リストされたビットコインアドレスのうちの1つ - 16cou7Ht6WjTzuFyDBnht9hmvXytg6XdVT - の所有者は、そのアドレスの所有権を主張するメッセージをソーシャルメディアに投稿しました。読んだメッセージ

アドレス16cou7Ht6WjTzuFyDBnht9hmvXytg6XdVTはSatoshiまたはCraig Wrightに属しません。クレイグは嘘つきで詐欺です。

「クレイグは嘘つきです」 - 初期の採用者が、クレイグ・ライトが主張するビットコイン住所の所有権を証明
署名の有効性を検証する電子キャッシュ財布。写真提供:Mark Lundeberg

ビットコインアドレスに関連付けられたメッセージに署名するには秘密鍵の所有権が必要

このメッセージには、所有者の正当な署名も含まれていましたこれは、公開ツールをオンラインで使用して確認できます基本的に、所有者の署名付きメッセージには、かつて160,000 BTCを超えて保持していた特定のアドレスに対して検証が成功したハッシュが含まれていますメッセージがソーシャルメディアに投稿された後、Bitcoinサポーターとブロックチェーンアナリストはそれが合法的であることを確認するためのツールでそれをテストして検証しました。

「クレイグは嘘つきです」 - 初期の採用者が、クレイグ・ライトが主張するビットコイン住所の所有権を証明
Jameson Loppがメッセージを確認して共有しました。

ブロックチェーンの開発者であるMark Lundeberg がr / btcに画像を投稿しました。これはElectron Cashウォレットがメッセージが本物であることを確認したことを示しています。自分の調査結果をTwitterに投稿した開発者Jameson Loppも含め、他の多くの人も同様にメッセージを確認しました。検証された署名がソーシャルメディアに掲載される約1週間前に、Lopp氏は、1年前のWizsec Securityレポートが正確であれば、「Craigが主張するこれらのアドレスの所有権を暗号的に否認できる23人」と述べた。

住所16cou7Ht6WjTzuFyDBnht9hmvXytg6XdVT(16cou-)は、別名フロリダ州南部地方裁判所の裁判9:18-cv-80176から派生した少なくとも2つの文書で使用されています。演説は興味深い遭遇を説明している展示物4同様に展示物11に述べられています。2011年10月13日に伝えられたところによると、ライトの弁護士は彼のクライアントが彼のオフィスに入ってきて彼に彼のHTC携帯電話を見せたと誓いを立てた。それから、弁護士は「ライトモバイルの画面上で、私は以下のビットコインウォレットアドレスを見直して検証しました」と書いています。最後のアドレス4は16couアドレスで、5月16日に検証されたものです。ライトを「うそつきと詐欺」と呼ぶメッセージ

しかし、2019年5月18日に、最近の16コード署名に続いて、ライトはメディアにブログ記事を投稿しました。これはスキャンされた裁判所の文書が16アドレスと他のビットコインアドレスを表示しているためです。ブログ記事に加えて、Twitter上の個人が、別のバージョンのExhibit 4をまったく別のアドレスで示しているという横に並べた写真投稿しました

「クレイグは嘘つきです」 - 初期の採用者が、クレイグ・ライトが主張するビットコイン住所の所有権を証明
フロリダ州南部地方裁判所の展示物4(9:18-cv-80176)

最近の「OG bitcoin whale」からの署名は、RedditとTwitterで一日中山火事のように広がったこのメッセージはbitcoinersにとって意味があり、それが言ったことだけでなく、それがメッセージの完全性をどのように真に検証したかについても意味がありました。デモンストレーションは、ビットコインアドレスの所有権を検証することがいかに簡単であるかを示しました。彼が有効な暗号証明を提供したことがないので、これはライトの自称サトシ理論が信用されていない最大の原因でした。

16couアドレスの正当なアドレス所有者が所有権証明したように、秘密鍵を本当に保持していれば、誰でもビットコインアドレスで所有権証明できます。暗号サポーターは、特定のUTXOの所有権を主張するだけでは秘密鍵がなければ不可能であることを知っています。暗号化証明なしでそうしようとする人々は、彼らがその技術がどのように機能するのか理解していないことを示すことによって、いつも悲惨な失敗をするでしょう。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/craig-is-a-liar-early-adopter-proves-ownership-of-bitcoin-address-claimed-by-craig-wright/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

アマゾン、ブロックチェーン関連特許を取得 PoWの課題解決としてマークルツリー生成を利用

2 

アマゾンが、コンセンサスアルゴリズム「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」の課題に対する解決策として、マークルツリー(マークル木)生成を利用する際の特許を取得した。マークルツリーは、ブロックチェーンにおける取引データの要約結果を格納してツリー構造化するという仕組み。米国特許商標庁(USPTO)で5月14日に確認された文書で明らかになった

近年、ブロックチェーンへの関心を高めていると噂されるアマゾンは、特定のブロックチェーンの開発をターゲットにしているのかもしれない。

PoWは、仮想通貨ビットコイン、ライトコイン(LTC)、ドージコイン(DOGE)、モネロ(XMR)などの仮想通貨で利用されているコンセンサスアルゴリズムだ。今回の特許文書では、「Powの課題に対する解決策として、マークルツリー生成を利用する技術について説明している」と述べられている。

ただ、アマゾンの狙いは不明のままだ。この特許文書は、仮想通貨やブロックチェーンにおける特定用途などについては言及していない。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/amazon-patent-casts-light-on-plans-to-create-proof-of-work-blockchain-analog 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング